16日朝から地震のニュースで持ちきりです。
土曜は台風のニュースで持ちきりだったし。
その台風のおかげで連休の予定が白紙になりました…。

台風一過の日曜。
毎度のごとく思い立って蕎麦を食いに飯田の方へ。
---------------------------------------------
先々週だったか、お目当ての店が営業時間を終わっていたので行き当たりばったり的に走った先にあった
『村の茶屋』(画像クリックでHPへ)
村の茶屋

で蕎麦を食べてみた。

う、うま~い!
 
短い蕎麦ですが、そのへんもプロっぽくなくて素朴でいい感じです。
つゆがこれまた私の好みにぴったりっ!
お店のおばちゃんたちも素朴、建物も素朴、蕎麦も素朴。
思わぬお店発見でした。
-------------------------------------------

で、15日もそこへ行こうと出かけたのですがー。
あいにく前日の台風でお店は臨時休業してました。
当たり前か…来る途中もところどころで「土砂をどかしました」然としたあとがあったし。
それぞれのおばちゃんたちの家も台風の後片付けで大変で、蕎麦を打ってる時間はなかったんでしょう。

空腹を抱えて少々機嫌も悪くなりつつ、来た道を引き返してスペアとして考えていたとろろ汁やさんへ。
村の茶屋に行く途中にあって、もっとうんと前に一度立ちよったことがある店です。
前に寄ったときの印象が「愛想のない店やなー」だったので、その後行かずじまい&どこにあったかハッキリ思い出せない状態でした。
村の茶屋に行った日に思いがけずそこの前を通って「ここにあったんだ」って認識したわけで。

1時間程度かな、とろろ汁の店
『じねん亭』(画像クリックでHPへ)

じねん亭
に到着~。
メニューに蕎麦があったのでそれと自然薯のとろろ汁の定食と自然薯の蒲焼きを頼んでみました。
最初に蕎麦が出てきて「食べる分にだけ塩を振ってどうぞ」と言われ、その通りにしてみたら

うまーーー!

いい蕎麦って塩で食べるとうまいんだー!と遅まきながら認識。
つゆの好みは私にはもう一歩でしたが、これまた想定外にウマい蕎麦でした。
とろろ汁の定食の方は、麦ご飯が美味しいのと、白くない(薄ねずみ色の)とろろが美味しくて満足満足。
ウチで長芋すり下ろした真っ白のとろろより、ここのアクが強そうな薄ねずみ色のとろろの方が痒くならないのが不思議です。
自然薯と海苔で作った蒲焼きがこれまたもっちもちでとろろご飯によく合います。
久しぶりにとろろ汁を堪能しました…


そしたら16日、新潟の地震でこのあたりも震度3くらいの揺れがあったみたいじゃないですか。
台風で崖が崩落していたり、通行止めになってたりしてたから。更に被害が増えているかもしれないですねぇ。
一日早く行ったおかげで災害に巻き込まれなくて済みました…。

台風の次は地震… 天災は忘れた頃、ってのはもう死語になっちゃったのでしょうか。

月曜の朝4時まで起きてました。
日曜の23時ちょい過ぎからずっと。
そのわけはウィンブルドン男子シングルス決勝。

この時間帯にもかかわらず一度も眠気は来なかった。
それはそれは気の抜けない素晴らしい試合だったから。
文字通り世界のトップ2の試合、どちらが勝つかは最後までわからなかった。

少し前に行われた全仏では、クレーの王者ナダルがフェデラーを下した。
しかし全英は芝のコート、芝の王者といわれるフェデラーに有利と思われた。
しかししかし、今伸び盛りのナダルの勢いは無視できない。
毎年成長を続ける選手というのはどんなサプライズを起こすかわからない。
全英で4連勝、センターコートに慣れているフェデラーに一日の長があるのはたしかだが。

案の定、試合開始からずっと、全体的にナダルの方が攻めていたし有利にポイントを重ねる。
フェデラーはサービスで決められたから(ナダルが全く動けないほどのサーブを気持ちいいくらい決めていた)試合をイーブンに運べたと言っても間違ってないと思う。
実際、ストロークではかなりナダルに攻め込まれていた。

その緊張が変化したのは、ボールのイン/アウト判定にフェデラーが文句を言ったセットだった。
主審に対してかなり文句を言っていたので、集中力が途切れたのだろう。
そのセットはあっさりとナダルに渡したという結果だった。

「うーん、フェデラーここまでか…」
と思ったが、アクシデントはあるもので、次のセット早々ナダルは右膝に違和感を訴えてメディカルタイムを取りテーピング。
「これは流れが変わるかも」
脚が痛くても集中力が欠けるが、痛みが無くてもテーピングされていればこれまた集中力は欠ける。
案の定、試合の流れがナダル寄りだったものがまたどちらとも付かないところまで戻ってしまった。
世界のトッププレーヤーがこのチャンスを見逃すはずはないな、と思ったら
やっぱりフェデラーはじわりじわりと(一気にたたみかけないあたりが紳士だからなのか
慎重を期していたからなのかは不明)流れを自分の方へたぐり寄せ、
ナダルのサービスゲームをブレークし、
自分のサービスでは容赦なくエースをとり、芝の王者として優勝してしまった。

このとき時計は午前3時半を回っていた…。

あー、今週はこの寝不足をずっと引き摺るのかー。
でもここまで来たんだから最後まで(表彰式やインタビューまで放映してくれる)番組見るぞ。
で、寝たのが午前4時。

でもでも、ウィンブルドン5連勝おめでとう!ロジャー・フェデラー。
そして、世界一はそう遠くないぞラファエル・ナダル。



最新記事