29日に親知らずを抜いてから一週間と一日。

やっと抜糸の日がやってきました。

その前に、抜糸までの1週間はといいますと。
左側は埋伏智歯ということで、3〜4針縫合してあり、右側は普通に抜いただけ。
「抜いたあとの穴がね〜」
「食べ物が詰まってね〜」
と、周囲からイロイロ吹き込まれていたんですがワタシ特に気にならないよ?

それもそのはず、抜歯後3日ほどしてやっと気がついたんですが穴にガーゼが詰めてありました。
そぉいや医師が「ガーゼ詰めてあるんで・・・」ってサラッと言っていたんだけど、麻酔効いてるときだったから深く考えていなかったのねワタシ。
しかもそのガーゼが、心なしかじわじわと存在を主張し始めている(押し出されてきている?)。
気になったのでイロイロググってみました「親知らず 抜歯」とか「抜歯 ガーゼ」とか。
いろんな情報が見つかった中に「ガーゼタンポナーデ」というのがあって、どうもそれっぽい気がしてきました。
ま、そのガーゼのお陰で穴に食べカスが入るという心配なく食事ができてよかったと思います。
(縫合してある左側で噛む気にはなれなかったけど)

抜糸前の土曜には「鰻でも食べに行くか」と、相方と二人でひつまぶし\(^o^)/
普通の人に戻れた気がするw


で、本来なら抜歯後1週間となる月曜が抜糸の日ですが、仕事の都合もあり火曜に実施。
朝一番の予約を取ってあります。

実はですね、今回の抜歯を行った病院はいりなか駅近くの総合病院でした。
これまで、大きな病院としてかかっていたのは第二赤十字だったので、混み具合の違いに正直驚きました。
第二赤十字の場合、診察と検査が予定されていたら半日休みではまず足りません。
でもこちらの病院では、十分午前中に帰れてしまう。
抜糸の日も結局1時間の遅刻で済みました。
混み過ぎだよ八事日赤。



少し早めに受付を通ったら5分弱で診察室に呼ばれました。
スマホ出していじってる時間すらなかったw
医師「予定より早いけどさっさと済ませてしまいましょう」。

はじめに、処方してもらった飲み薬(鎮痛剤)の減り具合を聞き取り。
医 「頓服はどれくらい残ってますか?」
ぴ 「え?(どの薬のことかな)
医 「ボルタレン、いくつくらい残ってる?」
ぴ 「全然飲んでません。ロキソニンで間に合いましたので」
医 「あっそう。それは良かったね。まだ少し残ってる?」
ぴ 「えーと、5〜6錠は」
医 「わかりました。じゃぁ椅子に座って」

治療用の椅子に座って、口を開けて待ちます。
医 「じゃ、抜歯してガーゼ取りますね〜」
ぴ (やっぱしガーゼが詰まってたんだ・・・)
  チク
 チク
チク
医 「ガーゼ取りますけど、ちょっと痛いと思うので我慢してね」
とガーゼを引っ張り出しているらしい様子。
たしかにちょっと、剥がされるっぽい感じがして痛かった。
でもササッと終わって口を濯いで終了・・・

と思ったら医師が
「これからケアの仕方を説明しますので、まず手鏡持って口の中を見てて下さい」。
あーんと開けた口の中を鏡で見ていると、
「帰りにこれと同じものを買って帰ってもらいます。
で、明日の夜から、これから教えるやり方で穴を洗浄して下さい」
と言って、シリンジの先が細くなったものを使って抜歯後の穴の中をちゅちゅーっと濯ぐ方法をやって見せてくれました。
ほぉほぉ(๑╹ω╹๑ )。
「あまり強くやらなくていいです、水の力で挟まったものが浮いてくればいいんで」。
「今日はあまり強く口をゆすがないで下さいね」。
はい、気をつけます(๑╹ω╹๑ )。

このところいろいろ調べててわかったんですが、穴を塞ぐ最初の過程で「血餅」というものが作られるらしいです。
これがとても大事で、これが取れてしまうと治りが悪いとかドライソケットとかいう激痛が伴うものになるとかで、あまり神経質に口を濯いだりほじったりしてはイカンらしいです。

