FC2ブログ


最近、「もうすぐ平成が終わる」と喧しいですが、皆様いかがお過ごしですか?

私はやっと自転車に乗ろうかなー という気分が戻ってまいりました。
でも、気分だけでは走らないのがロードバイクなので、体力等の回復に努力していかねばなぁと生ぬるく思っております。
(一大決心して思いつめてやると、これまたロクな事にならないしそういう性分でもないもんで)


で、復帰第一弾はちょうど桜シーズンなので毎年恒例
「桜ライド」

ゆっくり立ち止まりつつのお花見ライドなので、フラペの銀色号登場。
201904_1028.jpg
でもあたし以外はみんな普通にロードだったんだよ・・・

いやー、もう満開で穏やかな日で、
201904_1035.jpg

見事な桜並木!
201904_1041.jpg
例年、同じようなルートを走っていますが今年はちょっとショートカット。
それでも見事な並木をハシゴして、一日で桜はもう満腹ってくらいの充実度です。

満腹って言っても別腹は空きます。
201904_1052.jpeg
お千代保稲荷を少し過ぎたところの菜めし田楽のお店にて。
田楽の本数が多いところが気に入りました。

ここは背割堤の桜並木、南の方から北向きに撮ったところ。
201904_1061.jpg
背割堤へは午後から行ったので、風が出てきて桜吹雪の中を走るという
これまた絶好の花見ライド。

今年は桜の花もよく持っていたし、この日一日で満開から散り初めまで楽しめたので満足。
そして帰り際にスイーツまで堪能。
201904_1066.jpg

プリンはコクがあるのにあっさりしてて美味しかったし、カステラもふわんふわん。
201904_1069.jpg

目も満足、お腹も満足、舌も満足の一日になりました。


お花見ライドから二週間後。
天気も良いし風も少なそうな日曜だったので、平坦短めのコースにて。
いやー、まだ坂とか長い距離とか無理ですもん。
まる一年以上のブランクは大きいわー。

ってことで、新舞子マリンパークから内海の手前までの予定でスタート。
先頭には「25キロリミッターで」とお願いしました(笑)。

久しぶりに乗るベニヤ号は前傾きついなー(ー_ー;)
でも恐れていたほどの「感覚の鈍り」は無いようだったのでちょっと安堵。

ゆっくり目の速度ですが順調に休憩ポイントに到着。
201904_1088.jpg

ここへ来るまでに「なんか音がする」→どうやらRディレイラーに不具合みたい、とわかったので同行者に直していただきました。
これだけでも今日ライドした価値があったなと思う!ありがとう!
(自分ではどこで音がしてるのか全くわからなかったもん)

音もしなくなったので快調に(ゆっくりだけどね)、目的地へ到着。
「ソイビーン」
201904_1094.jpg
店内はアンティークな雰囲気。
今まで、野間灯台や道の駅で脚を止めてしまって、ここは再スタートしてすぐだからスルーしてた店でした。

パスタが美味しいらしいので、私はキャベツとアンチョビのガーリック風味。
201904_1095.jpg
ボリュームあるなぁ。

隣の男は、ホタテのクリームパスタにセット(サラダとパンとドリンク付き)を頼んでた・・・
201904_1096.jpg
「炭水化物まつり」って言われてました。確かに。

結構いい味だったので、ここで早飯してからさらに南下するという手もあるよね。
店に入ってすぐのケースにはケーキが7〜8種類並んでてかーなーりそそられました。
そっか、ここをデザート用に利用する手もあるか・・・

目的を達成したので引き返しますが、素直に戻ったら腹が空かないままおやつタイムになっちゃうぜ、ってことで

観光\(^o^)/

201904_1098.jpg
基本に立ち返るって大事よね。

「春の海 ひねもすのたり のたりかな」
今日はずっとこの句が私の頭の中にありました。

おやつタイムはこれまた定番?
「大蔵餅」

大蔵餅では私は大抵これ「冷やしぜんざい」、今日は栗入り♪
201904_1110.jpg
氷の量もこれくらいがちょうどいいのよね。
白玉ぜんざいだからちゃんとボリュームもあるのよ♪

