静岡県の御前崎分屯基地で基地祭が行われ、なにやら飛んでくるようだということなので行ってきました。
実はこの日は奈良基地でも基地祭があり、そちらにはブルインJr.が来るとされていたので、私は密かに(ってほどでもないけど)奈良基地の詳細を探っていました。

でも、今回の最大のネックは 相方、おまいが病み上がりだということだ うむ。
基地祭には欠かせない「徒歩」。そこがネックである。
奈良基地は車で近くへ行けないようなので無理そうだ。
相方は御前崎の方へ行きたがっていたので、今回はその意見を尊重して御前崎へ行くことに決定。

しかしまたまたのんびり出かけたために、基地に近い臨時駐車場はぱんぱん。
離れたところはがら空きだったが、そこから荷物抱えて基地まで歩くのは今の相方にはちょっと酷。
そこでその場で撮影しようということになった。
まぁね、基地に着陸する訳じゃないし、飛んでくだけだから見えればいいか。

カメラを出して、何かが飛んでくるまで待ちました。

まずやってきたのは
クリックで原寸大

クリックで原寸大
T-7練習機。静浜の第11飛行教育団からでした。
青い空に赤い機体がよく目立つ。

次が来るまでたばこでも吸ってぼーっと待つ。
それでも持て余すので風景撮ってみる。
クリックで原寸大
海がきれいだなー。

御前崎灯台に誰か登っている。ひょっとしてあそこで撮ってるのかな?
クリックで原寸大
かなり昔に御前崎灯台まで来たことあるけど、ちょっとでも風が強かったら砂が飛んできて顔が痛い場所だという記憶しかないんで、灯台やその下の浜の付近で写真を撮るなんて砂まみれになりそうでこわいぞ。
ま、今日はかなり穏やかな天気だけど。

やっと次のが来ました。
相方のお目当てはこれだったようだ。
クリックで原寸大
YS-11。
古い機体だけあってか、ふぃ~んと飛んで帰って行ってしまった。
静かに去る・・・

んで次に来たのは、入間のC-1
クリックで原寸大
こっ、これがさらに愛想なしで。
もう一周するのかなーと思っていたらもう来ませんでした。


その次はT-4、浜松基地からですね。
クリックで原寸大

最後ははるばる(?)小松基地から306SQの2機。
クリックで原寸大

クリックで原寸大

ここまで飛んでもお昼前だったので、今日はさっさと帰ることにしました。
体調万全じゃないから大事を取りましょう。
でもその前に海の幸の見聞を広めておこうかなと。

クリックで原寸大
食事はしなかったけど、イワシの丸干しが美味しそうだったので買って帰りました。

ついでに鯉のぼりならぬ「鰹のぼり」発見。
クリックで原寸大

いい天気でした~。



相方が入院している間がチャンスと思いイロイロとね・・・
ニコンカレッジへ行ってみました。

受講したのはデジカメの入門講座。
平日の開催ですが日帰りで一回こっきりの講座なので、一日休みが取れれば行けるから。
会場は大阪を選択、近鉄だと安上がりです。

講師は柿本完二さん、花とか風景とかを多く撮っているようです。
受講者は定年退職されたくらいとおぼしき方から学生さんくらいまでとまちまち。
四分の一くらいが女性でした。
講義はカメラの設定の仕方(デジカメなのでいろいろ初期設定やらなんやら)から撮る姿勢や心構えまで(笑)。
受講者の持っているカメラ(自分のカメラを持って参加です)もまちまちなので、講師はそれに合わせて説明しなくちゃならないから大変だなぁと感じました。
ラッキーだったのは、私の持ってるカメラが説明に最も多く使われたレベルの機種だったことかな。

デジイチを手にしてから多少はそれなりに本を読んだり相方から教えられたりして、それなりに使い方を覚えていた私ですが、文字を読むのではなく生で聞くプロの指導というものはまた違った効果があるのではと考え、この講習会に参加したわけですが、たしかに得るものはありました。

