nanohana3703.jpg


んなわきゃねーだろ!!


な渥美半島へ行ってきました(๑╹ω╹๑ )菜の花ライドですいちおう。

実はこの名のライド、昨年も参加してました、スタート地点まで。
当日あまりの風の強さに敵前逃亡しました。

なので今年こそはという意気込みで、前のめりに前泊。

菜の花3608
早起きが苦手なだけなんだけどね・・・

早起きして朝ご飯をがんばる。
菜の花3609
これをもう一回食べれるくらいだといいんだけどなぁ。

そして部屋へ戻って着替えを始めてから大失敗に気がつきました。



持ってきたジャージが

は ん  そ   で ・ ・ ・

半袖!?



(´⊙ω⊙`)・・・えっ、どうしよ・・・

一瞬思考停止の後、めまぐるしい速さで考える・・・
「ウインドブレーカーはあるけど風の冷たさは防げない」
「代わりに着られそうなものもないぞ・・・」

「ちょと待て。この時間だったらまだ家に居る友人がいるかもしれない。
 その人にアームカバーを借りればなんとかなるかも!」
「ちょうど同じサイズのアームカバーの人、いるじゃん!(´⊙ω⊙`)」



速攻連絡してアームカバーを借りることができました。
感謝感激雨あられ。

本日のスタート地点「白谷海浜公園」に到着。
菜の花3613

メンバーが集まってきます。
菜の花3618
緑のウエアを着てる2人が今日の引率者。
ジャージもお揃いでしたw。

今年は去年ほどではないものの、やはり風強し。
午後から強くならなければいいんだけどなぁ・・・

えーと、まずは蔵王山だそうで、3キロほどで蔵王山入り口に到着。
脚も体も温まってないのでムリせず、初めての場所だし。
てっぺんまでは3キロ弱という説明があったので
「短めだから少しパワー上げてもいいかな?130~150くらいで」
と当たりを付けて回してみました。
しかし半分ちょっと過ぎたあたりでタレ始め、最終的には100くらいまで落ちる(´д`)やっぱりね。

一応足つきはなしでてっぺんまでは来れました、と。
菜の花3626

ここでトイレ休憩。
女子トイレから見える景色に全員盛り上がる(笑)
菜の花3636

こんな風景が見えるんですよね〜♪
菜の花3638
(トイレの中でスマホで写真撮ってるのはさすがにアヤシいので、他の人が来ないのを確認してチャチャッと写真撮りました( ̄∇ ̄;)

待ちくたびれた風の男性陣(笑)
菜の花3641

さて、ささっと蔵王山を下りましょう。
このわずか3キロほどの下りがキツい、ブレーキを握る手にキツい・・・
室内ローラーではブレーキも使わないし横風も来ないもんな。
すっかり鈍っておる(=_=;)


途中、三河田原駅でお一人合流、相方と色違いのバッグを付けた男性だった。
菜の花3644


リスタート切った時に偶然、引率の2人の後ろに入ったのでせっせと付いていった。
この1~2年で「前に付いて行く感」が養われ、つい引きずられパターンにハマるような気がする。
やっぱ風つよーい(T△T)エグい風だぁぁぁ!
C35であることを後悔する(後悔しても履き替えないけどね)。
爆風の渥美半島を走り慣れたKiba氏でさえ「うわっ」と言って煽られた瞬間を見た・・・
ヤバすぎる。
それまでは「後ろに付こう」と頑張っていたが、ここで考えをあらためて
「少し離れて付いていこう」にした。
どうせ横風でドラフティングの効果は薄いし、少し離れていれば前2人の挙動でどこが風の通り道かがわかる(๑╹ω╹๑ )
前の人がフラッとしたらそこが風の通り道

すき間は開けつつも付いていってはいるのでそれなりに運動強度ある。
汗をかきすぎないようにするためにファスナー開け気味にしてたら、引率K氏に「開けすぎじゃないですか」と指摘された〜。
いいじゃんインナー着てるしブラも付けてるし。全開でもないし?
そういう問題じゃないって?(๑╹ω╹๑ )


爆風をこらえて海が見えたらサイクリングロードへ。
ここは少し風が遮られるようでホッとできた。
そして休憩ポイント。
菜の花3655

あ〜、ホッとする。
菜の花3651

ここで少し補給します。
こういう日は思っているより消耗する。食わねば。
「たはらまん」
菜の花3659
と豚のマスコット。なんだこの2匹(笑)。
黒い俺のカレー?と迷ったけど、やっぱあれはこっぱずかしい。


