上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆にはまだ出会っていません。
相方は昨日今日と近所のスーパーへ行って食材を買ってきてるのですが、そこに納豆はありませんでした。
ということはおそらく納豆が陳列されてないんだと思います。

今日の私は納豆よりピスタチオ。
といっても『惑星ピスタチオ』です。
なんのこっちゃという人はこちらをご覧ください

や~、今日偶然にもスカパー!のチャンネルを移動していて『惑星ピスタチオ』の“破壊ランナー”が放映されているところを発見してしまったのです。
番組が始まって10分くらいの所だったので見た瞬間に
おおおっ!!!
と驚いてしまいました。

いや、この舞台をもう一度見れるとは思ってなかった・・・。

かつて友人に勧められて東京まで観に行ったことがあるんですよね<“破壊ランナー”
演劇なんて観たこと無い私でもこの舞台は面白かったんです。
なにより演出が斬新でした。
舞台には小道具も大道具も何もなくて(と言っていい位のものしかない)、状況説明とかは全部役者が台詞と肉体で説明するんです、そのほとんどがすんごい早口。
でもって、本筋とは関係しないシーンも含まれてくるので台詞量がすっごい多い。
さらに一人で二役(以上もある)を一つのシーンの中でやったり(くるっと回転して立ち位置を変えることでそれを表現してる)して、観てる方もかなりエネルギーを必要とする舞台でした。
でもねー、面白かったんだよねー。

残念ながらその後しばらくして解散しちゃったので、もう観れないなぁと思っていたのですがまさかスカパー!で映像としてでも観れるとは。
放映されていたのは私が観たときのとは役者さんや衣装が違っていたので上演時期に違いがあったかも。
私が観たときのものはこちらでした。まだこのページ残ってるんだー・・・。

今日は意外な番組を観ることができてラッキーでした。
スポンサーサイト

ホント 負けるな納豆製造会社!

アンポンタンな番組制作会社のおかげで今、大迷惑(どころじゃない会社もある)だろうけど、
誰もが納豆作ってる会社が悪いとは思ってないから。

ホントにさ、マジメに納豆作っててある日突然わけわかんないうちにバカ売れしちゃって、
慌てて増産体制しいた頃合いで「ねつ造でした」だなんてねぇ。
番組に踊らされて買い込んだ(殊に、好きでもないのにダイエットにいいからって
買い込んじゃった人とかは悲惨だろう…)人たちの「ウソだったんかいっ!」って怒りなど
比較にならないほど怒っていいと思うぞ納豆作ってる会社。

偶然にもその番組が放送された日は見てなくて(いつもだったらテレビの前にいたよ私も)、
内容の詳細はわからないし、翌日のニュースで「スーパーの売り場から納豆が消えた」って知って
試しに自宅近くのスーパーを見てみたらほんとになかった…って状況なので、
これまた偶然にも巻き込まれないで済んだ私。

しかし、私も納豆食べるし、相方は納豆好きだからいつも通りに普通に食べたいだけなのに、
売り場になくてサビシい思いをするという程度の迷惑は被った。

昨日の夜もスーパーの売り場には納豆はなかった。
そろそろ作りすぎた納豆が売り場にあふれていてもいい頃だと思ったのに。

でもね、私たちはこれからも納豆食べるよ、納豆自体は体によい食べ物だしなんの罪もないもんね。
もしもうしばらくして作りすぎた納豆がたっぷり出回ってきたら、
いつもより多めに買って多めに食べるようにするよ。
一般消費者が業者さんにしてあげられるコトってそれくらいしかないもんね。
売れ残った分を廃棄するだなんて悲しいことにならないよう、
納豆の好きな方、納豆を食べられる方はご協力ください。
(業者の回し者ではありません 念のため)

えー… いつものことながら急に決めて一泊二日の気分転換をしてまいりました。

「正月どこにも行ってないし、これから先は忙しくなるばっかだし。今の内にイッパツ息抜きしとこか」

というのが今回の発想です。
で、今回のテーマが『ふぐ』です。
相方が「ふぐ食べたい」というので、始めのうちは日間賀島あたりで探していたんですが、もちーと遠くがイイとのことで、三重県の方で探しました。

三重の方へ行くなら近鉄特急を利用。
名古屋駅から近鉄特急で一気に鳥羽まで、鳥羽からは市営定期船です。
ship01.jpg


片道20分で答志島へ。
その船上で珍しい船を海の上に発見!

ship02.jpg


ぢゃなくてー(これは観光船)
これこれ。

ship03.jpg


違うアングルから見てみましょう。

ship04.jpg

アヤシイ船だっ(笑)

