上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーもー、毎日毎日暑いなっ!

月曜は、指まで筋肉痛に襲われて、全身ゴキゴキ。
火曜になんとかマッサージに行って、水曜は帰宅前にカフェドクリエで
休足710
ポケゴーやってのんびりし、
金曜には鍼に行ってなぜか鍼だけじゃなく「吸い玉」を滑らせるという初施術まで施されて帰宅。
鍼灸後は体の奥から疲れが引き出されるので、
とにかく寝られるだけ寝るぞという意気込みで午前11時まで。

あー、寝た気になった。
最近、睡眠が浅いのかいくら寝ても寝足りないのよねぇ・・・

暑いし、出かける予定入れてないからウチでメンテ作業。

フリーボディを外して再度グリスアップ。
少し前にグリスアップしたんだけど、その後のラチェット音にムラがあるのが気になってたのでもう一度グリス付け直し。

ついでにチェーンを“クレンジングオイル”で洗ってみる実験。
「化粧落としのクレンジングで、指のオイル汚れはきれいにできる」
ということから思いついて、それじゃチェーンもきれいにできてしかも
(洗い流せるクレンジングオイルなら)水洗いできるんじゃね?と。

休足717
これくらいまできれいにできた。
これは水洗いの後乾かしたところ。
この後はドライルブ吹きつけて完了。

クレンジングオイル、粘度が扱いやすいし指が荒れなくてイイ感じ。

日曜はライドの予定をしていたけど、酷暑日になりそうなので中止して椎茸食べに行くことにした!


今週のうっかり。
万年筆のインクを買ってしまった・・・
休足714
ネットでも一本ポチッたところなのに・・・

仕事で使うので全て青系。
休足715
これだけ色味が違うので、どれを詰めようか迷う。
上から順に、DIAMINのケンジントンブルー/PILOT色彩雫の朝顔/同 紺碧。

丸一日、
休足718

コンバーターでサファリに入れて使ってみることにする。
・・・PILOTのコクーン、欲しくなってきたなぁ・・・
スポンサーサイト

あー・・・ヤッパリ出てきたか頭痛(。-_-。)
外が明るくなった午前5時すぎ、頭が痛くて目が覚める。

今日は「あじさい見物ライド」の予定があったけど、
自分の体調が低下中だったし(低気圧きてるからなー)、
天気悪くて夜遅くにライドも中止の決定出たし。
痛み止め飲んでもう一度寝て、かなりゆっくり午前中を過ごす。


そのうち雨が降ってきた。
ああ、こういう日は気になっていたメンテでもするか。

少し前に同じホイールを履く知人が「ラチェットのグリスアップした」って書いているのを見てたので、ワタシも「そろそろやらなくちゃなー」と思っていたのだ。

そうそう、前後輪のローテーションもしたいんだ。
自転車をひっくり返して作業開始〜。
メンテ日168

まず、両輪のタイヤを外して、チューブはそのまま、タイヤだけをローテーション。
ディアマンテ・プロは回転方向の指定がある。
また片方だけ間違えちゃったぃ。

ま、それ以外は順調に交換終了。
ラチェットに取りかかりま〜す。
スプロケ外すのも久しぶりだな〜。
ラチェットの外し方を忘れていたのでググって確認。

やっぱし汚れてるわぁ、細かい砂みたいな汚れが付いてるし、グリスも真っ黒。
メンテ日170

三つ付いてるツメや丸いバネをそっと外して、クリーナーで古いグリスを落とします。
ベアリングも出来るといいんだろうけどコワイし面倒なので今日はこのラチェット部分のみ。


ハイ、こんな感じで。
メンテ日171

ここにグリスを塗る、というか盛ってホイールに戻して回してみる。
カチカチカチカチ・・・と回しては外してみてグリスを足してみる。
それを数回繰り返して納得いったのでネジを締めてラチェットのグリスアップ終了。
これで少しの間は静かになってくれるはずだ、爆音ゾンダ。

外したついでだからスプロケもきれいにしてみた。
そしたら指先が汚くなった(笑)、とても女性に手ではないかんじだ。
その手でフレームを持つとフレームが汚れるので、手を洗わなくちゃ・・・

そいや「(化粧落としに使う)クレンジングがいい」ってどこかで読んだな。
と思い、オイルクレンジングを使ってみた。
これはかなりイイです! 良く落ちるし手に優しい。
そうだよね、顔に使うものだもんね。
チラッと「これ、チェーン洗いに使えないかな」とか思っちゃった/(^o^)\


スプロケ付けて、チェーンはウエスで拭いて。
一応きれいになりました。
メンテ日172
スプロケ拭きながら「やっぱり真ん中ヘンの数枚はよく使うから歯が丸くなってるなぁ」と気づく。
30Tや12Tはほとんど使わないから、歯ひとつひとつがまだ鋭い。
目でじっぐり見るとわかるくらいの摩耗が出ているってことは、今後は気をつけていないとイカンのかなー。
ところでスプロケのギア一枚って単独で買えるのか?