ややゆっくりしてからまた海沿いの道を半島の先のほうへ。
一部「泥だらけ」を避けるために国道に出たところでは珍走団に出会う。
名古屋では見なくなったなぁ。

またサイクリングロードへ戻って無事菜の花の会場へ到着。
時期的に、沿道のあちこちに菜の花!は無くなっていたけど、ここに近づくにつれ菜の花が見えてきてはいた。
会場はこんな感じで黄色・黄色・きいろ。
菜の花3686

満開!\(^0^)/
菜の花3681
品種を変えて長く咲き続けるようにしているんだそーな。

ドーナツも黄色・・・レモンドーナツ。
菜の花3675
これ、味は悪くないと思ったんだけど、残念なことに凍ってまして。
凍ったものの解凍はオーブントースターでは無理だと思うの・・・電子レンジでないと。


菜の花をバックに焼きうどんを撮るK氏をこっそり撮る。
菜の花3671
彼のスマホになにが写っていたかは ひ・み・つ 

うずらが美味しそうだったので食べてみた。人生初うずら!
菜の花3667
下さいって言ってから焼き直ししてくれたのは嬉しかった♪
で、最初の一口だけ独特の匂いを感じたけどあとは鶏肉と同じ。
ただ骨が小さいし肉も小さいので食べづらいというのはある。


ここで1時間ほど休憩してから移動。
1キロほど先にあるこちらでトイレ休憩。
あ、リスタートしようとした際に約一名のパンク発覚。
リカバリメンバーを置いて先にトイレを済ませに来ました(๑╹ω╹๑ )

菜の花3688

ちょろっと上って降りて「やしの実」の歌の石碑。
菜の花3693

狭い激坂を歩いて下ると
菜の花3701

こんなきれいな海が見える。
菜の花3706
ここからは恋路ヶ浜を見下ろすこともできるのだった。

これで渥美半島の先端部分を通過したので、三河湾側に移動することになるはず。
追い風になんないかなー(๑╹ω╹๑ )
・・・という甘い妄想はまったく叶えられず、西ノ浜の直線6キロだかなんだかのほとんどを一人旅。
ところどころ、浜から砂が道路上に大きく流されてる箇所があって、
「ふんふん、あそこは風の通り道なのね」
と警戒するも、警戒してもビュッと吹く風によろめくこと数回。
ただでさえ並走は苦手なワタシにこの横風は追い打ちをかけてるので、集団になるのもコワイ

いいや、たまには風を浴びて走るトレーニングってことでさ。

菜の花3709
直線「放し飼い」区間終了地点。
前方でどんな攻防がなされていたか、K氏から解説をもらった。
センセーは今日もいつものセンセーだったようだ。

ワタシは後方で、時速23キロ台維持で風と戦ってましたヨ・・・はぁぁ(溜め息ばっかり)

また集団(1列だよちゃんと)になって駈け抜けて、
「キャベツ畑でつかまえて」  「ライ麦畑」だっけか・・・
菜の花3712
田原はキャベツの一大産地です。道ばたに落ちてることもあるらしいよ?

この、一種不気味な建物を見に来ました〜。
菜の花3714

あ〜、お客様!そこを触らないで下さいお客様!
建物全体が倒れてきそうですからお客様!
庇が落ちるだけでは済みませんから!お客様!! あー!

菜の花3715
みたいな。

離れないと全体が入らない。
菜の花3719

ここら辺から先、やっと「追い風基調かな」と感じられるようになった。
疲れてきた体に追い風は嬉しい。
でも、今までがハードだったので出力が上がるわけではない。
だって、今シーズンまだ2回目ですもの(๑╹ω╹๑ )今日は距離があるからちょっとだけお尻痛い。

最後のコンビニ休憩で甘いもの補給。
ほら、菜の花の会場でデザート食べてないし。
菜の花3723
あまおうイチゴソフトを味見させてもらったらこれまたメッチャ美味しかった。
でもそのソフト、暑くなる頃には無くなっちゃうよね?(´д`)


疲れを感じ始めた頃、平坦だったことも幸いし無事に完走。
皆様、お疲れさまでした〜\(^O^)/
前後してカバーに入って下さった皆さんありがとうございました~。

引率のKibaさん、K氏、楽しい一日をありがとうございます。
お世辞でもなんでもなく、K氏がこの日はちょっと格好良かったって書き留めておくね♪


そんなKorasho氏のブログはココをクリック

もう一人の引率者Kiba氏のブログはこちら

風よけにさせてもらおう♪と思ってたのに全然後ろに付けなかったやすたろうさんのブログはこちら

見つけたから載せちゃおーってことでサイダーさんのブログ



帰り道、渋滞を避けて新東名に逃げたあたりでセンセーと前後して走っていることがわかったので、上郷SAで合流。
ともに「帰宅しても晩ご飯ない(๑╹ω╹๑ )もう腹ぺこ」。
で急遽、
肉トレーニング決定(ノ^0^)ノ
肉トレの師匠は大洗へ出張中wだから生徒だけでやっちゃいましょうってことで長久手イオンへ行きました。

