今日は大阪国際空港(伊丹)へ行ってきました。


まずはレンタサイクルで千里川沿いへ。
ここは旅客機が頭上をかすめるようにして着陸してくるので人気のポイント。
itami01
itami02
ボーイング737

itami03
ボンバルディアQ400
“Q”はQuietのQだそうです。

itami04
itami05
ボーイング777。さすがにでかい・・・
通過したあと、暴風が発生します(帽子が飛ぶ)。


もう少しここ(32エンド)で粘りたかったけど、寒さに負けてスカイパークへ移動。
こちらは明かりもトイレもあるので気楽に撮影できます。
itami06
薄暮の時間
滑走路に埋められた明かりがきれい。

itami07
itami08
離陸!
下側の写真、左上に三つ光が並んでいるのが航空機。


itami09
itami10
itami11
今日の課題はこの『流し撮り』、初体験。
初体験だけあって「わけわかんない光のスジ」写真を量産しました。
この三枚はまだなんとかなってるほう。


このへんで寒さに負けてターミナルへ移動。
itami13


300ミリだとここまで写せる。
(原寸で見るとパイロットの表情までわかります)
itami14

いかにも夜遅く写した様に見えますが、実は18時台。
ターミナルビル展望デッキには結構人がいました。

締めはこんなトコかな、一応ピントが合った尾翼(ちょっと流し撮り風)
itami15

昔は小牧空港(県営名古屋空港)も間近で離陸を見られたもんですが、今はどうなっているんでしょうか。
少なくとも国際線を常滑に移されちゃったことで本数は少なくなったんだんだろうなぁ。
聞くところによると伊丹も以前は外国の旅客機が飛来して、それは楽しかったんだとか。
この至近距離でジャンボなんて飛んできたら迫力満点だったことでしょうなぁー。

でも、今でも充分楽しい空港だから、「伊丹無くして神戸と関空に集約する」なんて言わないでね橋下さん。

あけの、ってどこにあるかわかります?
えーっとね・・・ここなんだな

近い?う~ん・・・県外にしちゃ近いほうかな?
でも、四日市~鈴鹿がやたら渋滞するんで、朝早くから出かけましたよ。
近い駐車場に止めたかったしねー。
おかげでギリギリ、駐屯地グランドに止めることができました。いやー近いな。<基地までが


ここの名物はなんと言ってもこれ。
akeno 01
雲霞のごとく向こうの方からやってくる。
頭の中にはワーグナーの“ワルキューレの騎行”が!

そう、ここは陸自でありながら『航空祭』と言っているくらいヘリ部隊が名物

大小取り混ぜていろんなヘリが飛ぶわ、地上展示されているわ、
チヌークに試乗できるわ、地上滑走だけど。
試乗のための整理券をゲットするにはずーっと並び続けていなくてはならないので、ウチらはパス。

人出が本格的になる前に地上展示を写していきます。

これが目玉かな。通称『アパッチ』
akeno 02
写真を小さくしちゃったのでわかりにくいですが、カメラと武器満載のヘリです。

チヌークとビッグディッパ(でかいバケツ)
akeno 03
このディッパに、C2を縦にして入れることできそうな気がする・・・
(実際は消火剤を入れるんですよ)

これはUH-60Jの操縦席。中を見ることができた。
うわー感動。
akeno 04


さて、陸自なので観閲式がつきもの。
akeno 05
式に向かう隊員たち。

音楽隊。生演奏ですね。
akeno 06

観閲式を横目に
こんな建物発見。しゃれてます。
akeno 07

観閲式が終わって待望の祝賀編隊飛行開始。
akeno 08
滑走無しで飛び立つ、ってなんか新鮮。

つぎつぎ飛び立っていきます。
akeno 09

一旦全機飛び立ったら、あの「雲霞のごとき」編隊を組んで会場上空へやってくるというわけ。
akeno 10
そりゃあね、よりどりみどりで撮り放題だけど、多すぎて狙いを定められないってば。

そのあとは、機種ごと あるいは一機単独でパフォーマンス。
akeno 11

このチヌーク2機で「地上滑走試乗」
akeno 12
・・・って飛んでるやん!
後ろ側の機は一般人を乗せて飛んでます。建て前と本音、使い分けてるなぁ

さて、午後のエプロンは『地上滑走試乗』がハバを利かせているので、
イベント広場へ移動して人が主役のパフォーマンスを楽しみます。

富士学校では見かけなかったんだけど(ウチらが気づかなかっただけかも)
守山駐屯地ではまるでマスゲームのように行われた『格闘展示』。
ここ明野ではストーリー仕立てになってました。

この迷彩服メンバーは正義の味方(人相は見ないようにしましょう)
akeno 13

続いて登場は悪者グループ。悪態ついて唾吐いてます(笑)
akeno 14

悪者一味に捕らえられた仲間を奪還するミッション開始。
一対一、二対一、二対二など、シチュエーションを変えて格闘展示。
少しずつ悪者一味をやっつけていきます。
akeno 15

あと少しで捕らえられた仲間の奪回だ、というところで

出たっ ラスボスだっ!