入門講座ということで内容の半分くらいは既に知っていたり設定していたりで復習内容でしたが、私が本を読んでいていまいち実感に欠けた不明点がここで解明されたので、これはすごい価値があったと思います。

それは、ホワイトバランスと露出。
どちらも今までは「オート」の設定で済ませていた部分ですが、この講義のあとは設定を変更したり、撮影後のデータを編集するときに変更したりと、フルに役立てています。
私は撮影データをRAWで保存しているので、事後にデータをいじって変更することができるのです。jpeg保存ではこうはいきません。

あと、ISO感度の話も聞いておいてよかったなぁと思いました。
要は「ノイズなんて気にしちゃだめ。高感度で撮れるんだから最大限に活用しなさい」という話。
なるほどなぁと思いました。

【基本はあくまでピントと露出】

う~ん、シンプルだけど深い言葉だ・・・

正味3時間の講習会でしたが、行ってよかったと実感。
ニコンカレッジには次の段階の講習会があるんでまた受講したいなと思うんですが・・・
あいにく東京(横浜)か大阪でしかやってません。
次のレベルは1講習会が4回開催だし、土曜講座といえどこれからの時期は自衛隊イベントとの絡みもあるので安易に申し込めない。
地元で開催されていればこんなに考えることないのになぁ・・・

でもまた時期を見て(冬場には自衛隊イベントないし)受講したいと思ってます。



入院の翌日は手術日。
手術は午後からなので、朝会社に行って2時間ほど必要最低限のことを済ませて、お昼前には早退。
(前回の手術の時、12時まできちっと仕事してたら手術の開始に間に合わなくてびびった)

そしたら今回は部屋で待たされること2時間。
13時からと聞いていたのにお迎えの看護師さんが来ません。
早めに行って待ってるとこれだ・・・
前回と手術室も違うので比較できないんですが、やっと呼ばれて病室を出て・・・手術階の手前の部屋まで歩かされるんですね(汗)。
ま、行きは歩ける状態だからいいけどさ。
そこで術後の簡単な説明を受けて、当人のみ手術室の方へ。
私はご家族用待合で待つ。
この日のために用意した「ロスト・シンボル(ダン・ブラウン著)」が役に立ちました。

待つこと2時間半と少し、17時前に手術室から出てきました。
術後は痛いが最重要事項で、その他のことは何も存在しません(苦笑)
なので、だまーって消灯まで病室にいました。

今回も執刀医が「つぶつぶ」を持ってきてくれたので見てみたら、前回と違って一個あたりの大きいこと。
まるで・・・抜けた乳歯のようです。形もいびつなものが多い。

一週間入院して、なにもなければそれで退院です。

GWとそのあとの土日まで休みを取っていた相方。
週があけて月曜・火曜と出勤したら水曜から入院。
数年前に手術した箇所をもう一度手術するのです。
またあの「ぷつぷつ」が出来ていて、それを取り除くためですね。

執刀する医師も同じ方なので病院も前回と同じところ。
ただ、建物はすっかり新しくなってました。
ここ数年で市内の大病院はどこも建て直しをしましたねぇー。

入院時は荷物があるので、ころりん号で日赤まで。
駐車場もきれいに広くなってとても止めやすくなってました。
入院手続きを1階で済ませたら、各診療科の入院階へ行き病室で待機。
病室もなんというか・・・ビジネスホテルの個室のような感じ。
部屋の中に洗面台もあるしトイレまであるんでびっくりしました。
これじゃ患者さんうろうろ出歩く理由がなくなるじゃん(笑)。
ベッドももちろん電動で、頭部をあげたり全体の高さを変えたりできます。

こういう病室なら私もいっぺん入院してみたいなー(爆)いやまじで。

事務的な手続きは午前中で済んだので、明日に備えて私は午後から仕事に行きました。


ゴールデンウィークの興奮もさめやらぬ5月の9日、久しぶりに掛川花鳥園へ行ってきました。

とはいえ、行くと決めたのが当日の朝だったので向こうに到着したらもう昼・・・
で、すぐにランチバイキングです♪
私は(何度でも言いますが)ここのランチバイキング大好き!