そんなわけで、抜糸もすぐに済み、シリンジを買って病院をあとにしました。
IMG_7684.jpg


しかぁし、糸を取ったらスッキリするのかなと期待したほどのすっきり感はなく、ガーゼを取り去ったので穴は開いてるし気になるし。
一気に抜糸直後なみになってしまいました。
普通の食事はおっかないので(口を思い切り濯げないから)柔らかいもののみ。
相変わらずロキソニン投入は継続・・・一日に2錠程度で足りるんだけどナシにはできない、そんな感じ。
シリンジで穴の掃除ができるようになっても、左下の歯・・・じゃなくて歯茎だなこれは、歯茎が痛いんだ。

右は普通に抜いているだけなのと、左のほうが痛いのとで「右も痛い」というふうに思ったことは一度もありません。
しかし、左のこの痛みはいったい?
もしかして、麻酔で寝ているのを良いことに結構な大工事をされたのではあるまいかというギワクがふつふつと湧き上がってまいりました。
なんかね、左下の歯茎そのもの(縫合したあたり)よりもその周囲の頬内側とか歯茎の奥が痛いんですよね。
やっぱし、下顎の骨も若干削られたのかなぁ。
(埋伏歯は骨と歯がくっついていることもあるらしい。その場合は骨も削って歯を外すんだとか?)
とにかく思っていたより、抜糸後のほうが痛い感じがします、ってか痛い。

退院後から冷えピタを左頬に貼って過ごしているので、職場では大きなマスクを掛けたまま。
頬の腫れは抜糸前には気にならなくなってたんですが、冷やしていたほうが痛みが緩和されるので延々貼り続けていました。
抜糸したらそれもなくなるかな〜と思っていたのにまだ痛いので、腫れてないけど冷えピタも続行。
まぁ、ホンの少しずつ痛くなくなってるような気はするんですがね。

そんなある日、出勤時間に遅れそうになったので数百メートル小走りしてみました。
息がハァハァしちゃうくらいの強度だったんですが、会社に着いてから数時間はジンジン痛くて閉口。
運動はまだ無理そうだと実感した出来事でした。
血行が良くなるとイカンですね(。-_-。) だから長湯もダメお酒もダメ
食事内容はほぼ回復してきましたが、歯ごたえのある塊肉とかはもう少し先になりそう。
あー、肉食べたい。
あ、あと、疲れても歯茎の感触よくないですね。
なので2月の三連休はひたすら家で過ごしてました。
寒かったしちょうどよかったかもだ。

抜糸から1週間過ぎて、やっと痛み止めが不要になりました。
痛くないわけじゃないけど、痛み止めが必要なほどの痛さではなくなったということです。
大きく口を開けたり、下顎を歪めて左側を圧迫するような状態にすると痛みはあります。
そろそろ、地元の歯医者にもまた行かなくちゃ。
病院の医師から町医者へ宛てた手紙を預かってきているんで、それを届けないと。


やー、でもホントに、抜歯そのものよりその後のほうが大変だった。
もし、時間とお金が許すなら「入院して抜歯して、そこから抜糸まで入院している」のが一番いいと思う(笑)
ご飯の心配ないし、仕事からも開放されるし、痛ければすぐ対応できるし。
なにより食事のこと考えなくてもいいのがいいわ。
しかも内臓系の病気じゃないから食べ物の制限ないし(笑)

 


年末年始、風邪に沈んだはずなのにまたしても風邪ひきました・・・
いったいどこで拾ってきたんだろう(。-_-。)

最初の三日くらいは
「喉痛いしいがらっぽいし、風邪かな?
でも全然症状進まないからアレルギー(花粉症)かな?」
と判断付けかねてました。
どちらも、喉痛いし鼻詰まるし頭重いしね。

でも、金曜くらいになって痰の絡む咳が出始めたところで「風邪」決定。
微熱も出てきたので金曜は数時間の早退。
早退したわりには元気だったので、ふっと思い立って自転車のフレームを磨いてみたりして。

03053486.jpg
鈴鹿の参加賞に入っている試供品を使ってみたです。
このフレーム購入時に、数年は持つという触れ込みのコーティング剤を使ってありますが、その後はなにもしてなかったので試供品を塗ったくってみました。
うむ、ややピカッとしたかも。




翌土曜日、天気が良くて自転車日和だけど体長低下。
咳と痰は酷くなってるし、微熱が本当に微熱になってる。
でも体は動かせるので、胡蝶蘭の世話はしておくかなー。
03053472.jpg

水遣りのため棚から下ろしたら、
03053474.jpg
葉が傷んでいるのを発見。
右側の一番下の葉が黒っぽくなってます。
うーん、これは、いわゆる役目を終えて枯れていく葉とは違うな・・・