隣の男はこれを食べてた・・・
201904_1101.jpg
「生いちごみるく」。
氷のくせにカロリー満点なんじゃないかと思う・・・

今日は全員が「黒字」な感じのライドでした。
距離にしたら50キロ程度、復帰第一弾にはちょうどよかった♪
そこそこ疲れましたしねぇ。はぁ。

今回はもう一つテストしていたことが。
日焼け止め、アネッサがまた使えるかどうか。
2年前、アネッサが急に肌に合わなくなってやむなくノンケミカルの製品に変えました。
ノンケミカルの日焼け止めって、大昔の日焼け止めみたいに白塗り状態になるんでなかなか使いにくい。
できればまた使い勝手の良いものに戻したい。
そこで今年は「アネッサマイルド」に挑戦!
今日つけて走ってみました。
とりあえず、二年前のような「赤く火照って痒い」状態にはならないで済みましたが、今日はあまり日差しが強くなかったからな。
今後しばらく様子見です。
これが使えれば文句なしなんだけどなー。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

休みの日はゆっくり寝ていたいけど、今日は早起きして京都へ。

20190223_0948.jpg

相方からちらっと聞いた「こだまのグリーン車」です。
20190223_0950.jpg
これを取るために「スマートEX」の登録しました。
便利ね、これ。
登録時にクレジットカードとマナカの番号を登録するので、予約をとった後は
マナカを新幹線の改札にかざすだけでOK。
改札通過時に

20190223_0960.jpg
この「ご利用票」が出てくるのを忘れず受け取ればいいだけです。
帰りの分は当日スマホから予約したくらい、結構直前でもいいのがまた◎


そんなわけで1時間もしないうちに京都駅。早っ!
着いたものの、ここから先どうやって目的地に行けばいいんだろう。
少しウロウロして「やっぱプロに聞いたほうが早いな」と思い観光案内所へ。
20190223_0961.jpg
↑観光案内窓口のおねーさんが書いてくれた、んですが、私から見てこうなるようにその場で書いてくれたおねーさんスゴイ。
おねーさんから見ると逆向きで文字書いてるわけです。

アドバイスどおり、行きは電車とバスを乗り継いで向かい、帰りはバス一本で戻ることにしました。

嵐山の渡月橋からバス。
20190223_0954.jpg
道の向こうに人力車が居ます、これ乗ってみたいな〜。
どこらへんまで走ってくれるんやろ。


目的地。
20190223_0962.jpg
わらじを履いたお地蔵様参拝の前に説法を聞きます。
今日のお話は
「無一物」
「柳は緑、花は紅」
「和顔愛語」
「洗心」
でした。
ちょうど自分の中で考えていたことと一致するお話があったので、とても心に染み入る説法でした。
でも全然難しくないよ、すごく解りやすいお話で。
最後に出た「洗心」、これは聞いてよかった。
毎晩、一日の終りにお風呂に入って、髪を洗って顔も洗って体も洗った、さっぱりして寝よう。
でももう一つ洗ってないところがあるよね? っていうお話。
そして、心が洗われるというのは他動的であって能動的ではないというのも響きました。
そうか心は自ら洗いにいくべきなのかと。
で、能動的に心を洗うとはどういうことかという話も聞きました。

お地蔵様には一つだけお願い事をしてお寺を後にし、そのまま名古屋へ帰ってきたという次第。
今日の目的はこの「願掛け」なので京都観光はしてません。
お土産の八ツ橋くらいは買ったけど。

20190223_0959.jpg


わらじを履いたお地蔵様が私の所へも来てくれて願いがかなったら、お礼参りしてお守りを返しに行きます。
そのときにまた心に響く説法が聞けるといいなと思います。
いい一日でした。


20190131.jpg
↑この花束とともに開放された後、

まず、恒例「いちご狩り」。
20190216_0861.jpg
今年は記録更新できなかった・・・大振りな苺ばかり食べてたから数こなせなかったんだよ。クスン。

友人のところからアクセサリーを仕入れ、
20190216_0874.jpg
新職場にはこういう物を付けていこうかと♪

有給消化で平日休みだからバスツアーにも行っちゃったり。
20190216_0880.jpg
発車早々バスのトラブルで「乗り換え」ハプニングが(笑)

バスツアーは「日帰りカニカニカーニバル」。
20190216_0884.jpg
バスツアーって気楽でいいね〜、帰りの土産物量にさえ気をつければ。

ツアーで立ち寄る「日本海さかな街」でこんなパフェも食べれたし、
20190216_0890.jpg
注文受けてからフルーツ切って作ってくれるので、見栄えは地味だけど美味しい!