平日1000円、休日1500円は安いとはいえませんが、その内容も含めて考えると納得いく価格です。
現在のお料理で出来合のものは一つもないのではないでしょうか。
タクアンや梅干しも自家製ですし。味噌汁の味噌も自家製ですよ。
※自家製=加茂菖蒲園で一年を通して一から手作りしている


今日はこんな感じで・・・
クリックで原寸大
ん~、もりだくさん。
アフリカントマトシチューは初めて見るメニューです。
アフリカンというだけあって(?)ピリッと辛くて具だくさんで美味しかったです。
染め飯は黄色いおこわ、横に載せてあるタクアンは昔のままのニオイのきっついやつですよ(笑)。
もちろんここに乗り切らないほど料理の種類は多いです。
今日はバイキングのデザートには手が回りませんでした・・・。


さて、食べ終わったらすぐに13時の鷹匠ショー。
一番手はハリスホークのギンジくん だったと思う
クリックで原寸大

クリックで原寸大

今日のギンジ君、お天気の良さに仕事がイヤになったのか、鷹匠のギャリーさんの呼びかけになかなか応じず、最後は会場の上をくるくる自由に飛び回ってしまってました。
これまでに何度も見に行ってますが、そんなシーンに出くわしたのは初めてでした。
クリックで原寸大
ホントにいい天気だったもんね-、お仕事なんてしてられない気持ちわかるよーうんうん。人間は困ってましたがネ(笑)


二番手はベンガルワシミミズクのてんかちゃん たぶん・・・
クリックで原寸大
こんなに人がいても平気です。
フクロウやミミズクは実はすごく軽いんですよ、ウチのコタちんの三分の一程度の体重です。

クリックで原寸大
写真で初めてわかったのが
「フクロウ(ミミズク)は食べるとき目をつぶる」。

次の主役はちょっと変わった風貌の
クリックで原寸大
鶴? じゃありません、走る鷲、蹴りが武器の

ヘビクイワシのキックちゃん
クリックで原寸大

名前の通りヘビを獲物とする鳥なんですが、ここのキックちゃんは実物に出会ったことはないそうです。
でも本能から、ヘビの頭を蹴っ飛ばしています。
蹴りを入れる音がちゃんと聞こえます、バシッと。
人間が蹴飛ばされると簡単に打撲になるらしいです。

13時のショーが終わったので、温室の中に入ってブラブラ。
掛川花鳥園には何度も来ていますが、今日は新しい発見をしました。
発見した鳥はエボシドリ。
黄色いインコの次くらいにたくさんいる鳥です。大きさはハトくらいかな。
抹茶色の頭部に隈取りのような顔の色が目立つんですが・・・

羽根にこんなに鮮やかな赤がある!
クリックで原寸大
写真、結構ブレてます・・・このへんは今後の課題ですな

ぶれてるけど左下に止まってる個体がいますね、こんな色なんですよ。
だからてっきり地味な鳥だと思ってました。
羽をたたんでるとこの赤が隠れちゃうんですねぇ。
いや~~~~びっくり。


15時のショーの前におやつタイム♪
パティシエが作ったスイーツです。
クリックで原寸大
白鳥のシュークリームと渋皮マロンモンブラン。
甘さ控えめ、さっぱり感で美味しかったでーす。
白鳥だけでなく黒鳥のシューもありましたよ。次回はそれだな。


毎回撮り忘れるのですが、ショー会場の入り口に当日のショーで飛ぶ予定の鳥たちが紹介されたボードがあります。
本日15時からのショーはスタンダードにハリスホークとベンガルワシミミズクと白頭ワシだと思ってました、

鳥たちは池の向こうの雑木林の方から登場します。
すると・・・

クリックで原寸大
白鳥とは違う白い鳥が。

予定が変更されて
白フクロウのハリー登場
クリックで原寸大

ハリー君のショーを見るのは初めてです!
寒い土地で生きる鳥なのでショーに出てくるのは冬場だけ、まさか今日見られるとは思っていませんでした。
ホントに真っ白ですね。

