仕事中に突然

『○○が食べたいっ』

と瞬思することがある。
その瞬間、『○○』の味とか風味とか匂いとかが再現されたりもする。

そこまで行くとかなりの確率で食べずにはいられない。
たまに何とか我慢できることもあるが。

今日はそれが
たまごおじや
だった・・・。


帰りにスーパーで玉子6個入りを買う。
出来合の煮物もちょっと買った。ひじき。
無いと困るから鰹パックも買っておいた。
いそいそと帰宅する。
猫たちにご飯をちゃんと食べさせてから自分のご飯。
なんせ鰹パックを使うのだから、空腹のままだととんでもないことになる。

日曜に相方が炊いたご飯が残っている。
硬めに炊く人だから大変おじや向き。
アルミの雪平鍋に冷やご飯を入れる。
こればかりは炊きたてご飯じゃ美味しくないんだなぁ。
でもって土鍋とかじゃ私はダメ、アルミの鍋でなくちゃうまく作れない。
鍋のご飯を冷水で洗う。
って言っても指先でご飯をほぐす程度、二度ほど水を換えるくらいでいい。
ご飯がかぶるくらいの水を入れて火にかける。

鍋肌から煮立ってきたら“ほんだし"を小さじ一杯ほど。
玉子2個、でも白身は1個分。
玉子に塩を入れてかき混ぜる。
溶き玉子を鍋に回し入れ、玉子に5割ほど火が通ったところで鍋を降ろす。
手早くおかかパックを開けて玉子の上にパラパラ、いやたっぷり。
ここは猫に気づかれないようにかなり手早く。

鍋を食卓に移したところで醤油を少し。
そして全体を混ぜてから茶碗によそって、いたーだきまーす!

いや~~~~我ながらいい出来でした。
自分がイメージしていた塩加減、香り、味。
きれいに食べきり「もちょっと多めに作ればよかったかなぁ」。
そう思うくらいの量が一番美味しいんですけどね。
 

この三連休の最終日、こういうイベントがあると情報を得たので参加しようと予定してました。
C2自体数少ないし、
同じ車に乗っている人同士でコミュニケーション取れたら楽しいかとも思ったし、
日々ブログをコッソリ読ませてもらってる人たちも来るようだったし、
お天気も良さそうだったし、
うなぎ食べれるし、
うなぎパイも買って帰れるだろうしと
結構、かなり楽しみにしていたんですが、結論としては出かけられませんでした・・・。




先月、私はこーゆーことを言っておりました。
その後もテープを入れ替えしつつ過ごしていたんですが、録画洩れ(一話分だけ取り損ね<ヴォイジャー)やらテープ入れ替え忘れ(ヴォイジャー用のテープにHEROSが!)やら頻発し、とうとう疲れてしまいました。

もうこうなったらあの解決方法しかない!

そうです、DVD&HDDレコーダーの導入です(T-T)
出費がかさむ、でも仕方ない・・・。
年が明けたら新シリーズ放映予定のものがあるし、それも加えてテープ入れ替え&番組予約なんて(略)。

それにこのところDVDプレーヤーの調子も悪い。
全く映らない訳じゃないけど、ディスクがうまく回転しないらしく映像と音声が途中で止まるんです。
一瞬~数秒止まって、大抵はまた見れるんだけど時々止まったままになることがある。
そんなことが最初の30分くらいちょこちょこ発生します。
これってストレスですねー。

・DVDプレーヤーの不調
・スカパー!番組の録画頻度
・ビデオテープの管理
そういったことを考えるとやっぱりDVD&HDDレコーダーにするチャンスかなと。
地デジチューナー付きでダブル録画もできて、HDDに録画したものをDVDに焼けるし、むっかぁーしのビデオもHDD→DVDで保存すればいいし。

そっか、もうここらで思い切るしかないか。
きっと速かれ遅かれ買うんだしきっと・・・<自分。
家電屋に行く前にアウトレットギガス行ってみよう、もしかしたらめっけものがあるかもしれん。