とりあえず先に水遣りを済ます。
03053477.jpg

水遣り終了後、潔く切り落とす。
03053479.jpg
蘭の葉は傷んでいるところだけを切り抜くという手もあるんですが、この株は他の葉がしっかりしているし、傷んでいるのが一番下(つまり一番古い葉)なので、ここは思い切ってバッサリ。

裏返すとこんな感じで、例えて言うなら「強く押されたバナナ」みたいな状態。
03053480.jpg
もしかしたら「軟腐病」かもしれない?
念のためストマイ液剤を指定の希釈で作って霧吹きで散布。
よく見たら同じ株の葉でもう一枚、裏側の状態のよくないのがあった。
これも潔く切り落とした。
しばらくはこれで様子見、病気が拡がりませんように。


ここまでやったら疲れを感じたので布団でゴロゴロ。
ソバ太がやってきてしばらくお付き合いしてくれた。
03053483.jpg
この子は気が済むとさっさと自分の寝床へ移動してしまい、ずーっと一緒に居ることはありません。
コタとハナは子猫の時に人の布団の上で寝ることを覚えたからか、居られるだけ布団の上にいる子だった。


風邪薬のせいか、早々と眠くなり寝てしまった。

翌日の日曜、少しは楽になったかな?という感じで目が覚める。
でも咳をするとまだ胸の中のほうが少し痛い。

あーでも!肉が食べた〜い!
にく!

そこで肉を仕入れるために出かけることにした。
むろん、運転は相方デス。

買い物の前に「お腹空いてきたね」ってことで看板を頼りに初めての店へ突撃。
03053489.jpg

ちょうど昼時、でも3組くらい待ちで通過。
相方は「じゃこ天定食」
03053494.jpg
じゃこ天が美味しかった! 相方は「刺身がうまい」と喜んでた。

ワタシは「うつみ丼」、漁師丼のミニサイズらしい。
03053495.jpg
体調万全なときだったら少なかったかもしれないが、今日のワタシにはちょうどよかった。

メニューは全般的にお高めかな、ランチとしては。予算は2000円弱って感じ。
美味しいのはたしかだ。

ここにもありましたよ
03053492.jpg
生わかめ、ここの味噌汁にも使われていて、やっぱり美味しかった。

さて、今夜のメインディッシュ「牛肉」買いに行きます。

03053498.jpg

ちょうど移動販売車も戻って来ていて、パックになっていたものと、
食べたいと思っていた『上ミスジ』を200グラムほどスライスしてもらって・・・
03053500.jpg
ミッション完了( ̄∇ ̄)
後は野菜を買って帰宅です。

サシがたっぷり入った肉も美味しかったけど、赤身の肉がこれまた!
歯ごたえが適度にあり、噛んで旨味を感じられ、脂が少ないのでくどくない。
相方と二人で「うん、うん」って言い?ながらあっという間に平らげました(笑)。
これだけのお肉をこの値段で、というのは買いに行くだけの価値はあると思います。
また「美味しい肉が食べたい」と思ったら『知多牛工房 牛小屋』さんまで来ることにします!

今回は「これが食べたい」というのがあったのでその部位を切ってもらったけど、例えば
『予算いくらでBBQ用にいろんな部位を』とかのリクエストにもこたえていただけるそうです。
少し時間の余裕を持ってお願いしたり相談したりするといいかも。
またBBQしに来られるといいなー♪
美味しいお肉って幸せになれるからいいわ〜♪


車に乗せられてプラプラと買い物から戻って来たら、注文していた雑誌が届いてました。

03053501.jpg
例のごとくAmazonで注文し翌日配達だったわけですが、相変わらずデカい箱。
この本と小さな毛糸針セットのみという中身だからもう少し小さい箱でも充分だと思うんだけどなぁ。
なんなら袋(封書みたいなもの)でも構わないんだけど、ワタシは。
梱包がしっかりしているから多少雑に扱っても大丈夫、より
梱包が丈夫ではないから大切に扱わないとね、のほうがイイと思うんだけどなぁ。
じっさいに配達するヤマトのおにーちゃん(おねーさんかも)はどっちのほうが助かるんだろう。



大事をとって(?)自宅に ほぼ こもっていた週末終了。
風邪は回復傾向をみせているようだ、うん。
これなら次の週末はなんとか自転車に乗れるくらいまでにはなるかな?どうかな?