っていっても実はハリー君まだ幼鳥を卒業する頃で、少し斑点が残ってます。
クリックで原寸大
完全に成鳥になると真っ白になるんだとか。

しかし、今日はかなりいいお天気。
寒冷地仕様のハリーには暑かったようで、ギャリーさんの呼びかけにもあまり応じず、しきりに池の向こうの巣箱を気にしています。
気もそぞろとはこのことですね(笑)。
そんなわけでショーとしては不成功でしたが、私はハリーが見られただけでもラッキーだったので満足でした。
(冬場には一度も見られなかったから)

次の主役は堅実なベンガルワシミミズクです。

クリックで原寸大

池の向こうから飛んできます。
今回はアスカちゃん・・・だったと思う
こんな低空飛行も。
クリックで原寸大

アスカちゃん、実は結構おしゃべりさんです。
ショースタッフが
「アスカ~ こっちだよ~」
と呼ぶと
「ギャッ」
とお返事してます。
呼ばれてなくてもおしゃべりします。
なんだかコタちんを思わせるものがあって親近感がわきました。

ショースタッフの板山さんと。
クリックで原寸大

15時の最後を締めるのは普段ですと白頭ワシのタテナギですが、今日は

セイカーハヤブサのナナオ。
クリックで原寸大

これまた私にとっては初お目見えの鳥です。
いや~~~~今日は収穫多いな~。
ただ、初めての鳥だとどう飛ぶのかわからないので、狙い打ちはできません。
でもってこのショーはナナオがひたすら頭上を飛んで回るので、頑張ってカメラで追っかけたつもりでしたが飛んでる写真はすべてボケボケ。
だからルアーキャッチのあとの写真しかまともなのがありませんでした。

ナナオと鷹匠のギャリーさん。
クリックで原寸大

帰りがけ、受付のところにいたリリちゃん(アフリカオオコノハズク)を激写(?)してきました。

クリックで原寸大

この写真だと比較対象が写ってないのでわかりにくいですが、リリちゃんはかなり小さいです。
成人男性の手の大きさと同じくらいと言えばわかりやすいかな。
オオコノハズクという名前でも全然大きくないわけです。
あ、テレビに出て有名になった「ポポちゃん」も同じ種ですね。

食べてよし、見てよし、撮ってよし、しかも片道1000円で到着できる掛川花鳥園。
すっかりご贔屓さんになった私であります。

写真だけ集めました。
一枚あたりのサイズは大きめです。


その1
※6/13、写真増やしました

その2(ブルーインパルス編)

岩国基地からシャトルバスで岩国駅へ着いたらすごい人。
小さな駅なので改札前のコンコース(ってほど大きくないけど)が人で溢れている!
行きに帰りの切符も買っておいて正解だったわ。
券売機のところへなんて近づけない。

電車も立ったままで1時間ほど、広島に着いた頃にはヘトヘトでした。
岩国出るときは「宿で荷物を下ろしたら、車で風呂屋行こうか」って言ってたんだけど、そんな余力は残ってませんでした(苦笑)。
でも、晩ご飯だけは食べなきゃってことで、付け麺屋さんに行ったんですがあいにく休日。
第二候補のラーメン屋さんでラーメンと餃子(これがうまかった)を堪能して宿へ戻りました。
5日はそのまま一泊。
6日、平日なので二人とも休みを取ってあります。
高速道路の休日割引はありませんが、渋滞もなく時間も気にせず帰ってこれるので体は楽ちんですよね。
ホントにどこも混んでませんでした。
うっかりスピードが出すぎないように注意する方が大変なくらい。
ただ帰宅するだけではもったいないと思ったけど、立ち寄りポイントで良いところも見つからなかったのでそのまま帰ってきました。



さて。
今年の総括。
まず、去年リベンジすると言っていた件について。

1.緑の箱のピザ
これはリベンジならず。
この店、入り口近くにあって私らが通過する頃には焼き始めたばかりっぽい。
でもって早朝である。なかなか買う決心がつかない。
で、そのまま通り過ぎ、中(特設席の)に入ったらもうここまで出てくる気にはなれなかった。
来年はもう少し考えねば・・・