見るからに憎々しく強そうですー(笑)
akeno 16
Mr.ラスボス、指導教官でしょうね。いかつくてホントに貫禄満点

ラスボスもなんとか倒し(地面に大の字になってます)負傷した味方の奪還成功!
akeno 17

目の前で見せてもらえるので迫力あったし面白かった。
陸自はそれぞれの基地の条件が結構違うので、展示方法もまちまちで面白味がありますね。

akeno 18

明野でちょっと残念だったのが出店が少なかったこと。
空自の航空祭はプロの露天商がいっぱい来てるので(それでも買うのに行列なんだけど)、並ぶのを厭わなければ食いっぱぐれることはないです。
が、陸自の基地祭では隊員が出店を出すので、来場者に比べてキャパが小さい。
今回の明野では食いっぱぐれるところでした。
っても、おやつに毛の生えた程度のものでなんとかしただけですけど。
もうちょっと量を確保しておいてほしいなぁ。

今回は天気が悪いということで、前日から現地入りしたわけですが
金沢でしか宿が取れなかったので、当日は朝早くチェックアウトして現地へ向かう。

朝食バイキングは航空祭見学バスツアーのお客さんばかり。
たしかツアーバスは優先的に基地内に止められるのよね。
優先権のない私らは団体さんの出発より先に車を出し、一路小松基地へ。
これだけ早けりゃまだ渋滞してないだろうと思った、のですが大間違い。
インター出口の手前からもう行列!
うーむ、来年は朝食抜きだ・・・

しーかーもー。
駐車場からシャトルバスに乗るのですが、その時点でもうオープニングフライト始まってるしー。
基地公開が0800時なのに、オープニングフライトが0740時・・・ってどーゆーことよ?
相方はGREEのコミュで情報をチェックしててそれによると
「午前3時からエンジン回してます」
とか、もう基地内やる気満々溢れかえってる風な状態。

そういや今年の基地祭ポスターは、雲を突き抜けてイーグル一機が垂直に上がっていく姿の大変シンプルなもの。
その潔いポスターが意気込みを表している感じデス。

さて、今日は雨が予想されるのでこちらの装備もそれなりに。
先だっての浜松の教訓から、長靴を履いた。
それも実用本位のビニール製長靴(給食のおばちゃんが履いているようなのの紺色)。
中敷き一枚入れたことで履き心地改善♪これからはこれだな。
 

小松と言えば『大イーグル祭』

komatsu 11
F-15だけでこうそろい踏みできるのはなかなか。
これを目的に遠いところからもファンがやってくるくらいですからねー。
今年のF-15戦競は小松の303飛行隊が優勝したとのことで、力入るのわかります。

オープニングフライトだけでなく、午前中だけでイーグルの機動飛行が3回。
これでもか、これでもかというくらいイーグルが飛びまくりですもん。

komatsu 12
komatsu 13

303飛行隊の機動飛行。
飛行隊長&元ブルーインパルスのバイパーさんによるもの。
見せる飛行を経験しているバイパーさんの機動飛行は皆さんに好評です。
komatsu 14

リモートによるF-2の機動飛行は残念ながら天候不良により中止となりましたが、
出張組・302飛行隊(百里)のファントムによる機動飛行は気合い入ってました。
komatsu 15

もう一枚、ファントムをば。
komatsu 16

それから、昨日撮り損ねたホーネット。
komatsu 17
この『コウモリマーク」は岩国で見たヤツ・・・

こうして『大イーグル祭』の午前中は終わり昼休み。


ここ小松基地は私らが行けれる範囲内で唯一の逆光にならない基地。
だから天気がいいことを願うんだけど、今年もダメでしたねぇ。(去年も雨でしたし)

午後イチのブルーまで1時間ほど空くので、まぁここでお昼休憩となるのですが、
海側、エプロンの向こうの空が急に暗くなって超ヤバげ。
これは退散した方がベターと判断して、シャトルバスの乗り場へ直行。
そこにはすでに同じ判断をした人の列がずらーーーーっ。
でも、小松のシャトルバスの輸送力は侮れなくて(走る距離も短いので)次々とバスがやってきて、思ったよりも早く順番が回ってきます。
雨が降り出す前に自分の車に戻ることができてホッとしました~。
浜松の二の舞はごめんだもんねぇ。