そーいえば、定期船に乗る前に船着き場にてこんな光景を見たっけ…

ship05.jpg


なにか荷物をちょろっと運び込んでました。
3時のおやつでも調達したのかな。
っていうか、こんなところ(鳥羽港の目と鼻の先)に泊まって何してるんでしょ。
でもってなんという船なんでしょうか。
「うちに帰ってから調べよう」
ということで相方と一致しました。

さて、天気はイマイチですが波は静かで揺れもなく答志島の和具に到着しました。
お宿は漁師旅館というか民宿というか、その中間という感じでしょうか。
日間賀島にはふぐ料理を扱っている旅館や民宿がいっぱいあったのですが(あの辺はふぐが有名なので)、答志にはそれほどありません。
やはりこちら方面は伊勢エビとアワビと牡蛎がメインなのですねー。
で、お宿にしたところはその数少ないふぐを扱える所です。
定期船に乗る前に白子の追加をお願いしておいたので、夕食はふぐのスタンダードな料理を味わうことができました。

例によって、料理は写真を撮るのを忘れました(^_^;)。
いつも食べちゃってから気がつくんですよねぇ。
てっさ、てっちり(白子入り)、唐揚げ、皮の湯引き、締めに雑炊。
それと今は生わかめが食べ時だそうで、わかめのしゃぶしゃぶも少し付いてきました。
これがねー、美味しかったんですよ。
それからポン酢が美味しかった!
鍋や素材が美味しくてもポン酢が不味い(口に合わない)と楽しめませんからねー。

泊まったお宿はここでした。

夕食が早かったこともありかなり早く寝たんで、夜中に目が覚めてしまいました。
んでもって白子って精が付くんですよね。
むかぁし食べたときには寝付けなくて(ぜんっぜん眠くならないのダ)困りました。
今回は寝るには寝ましたが、布団の中で自分の体がほっかほっかして汗が出るので困りました~。
部屋の暖房は切ってあるし、布団は毛布もなく掛け布団一枚なんですよ?
で、腕や肩を布団から出すと冷えるんですちゃんと。
でもすっぽり布団の中に入ってしまうと自分が発熱体になってるのがわかるんです。
じわっと汗ばむので朝湯を使おうと思ってましたが、寝過ぎたのでそれはあきらめました。

帰りは鳥羽から伊勢湾フェリーに乗って常滑へ行くという予定でした。
実は伊勢湾フェリーの常滑行きがこの3月31日で廃止になるんだそうで、だったらこの機会にもう一度乗っておこうと。
答志からは高速船(市営定期船とは違うもの)が出ているのでそれに乗って、次は鳥羽から伊勢湾ファリーへ乗り継ぎ。
この二カ所、ちょっと離れているので歩いて移動しなければならなくて、フェリーに間に合わないかとヒヤヒヤしました。

たしかに常滑行きの乗船人数は少なかったです。
これでは原油高でモトは取れませんわねぇ。
中部国際空港開港で、鳥羽~師崎間だったものを鳥羽~常滑にしてさほど経っていなかったのに。
ただ、常滑に着いてわかったのですが、この位置では空港への便もイマイチ良くないし、電車の駅へもやや距離があるのですよねぇ。
この場所にあるメリットが見あたらなくて、やたら新しい発着場の建物が空しい感じでした。

ship06.jpg


ここからは名鉄特急で金山まで行きます。
これで伊勢湾を囲むようにぐるっと一周したわけですね。
金山で乗り換えなので一旦駅舎を出て「アスナル金山」で昼食にしました。

名前だけは聞いていましたが、こんなものができたんですねー<金山。

お昼を食べたあとはすぐに帰宅。
ああ、お疲れサマでしたって感じです。
今後、3月が終わるまで互いに忙しくなるばかりなので、その前に日常から離れた休日になって良かったです。

あ、ひとつ心残りなのは、泊まったところと帰りの行程に時間的余裕が無かったため、おみやげが何一つ買えなかったことですね。
絶対買わなくちゃいけないわけではないのだけど、やっぱしどこかでぶらりとする時間ぐらいは作らないと雰囲気的に「旅行した」って風にはならないものですねー。

ぼおーっとテレビを見ていて、さーそろそろ寝るかなと思ってチャンネルを変えていたその時!