さ〜て、爆音ゾンダはどれくらい静かになったかな?
それと、今回使ったグリスは初めてのものなので、どれくらい耐久性あるんだろ。
明日か明後日、固定ローラーで回してみるかー。


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

ってことで先週から『新ガジェット』、仲間入りしました。

まぁ、また散財しちゃったわけなんですが(^_^;)
相変わらず○に真珠だったり、
○に小判だったりするわけです。

「オマエごときにそんなモノ要るのか」
って聞かれたらたぶん要らないという答えになるんでしょうけど、ま、欲しかったので(爆)。
これなー、パワータップなんて借りちゃったのが道を外すきっかけになっちゃったんだよなーきっと(´Д`)


『要るモノしか買わない』
だったらちょっと寂しいじゃない?
シュミの世界なんだし。

そゆことにしとこう。

で、これが新入り。
stages3.jpg
あ、これはアルテグラ(6800)の左クランクですね。

こっちこっち。
stages6.jpg
クランクの内側になんかちょっと付いてるでしょ、これです。

パワーとケイデンスを吐き出してくれます。
これと、ガーミンさんをANT+で繋いで数字を見るわけですね。
スマホとはBluetoothで繋いで、専用アプリで管理することにしました。
ファームウェアの更新などはスマホのほうが楽なんだそーな。

これ入れるにあたって、ひとつ気になっていたことがあります。
私のコンポは6700のアルテグラ(しかも前が3枚の6703)。

StagesPowerは、6700対応製品もあるにはあるが色がシルバーなんだそうな。
ワタシのアルテはダークグレイだ・・・ いかななんでもそりゃ無理だ・・・
また、今後、数年先のことをも考えると、アルテからデュラにする可能性は低いけど
6800あるいはその次のアルテ、またはアルテ電動化とかそんなことが頭をよぎる。
よーぎーるーだーけー。


6700に6800の左側だけが付けられるなら、そうしたほうが先々好都合だと考えるよね~。

で、
結果的に難なく6700に6800左 付けました。

とてもスムーズに。
なんの苦もなく左側だけ。

なんで力説するのかというと、買うとき某大手ショップの一連のやりとりで一瞬
クランク部全部6800に入れ替えないといかんの?
という場面に出くわしたからです。
それはStagesPowerではなくPioneer製品のほうで検討していた時だったんですけどね。
(でも、Pioneer製品の左側だけね。あそこのは左右別々にでも導入できるから)
その大手某ショップに対して好意的に解釈して、
「大手なだけに、シマノの左クランクだけを取り寄せて販売することができなくて仕方なかったのかな?」
と思っていますが、それはワタシが前もって近所の自転車屋に
「シマノの左クランクだけって買える?」
と聞いていて、買えるという返事をもらっていたからに過ぎません。
もし知らなかったら某ショップの店員の言葉どおりに
「え~!クランク全部6800に変えないといけないんだ、大変だな~」
って思って、予算超オーバーな選択に走っていたかもしれません。


そんなワタシも、その場でいいアイデアというか打開策が思い浮かばなくて、
一旦持ち帰って検討すると言って店を出ました。

Pioneerのが欲しい(6800以降しか対応してない)→
今から6800左クランクを取り寄せて取り付けられるのを確認する→
最悪付けられなかった時に8000円程度の損害で済む→
取り付けられるのがわかったら、Pioneerにクランクを送る→
メーターが付いたモノが来るのを待つ→
近所の自転車屋で取り付けてもらう・・・
クランク待ち+取付待ち ・・・時間かかるな~(-ω-)