しかし、日曜だから待ちの行列ができててトレーニングは断念・・・
ああでも脳内はもう肉モードにシフトしてます、ふたりとも。

そこで、
菜の花3725
サンマルクの肉メニューでとりあえずでも手を打つ!
いや、これ、柔らかくて美味しかったです。300グラム。
400でもイケたな(๑╹ω╹๑ )

ってことで晩ご飯も済ませて解散。
遊び倒した二日間でしたとさ
首の後ろと顔、唇が日焼けしたよ~、顔が砂でザラザラだったよ~(笑)


今日のコース(主催者から拝借~)


【ウエア覚え書き】
っつっても今回失敗してるけど。
半袖ジャージ(当初、長袖ジャージの予定であった)+冬向きアームカバー(借りたもの)、
メッシュアンダー、モンベルLW半袖。←ほら、着てるし(爆)
冬用カステリレーパン、冬向きソックス。
シューズカバーはもう無しで。
冬用グローブ。
時々ポケッタブルウィンドブレーカー着用。

寒暖対策はこれで充分だったと思う。
着込み過ぎよりは少し肌寒いくらいのほうがワタシは得意なので、他の人だとこれでは寒いかも。
この日の予想最高気温は17℃、風が強い分体感温度は下がると予想してのチョイスだった。
もしこれで曇りの天気だったら防風長袖ジャージを選択、だろうなー。
モンベルのポケッタブルは本当に重宝してる、小さく収納できるし性能も充分だし。
ワタシが買った頃で8000円くらいしてて「高いな~」と思ったものの、3シーズン目に入ってもビクともしてないので買って正解だった。





  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

暖かい春の一日、久々にショップライドにお邪魔しました。
河津桜3540

前日の土曜は天気が良くても風が強く、まぁ一緒に走る仲間も見つからなかったのでのんびりしまして。
前夜夜更かしもしたし(๑╹ω╹๑ )


明けて日曜はショップライドにお邪魔するため早起き、5時起床。
眠いッス・・・( ̄◇ ̄)
しかも朝は寒い。

久しぶりにお邪魔するショップライド、どこへ行くのかなー?と思ったら
桜見物
河津桜3561
『河津桜』
ワタシは初めて見る桜だ、これ。
いや、見てるかもしれないけど「見物」って意識して見に来たのは初めて。
川沿いに少し並木になってて、見物の人が大勢来てました。
河津桜3563
我々もその大勢の一部。

店長さんがお花見だんごを用意してくれて感激!
河津桜3552
やっぱり食い気よねー!!(≧∇≦)

皆で一本ずつ持っていっただっきまーす!
まさか団子付きでお花見できるとは\(^O^)/
河津桜3553

ひとしきり花を愛でたら次の目的地へ移動開始。

他のメンバーは何度か来てるようですが、こちらもワタシは初めて。

河津桜3574
カクキューの『八丁味噌の郷』。
工場見学もできるらしいですが時間が指定されてしまうので今回はナシ。
土産物をブラブラッと見てトイレお借りしておしまい(ワタシは)。
ちょっと、背中に入れて帰れるお土産もなかったしな。

ここの裏手?にはこんなものが建てられてました。
河津桜3587
へー(๑╹ω╹๑ ) ワタシの手よりも大きいんだ・・・

これで今日のショップライドは終了。
距離も時速も20kmほどのほんわかライドでした。
汗もかかないで帰って来れた(笑)最近そういうシーンが全くないのでなんだか新鮮・・・


でもやっぱちょっと物足りない・・・かな。
いやぁ、天気の良い日なので午後からも走れると良いんだけどな、って思っていたのはワタシだけじゃなかったようで。
“午後の部”を企画するメンバーがいてワタシにも「行く?」って声がかかったんですが、車をショップに止めたままにしておくのもなんなので、ワタシは車でランチ会場まで行くことにしました。
風邪がまだ残ってるし(๑╹ω╹๑ )ケフンケフン

ランチ会場はこちらでーす。
河津桜3593
JR蒲郡駅前にある喫茶店「茶太郎」。
あのね、ちょっと懐かしい雰囲気のある店ですよ。
名古屋ではこういうお店見なくなったもんなぁ・・・


で、ランチもお任せで作ってもらったら(そういうランチがある)

これですよーこれこれ(笑)
河津桜3596
「まかないメシ」ですよね!
パスタはあんかけパスタですよ〜、それにピラフ。
炭水化物バンザイなランチ、サイクリストにぴったり(笑)
これにコーヒーがついて850円でした。
何気にコーヒーがワタシ好みの味で高感度高かったです(๑╹ω╹๑ )
パンケーキというかホットケーキというかそんな感じのメニューもあったので、ティータイムに寄ってもいいかも。