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

寒い日が続きますねぇ・・・


今冬なにをやっていたかの覚え書き。

きっかけは忘れたけど、
アクリル毛糸の編み物に熱中。


s毛糸3243
百均で思ったものが見つからなかったのでネットで買ってみた。
一玉が小さくてびっくり。安かったからなぁ。

s毛糸3265
いくつか試行錯誤の後、丸モチーフを編み始める。
個数をこなすうちに上手になっていくのがわかった(笑)。


s毛糸3276
で、買った一袋を全部丸モチーフに使った。
さてこれ、この先どうしようかー?


s毛糸3277
近所の百均では間に合わないので、スーパーにあるダイソーでさらに買い足し。


s毛糸3280
そして編み針も。
セットになっててお安いものをネットで購入。
単に竹を削っただけなので滑りが悪い、なにか油を塗ってみるかな。



昨年に続き、国産無農薬レモンを頂戴しました!

sレモン3240
買いたくてもなかなか買えないし時期も限定されているので、これは黄色いダイヤ〜\(^O^)/
とはいえこんなにも、新鮮なうちに消費できる自信がないので、新鮮なうちに少し友人へ。


sレモン3254
レモンをいただくきっかけになった「パセリ」。
なので早速パセリいただきま〜〜す!
(パセリにレモンの絞り汁とオリーブオイルをかけるだけで立派なサラダになるという話を仕入れ、試してみたら本当にパセリをもりもり食べられる。ワタシはオイルがなくてもいいや)
私的に一番合うのは唐揚げだと思ってます(^_^)



sレモン3253
戸棚から見つけたハチミツ。
これを「レモンシロップ」作りに使おう。


sレモン3256
こんな感じ、一番上にハチミツを乗せてある。

sレモン3293
1週間ほどのスパンで3つ作った。
右のビンは、残りわずかになったマヌカハニーにレモンと氷砂糖を入れて作ったもの。
ハチミツを余すことなく使えて我ながらナイスアイデア。


毎朝お湯で割って飲んでます



近所に出来た飲食店に行ってみた。

洋食だというのでどんな感じかと思ったら、

s洋食屋3258
ビールがジョッキで出てくるのはわかるけど、ハイボールもジョッキ???
居酒屋じゃあるまいしー・・・


s洋食屋3260
酒のアテとして、オニオンリングフライ。
味は良かった。あとは色合いだけ、それこそパセリの一房でもあれば。

s洋食屋3259
海老のアヒージョ。
価格からこの作りはわからんでもない、が、味はもうひとつって評価。
ニンニクがほとんど無いし、コクも足りない。
アヒージョはアンチョビがほんのちょっとでも入っていれば美味しいんだけどなぁ。


s洋食屋3263
シメはパスタとオムライス。
このオムライスは美味しかった。
なにより米の炊き具合がいい、硬めでパラッとしてて。

全体的に「中途半端だねぇ」というのが今のところの評価。
味は悪くないのに、全体的に見るとあちこちアンバランスでコンセプトが曖昧。
このままだったら長続きしないねぇ、と言いつつ帰宅。


胡蝶蘭、元気にしてます。

s蘭3285
冬は水道水が冷たいので、水が温むまでくみ置き。
でも外は気温が低いから室内の日の当たるところへ置いて。


s蘭3287
一番上の葉の合間から新しい葉が出てくる気配はまだ無い。
蘭も冬眠中なのかなぁ。


s蘭3289
少し変化が見えるのはこの「根の赤ちゃん」だけ。
ほとんど成長してないけど。


s蘭3290
水苔は心底カラッカラ。
今日は3週間ぶりくらいの水遣りです。


追加情報
s蘭3296
胡蝶蘭は上へ成長していくので、下の葉から順に用済みになっていく。
(厚めの葉には栄養分が貯められているので、それを使い切ったら枯れて落ちるんだそうな)


s蘭3298
一番下の葉が少し黄色くなってきたところ。
葉の先から黄色っぽくなっていき、いずれ全体的に黄色くなり、厚みもなくなる。
黄色くなってしおれはじめたあたりで軽く引っぱるとポロリと取れる。
軽く引っぱっても取れないうちはまだ頑張っているのでそっとしておく。
蘭の葉は「5〜6枚」ついているのがいいんだそうな。