・・・
ありましためっけもの。
東芝ヴァルディアRD-300S、先月パンフレットとにらめっこしていた機種です。
しかも残り2台(^_^;)
最近型落ちになったのでお安くなってます。
これのいいところはスカパー!チューナーと連動できること。
ただし、今うちにあるのは型が古くて対応してないので、対応してる機種に買い換える必要あり。
これもちょうどアウトレットギガスにありました・・・幸か不幸か。

まっとうな値段よりはお得に手に入れて帰宅したのが金曜の夕方。
しかし、これらの機器が線で繋がったのは土曜の夜おそく。
(土曜は二人とも仕事してました)
そこから操作方法を理解するために何時間も費やし、疲れて寝たのが夜中の3時。
これじゃー日曜の朝から車でお出かけなんて無理。
実際、目が覚めたのは11時ちょっと前でした・・・がっくし。

寝る前にもう「明日は無理だなー」と思っていたので、昼前に起きてから午後はずーっとヴァルディアの取説読んでリモコンいじってました。
いろんな事出来るのはいいが覚えるのが大変だよこれ。
あと10年経ったらこんなの理解できるかどうかわかんないよ。
技術の進歩はいいけど、簡単に操作できるようにもして欲しいよねー。
設置して操作方法をかろうじて理解して録画できるようになるのに丸一日~二日かかるなんて思ってなかったってば。

渋温泉2回目は、前回まわりきれなかった外湯の制覇が目的。
宿は前回と同じく『玉久旅館』さんです。

今度のお部屋はどんなかなー?

tamakyu1.jpg
一昔前の旅館風。角部屋ですね。

tamakyu2.jpg
一応床の間、掛け軸もかかってます。
10畳くらいでしょうか、4人泊まれる広さでした。

玉久さんは川沿いのお宿ではないので、窓からの景色は望めません。
が、温泉街の中央あたりに位置しているし道路から一本入っているので車の音も聞こえません。
そしてお料理が美味しいし「いかにも旅館の料理です」って感じじゃないのでホッとできます。
夏に来たときも今回も同じお品がいくつか出ましたが夏でも冬でも美味しいです。
自家製ポタージュんまいです!
あと、冷酒を付けたのですがこの酒がまた水以上に喉をよく通る代物で・・・。
「アブナい酒だー!(笑)」って言いつつ1合ちょっとを空けてしまいました(二人で、ですよ)。

食事の前に、残っていた外湯を制覇しました。
一番湯は直前まで入っていた人がいたので難なくお湯に浸かることが出来たんですが、二番湯は私が入ったときだ~れも居なくて悪い予感。
普通お湯を独り占めできたらウレシイ状況なんだけど、渋の場合はけっこうヤバい。
数分誰も入ってなかったら湯が熱くて手も入れられなくなるんだもんなー。
で、思った通り二番湯は熱すぎて湯船に入れず。
お湯(を水道水で適温にしたもの)を惜しげもなくかぶっておきました。

残る七番、八番は人がいっぱいでやや待ち加減。
でもこの方が「湯船はきっと適温だ」って思えるから安心。
こうして外湯の一番から九番まで、手拭いに判子を押すことができました。
残るは(まだ実は残っている)
 番外編:信玄の釜湯
 大願成就;高薬師
この二つが残ってます。
これは春になってからだな~。

季節が季節だから浴衣では寒いかと思ったけど、ひとつめの湯船を出たらもう丹前は要りませんな。

夕食には野沢菜のおやきが出るのでご飯までは今回も手が回りませんでした。
だからまたお櫃ごと部屋へ持ってきて、夕食後のお風呂が済んで小腹が空いたところでお茶漬けさらさら。
これはたまりませんなー(笑)。
ほんとここはイイ宿だー!。

しかしちょいとミスがひとつ。
源泉掛け流し加水なしのここのお湯でうっかり顔を洗ってしまいました。
そしたらその後三日くらい肌の調子が悪くなりました(荒れた)。
肌の弱い人気をつけましょう。


今回の帰路は非常に素直に高速道路で帰ってきました。
往きに目的地に寄ってしまったので、帰りにすること何もナシ。
せいぜい途中のPAなどにゆっくり立ち寄って時間をつぶしたくらいです。
晴天ではない二日間でしたがそれはそれでしっとりしていて良かったかなと。