食べ終えたら他のメンバーはまた自転車で移動。
ワタシはこのまま車に乗ってチャチャッと帰宅します。
お土産のスズキさんちには寄りませんでした〜\(^O^)/

【今日のウエア覚え書き】
予想最高気温14℃・・・
そうなるともうレリックのベントブロックジャージは要らないな。

防風タイプの長袖ジャージ、モンベルのMW長袖・MW半袖・ファイントラックのメッシュで上半身完結。
運動強度がいつも通りだったらこれでは着すぎだった。
カステリの冬用レーパン、ソックス。
冬用グローブは正解だった。
シューズカバー無し。
イヤーカバーも無しでなんとかなった。

あと1〜2℃気温が上がったら防風じゃない長袖で充分足りる感じです。


この週末は、イロイロ手放したものの代わりにこれがやってきた。
河津桜3528
新しいローラー。
ハイブリッドローラーっちゅーやつで、前輪外して固定の後輪はフリーな感じの代物。
設置して30分ほどずいずいしてみて思ったこと。
(1)踏み台が要る
(2)乗り降りは慎重に
ミノウラの固定ローラー(V130というのを使っていた)は床面から2~3センチ上がるだけなので、普通に乗り降りできたし後輪をガッチリ固定しているからまず倒れる心配などしないで済んだ。
しかしこのフィードバックローラーは、後輪を載せるローラーの直径分(10センチくらいあるかな)持ち上がるので、普通に跨ぐことができない・・・
トップチューブに跨がることも無理。余程スローピングしていれば別かもね。
なにかワンステップないと乗れないのだった。
そして、固定が前輪のクイックリリース部分だけなので不安定感が残る。
実際、ワタシが30分漕いでいる間、ローラーに乗ってる後輪はわずかに左右に振れていた。
従前の固定ローラーはこの振れを許さないのでその分カーボンのフレームがたわんで吸収していたんだろうけど、それが嫌でこのローラーに変えたので、それはそれでヨシである。
ただ、今までのように無造作に降りるのは(高さもあることで)危なそうなので気をつけなくっちゃだ。
なお、このローラー、ロードバイクだけでなくMTBやシクロバイクでも使える。
前輪固定位置を3箇所変えられるので、26インチ~29インチまで対応。


これで本格的に自転車シーズンが幕開けしたわけです。
自転車乗る機会が増えるから自動的に重量減らないかなー(๑╹ω╹๑ )
たまのローラー30分ごときでは減りゃしませんもの。
友人のダンナ様が自転車通勤しなくなったら途端に増量って話を聞いて、いや~他人事じゃないなと。
なんだかんだ言ってもワタシも2キロほど増量しましたもん、今冬。
まぁね、自転車乗らずに籠もっていたから当たり前かなと。
籠もったわりには食生活は変えなかったんで「やっぱりねー」ってことですね。


ホントは運動量減ったらその分ざっくりとでいいから「口から入るもの」のカロリーを、カロリーのみを減らさないとイカンのですよ。
でもさーその“日常を変化させる”って難しいの(๑╹ω╹๑ )この歳になると。
量は要らないから美味しいものが食べたい!とか言ってるとさらに難しい(笑)。
そいでもって「満腹グセ」がつくとやっかいなんだ←今冬経験した。
胃を鍛えようと思って満腹になるまで食べるようにしていたら身に付いた「満腹グセ」。
とにかく「満腹(ゲップが出そうなくらい)」にならないと“気分が落ち着かない”、つまり腹八分目ができない。
なんだろ、満腹中枢の感度が鈍るのかね?
それ以上に厄介だったのが「少しでも腹が空いてくるとなにか食べずにはいられない気分になる」症状。
お腹が空き始めた、というか“実は満腹でも空腹でもない普通の状態”の時を「苦に思う」ようになる。
その焦燥感がスゴイ!微々たることだけどすごくてイライラする!
(しばらくして「これはマズいぞ」と気づいたからまだ良かった)
解決方法で一番簡単なのはなにか食べることなんですよ、それでまず気分が落ち着くから。
実は食べなくても大丈夫な程度の空腹なのにね。
でも、食べて気分を落ち着かせる→しばらくするとお腹が空いた気がして落ち着かなくなる→また何か少し食べる→以下、本来の食事の時間まで繰り返し・・・みたいな。
そりゃ太るよね(๑╹ω╹๑ )
これ、腹八分目生活をしていた時には感じなかったことなんで、腹八分目生活でいると多少の空腹感にはビクともしないんでしょうね不思議と。
これも慣れなんですかね?
とりあえず今は「油ものを控える」で対処してます。
揚げ物はなるべく選択しないとか、脂身多い部分は控えるとか。小倉マーガリンとかは×(笑)
あとは「腹八分目生活」、やっぱこの方が胃には優しいですし。
で、走りに行った時だけカロリー多めで\(^0^)/エヘヘ♪