挙げ句に、ツアー後にはタカシマヤにも寄ってしまった。
20190216_0897.jpg
平日の夕方だからって油断は禁物。結構な人出でした・・・。


この日の戦利品(?)はこんな感じで。
20190216_0899.jpeg
来年は有給とってまた実行しよ。

2月1日は入社挨拶後は業務の説明等で終了。
次の土日はこれまた恒例の「フグ旅」へ。
20190216_0923.jpg
空いてる部分にはこれから料理が並ぶんですよ。
今年はフグ白子が大きくて美味しかった〜。
そしてシメの雑炊はホントしやわせになれる。


てことで、新しい環境に来てかれこれ半月経ちました。
毎日がみっちり忙しい。

若い会社にありがちな”管理部門まだ貧弱”系。
管理部門って直接お金を生み出す部署じゃないし、会社作った端は経営陣がカバーするもんだからそのままの状態で残っちゃうんだよね。
発足当時の状態が会社の大きさに追いつかなくなってやっと人員が補充される、そんな部門なのよ。

実働8時間は久しぶりなので一週間経つと結構疲れてます。
が、おかげでよく眠れるようになった。
変なストレスが無くなったってのも大きいと思うけれど。

仕事はOJTで早速スタートしてます。
私が担当するのは管理部門の中でも特に「労務管理」が中心。
経理業務や総務業務は他の従業員さんがしっかり務めているので今しばらくは出番なし。
よって私は「正社員として業務を理解し、いざという時は総務経理をお手伝い」できるようになる必要はあるけれど、それが優先ではないので通常は「労務管理」・・・勤怠や健康、入社退職手続き、給料計算などがメイン。
ハッキリ言って業務量は多いし内容はフクザツ、変更頻度も高い。
でも、守備範囲が狭いから、覚えるべきことを覚えてしまえばイケるかなって気がする。
途中で違う範囲の業務(経理とか総務とか)を突っ込まれることも無いわけだから慣れればいいことだと思う。


思えば前職は、守備範囲が労務・総務・経理と広かった上にどれもがメインだわ、同じ業務範囲の担当が複数いるわでやりにくかった。
三人居て三人共が労務総務経理を三分の一ずつより、一人が労務・一人が総務・一人が経理となっていた方が明快だし調整の頻度も低くて済み時間のムダが省ける。
その上、人事異動後で指揮命令系統再構築の過渡期ときて、一旦指示された業務が後日変更になったり取り消しになったり。
そういう事があるたびに内心で「かんべんしてよ・・・」って思ったし「また後日変更になるんじゃないの?そしたら仕事しても無駄になるんじゃないの?」という思いばかり増えて、そうするともう毎日の仕事自体がイヤになってくるんだよね。
毎日「何のために自分の労働を提供してるんだろう?また今日も無駄になる仕事をするかもしれないのかなぁ?」って思いながら出社するって虚しいと思いませんか?
発令者と変更者が違う人物なので、変更時に「頼んだ業務が無駄になってしまって申し訳ない」的なものも無いのよ、私の時間を返してほしいわ!(怒)



現職場で先日、自分の半期プランニングシートを作る面談があった際に今の上司から
「働く上でこうしたい・こうなったらいいなという事と、これは嫌だ・これは避けたいという事はなんですか?」
と聞かれたので上記の話をしたら
「そういう状態は仕事のモチベーション下がりますよね。辛かったですね」
って見事に言い表してもらえたので、この人の下でなら働き甲斐があるなと思えた。
理解してもらえるということは「そういう状況を作っちゃダメだ」と解っているということ、そしてこの会社は実行してるということだもんね。


今の職場は、入社後もちょっとした試験があってほぼ全員それを受けている。
なにかというと「性格判断」みたいなもの。
これで、それぞれの社員のモチベーションの持って行き方や得意な方向不得意な方向などの目安がつくらしい。
部下を持つ立場の人はそれを資料にして自分のチームをまとめるというわけ。
若くて小さな会社だけれど、人を大切にする姿勢と努力は流石だなと思う。

2週間働いてそろそろ「この会社のために必要となる知識」で自分に不足しているものは何かとかが見えてきた。
それは今後もおそらく1年位はあれこれ出てくると思う。
少なくとも1事業年度は経験してみないと会社の事はわからない。
まずは月単位のルーチンワークの把握からだな。