StagesPowerにした場合(左右への展開はなくなるけどそんなレベルでもないし)
→6800が付くかどうかが未知数だけど、同じシマノだからたぶんイケる(ちょっとは賭け)
→在庫あるって言ってたから一週間程度で手に入るだろ、たぶん
で発注して、
→取り付けられなかったらけっこう大きな損害&落胆
幸いにも取り付けられたら
→某ショップでは6700に6800を取り付けるのは保証外になるから出来ないって
→じゃ、モノだけ取り寄せてもらって取付は自分でやるかご近所で頼もう
→一週間ちょっとで搭載完了
よしよしやっぱそれがいいな(・ω・)

こんな経緯がありました。

ガジェットの中には大手ショップでしか扱っていないモノもあります。
地元の小さなショップは、創意工夫とサービスで、大手ではやらない作業も引き受けてくれます。
大手だと「部品そのものを新しく買ってまるっと交換ね」と言われる場面でも、地元の腕自慢店なら「あーしてこーして工夫しといた」っていう結果になることもしばしば。そして工賃程度で安く済むとか。

このたびのワタシも、一週間ほど待ってモノが届いたら引き取って、
そのまま近所の自転車屋へベニヤ号とともに持って行き、その場で付け替えてもらいました。
クランクの取替工賃ということで税込み1620円でした。
あ、StagesPowerは定価でしたよ(・ω・)

経験のある人なら自分で交換できる作業です。

『6700に6800左だけって付くのか?』
これは同じことを考えて実行した人が他にもいてブログに載せていました。
ただ、それをワタシが見つけたのは発注したあとで、もう少し早く見つけていたらとは思ったんですが、同時に「あ、やっぱりちゃんと付くんだ。よかった」と安心できたのも確かです。
だから、自分のブログでもタイトルにしたりして(笑)
もうしばらくは、6700アルテの人多いと思うんです。
ということは、同じようなことを考えてる人も居るだろうなーと。
型番違いの取付なので、メーカーはもちろん大手ショップも当然推奨はしないから、自分で情報を拾うしかないんですよね。


聞いた話では「ホローテック2という規格になってからは、デュラであろうが105であろうがクランク部分の作りは同じだろ」とも。
や、あくまで聞いた話ですが。
製品を作る金型をモデル毎に変えているのもコストがかさむ話だから、同じ金型の可能性は高そうっちゃー高そうですけど。

そんなわけで、ワタシのホローテック2は年代違いでも取り付けられました。
ただし、メーカーが推奨していないようなので自己責任でということになりますよ。

ワタシとしては、買い物が無駄にならなくてよかったわー。

ケイデンスセンサーを兼ねてくれることがわかったので、チェーンステーに付けてるガーミンセンサーの位置を変更することが出来ました。
より安定する位置へ、目立たないように付け替えられてちょっとウレシイ(^_^)




さーて、今年はこれを使ってきちんとトレーニングを


・・・するわけじゃなくてね・・・
まぁ、どういう風に使うと自分が楽できるかを考えていきたいと思っています。
FTPの測り方、なんての調べたら「どちらもとてもじゃないが出来ない」としか思えなかった・・・



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

一ヶ月ちょっと前に買ったシューズ フィジークR5
その時の記事

快調に履いていた矢先、5月5日のライドでこういう状態になっているのを発見。
シューズ不良

シューズ不良2


普通に履いていて
ここが取れるなんて
ありえなーい!ヽ(`Д´)ノ
しかもまだ一ヶ月だぞーーーー!!



ってことで、6日にカトサイへ持っていって、かくかくしかじかと説明。
説明っていっても、普通に履いてただけだしなぁ。

ショップを通してメーカーに問い合わせ(同じモデルで同様のことは起きていないかとか、対応方法が発表されていないかとか)てもらって、その回答を聞いてからこのシューズをどうするか決めようということにして帰宅。

踵がこのままではイカンので、強力な両面テープでくっつけてもらった。

けど、次のライドであっという間にはがれた。
両面テープくらいじゃ耐えられないね(^_^;)
一日「踵が取れて落ちないかしらん」と気になって、かかと着地できませんかったことよ・・・
靴のトラブルはガマンしちゃぁあかん!