先週末、自転車乗りの知人が彼岸に渡ったという知らせが入りました。
享年38歳、自宅で就寝中に様子がおかしいことに家族が気づき、救急搬送されたもののそのまま帰らぬ人になったということでした。
若いなぁ、若すぎる・・・
一緒に走ったことはないのですが、SNSにたまに上がってくる投稿を見てて「よくまぁ一人でそんな遠くまで一日中走っていられるもんだな」と思ってました。
なので訃報を聞いた時は「事故か?」と思ったのですが、まさか自宅で寝ている時に急変とは・・・

なぜ人の人生は歳の順で終わっていかないのだろう。
早く生まれたものから早く去って行く、だったらそれなりに覚悟もできて悲しみも衝撃も少ないだろうに。
なぜこうもブッツリと断ち切ったように終わることがあるんだろう。
亡くなった彼とはBBQで数回顔を合わせた程度でしかなかったので、さほど親しくはないけれど、逆にワタシは「次のBBQの時にはまた会うかなー」と至極普通に当たり前のように考えていた。
連続すると信じて疑わなかったことが突然断ち切られる静かな虚無感。
追悼のアルバム用にと彼が写っている写真を探して、その数の少なさに少し悲しくなった。
こんなことならもっとたくさん写しておけば良かったと。
もっと惜しげもなくあれこれ撮っておけばよかった。
だからこれからは遠慮なく皆で遊びに行った時の写真は残しておこうと思う。
なにがあるか、誰にもなにもわからないから。
自転車で走る時のごとく人生も駈け抜けたR氏に・・・
Rs-IMG_1026.jpg


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村


CX最終4051

春は出会いと別れの季節・・・

ってことで、シクロシーズンは終盤です。
東海シクロも今日が最終戦、泣いても笑っても今日まで。
罵倒も今日まで(๑╹ω╹๑ )


しかぁし、昨日の疲れが尾を引いて、目覚まし鳴っても起きれなぁ~い!
一瞬「やっぱこのまま寝ちゃお・・・」と日和かけましたが

「そういや前回は罵倒できずじまいだったから、その分今日やっとかんと!」

との一念で起き上がりました。罵倒のパワーすごい。


最終戦は『ワイルドネイチャープラザ(祖父江)』が会場。

どこの砂丘やねんこれ、っていう感じのこんなトコ。わーい砂地獄
CX最終4273
いや~面白そうだな\(^0^)/見る方は。

9時頃から順次レースが始まる。
駐車場寄りのコース端っこで試し撮りをしながら見ていたが、砂区間を走る選手がなかなかやって来ない。
目の前にあるテープで区切られたこのルートはコースじゃないのか?
って疑ってしまったくらいに。
30分間で3周、やはり低速レースなのか?


まずはCM3Aのレース終了。
ゴールして戻ってくる(いちばん疲れている時の)姿を撮る。

ピースサインじゃなく、ゴールの安堵と開放感。
CX最終4042

昨日の試走とは全く違うコース状態の話や、タイヤのセッティングの話、コースのどこが難しいかなど、アレコレ喋って労をねぎらう(タブンw)。
砂のランで抜かれたので、次シーズンに向けて砂浜を走るそうだ(笑)。

舗装路を走るロードバイクでも、路面の状況によって走り方を変えなくちゃいけないのはわかっているが、シクロはもっとシビアなんだなと話を聞いていて思いました。
冬の朝って晴れていても路面に湿気がありますよね、砂も湿気があって重いのだそうな。
ということは、今日のように天気がいいと午後は砂が乾いて、また違ったコンディションになるってことだ。
選手各自の得手不得手や技術や体力、機材の選択から調整の度合い。
多岐にわたって面白いし楽しめる。
シクロって本当に見応えあるなと思います。


さて続いてCM3Bスタート。
CX最終4074
今日は完走してクダサイ(๑╹ω╹๑ )


とにかく砂だ。砂との闘い。

レミングの群れのようにも見え、
CX最終4125

はたまた殉教者の列にも見え。
CX最終4254

自転車は現代の十字架なんだなきっと。
なにを贖罪してくれるのだろう・・・

若者は力尽くでゴルゴタの丘を押し上がり、
CX最終4303

大人たちは着実に一歩を踏みしめ、
CX最終4250

「なぜ」かは考えない。
CX最終4325



そしてカメラマンも砂を走る!
CX最終4116
デカいデジイチ持って軽快に走ってました(๑╹ω╹๑ )