テレビに目を見張るようなパフォーマーが現れたので釘付けになりました。
とうとう日本にもこんな人たちが現れるようになったんだ…

そう、彼らは七人のサムライたち。
CMになるのを待って速攻でググりましたよもちろん。

SEVEN SAMURAIS

すんごいです。
うまいのは勿論だけど、魅せるチカラもただもんじゃありません。
それぞれが違うジャンルから集まっているのに同じに踊れてぴったり合う。
それにしてもやはりパパイヤ鈴木の存在感って顔のでかさ?(笑)でかひときわ飛び抜けてます。
個人的に惹かれたのはコンテンポラリーの辻本さんですか…。

それで、テロップで「名古屋公演」って出たんでおおっと思って電子チケットぴあで探しました。
そしたらさー。
3月16日なんだよね…
その日は本決算の締め切り日なんだよね…
たぶん、たぶん無事に締めて
ヽ( ´▽`)ノ(ヽ´▽`)ノ(ヽ´▽`)(ヽ´▽) (ヽ´)ヽ( )ノ(` ノ)ヽ(▽` ノ)ヽ(´▽`)ノ
ってなっているとは思うんだけど、万が一なにかトラブったらチケットがパーだし。

今回はあきらめました…
しくしく。

おふだ

新年気分が抜けないうちに「厄除け祈願」、行ってまいりました。

今年は相方が前厄だそうです。
こやつはどーも「自分自身に厄災が降りかかる」タイプのようなので、実際すでに健康面で気になることは抱えてるし、これ以上大事に至らないようにという願いを込めてこの三年間は神頼みをしようという予定です。

このあたりで厄除け祈願といえばやっぱり国府宮が有名ですね。
毎年「はだか祭り」はニュースになるくらいですからね。
とゆうことで、熱田さんという案も出ましたけれどもここはやはり国府宮ということで(単に私が行ったこと無いから行ってみたいという意見もあり)
尾張大国霊神社
へ行ってきました。

私自身は自分で気にしてない内に厄年が過ぎてしまっていたので(後でふり返って「あー、確かにあのときしんどかったな」と思った程度でした)、厄除けのご祈祷は未経験。
今回一緒にくっついていって見ることができて興味深かったです。

お札などもいただいてきたけれど、神棚がまだないのでお供えしてません。
その前に相方の部屋、整頓しなくては…。


あ、昨日心配していた筋肉痛ですが、素早い接骨院でのケアと湿布貼りと、抗乳酸ドリンク“903”を飲んだおかげかかなり普通に起き上がれました。
ホント拍子抜けするくらい体が楽でした~。
土曜にあれほど太腿が痛かったのがウソみたいです。
筋肉痛はもっぱらお尻の筋肉に残ってますが、あとは特に気になるところなし。
来週はちょっとは思い通りに脚を動かせるのではないかと。
ちっとばかし期待。

今日は二回目のレッスンの日です♪

予定よりちょっと寝過ぎましたが(予定では、早めに起きて食事したら自宅でストレッチを済ませてから出かけるはずでした…)、急いで支度をして家を出ました。
土曜の午前中は道路もあまり混んでいなくて10分ちょっとでスクールへ到着。
今週はストローク中心の練習のようです。

とはいえ、クラスメンバーのほとんどが以前からレッスンをしている人ばかりなので、ストロークをしつつ、上のクラスへ上がった時用に前後へ動きながら打つとか、自分の状況を考えに入れて打つとかの応用パターンばかりです。
その応用パターンは過去に経験してるのでどうということはないのですが、脚が。
先週からの筋肉痛を引きずったまま(全回復できてません)なので正直あまり走りたくないし走れません。

…てなことを言うわけにもいかないので(二人一組になっての練習だと相手の人に迷惑をかけてしまいます)、もう一歩で届くというボールは届かないフリをして誤魔化そうと思っていました。

思っていましたが、ボールが来るとつい。

つい手と足が出てしまい、レッスン中からどんどん新たな筋肉痛が発生。
先週とは違う部分の筋肉痛、しかも少し内側にある小さな筋肉が痛くなっている模様…。
レッスンが終わる頃には見事に本当に見事に腰から下だけボロボロになっていました(^_^;)。
(上半身、腕などはほとんど筋肉痛になってません)

レッスンが終わるのが12時ちょっと前なので、このままいつもの接骨院へ行くことにしました。
リアルタイム筋肉痛に対して何らかのケアをしておかないとすごいことになりそうです。
考えるだけでこわいです。
接骨院でケアしてもらった時「でもね、いつもより筋肉はほぐれてるよ」と言われました。
座りっぱなしで動かしてない筋肉より、動かして疲れが溜まりきっている筋肉の方が柔らかいと言うことのようです。
普段の私ってどんな体なんだろう…(汗)。
やっぱテニス続けなくちゃ。
シューズ

ラケット
今日はテニススクールの初日です。
十年ぶりくらいに再開しました。
そう、かつて専業主婦をしていた頃の6年間ほど、週に二回の割でテニススクール通いを続けてましたの。
ダブルスのゲームができるくらいまで行ったので、数回初心者向けの試合に申し込んだこともありましたが“試合に勝つ”ことを目的とするのは肌に合わず、スクールで定期的に体を動かすことで満足してました。