2.パウンドケーキをゲットする
これは実行しました。
んが、去年とは違う感じのケーキでした。
去年のパウンドケーキは直方体っぽい形、カステラみたいな形状のものだったのに、今年は厚みのある正方形のケーキ型で焼いたのを4等分したような形状で売ってました。
4種類くらいフレーバーがあったし。
でも一応買えたのでリベンジ成功としましょう。

このパウンドケーキがですね、ざっくりとした生地で素朴でおいしいんです。
日本人の作るパウンドケーキはぼってりとして密で濃厚で美味しいんだけど、それとは違ったいかにも「手作り」って感じのおいしさです。
これは意外でした。
もっと甘くてヘビーかと思っていたので。
一緒に買ったコーンドーナツ(たぶんトウモロコシの粉で作ってあるんだと思う)も、砂糖まみれだったけど生地が甘くなかったので美味しくいただきました~。
来年はどんなケーキやお菓子が出てくるのかなぁ♪

3.特設観覧席で見る!
もうばっちり。来年も買うよチケット。
コンビニでさくっと買えちゃうもん。
あとはどの辺に席を取るか(ウチら混み合ってるトコガ嫌いなので)とか、持ち込む食料をどう調達していくかに工夫を凝らさねば。
それともう一回特大ターキーレッグは食いたいぞ。


そして今年発生した反省点はないかな・・・


あったあった

バッチが一枚も買えなかった!

反省か?それ。

やはり特設観覧席へ行く前に買い込んでおかないときっと買えない、途中で買いに出てくることはないと思う。
とにかくね、会場が広いから移動距離がハンパじゃないんだわー。
出店のテントが並んでいるところまで途中人並みをかきわけ避けて歩いて・・・とにかくタイヘン。
でもって目的のブースを探すのもタイヘン。
実はブルーインパルスのブースを探せなかったのでした。

来年は・・・う~ん、来年はぁもっと素早く席を確保し、その後に買い出しに出る!
あ、あと、飲み物を入れて持ち運べるバッグを用意する!(缶ビールを2本入れられるような)
折りたたみの台車持って行ってやろうかしらん・・・

スーパーホーネットの機動飛行を堪能した後の目玉はブルーインパルスのみ。
しかしその前にちょいとしたアトラクションがまだあります。

クリックで原寸大

クリックで原寸大
このダイビング、映画「トゥームレイダー2」で見たアレですよ、モモンガばりのウエアで飛び降りるやつ。
パラシュートを開いて降りてきました。
クリックで原寸大
ブルーの皆も拍手で迎えます。
クリックで原寸大

このお二人が今日何度もダイブしてくれた方たちです。
結婚して1年ほどとのこと、これからも仲良く空を飛んでください!
クリックで原寸大


いよいよ
クリックで原寸大
ブルーインパルスの始まりです。
昨年と同じく曇り空でのミッションとなりましたが、今年は50周年の記念の年。
気合いの入った演技を見せてくれるでしょう。
私としても今年初めてのブルーフル演目なのでわくわくしてます。
しかも、特等席でウォークダウンから見られるんですから!
空自の航空祭だと朝イチ場所取りしないととても無理

私のレンズでお手振りがしっかり捉えられるなんて普段ありえない。
クリックで原寸大
いってらっしゃーい がんばってねー!