この日いちばん楽しんでいたであろう一人と一匹。
CX最終4277


今日は3周回で終わる。
たった3周が長い。

今日はゴールした、もう走らなくていいんだ。
CX最終4354


無事にゴールして戻ってくる姿は全身から本音が出ていて好きだ(笑)
CX最終4366

かなり前に
「(ロードレースで)ゴール前スプリントを正面から撮ると、皆笑っているようで可笑しいが、あれは楽しいんじゃなくて苦しいから口が開いて笑ってるように見えるだけ」
ってのを読んだことがある。
この日の選手は皆その笑顔でした。



レースを終えて力尽きるD氏。
CX最終4371

これで今シーズンはおしまい。
明日からはトライアスロンのトレーニングですね(笑)

落ち着いたのを見計らって腹ごしらえとしますか。
ブチョーコーヒーのスープ+パンのセットに串カツ。
D氏は更にパスタも頼んでましたけど。
CX最終3464
今回のスープはコーンポタージュ、そしてバンズっぽいパン。
愛牧の時のミネストローネとバゲットのほうがよかったなー。ややピリ辛で。
今年は小倉カイザーやサンドイッチに挑戦できなかったので、来シーズンこそ!


さて、C4・C3の選手達が苦戦していたこのコース、C1レベルの選手達はどう走破するんだろう。
すごく見てみたい。
この砂地獄をどう攻略するんだろう、
どこまで自転車に乗って駆け上がるんだろう、
自転車を担いでどれくらいの速さで走るんだろう。

しかし、昨日の疲れが蕁麻疹として出ているので大事を取って帰宅した。
残念。


基地祭行かなくなって、全然触らなくなったデジイチを動かす機会になったシクロ観戦。
てきとーな設定で連写しまくり、撮った写真を関係者に押しつけたシーズンももう終わり。
否応なく被写体になったみなさま、お疲れさまでした\(^0^)/
また来シーズンもよろしくお願いします。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村


ピザ始3428

3月を目前に控えた、2月最終土曜。
ワタシの今シーズンが始まりました!\(^O^)/

前夜、急遽「ピザを食べる」という話がまとまり、大急ぎで走る仕度を開始。
なにせほぼ二ヶ月実走していないので、全てがリセットされてます。
自転車そのものはZwiftをちょろっとやっていたため動かしてますから、タイヤの空気圧くらいでOK

所謂「サイクリングセット」を再チェック。
明日着るウエアをチョイス。
シューズよし、ヘルメットよし、サングラスよし。
あれ?イヤーウオーマーが見あたらない・・・どこへ置いたっけ?
モンベルのイヤーウオーマー、よく紛失します。
カサがない上に色が地味で目立たないので、他の服の間に入るとぱっと見ではわかりません。
うーん、明日は10℃以上になりそうだから耳当て無しでもなんとかなるかな。


で、土曜の朝はすごく久しぶりに早起きです。
さぁ出発、という段になって車の後部が「お一人様仕様」のままだということに気づきました。
それを2台乗せ仕様に変更するのに時間がかかり、予定時間を30分弱オーバーして出発。
新舞子までトランポして、そこから内海までの平坦往復が今日のルートです。
センセーもワタシもともに実走は2ヶ月ぶり、農道だなんて無茶はいたしません(。-_-。)。
同時刻にスタートするはずだったT夫妻は農道経由でピザ屋さんまで。どちらが先に着くかなー(^_^)

この日の知多半島は風もそこそこ、特に行きは追い風傾向なので思ったよりも楽に進みます。
そこが落とし穴なんだけどね・・・
25〜27km/h程度(130〜150wくらいかな?)で順当に走行。
ずっと実走していなかったので、体力もさることながら走る時に必要な感覚が付いてくるかが心配デシタ。
「クリートの外し忘れしないかな」とか「車への対応が利くかな」とか。
一応往路は何事もなく走れたので一安心デス。

自転車でピザを食べると行ったらここへ来ることを指す
『パッソ・アヴァンティ』

メニューを見てどのピザを食べるか決めているうちにT夫妻も到着。
ランチのサラダ、今日は妙に美味しく感じるけどなぜだろう。
ピザ始3430

ワタシのピザ「シチリアーナ」
ピザ始3432
あ、これ前にも頼んだことある!と目の前に来てから気づく。
以前「そのピザはチーズの入らないピザですがよろしいですか?」って店員に確認されたんだった。
で、食べてみてやっぱチーズなしはちょっとな・・・って思ったピザだった。
同じ失敗をまたやってしまうとは( ゚д゚)
(具はワタシ好みなんで良いんだけどねー、これにチーズが入れば文句ないんだけどねー)