花束の中で一番元気で長持ちだったこの子ともそろそろお別れです。
20190216_0947.jpg
よく頑張りました。

20190131.jpg

丸一年半前、私の職場は大きな転換を迎えました。

突然起こった吸収合併、人員はサルベージされたものの合併前後はかなり忙しかったです。
合併後も、旧会社の後片付けが色々あってそれに携わっていたしね。
合併作業が一息ついて「これで腰を落ち着けて仕事できるかな」と思った矢先に社長交代。
子会社ゆえ、理不尽とも思える決定でも従うしかありません。

会社組織が変わるわ経営トップも変わるわでは、もう実質「異なる会社化」。
新しいトップに違和感を感じながらの職務遂行は精神的にしんどくて限界を感じていました。

もともと、2020年の春で退職するつもりではいたんですが、
とてもそれまで待っていられないと決断し転職準備を開始したのが2018年晩夏。
もちろんすんなりと転職先が見つかるなんて思っていません。
事務職は総じて競争率高いし、企業が採りたい年齢層は20代後半〜30代中盤としたものです。
私としても、この歳になって納得がいかない会社で我慢して働くのは嫌です、そもそも今の会社をそういう理由で辞めようとしているのですから。
だから、仕事は続けながら(経済的安定を担保)次の職場をじっくり・・・2019年4月に新職場に行ければいいかな?程度の目安で転職活動を開始しました。

ハローワークへ登録し、仕事紹介も何箇所か貰いました(土曜開庁日を利用)
求人広告サイトももちろん利用しました。
履歴書(紙ベース)はかれこれ20枚位書いたかな。
応募はまず書類送付から始まるところがほとんどなので、履歴書・職務経歴書等を郵送。
応募したうちの7割くらいはここまでの時点で落とされました。
面接までこぎつけても、競争相手が居る話なので内定は取れず。
私自身も、手探りで応募先を探しているような、有り体に言うと「数撃ちゃ当たる」的なチョイスもしていました。
当初「同業界・同職種」で探していたんですがそれだとターゲット少ないので、「異業界でも同職種」の中から通勤可能な範囲で選んでいました。転職サイトは便利ですね、自分の情報をきちんと登録すれば自動的にオススメ企業の情報をあれこれ出してくれるんです。この機能は使わないと損。


そんな中で某転職サイトで、以前働いていた会社の上司たちが独立して作った会社の求人が出ているのを発見。
ただ、募集文面を見て「若い人を採用して育てていくスタンスの求人だな」と感じたので応募は考えていませんでした。
その求人掲載があと数日で終わりとなった頃、私の転職活動も全然進んでいなかったので「ダメ元で応募してみようか」で応募のボタンをポチリ。
転職サイト内にある私の情報(学歴、職務経歴、保有資格等)での選考が通るかどうかも危ういし、まず年齢で通らないだろうなと思っていたので、Web試験の連絡が来た時は正直びっくりでした。

この会社の選考は「サイト内の書類選考→Web上での試験→一次面接→二次面接」。
大会社や大人数の選考ならありえますが、1名程度の採用枠の中小企業でこの手間はあまりないと思います。
この煩わしさを応募者は嫌ったのかも?と思いながらも、せっかく貰えたチャンスだからやれるところまでやらなくちゃ。
それに、この頃には「この会社で働けたらいいなぁ」という思いも出来ていたしね。

Web試験は自宅のパソコンで受けられるので、帰宅後にきちんと時間を作って(途中邪魔が入らないような状況を確保するということ。つまり相方の帰宅が遅い日w)受験。
いやー・・・SPI試験は以前に受けたことあるんで楽じゃないと解ってはいたけど、ここまで出来ないとは。
言語分野はまだしもだけど、非言語分野は全くダメでした。
数Ⅱbまで履修したけどそんなん覚えてないって(^_^;)
試験を終えて自分の「学力」の無さに愕然(笑)
実務と学力は別物です・・・

でもなぜかSPI試験は通過できたようで、このあと一次面接→二次(社長)面接と進み、無事に内定を取り付けることが出来たのですが、それぞれの面接時に出た話を聞くにつれ「物事の流れというか御縁って不思議だな」と思うことがありました。
私が見た求人広告は読みどおり「若い年代の人をこれから育てていこう」という趣旨で作られたものでした。
そういう人物が採用できたら次に経験者を採用しようという話はあったものの、求人として表にはまだ出ていなかったところへ応募してきたのが私だったんだとか。
そういうタイミングの一致があるもんなんですねぇ。