結局この冬の間には花芽がつかなかった。
春になってどれくらい変化があるか・・・ もしかしたら来年まで花はつかないかもしれないなぁ。
ちょっと残念。



猫元気。
ハナねーちゃんが去り、コタにーちゃんも去った後、ソバ太はお腹が・・・
というかウンチがゆるい状態、下痢というほどではないけどいい状態でもない状況が続いてた。
そこで自己責任でフードを変更。
数種類試して、やっと最近「これならOKかな」というものに当たった。
ウンチもしっかりした状態に戻った。
やっぱり歳をとってくると、若いときから食べていたものでも合わなくなってくるのねぇ。
ウンチがしっかりしたことで「ネコ戦車」も無くなって、床掃除の頻度も下がって人間は一安心。
※しかしながら、ネコの様子が気になる時は医者に連れて行くのが基本。



さて、いつになったら暖かくなるのかなー。


正月早々の風邪で出鼻をくじかれた形になったので、
精を付けるべきよねと鰻を食べて、
s0121074.jpg

おかげさまで風邪はみるみるほぼ回復。
そしたら「寒波がやってくる」だとか「雪が降った」だとか、
あげくに寒いとかの外的要因でまたくじかれる(ワタシ軟弱者なので)。
そいや例年この時期は一番寒いよね、センター試験ある時期だし・・・



結局は2年の更新時期を迎えたタイミングでiPhone7に切り替えることを決意するとか、
s0121099.jpg
指紋の目立つ色を選んだので、早々にケースと・・・画面を保護するシートも購入。
これでやっと“ジップロック(袋)にiPhone入れて背中のポケットに入れる”なんて手間をかけなくて済むようになるんだと喜ぶものの、自転車乗ってないので全然試せないや〜という。


Zwiftインストールしてやってみたりとか、
s0121080.jpg
やっとMacでも使えるようになったので。
幸いにもパワーメーターあったしANT+受信機も持ってたし、ですんなりスタート。
で、今までどんだけてきとーにローラー回してたんだかってことにすぐに気づかされることになった・・・


名古屋にも雪が降って積もって、という日に新年会行ってみたりとか、
s0121114.jpg

s0121107.jpg
新年会は「ニクバルダカラ」、一度行ってみたかった店なのよねー。
肉料理主体の洋風居酒屋的な立ち位置といいますか、仕事帰りに気軽に寄れる感じだね。


胡蝶蘭の世話してみたりとか、
s0121119.jpg
水道の水が冷たいので、くみ置きして日光に当てて温めてから使用する。
我が家の蘭たち3株とも今のところ元気です。


そんなこんなで自転車に乗らない週末を継続し、ただいま冬眠中




正月早々からの風邪がなかなか良くなりません。
熱は出ないんですが鼻症状が強いです、なんとも不快。

連休初日は天気が良さそうで、元気なら自転車日和でしょうけどこの週末はガマンだなー。
右膝もイマイチ治りが悪いし。
三が日のモリコロの後、右膝の鵞足炎が強く出たのでケッズ始めもしました。
そしたらこんな張り紙が。
0109三連休3064
マッサージと同じ料金で個別にアドバイスがもらえるのね〜。


今回はネットで前もって予約して「グラストン&マッサージ」で50分をチョイス。
グラストンとは・・・んまぁ、洋風カッサ・・・みたいな、もっとゴツいヤツで。
悪いとこをこすられる(ゴリゴリされる)とかなり痛い(笑)。
右膝の翌々日状態。
0109三連休3067
これはまぁ、想像の範囲内の変化。
他の部位もゴリゴリされたけど、見た目に変化したのはこの膝の周りだけ。
次は肩もやってもらおう。


週末直前でもまだスッキリしないので
「なにかスタミナの付くもの食べたい」
んで、すごく久しぶりに、

0109三連休3071

鰻〜\(^O^)/ わ〜い♪

この1週間、かなり頑張って食べるようにしている。
普段ならこのサイズのひつまぶしは頼まないんだけど、この日はほとんど平らげた。
もちろん旨かった。

ひつまぶしを待つ間に、
「肝焼き」
0109三連休3068
短絡的に精が付くのでこれは外せない(笑)
ビールもグラスに一杯だけいただきました(^_^)

もひとつ、アテとして
0109三連休3070
スモークサーモン、マグロとアボカド、ホッキ貝。
お値打ちな一皿でした。

鰻の店だけど、こういう一品ものがあるとこが人気の秘密かなぁ。
他のお客さんも、一品料理を頼んでる人多かった。

はぁ〜、これで三連休をオトナシク過ごせば風邪は退散するかなぁ・・・




最新記事