上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年秋頃から「航空祭ぶろぐ」化しているここですが、
他のネタがないわけではありません。
タイトルだけ書き込んで下書き保存してはあるのですが・・・
筆が遅いもんで(^_^;)

しかも、今など全仏フェデラー戦見ながら書いてるし

で、今夜は映画ネタ。
ウチらは週末の夜、レイトショーやスーパーレイトショーで映画を観に行きます。
29日は

NCC-1701

これでした。
週末の夜の映画館で、観客の平均年齢がどーみても50歳ちかい、というのはなにかヘンです。
でも観に来ている人のほとんどがウチらより年上でした。
彼ら・彼女らはシリーズ最初のTVドラマ時代からのファンなのでしょう。

どんな映画化というと(若い人にはわからないだろうから)
(ここの読者に“若い人”がいるのかどうか不明だが)
 
startrek

これなんですねー。
私はオリジナルのTVシリーズはほとんど見ていませんが、

おもしろかったっっ

物語の導入部分、映画によっては起伏が少なくやや退屈に過ぎていくものもありますが、
この映画は違う!
最初の数分で観客を鷲掴みにしてます。はい。
アナタも鷲掴みにされに行ってください(笑)。

SFなんてヤだ?
( ̄。 ̄)b"
スタートレックはスペースファンタジーではありません。
舞台こそ宇宙だけど、実はヒューマンドラマです。
しかもけっこう泥臭い。
信じるもの(信仰)の違いや慣習の違いによる衝突だったり、
外見や地域(星系)による差別だったり、
自分たちを守るための戦いだったり、
今の地球で起こっている事と本質は何らかわらない。
登場人物たちはちゃんと欠点持ち合わせていて、それを変えられないでいるしね。
ま、宇宙だ未来だということで多少特殊な環境設定になることはありますが。

TVドラマシリーズとの大きな違いはアクションがたっぷり入っていることかな。
このへんは今の流行を取り入れてますね。
だからオリジナルを知らなくても充分楽しめます。
(私もオリジナルは知りません。スタトレ・ヴォイジャーは結構見てますが)
もちろんオリジナルを知ってる人には
一粒で三度美味しいくらいの旨味があるらしいです。

それと、JJやっぱうまいなぁと思ったのは、目に優しいところかな。
オリジナルのスタトレを熱心に見ていた世代というのは私よりも年上です。
若い人にも楽しんでもらわなければならないが、オリジナルの世代の人たちこそ
一層楽しめるはずの作品。
その辺を意識してか『テンポはよいけど速すぎない映像展開』なのです。
正直なところ、“トランスフォーマー"などはトランスフォームするシーンが速すぎて
目がついていけないんですわ。
対してこの映画は、なにが起こっているかがちゃんと見える(認識できる)速度でありながらスピード感良く展開してくれたんです。
うーん、JJ(エイブラムス)さすが。

そそ、役者さんたち若いのですが、なかなか良かったです。
主人公のイイカゲンさとやんちゃ小僧ぶりなんか可愛かった(笑)。

オリジナルのスタートレック(TOS)見たくなっちゃったなぁ(^^ゞ
スポンサーサイト

雨で地上展示だけかと覚悟して行った静浜基地(航空祭)。
なんと、ときたま薄明るくなって軽く日焼けしたほど。
(でもブルーインパルスは飛べませんでした)


展示機の近くで立ち話をしていたおねーさんに声をかけこの写真を撮らせてもらいました。
T-7Jr.
2号機ですね。

教官たちによるT-7 10機での編隊飛行。
なんていうかー・・・
T-7*10
編隊爆撃が始まりそうな感じ・・・


そしてT-7Jrの展示飛行(?)のはじまり♪
riders

デルタ隊形でパスしていきます♪
go!

女性パイロットが二人いるんですよ。

さて。
ブルーインパルスの飛行も終わり、場内をうろついてからシャトルバスの行列に並んだ頃
おもむろに雲行きが怪しくなり、とうとう雨が降ってきた。
上着やビニール袋を被ってしのぎ、シャトルバスに飛び乗って
岩国駅→広島駅へと到着。
雨はやまず。

昼間はめっちゃ天気よかったんですよ。
しっかり日焼けしましたから。
ちょっと油断していた両腕は肘から先が焼け焼け。

帰途につく前に風呂屋へ行ってサッパリしました。
日焼け止めを塗ったことがある人ならわかるだろうけど、アレは用が無くなったら早く脱ぎ捨てたいものなんです。

帰り道、さすがに睡魔には勝てず途中で二度ほど仮眠を取りつつ帰ってきました。
だから自宅に着いたときにはほぼ昼。
さらに昼寝もした。
やっぱ遠いっすね<岩国。

でも 来年も行くから。
もう宿押さえたもんね

今回は初っぱなから
「写真は相方に任せよう」と決めておりました。
一応自分のコンパクトデジカメも持っていきましたが、
ちょーど相方は今
寝ても覚めてもデジイチ小僧
と化しているのでそれを利用しない手は無いじゃないですか。