てな話をしていたら、T夫妻から「一枚トレードしましょ」と提案を頂きチーズありピザをもらう。
モッツァレラチーズが美味しい、次回は絶対にチーズありピザを頼もう。

ドルチェまで堪能してピザ屋さんを離脱。
今日のメインミッションは無事に終わった。
今シーズンもお太れ部の先は明るい(ノ^0^)ノ
T夫妻もジワジワとお太れ部に含まれつつある?(笑)


さて、帰りましょうか。
帰路は平坦を4人で走りまーす。
ピザ始3438
せっかくなので4人の自転車とT夫妻のダンナサマの図。

往路、T夫妻は農道だったし我々はさくっと通過したので、
ピザ始3445
灯台のところで休憩・・・ってほど走ってないけどまぁ、シーズンはじめですし。
午後になっても(知多にしては)風が強くなく自転車日和です。

天気が良いしせっかくなのでシーズンインの状態を撮っておこう。
ピザ始3444
相変わらずC35 借りパク状態。
すっかり馴染んでいると言っても全然問題ない。

この日、農道でも海沿いでも、あまりローディは見かけなかった。
灯台のところで休憩していても我々の後からくる自転車乗りナシ、良い天気なのに珍しい。

しかし帰りはやっぱり向かい風なんだよねぇ・・・
暴風ではないけど、午前よりは強まっていてなおかつ向かい風。
しかもお腹にはピザが詰まっていてけっこう重い(笑)
熱いものがこみ上げるほどではないが、みぞおちが下から圧迫されてる感が抜けない。

にもかかわらずセンセーは

「今日って帰りのほうが楽ですよね?」

とか意味不明な発言。
向かい風で楽なわけなかろう( ゚д゚)状態なワタシは 即

「そんなわけないじゃん」

と返答しましたもちろん。
ヤバい、これはやばいわー
いわゆる「首の皮一枚残り」の前触れだわー(ー_ー;)

シーズン初っぱなから。

盛田酒造で休憩。
たまりしょうゆソフトに挑戦するセンセー。
ピザ始3447
リピありですか?

ここ、少し暖かくて快適なのでつい根っこが生えた4人。
Di2の話題から昨日のテレビ番組の話題まで幅広く(?)お喋りしてから根っこ抜きました。
が、ワタシの脚はこの盛田のあたりまでで終了してしまって、ここから先は100w程度しか出ず。
センセーがチラ、チラと後ろを振り返り距離を確認しますが、もう頑張れませんってば( ̄∇ ̄;)
盛田での長い休憩でも回復できなかったのでやっぱし今の脚は50km程度が限度ってことね。
いや、自分でもそれくらいじゃないかなとは思ってたんだ・・・


日が傾きかけた頃に無事新舞子へ到着。
思った通り、首の皮一枚しか残ってないという結果でした。

解散してから甘いもの補給に行きました。

くりくりモンブラン〜。
ピザ始3452
栗のクリームがたっぷり乗ってました。

日が長くなったとはいえ、気がついたらもう暗くなっていて一日終了。
センセーを送り届けて、今日も事故無くケガ無くパンクなく。
みなさま、お疲れさまでした〜\(^O^)/
また遊んで下さいませ〜。

さて、明日はシクロクロスの観戦だ!

【今日のウエア】
レリックのベントブロックジャケット
薄手ウィンドブレークタイプの長袖ジャージ
モンベルMWインナー
ファイントラックのメッシュインナー
(ちょっと着込み過ぎだった。ランチ後長袖ジャージは脱いで背中のポケットに突っ込んで帰って来た)
カステリのレーパン
足首用cw-x+靴下
シューズにはハーフカバー(今冬はフルのシューズカバーは未使用)
イヤーカバー無しで走れた。10度あたりが要不要の境目かな。


帰宅後、レモンシロップの異変に気づく!
IMG_3459.jpg

無農薬レモンを頂戴したので、少しずつ時間をずらしてレモンシロップを作りました。
これはラストの2ビンで、右のものの1週間後に左のものを仕込みました。
右側の、細かい泡が出ていますよね、発酵が始まったのです。
どちらも仕込み後、一日1〜2回かき混ぜていました。
昨日までは泡に気づかなかったんですが、今夜はプクプクと泡が出ています。
でもこれが出来上がりじゃなくて、もうしばらくかき混ぜは続けます。
左の方も来週くらいには発酵が始まるでしょう。
今年も酵素シロップで夏の冷たい飲み物はまかなえそうです(^_^)




  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村
 

28日(土)夜

さーて、明日は愛知牧場行き。

相方所有のレンズ(高倍率ズーム)を借りるついでにちょっとお手入れ。
愛牧3201
借りるのは18ー270のタムロン。これだと1本でポートレートからコース内までほぼカバーできる。
ワタシの70ー300はお気に入りなんだけど近い所を撮るためにレンズを交換しなけりゃならないのが手間。
初の高倍率レンズはどんな感じかな。




