上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら 命名・・・

koro
『ころりん号』
由来:見たまんま。


土曜の午後、例のオイル缶を抱えてオイル交換にいってきました。
前に入れたオイルが100%化学合成ではなかったとのことなので、エレメントも交換。
前後のタイヤのローテーションもしたので、さあちょっと転がしに…
というわけに実はいかなくて、所用を済ますために実家へいった程度でした。

でもディーラーを出たときから
「おお?ちょっと感じが違うかも~」
と思えるくらい吹け上がりが滑らかでした。
前のオイルはかなり硬かったのかもしれない。

で、土曜は市内をちまちまっとしか走れなかったので
本日は相方にハンドル任せて走りに出かけました。
行き先はもちろん
『矢作ダム』。
ぐにぐに走るにはここが一番。

と、ところが。
冬が終わって間も間もないからなのか、第一ダムから先が
“道路のり面の崩落のため通行止め”
ひょえーー!(T_T)
ダム周回コースを逆回りで半周するような感じでしか走れなかったのでした。
(この後走った他の道も「倒木のため通行止め」とかあって予定通りの道を走れず大回りしたりして。冬が終わった直後は山の中の道って未整備なんだなぁと実感)
二輪も走りに来ていましたが、通行止めの所まで来てUターンしてましたね。

エンジンの感触が非常に滑らかになったのは間違いなかったので、今日はブン回し&ぐりぐり走りでさらに感じるものはあるか知りたかったんだけど、それはまた次の機会。
そうだなー、タイヤに窒素ガスでも詰めて変化を確認しに来るかー…
(ノーマルのまま全くいじってないし、いじる予定もないのでス)

しかし、オイルひとつでこんなに変わるもんだとは初めて知りました。
や、ディーラーで入れてくれるモノで事は足りてたし、ここまでスポーティな車を選んじゃったのも初めてのことなんで…(^_^;)

しかしー、一旦こんなオイルを使っちゃうともう前には戻れないですな。
ああっ!またも金食い虫に育ちつつある『ころりん号』っ。
(もう少し税金下げてくれ…<切実なる思い)


さて、走りは未消化のまま終わりましたが、
こっちの方へ来たならば『空腹になったら“じねん亭”でとろろと蕎麦を賞味』が標準ルートなのであります。
ところがー、これまた不測の通行止めに見舞われてルート変更を余儀なくされかなり大回りになり、結果、新しい蕎麦屋を発見しました。

正確に言うと何度も見ていたと思うのですが立ち寄ろうという気にはなってなかった店ですね。
ちょうど私らが通ったときに程良く止まってる車が多くて
「あ、もしかして美味しいのかも」
と思わせたところがポイントでした。

食事処 あみの

メニューはホントに蕎麦だけです。
お酒類もありませんでした(メニューに張り紙して隠してあった)。
お通しとしてミニミニそばがきが出てきます。(メニューにそばがきはない)
そばがき一人前をいうと実はちょっとうんざりしちゃう私ですが、
これくらいで楽しめると結構ウレシイです。
肝心のお蕎麦は私の好きな「コツコツ」タイプ。
量もしっかりありました。
そばつゆは濃いめ。
薬味は山葵でなく辛み大根がつけてありました。
これ、うっかり全部入れるとかなり辛いです…うっかり入れちゃったんだけど。
蕎麦湯は蕎麦と一緒に出てきてしまうので、熱いのが欲しい方は追加をお願いする必要がありそうです。
ざるそば(海苔が乗ってないからもりそばというのが正しい?)が750円。
大盛りが300円増しなので量的にもしっかりしてると思います。
唯一気になったのが座席。
座敷の席の高さが低いんです。
脚の悪い方にはイス席がお勧めかと思います。

この後はそのまま153号を走って『稲武どんぐりの湯』へ寄って帰ってきました。
久しぶりに大きい風呂に入って温まったからなのか、
夜10時頃には睡魔が。
無駄な抵抗はやめてさっさと布団に潜り込みました(^_^)。
スポンサーサイト

oil

C2用のエンジンオイルが届きました。
『ユーロルブリカンツ』
今週末にオイル交換いってきます。

これで4回目のオイル交換になりますか。
今までもディーラー推奨(おまかせ)のオイルを入れてもらってます。
だからTOTALかMOTULのもので文句などあろうはずもありません。