そんなわけで私は芝生の上に陣取って“基地”を作成、
相方はカメラ片手に発進したらガス欠になるまで戻ってこないという。
ま、おかげでのーんびり(日焼けしたけど)展示飛行を見れました。


で、おまかせした写真ですが、正直なところ
『もっとキレイでかっこよく撮ってる写真を載せてるブログはあまたあります』。
そういう写真を見たい人はよそへ行ってみてね。
まだ修行中の身だから<相方。
修行は始まったばかりなのだ。


さて、当日の飛行物体を記録しておこう。

まずはオープニング。この飛行物体から
EP-3E?

ばらばらばらー っとちっこい飛行物体が。
ヒノマルフラッゲ?
ヒノマル?

&星条旗
日の丸と星条旗、絡まないように飛ぶのはタイヘンでしょうねー。

こんな飛行物体も飛んでます。
鳥だ!
鳥だ!
飛行機だ!
飛行機だ!

いや、スーパーマンだ!
いや、スーパーマン・・・?
じゃないけど、これも“飛行”してたからさ・・・。

ピッツ
エアロックも飛ぶ飛ぶ

空中給油
飛ぶ!

アフターバーナー点火!
F-18 かなぁ?

私はこれが好きだなぁ~
F-4
どこから飛んできたファントムだったっけ・・・

これは、海自さん。
US-2

でたっ。この猫背。
はりあー
戦闘機にあるまじき動きをするんで「おみゃーはへりこぷたーかっ」と、ツッコミを入れたくなりやした。

これも、ご近所出張組
F-15

この日一番印象に残ったのはやっぱこれ。
太平洋空軍?のデモフライト
F-16
一言で表現するなら
ぶち切れてました
飛びが。
中身(操縦席の人)の質が違うんだと実感しましたね。
クルクルくるくるクルクルくるくる・・・垂直に上がってく。
まーええて・・・<くるくる↑

『中身』はこのあんちゃん。
やっぱ、ちがうな(^_^;) ごつさ精悍が。
ぶりっくす


飛行物体 トリは

青い衝撃

空が青い!
そして広い!!
基地がだだっ広くて高いものがないので、空の開け具合が自衛隊のものとはぜんぜん違うのね。
キューピッドのハートがひときわでかかった。

昨年の航空祭巡りで目覚めてから、これをGetすることにしました。

売店が並ぶエリアをずずーっと歩いていると、いかにも部隊ごとの売店(ブース)が。
Tシャツなどと一緒にバッチもー・・・何種類かあって迷うなー。
ありったけ買ってたら軽く$100は消えてしまいます。

そこで

Bats
F/A-18D ホーネットを操る部隊のバッチ。
売り子兵隊さんの制服に付いていたのでこれを買ってみました。

もひとつ

night fighter
色の地味さがちょっと珍しいかなぁーって。



そして、展示飛行が終わったあとなのにまだ店開きしていたブルーインパルスのブースを発見!
(自衛隊の航空祭だとお昼過ぎには店じまいもしくは売り切れているのですが)
今年のツアー用に作った

09tour
先日DVDで見たばかりだったので、すかさずこれをGet!


バッチはひとつ1000円です。
きちんと現金を持っていかないと、チャンスを翌年に持ち越すことになります。
今年は、小松基地でも頑張ってバッチをGetしなくては。

海兵隊岩国基地はいわば外国・・・。
ゲートを通るときに手荷物検査されました。
検問すら経験のない私はなんかワクワク(笑)。
ウエストバッグを台の上に乗せたら兵隊さんはファスナーを開けて手早く中身チェック。
自衛隊の航空祭でこんなことはないから
「外国なんだなぁー」とヘンなところで実感。

ゲート通過後、オフィシャルプログラム購入。

プログラム
赤い空をバックにブルーが飛んでいる紙は、ホームページから印刷したもの。
どれも配色やデザインが日本離れしてるですよね。


場内をメイン会場へ向けて歩きます。

Hello!
こんな兵隊さんが歓迎してくれました。
空気でふらふら動いてるのね。


売店
エプロンに行く手前には売店の列。
売店の数がホント多い、20万人超の来場者でも大丈夫なはずだ。
ところで、

「第1ビール」とか「第1水」「第1ソーダ」ってなに?
(写真原寸だと読めますが<メニュー、このサイズでは無理です。が、メニューにそう書いてあるんです)
そそ、料金はドル建て、って聞いてびっくりしたけど$9.99=1000円ってことでした。