日曜の朝。
愛知牧場の奥まで行くのは初めて。
愛牧3205
牛さん。のんびり座っていた。

車道ならぬ馬道、なのね。
愛牧3204

着いたときにはすでに最初のレース(カテゴリ)が始まっていた。
友人を捜しつつ、撮影ポイントも探しつつあっち行ったりこっち来たり。
愛牧3699
そして試し撮りの繰り返し。
1年以上まともにカメラを触っていなかったので、写すときの設定をキレイさっぱり忘れている。
別にオートやプログラムにしてカメラに任せっきりでもいいんだけど(そのほうがキレイだったりするし)、せっかくだから少しは考えて意図してるような映り具合にしたい。
こないだ相方に「どういう風だったっけ」と聞いておいたので、それを思い出しながらF値やシャッタースピードを変えては映り具合をチェック。
次のレースが始まる頃やっと設定の目途がたった、よかったー間に合って。


厩舎の横を通った。馬は敏感だから静かに。
愛牧3685
シクロレースってカウベル鳴らしたりスティックバルーン叩いたり、応援がうるさい。
それで馬は平気なのかと実は心配していた。
コースと厩舎の距離は少し開いているので大丈夫なのかな。


見学者でもこういう坂を上り下りさせられる、キビシイ会場だ・・・
愛牧3684
ウロウロして自分なりの撮影ポイントを見つけ、


友人の出るカテゴリが招集開始時間となったのでスタート地点へ向かう。
どこにいるかな?

愛牧3708
いたいた♪
いつものジャージじゃないからわかりにくい。

「しなのちゃんジャージ」だそうで、(雪で中止になった)前回にお披露目するつもりだったとか。

今回は同じ時間にスタートするK氏も。
愛牧3720

スタートグリッドについたところでこちらのカメラに気づいたので、
しなのちゃんを見せろと合図。
愛牧3719
完璧 痛ジャー(^_^;)

スタートしました!
愛牧3736
と、ここまでは良かった。

この後ろ姿を見送った後、次に見たときは
愛牧3743

こうなってた(´・_・`)
愛牧3758
笑ってたけどけっこう痛そうだったとか。

背中の「しなのちゃん」も泣いてますぜ?1周目でリタイヤなんて。
愛牧3759
スタートを確認した後、さっさと撮影ポイントに移動してしまったワタシ。
そして待てど暮らせどD氏来ない・・・K氏が二度通過したのに見あたらない。
これは「あ、きっとアレだな」と思い受付ブースのあたりへ戻って来たら↑やっぱり「アレ」状態(´・_・`)



よぅし、気を取りなおして次、つぎっ。

T氏の出るカテゴリー招集中。
愛牧3764

このカテにはもう一人知り合いが出る。
愛牧3769

スタート!
愛牧3787

この坂、斜度も結構あると思うし、短いように思うけどラインは1本しかなくて難しいんだそうだ。
愛牧3856
だから皆、1列になって登っていくんだね。


そしてここは、坂を登り切った所で多分一番キツい箇所。
駆け上がれない参加者もチラホラいた。
愛牧3852

そしてこの会場の目玉はこれでしょう!\(^O^)/
愛牧3833
ここもちゃんとしたコースです。
この階段を上がりきったところには十字架がある。
天国への階段というか墓標というか。
シチュエーションこれ以上ないってくらい絶妙(笑)
でもここへたどり着けなかった者もいるのだ・・・

当初の狙いとして「ここを撮るのは、3周ほどしてへばってきた顔をカメラに納めるのがよかろう」だった。
だから別のポイントで来るのを待ち構えて・・・→「来ねーよ・・・」↑だったのだ(。-_-。)


こちらのカテの二人は無事にゴールして終了。
あとは三々五々、用を済ませたり食事したりして解散。
ワタシはD氏たちとC1カテゴリーのレースを少しだけ見てから帰った。
いやぁC1のレースは毎周緊迫感があって見応えあるわ〜♪

かえりがけ、ふと思い立ち引き返して「カウベル」購入。
応援グッズ、少しずつ充実中(笑)。
愛牧3229


D氏も言っていたが、愛知牧場が東海シクロ会場として毎年組み込まれるといいなーと思う。
なにせ近い。
平田や祖父江川はやはり遠いもんね、1時間以上かかる。
それと、コースのバリエーションは多い方がイイという気がするし。
なにより「牧場の一角」という長閑さがGOOD!!

次は今シーズンの最終戦、ワイルドネイチャープラザ(祖父江町)で2月26日(日)。




最新記事