ただ・・・ガソリン高いよねー、それが思った以上にひびいたのでした。

一泊二日で渋温泉へ行きました。
夏に続いて二度目です。

c2-3.jpg

高速代を安く上げるため、朝早くから出発。
豊田藤岡ICから乗って飯田ICで一旦降りる、そしてETCカードを入れ替えて飯田ICから再度乗り松本ICで降りる。
これは早朝割引をうまく使うため。
飯田ICでの降り・乗りを朝9時までに行う必要あり。

同じ事をしている人はたくさんいるようで、飯田IC料金所を通過してすぐUターンするクルマの多いこと(笑)。
Uターンするクルマで混雑していました。

飯田までは時間厳守なのでー、黙々と走り続けることになります。
途中出現する鬱陶しいクルマ(いたんだ、恵那山トンネルに入ったら途端に速度を落としたワンボックスが…←恵那山トンネル内は追越禁止になるんで一台遅いのがいると後ろが迷惑被るったら。しかもそれが追い越し車線にいて後ろに譲る気配なしなんていった日にゃー「ルームミラーくらい見て走らんかいィ!」って言いたくなりまっせ)、覆面か?と思われるクルマなどをかわしつつ黙々。
飯田ICをクリアすればあとは松本を通過しないように気をつければいいだけなので、朝食も飯田を過ぎてから。

松本をクリアしてから相方に運転を代わり、まずは戸隠へ。
今回の行程は、冬になったら近づけない行き先を網羅しようがコンセプト。
最近2年ほど、こっち方面に来るのが大型連休だったせいか、あまりの混みようで近づけなかった蕎麦屋『うずら屋』が第一目標です。
信濃町ICで降りて戸隠奥社の側から戸隠中社へ抜けます。
このへんはもう山道、山道大好き小僧に運転を任せておけば速い速い♪。

中社の真横にある『うずら屋』に着いたのはお昼前。
開店前から並んでいた人たちが全て店内に収まって、今待ってる人は第二陣って感じのところでした。

uzuraya.jpg
そうして待ってでも食べたいのがここの蕎麦、そして天ぷら。
(以前はこれに“大吟醸の冷や酒”も加わってたのに…(T_T))

そうそう、この日は雨が降ってて冷えました。
もし晴れていても結構寒かっただろうと思うんですが、雨だと体に冷えが染みこむったらありゃしない。
私らの待ち時間は50分くらいだったかな。
店の中にはでーっかいだるまストーブがあってガンガン燃えてました。

かれこれ2年ぶりでしょうかうずら屋の蕎麦。
う~~~~ん、やっぱり美味しい!
コツコツした食感のこの蕎麦大好きです。
蕎麦の香りはあまり強くないけど、歯応えがあってするするお腹に入っていく様はピカ一です。
また生わさびがいいんですよねぇー。
出来てくるのを待ってる間に生のわさびを丁寧にすり下ろす。
これが後で蕎麦湯をいただくときに効いてくるんですわ~~~。
あー、大人の味。

大権現(大盛り二つ分)&ざる1枚と茸の天ぷら、持ち帰りで日本酒一本。
しっかり堪能いたしました。

次なる目的地は『善光寺』。
このところご無沙汰していたのでちゃんと寄っていこうと思って。
ずっと修復中だった山門は、足場が取れて外観がわかるようになっていたけど防護柵はまだ取れていません。
次の正月くらいまで近寄れないようです。

善光寺でお参りを済ませてから渋温泉へと向かいました。


本日、マンモグラフィーで引っかかった後の再検査予約日でした。
午後の仕事をちょっと抜け出して、健康診断をしたクリニックへGO!