無事内定を確保できたので、あとは退職の意志を会社に伝え退職日を決めるだけです。
内定が出たのが12月前半、年末年始休みを考慮に入れて一ヶ月あれば引継ぎも済ませられると思い1月末の退職にしようと決めました。
正直「2月末の決算作業まで居たくない」って思ってたし。
12月半ばに直属の上司に退職の意志を申し出。
退職理由を一応「健康の問題」としたこともあってか、希望通り1月末退職に決定。
そこからは、日常業務をこなしつつ引き継ぎのための資料作りがスタート。
旧会社時代から今まで、私しかやってこなかった業務を複数人に切り分けて教えるのですが、1人だったら一流れで済むものを分けるので逆にややこしい。
ややこしいものを表や文章に落とし込むのは時間と手間のかかる作業でした。

とりあえず思いつく限りの情報を詰め込んだ資料作りは済ませました。
これで足りないものがあったり、書かれていない事象が出た時はその時時で対処してもらうしかありません。
人が入れ替わったタイミングで業務の見直しが必要になるのは決して悪いことではないです。
私は前任者から引き継いだときにいくつか業務の進め方を変えました。
それと同じことが今回もまた起こるだけのことです。

それ以外の業務は合併前からやっていたことばかりなので引き継ぎの心配はありません。
最終出勤日の定時まで通常どおりの業務をこなして終わりました。
残った有給を消化して、2月からは新しい会社で勤務です。
しかも、通勤ルートが今までと全く同じ(同じ定期券)で出勤時間も全く変更なし!
朝ドラ見てから家を出れば大丈夫(笑)
今、晴れ晴れとした気持ちでいっぱいです。




ここから下は毒吐きスペース(笑)

私の退職が正式公開された後、旧会社から一緒に働いていた社員に「なんで辞めるの?」と聞かれました。
は?退職理由なんてせいぜい2つくらいしかないじゃん、それもわからないの?
(あぁこの人、中途入社だけど前の会社を辞めたくて辞めて来た人じゃなかったな)
というのが正直な感想でしたが大人なので(爆)「健康がすぐれないから」というタテマエ通りの回答をしておきました。
自己都合退職の理由なんて「待遇が気に入らない」か「人間関係が好きじゃない」くらいしかないでしょ。
私はどちらも当てはまるようになっただけ。

子会社のカナシイところは「親の言うなり」ってところよね。
数年で経営陣がどんどん交代していくわけで、経営方針もそのたびに変わるわけで(実際は親の意向が反映される)、それに振り回される社員も大変なんだよね。
ほぼ毎年法人登記や許可申請の変更が必要で。
そんなのにはもう疲れた。

数年で経営陣が変わるってことは「新人の社長や取締役」が来るってことで、社長は「社長1年生」なのよね親会社の部長クラスが来るから。
本人も不慣れなことばかりで大変だろうけど、現場にとってはルーチンになってる業務にいちいち「なんでだ」って問い合わされると手間が増えるだけなんですよ、だから黙って眺めてて欲しいの、数ヶ月すれば解るから。
そういう社長たちの相手するのももう嫌になった。
(多くの会社は社長の就任期間って長いわけで社内の業務理解度もそこそこあるものじゃないですか?でも当社の場合は覚え切った頃に変わるわけよ)



今回の転職活動で、
「文字に出る勤務条件だけでは測れない」ことと、
「ここで働きたいと思える会社を見つけることの大切さ」
を実感しました。
転職回数は少ないほうがいいとは思いますが、自分に無理を強いてまで働かなければならない職場にいる必要はないと、それは言い切れます。
自分を壊してまで働く必要はないんです。
お金は大事だけれど、それ以上に自分は大事。
そして納得いく転職先を見つけることが同じくらい大事。
今いる職場に点数をつけてマイナスになるようなら一度考えてみましょう。


IMG_1478 2 
あけまして
おめでとうございます


普通の休日の朝と変わらぬ静かな元旦朝を迎えました。

昨年は公私共に大きな変化があり、心身ともに大変な一年でありました。
それも不思議なもので年末に近づくにつれ、少しずつ片付いたり目処が見えてきたりしたので、新しい年はそれに区切りをつけるべく精進していきたいと思っています。

本年も皆様のお引き立てを頂戴したく
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


ま、詳しいことは追々…たぶん。






最新記事