ターキーレッグ
ほどよく?ピンボケになってるけど、私が持っているのはターキーレッグ
でかいっしょ?
成人男性の握りこぶし大ですな。
USJでもターキーレッグ売ってますが、ありゃジャパニーズサイズと実感。

売ってるブースのお姉さん方に日本語は通じそうになかったので
『ワンターキーレッグ、ワンビア』って言ってちょうど1000円。
しかし・・・とてもじゃないけど食べきれませんでした。でかすぎ・・・あぁもったいない。

他にも『アメリカンサイズ』だったのが

ステーキ
ステーキやハンバーガーのパテ、ソーセージを焼くこのドラム缶。
ハンバーガーやホットドッグのサイズは通常の倍っ
もひとつ目を引いたのが

ドリンク
絶対日本製じゃないドリンク!
味も色も「なっつかしーなー、この人工的な感じ」←わかる?わかる?
目にも鮮やかなゲータレードとかサイズ大きめのボトルがあめりか~ん!
一番右の水のボトルが500mlです。
真ん中二本のボトルのうち一本は、飲み口のところが珍しかったので持ち帰りました。


しかし、最高にアメリカンだなぁと思ったのはプログラム進行。
時間なんてあってなきもの

一応、プログラムには

 
09:30 - 10:30
 Airock エアーロック
Simulated Close Air Support Demo 近接航空支援模擬飛行
Aerial Refueling Demo 航空機による燃料補給デモンストレイション
KC-130J Max Effort Take-Off 短距離離陸
10:50 - 11:20
 Thunder Run サンダーラン
Topfuel Harley Taka Shigematsu トップフューレル・ハーレー
F-4 Fly-by F-4 フライバイ
11:30 - 11:40
 Jetpack Demo ジェットパック
III MEF Band 第3海兵機動展開部隊バンド
12:00
 Break 休憩
13:00 - 13:20
 AV-8B Harrier Level III Demo AV-8Bハリヤー
F-15 Fly-by F-15フライバイ
13:30 - 14:00
 Jumpers ジャンパー
F-16 Pacific Air Forces Demo 大平洋空軍 実演飛行
14:20
 Airock vs. Topfuel Harley エアーロック vs トップフューレル・ハーレー
14:45
 Blue Impulse ブルーインパルス


まず、来ないと言われていたホーネットは来て飛ぶわ

昼休みのはずの時間にもう一回パラシュート部隊が降りてくるわ

昼休みを切り上げて午後のデモは始まるわ

途中に自衛隊のデモが挟んであるからそこだけが時間通りに行われるという
民族の差が顕著に表れた進行であったのが最高にあめりか~~~~ん。
観客にとっては悪くないことだったけど、予定時間を信じてトイレの列に並んでいた場合はちょっと悲しかったかもね。

やっぱ遠いわ<岩国。
車で出かけるのは苦にしないウチらですが、それでも結構遠かった。
往きは渋滞に巻き込まれ、帰りは仮眠取りつつの行程だったので余計にそう感じたのかもしれませんが。

岩国基地


でも行って良かった<岩国。
帰りの車の中ではすでにリベンジが決定。

来年も行くぞ岩国FSD!
(爆)

来年はまず

1.緑の箱のピザを絶対食べる!
(相方のリベンジ)
写真を取り損ねてます。
でも、まわりの人がピザの箱をひとつならず抱えていたのできっと美味しいのでしょう。
お土産にしてた人わんさかいたもんね。

2.パウンドケーキをGetするっ!
(私のリベンジ)
岩国

こういうブースで売ってたの。
いかにもホームメイドって感じで美味しそうだった~。
そう思ったときに買えばよかったんだけど、ずっしり重いケーキを持って歩き回るのもヤだなと思って後回しにしたのが敗因だったワ。
来年は真っ先に買うわよ!二つくらい。


そして


観覧席

特設観覧席で見るっ!!
特設観覧席で見るっ!

この柵の向こうには別世界が広がっていたそーな。

今年は岩国デビューだったので、必要最低限の準備で出かけたけど
次回はイロイロ工夫をしてゆかねば。

特設観覧席がああも恵まれているとなると、2000円のチケットも高くはない、うん。
ことに、最近“デジイチ小僧”と化している相方は
『あそこでないといい写真は撮れん!』
と主張。
私は日除けとなるものが何もないのが気になってますが、
最前列で離着陸が見られるというのは
一度体験しておいてもいいかなと思うので、
来年はいっちょやってみっか?てな感じで。

問題は、来年もまだ【ねくすこ1000円均一】が続いているかどうかだ・・・

5日の岩国FSDに行ってきます!


ついさっき決定しました!




よ~やるわ<じぶん



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。