二年前に引っかかったとき、ここで再検査(超音波)してハッキリしなくて、その先生の勤めている大病院(このクリニックへは出張してきているのですね)へあらためて検査しに行って、それでもまだ診断付かなくてがんセンターへも行って細胞診して悪性じゃないという診断を得たのだったなぁ…などと思い出していました。

今回もまた同じ展開になりそうだったら、今日速攻で
『あ、もういきなり細胞診でいいですから』
って言おうと思ってました。
だってさ、何回も日を改めて半日あるいは一日病院で時間つぶされるのやっぱヤだもん。
そのこと自体もヤだし、その時間を作るために会社(上司)に一通り説明するのもヤなんだよね…具合が悪いわけでもないからさー。

でもって、大病院って続けて予約取れないでしょ?
その先生が週に一回しか外来担当してないとか予約が詰まってるとかで、二週間先にまた来てねって言われて、その頃自分の都合が付けられそうにないとさらに先に延びる。
仕事してる人間にとって大病院はホント面倒で行きづらいトコだ。
(しかも予約してあるにも関わらず待ち時間の長いことったら数時間待ちだよ?乳腺外来)

細胞診でいいからもう次は、と思いつつ診察室に入りましたよ、ええ。
そしたら二年前とは違う先生でした。
あたりまえか。
『よろしくおねがいしまーす』
と愛想良く振る舞いながら患者の椅子に腰掛ける。
センセイ「きょうはえーと…」
カルテをぱらぱら見返してます。
「あぁ、二年前に検査してますね」
そこで前回の経緯をざっと話しました。
するとセンセイ
「がんセンターで?あぁ、ここ(と自分の胸を指さして)に太めの針を入れて細胞取るやつね。それで良性って診断されたんだよね?」
とまたカルテをめくって確認してます。

「あ?」
どうかしましたかセンセイ。
「この検査、ボクがやってるね( ̄▽ ̄;)」
『はぁ?』
「ここにボクの名前が載ってる」
とカルテを指さしてます…。

どおりで、初めて見る感じがしないセンセイだなーとは思ったんですが(^_^;)

こうなると話は早いです、また検査をし直す必要があるかどうかストレートに聞きました。
また、私の胸にある“コレ”はなんなのかも。
センセイ曰く、“乳腺腫”で良性のものと検査結果で出ているので“コレ”については今後検査の必要はないとのこと。
二年後にマンモグラフィーを受診して、同じ箇所で引っかかった場合は再検査の必要はないよと言ってもらえただけでも気が楽になりました。

診断時に、二年前のレントゲン写真や超音波画像も出して見比べさせてくれて、ホントに何も変化していないのもわかりました。

もう一つちょっと感心したのが、このクリニックでのカルテと大病院での診断内容と、がんセンターでの検査結果がちゃんとこのクリニックでまとめられていたこと。
それぞれ違う病院でありながら、一人の患者の検査結果がバラバラに保管されていなかったことにちょっとビックリしました。
おそらく私の受診系統が同じ系列(派閥)の病院にあったからでしょうね。

これがセカンドオピニオンなどして、(紹介先でない)別の病院へ行っていたらそこでの診断結果がこのクリニックのカルテにまとめられていることはなかっただろうと思います。
時には(ウチの相方のように)別の医者で別の診断の可能性を探るのも有効かと思いますが、同じ系列に乗っているから便利なこともあるんだなぁと思った一件でありました。

結局今日の再検査は、先生の前の椅子に座って話をしただけで終わりました。
お代は370円。
まぁでも、前回の診断を行ったセンセイが診察に当たったのはほんとラッキーでしたねー。
 

『そうじ小僧』

ずうーっと手を付けずにいた(うっかり手を付けてトラブったら面倒だから)シャチョーのノートパソコンをこれで掃除してデフラグもして、ちょっと動作が改善されたっぽい感じがしたところから

はまってますっ!

次に他の部長のノートパソコンも掃除して、自分のパソコンも掃除して。

おおー、あるあるいっぱいゴミが溜まってるもんだねぇー(喜々)

『そうじ小僧』+「驚速デフラグ」が私のお掃除ツールです。

事務所内のパソコンの掃除が終わったら、次は営業拠点まで出向いて掃除しようと思います。

どうせどの社員も自分のパソコンの中身、掃除したりメンテしたりなんてしてないからね。

メンテついでに機器のチェックもして、ファイル交換ソフトなんか入れてないかどうかチェックしてと、管理部門担当としてはやらなならんことがそれなりにあるのでした。

なーんちって、じつはたまーにこういう理由を作り出して気分転換しがてらC2で走り回る(さぼるわけではありません)のが楽しみだったりする。



最新記事