ブルーインパルスの飛行はギリギリまで様子見で頑張ったようですが、
結果的には中止となりました。
ま、今年のブルーは岐阜で最高の状態で見せてもらえたので、
それ以上のものは求めていなかったからちゃっちゃと諦めました。

太平洋側に住んでいる人間にはちょっとピンとこないのですが、日本海側は急に天気が変わるようです。
あるバスガイドさんが
「日本海側には、弁当忘れても傘忘れるなという言葉があります」
って言っていたけどホント天気の変化が早いんだなと実感しました。


早く切り上げた分時間に余裕があるので、いつも通り温泉へ。
小松から南下すると温泉地ですからね。
山中温泉の端っこにある、大きな銭湯みたいな感じのところへ寄ってきました。

はぁ~~~・・・
これで今年の航空祭は残すところあと一つとなったわけで。
よー あちこち行ったなも。

小松基地航空祭のアルバムはこちら

思えば去年の9月、なにも知らず小松基地の航空祭に行ったのが始まりでした。
かれこれ丸一年、今年は行ける範囲内の自衛隊イベントによー出かけました。

しかもデジイチまで手にするようになって・・・・
そして今年も小松基地の日がやって来たのであります。

丸一年あちこち行って、情報収集もするようになって、

航空祭は天気が重要

ということも学びました。
今年の小松基地航空祭、当日は雨という予報。がぁ~~ん!
そこで急遽金沢に宿を見つけ前日の予行から出陣することに。
前日も決して最上の天候とは言えませんでしたが、少なくとも晴れてはいた。
予行日なので当然、基地内には入れません。
基地周辺から飛んでいるところを拝もうというわけです。

komatsu 01
基地の周りにある公園、雑木林の向こうは基地敷地内です。

なにせ初めてのことなので、向こうが基地だとはわかるもののどの辺を飛んでくれるのか全然わかりません。
到着したのが昼だったので基地も静か。公務員だものね。
ウチらもコンビニで買ってきたおにぎりやらおやつやらを広げてプチピクニック気分。
この公園には同じ目的の先輩方がそれなりにいらっしゃいました。

komatsu 02
小松基地は小松空港と接しているので、時々民間機が離発着します。
(航空祭の途中でも離発着してます)

そんなこんなでのーんびりしていたら、どこからか聞き慣れた音楽が・・・。
これはブルーインパルスが始まる前にかかる曲では?
耳を澄ますと本番と同じアナウンスも聞こえています。
そろそろだなぁ~?

ひゅんひゅんいう音がしてます。

あっ、離陸してった!

komatsu 03
ダイヤモンドテイクオフからダーティターンを行うところですね。
写真撮ってみてわかった。
そっかぁ、ここからは遠いんだ、滑走路。
それで空いていたのね・・・。

続いて5、6番機も離陸。
予行に入ります。

komatsu 04
青空にスモークが映える~。明日がこうだといいのになぁ。

komatsu 05
フォーシップインバート。あー写真が小さーい!

komatsu 06
キューピッドのハートの描き始め。
毎度のコトながら全体をファインダーに収めることができません。
しかし広角のレンズに付け替えてる時間もありません。

komatsu 07
デルタループの終わり、なんとか全機入りました!

・・・とここまでやってなぜかブルーは着陸態勢へ。
後日わかったことですが、「時間切れ」による予行終了だったらしいです。
そういやスタートに時間食っていたもんなぁ。

あ~あ、残念。
今日はこれで終わりだなーって思いながらぼんやりしていたら、
あっという間に二機の戦闘機が飛来!
komatsu 08
米軍のF18! 私は撮り損ねたので、これは相方の写真を拝借。
前もって来るって言ってよね・・・って無理な話か。
エアバンドレシーバー持ってれば解ることなんだろうけど。
2機ともすぐにコンバットピッチで着陸したので、相方も撮れたのはわずかな枚数でした。
(これが来るからブルーは予行を切り上げたのね)

さて、用も済んだのでこの公園を退却。
ウチらと入れ替わりに車が何台もやって来ました。
どうやらここで一晩過ごして明日の飛行を見ようという人達らしい。
たしかにトイレもあるし、水もくめるし、周りは田んぼだし、
間近で戦闘機見たいんですってコトじゃなければここは便利そう。

想像よりあっけなく終わったので、ちょいと寄り道してから金沢へ向かいました。



最新記事