でも、生活環境が変わり仕事を持つとなかなか定期的に通うことは難しくて…。
(今をときめく細木数子さん曰く、私は数年前まで大殺界だったそうで、たしかにその数年間は日々を過ごすだけが精一杯で、趣味とかにエネルギーを回す余裕も出なくて低調でありました)

でもでも。
最近やっと、前に自分が手にしていたものをもう一度手にする(手にしようという気持ちが出る)状況を作ることができるようになってきました。
その第一弾は自分の車、第二弾がテニススクール通いです。

私にとってテニスは『総合スポーツ』です。
頭の先からつま先まで、頭の中から体の端まで総合的に使える理想的な運動です。
『ボールをラケットで打つ』というだけの行動がかくも多彩で奥深いものだと知ると楽しくて仕方がないのです。
ボールが一往復するのに必要な時間はストロークでも3~4秒程度、その間にボールを読み走り止まり打ち返し次に備える。
相手も同じ事を考えて動いている。

初めのうちはボールをうまく打てることだけで楽しい。
ボールが自分の思っているところへ飛んでいってくれるようになると更に楽しい。
ボールをコントロールできるようになってくると今度は相手が見えるようになってきて、“ボールと自分”だったテニスが“相手と自分”に変化する。
そしてそれは徐々に“自分と自分”になる。
 

なーんてちょっとカタいことを言ってしまいましたが、現実はそんな甘くない。
なんせブランクが長いですから、しかもここ数年運動らしいことをしてないどころかほとんど座っているだけの生活でしたから、自分の体がどこまで動かないのかが見当付きません。
自分の体ながらナサケナイ。
第一、ちゃんとラケットにボールを当てられるかどうかすら…たぶん大丈夫だとは思うけど一抹の不安。
そして、毎週通えるかどうかが最大の懸念。
この時期は一年でいちばん忙しい時期で、何度かは振り替えで消化することになると思うけど、それを除いても通い続ける時間とお金の余裕が出るかどうかは今のところ不明です。

そんなわけで、ラケットはかなり昔に買ってそのままだったものをしばらく使用することにしました。
写真はそのラケット、今はもう見かけないモデルです。
ガットだけ張り替えてもらいました。
※ホントは、使っても使わなくてもラケットやガットには寿命があるので買い直した方がいいんですが、それは継続できると判断してから。
Princeのグラファイトといえばその昔“マイケル・チャン”という中国系アメリカ人の選手が使用していたモデルで、緑の三本ラインがトレードマークでありました。
現行モデルは写真のラケットと同じ「一本ライン」のようで厚ラケ化してしまったと思いますが、未だに無くなっていないのがウレシイです。
次に買い換えるときもグラファイトにすると思います。

このほか、シューズとラケットバッグを新しくして、ドキドキでレッスンに向かいました。

実は今回通うことにしたスクール、その昔通い続けていた所です。
コーチは皆入れ替わっていましたが、コートや設備は以前のまま。
懐かしいです。
レッスンスケジュールの組み方もほとんど変わってません。
一ヶ月単位でクラスを選択し直せるので、まずは初級からスタートしてみました。
カリキュラムは正直言って私にとっては復習の内容ですが、運動量は十分すぎるほどでした…。
ああ、運動不足がたたってる。
でも、体で覚えたことは忘れていませんね、コートに立ってボールが飛んできた瞬間に無意識でステップを踏んでいたのでちょっと自分に感動してました(笑)。

ただ、ラケットの真ん中でボールを捉えるのには失敗し続けました。
これは視力の問題でしょうね、動体視力が落ちてしまったんだと思います。
もっと上のクラスへ進んだとき、これで限界を感じるかもしれません…。
ステップを忘れてなかったのはいいんですが、その分運動量が多いので体力的に90分のレッスンをこなすのは大変でした~。
残り15分くらいになったところで足が前に出なくなりましたから(^_^;)。
足が前に出ないくらい動いた記憶って無いんですよね、それくらい運動してないってことですが。
しかもレッスン中から筋肉痛が。
攣ったとか肉離れとかの痛みじゃなくてたしかに筋肉痛。
お尻の筋肉から足の先まで、明日明後日はどうなるんでしょうねぇ~。
想像したくない(^_^;)。

とにかく一回目のレッスンを何とか終了して、車を運転していったん帰宅しました。
寒い日でしたが私は汗だく。
シャワーを浴びて着替えて化粧をささっと済ませて、昼食を食べてからこの日は半日出勤です。
地下鉄でのうたた寝はかなり充実してましたね!

さて、来週も実は出勤土曜ですが、急ぎの仕事でも入らない限り有給使って休もうと思います。
やっぱテニスしてからの仕事は辛いわ眠たくて。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。