そして昨日、カトサイに電話してみたら、メーカーからの返事は来ていたようで
「このモデルで、こうなった話は今のところ聞いていない」
「フィジークの靴全体で見てみても、かかとが取れた案件は数件程度」
「ネジで止めるタイプではないので、踵のみ新しくすることはできない」
「履きだして間もない時期の出来事」
ということで、新品のシューズと交換ということに相成りました。

それを聞いた途端ワタシは

新品が来ても、踵の接着がお粗末だったら
結果は同じやん・・・


とやっぱり思った。
まぁ、様子見させていただきまひょか~。

新品は今度の週末に届きそうな予感。
あ?今度の週末、自転車に乗る機会もないけど店に行く時間も取れないんじゃないの?
土曜:珍しく仕事(応援にかり出される)
日曜:自転車仲間とだけど自転車には乗らないで遊ぶ
うーむ、土曜の夜か・・・

新シューズになるのはウレシイっちゃ嬉しいんだけど・・・
またフィッティングに行くの面倒(・ω・;;)
ホントは行った方がイイに決まってるよ。
同じサイズの同じ靴なんだけど、現物に合わせた方がいいと思うもん。
でもまた予約取って時間取って行くのもなぁ、休みが潰れるわけだし。
え?前回は平日に行っただろ? そ、そーでしたっけねー(´ω`;;)


えーと、んーと。
そうだ、とりあえず写真でも撮って今のクリート位置を記録して、
一応自分で取り付けてみよう。
で、しばらく様子を見て、脚に負担が来たりおかしかったりしたら、湯川さんトコ行こう。
その時に、前に説明されたスピードプレイの取付アダプターも付けてもらえば良いのだし。
となるとカトサイに行った時に取り寄せ依頼しておかなくちゃいかんな。

↑ 今ここ
新しい靴が来たという連絡を待ってるところ。

また新しい靴に逆戻りかぁ。
しばらく硬いんだよね新しい靴ってどれでも。
またゴムハンマーに活躍してもらうかぁ(´ω`)

新しい靴になって普通に履いてみた後
この続きはアップしますねー\(^_^)/

ベニヤ号
とても気に入っているんだけど、初っぱなから一つだけ気になってたことがある。

「リアブレーキキャリパーが動く」

ブレーキを握ったときのことじゃないよ〜
キャリパー自体が動くのである。

自転車屋で組んでもらうときにそれは判明してて、
それなりに対処してもらって組み上げてもらったけれど、状態は芳しくない。
元はといえば、フレーム自体の仕上がりが悪かったのだな。

そこで今日は雨降りで時間もあるので、自己責任で状況改善に取り組むことにしましたっ!

ホイールとリアブレーキキャリパーを外して、塗装をうっかり傷つけないようにマスキング。
無地のマスキングテープが家になかったので、文具のマステで代用。
キャリパーを取り付ける穴の処理が雑で、「バリが取れてない状態」のひどいヤツだと思って下さい。
名付けて「デベソ」
デベソ修正
対応策を自転車屋を通じてデローザに聞いてもらっても、削るしかないという返事。
ならば自分で削ってやるぜ〜、でやすりで削ったわけです。
だいぶ平たくなりました、ふぅ。

ではキャリパーを元に戻しましょっかねー。
うーむ、まだ少し隙間がある・・・というか、
ネジの穴の角度とキャリパーの軸を無理なく合わせようと思うと、どうしても隙間ができるのかぁ。
そこで1ミリ弱の硬いビニールをドーナツ半分の形に作って噛ますことにした。
できたのがこの状態。
デベソ修正後
自転車屋で付けてもらったワッシャーを無しにすると、ブレーキシューがシートステイに接触しそうなくらい。
なので隙間を作るために今回も噛ましておいた。
意外な落とし穴だったなー。

でもこれで「手でキャリパーをガシッと掴んで軽くねじるとキャリパーが動く」という物悲しい状態はなくなった。
シューの片効きが無いように調整して終了。


ついでに、先日買ったスプロケに付け替えてみる。
アルテグラの12ー25
アルテ12ー25

ウチにあるスプロケ、
 11ー25(105)
 12ー25(アルテ)×2
 12ー28(アルテ)
 12ー30(アルテ)
 12ー30(ティアグラ)
・・・やっぱりだぶってるかー(=_=;)
仕方ない・・・

付け替え前
山向けスプロケ

付け替え後
平地向けスプロケ
小さ!
明日のポタ企画が平地とは言え、これはちょっと心配(笑)
前3枚に頑張ってもらうか。

比較してみる。
25と30スプロケ
ちっさ!


えー、今回も活躍したこの小道具。
すんげぇ便利です。
作業椅子
キャスター付きで、座ったまま、工具と一緒に移動できる!
腰が痛くならないので凄く助かる!
メンテじゃないときはちょっとした「モノの置き台」代わりにも(笑)

こうして雨の一日は過ぎたのでありました。





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。