んが、同じ車のユーザーブログでこのオイルの事を知り、
評価が高かったので試してみようかなぁと“お取り寄せ”して持ち込むことにしました。

地元にもショップはありますが、オイルだけ売ってくれるかどうか
解らなかった(どこもチューンショップ)のでネット販売してる店からお取り寄せ。

今回のオイル交換ではエレメントは替えない予定でしたが、
こういうオイル奢っちゃうとエレメントも替えた方がいいわなぁと思っております。

今からの半年は車もよく使うし、相方がぐりぐり走らせる事もあるので
10Wという選択をしました。
10月の交換時には(このオイルがよいと思ったらだけど)5Wという選択で
いこうかなぁとか考えています。
 

(携帯で写す)
hirajin

土曜は天気も良くて穏やかだったのでスス取りも兼ねてお出かけ。

道の駅『するすみの里』へ行って、
ソーセージの“とんこ”と
冷凍ハンバーグと
飛騨牛もも肉を二切れ(←これがウマい…)
買って、帰り道に蕎麦屋へ寄った。

平甚、ここを知ってからかれこれ25年くらいになる。
私が初めて来た頃は先代の時代だった。

久しぶりに店に入ったら、えらくきれいになっていた。
席は殆どイス席に変わり、今風の小ぎれいな蕎麦屋。
メニューもかなり少なく絞られていて、現店主のこだわり方がわかるような気がした。
そして注文してから出てくるまでがだいぶ短縮されていたのにも少なからず驚いた。

先代の頃は店内に
『お急ぎの方はできないことがございます』
と堂々と張り紙がされていた店だったのだ。
だから客も待たされても“この店はそういうもんだ”と思って、会話と酒と、壁のあちこちに貼られた著名人の色紙と、いろんな置物や掲示物を眺めながらのんびり待ったものだ。
当時は全席座敷だったので、姿勢を変えてあちこち眺めるのもさほど不自然じゃなかった。

相方はもりそば、私はアマゴ蕎麦(温)を注文した。
(アマゴという川魚を頭が柔らかくなるほどまで煮付けたものが乗っている)
蕎麦自体は悪くなかった。
もちもちっとした蕎麦で、好みの問題はあれうまい蕎麦といって問題ない。
先代の頃とは違う蕎麦だがこれはこれで旨い。

ただ、
蕎麦に細切りの唐辛子(糸のように細く切った唐辛子)を使うのはどうなんだろう。
どうなんだろうというか、それはないだろう?というのが私の感想。
この唐辛子、見た目にもきれいなので見栄えもよろしくしたいのだろうというのは解ったが(店内も今風にきれいにした店主だし)、味やバランスまで考えたら蕎麦に合わせるべきものではないと思うぞ。

しかも最初から乗っているから辛さの調節がしにくいではないか。
イヤな予感がしたので唐辛子をどんぶりの隅の方へ寄せてはおいたが、食べ終わる頃にはその辺のつゆが赤っぽくなっていた。
しかも、唐辛子というのは酸味があるしそういう香りも持っているので、蕎麦の香りやつゆの風味を邪魔してもいた。

創作中華やイタリアン、フレンチなら糸唐辛子も有りだろうが、蕎麦にはいただけない。
アマゴ自体は昔と変わらず美味しかったのに、全体的にはがっかりした蕎麦だった。

もう一つ、店員の質も落ちていたね。
注文をきちんと取れない、料理を出す順番が滅茶苦茶、それなら「急ぎの方には応えられないよ」と言い切っていた先代のやり方の方がまだあきらめがつくというものだ客の方も。

代が変わるとセンチメンタルな気持ちも手伝って
『先代の頃は良かった』
という意見が往々にして出るものではあると思うが、その分を考慮に入れても残念ながら今の代になってからさらに美味しくなった良くなったとは言い難いなというのがこの日の平甚だった。


するすみの里で買った肉は美味しかった!
とんこさんは後日お弁当のおかずに変身する予定。
冷凍ハンバーグもこの分だと期待できそうで楽しみだ。

旨い蕎麦は、4月に予定があるのでそれを楽しみにするとしよう。
 

仕事してるときに何か検索したいことがあって、ググって探していた。

探している途中で「妻夫木聡」に行き当たって、
そこから「キム兄」まで発展し、
ドコモのCMの話題に行き着いた。

そこで昼休みにドコモサイトへ行き、DoCoMo2.0のCMを見てみた。

普段から民放を見る方ではないので見た覚えのないバージョンのCMが多い。
しかもこのサイト用にロングバージョンとかメイキングなどもあって面白い。

しかしそこは会社のこと、音を出して見るわけにいかないのでイヤホンを使って見ていたが吹き出しそうになったのもあってちと焦った・・・。

個人的にスキなのは、蒼井優と瑛太の組み合わせと・・・
キム兄の出てくるバージョン。
『考えられへんぞ!』はけっこうツボ。

まだご存じない方、
こちらからお試しアレ。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。