1~4番機 離陸
クリックで原寸大

左手から時計回りに右手へ回ってきたところをパシャ!
クリックで原寸大

5番機離陸は素早く脚をしまい
クリックで原寸大

6番機の離陸は脚を出したままバレルロール
クリックで原寸大

ファンブレイク。背中を撮るチャンスです。
クリックで原寸大

これが新演目「サンライズ」。望遠使ってるとこれくらいが限度、広角レンズが欲しい。
今後はコンデジを首からかけておくことにしよう。
クリックで原寸大

これも新演目「バック・トゥ・バック」
クリックで原寸大

私はやっぱり全機そろってるこの絵が好きだ~!
クリックで原寸大

そろそろ着陸、コンバットピッチ
クリックで原寸大

締めるのはコークスクリュー
クリックで原寸大
あぁ、この空の色がうらめしい・・・

整然と帰ってくるのもブルーらしい
クリックで原寸大

ウォークバックまでこんなにしっかり見えるなんて、なんていい環境なの!特設席。
クリックで原寸大

無事に終了し、笑顔もちらほら
クリックで原寸大

クリックで原寸大

これで今年のプログラムは全部終了。
あとは帰投する機を捉えるとか、地上展示機を撮りながら帰途につくとか、強者は結構遅くまでいるらしいです。
自衛隊みたいに追い出されないのかな。

じゃ、私たちも(疲れたことだし)ぼちぼちと帰りましょうか・・・

クリックで原寸大

シャトルバス乗り場へ向かってたらたら歩きながら

クリックで原寸大

また来年よろしくね IWAKUNI
クリックで原寸大




次に飛んだのはF-16 二度目のフライト。
(クリックで原寸大)

お気づきでしょうか、離陸方向が逆になってます。
ウチらの目の前から離陸!

そろそろ空模様がどんよりしてきました。

(クリックで原寸大)

今年の目標は「背中を撮る」
(クリックで原寸大)

このF-16が降りてくる頃には明るい曇り空という苦手な状況に。
晴れているとシャッタースピードを稼げるのですが、こういう空模様になると1250分の1あたりになってしまい、機動飛行真っ最中のものはぶれるぶれる。


さて、そろそろ準備に取りかかりますか って感じで

(クリックで原寸大)
ドルフィンキーパーズがやってきました。

キーパーズが仕度している間にこちらの、もう一つの目玉
(クリックで原寸大)
スーパーホーネットの機動飛行を拝見しましょう。
先に言いますけど、このスパホの機動飛行はすごかった。
ここまで機体をコントロールできる技術があるんだと見せつけられた感じです。

まず、この角度で上がるかという離陸。お尻擦りそうじゃん。
しかも滑走路をバーナーで炙ってますよね・・・?
(クリックで原寸大)

ホントにこういう角度で上がっていくんですよー
(クリックで原寸大)


で、すぐに左へ
(クリックで原寸大)
脚をたたみながら
(クリックで原寸大)
ひねって・・・
(クリックで原寸大)
くるりと
(クリックで原寸大)
・・・
(クリックで原寸大)
一回転
(クリックで原寸大)
っと。
(クリックで原寸大)
ここまで6秒程度、あっという間の出来事です。

動きは速いし、右に左に飛び回ってくれるしで、ウレシイんだけど連写が追いつかない。
それでもチャンスは一瞬にして去るので、とにかく撮り続けるしかありません。
ピントがどうのと言う間もなく 撮る 撮る 撮るっ!
おかげですんげー枚数になりましたが

これは何をしているかというと
(クリックで原寸大)
止まりそうな遅さで飛んでいるんです。
どうやらプガチョフ・コブラという技らしい。
この姿勢で止まりそうな遅さのまま前にズルズルっと進んでいるように見えました。
で、さっと体勢を直してぶっとんでいったのよね。

こうして頭上では、スパホがぎゅいんぎゅいん飛び回っているわけで、懸命に300ミリを振り回して追っかけていますが撮れる写真はなんとなーくみんな一緒・・・。
腹が見えてるか、背が見えてるか、ベイパーなしかありか、それくらいの差しかないです背景が空(しかもべったり曇り空)の場合。

その頃地上では、
(クリックで原寸大)
ドルフィンライダーズが登場。
真ん中のサングラスをかけている方(槇野さん)6番機のパイロットさん、そろそろ卒業ですねー。卒業後はどこへ異動されるのかなぁ。

ただいま準備中
(クリックで原寸大)

おや?降りてきた。もう終わりですか?
(クリックで原寸大)

いや、脚たたんだままだしずっと同じ高さ(っつーか地上すれすれをその速度で
ずーっと飛べるってどんなん?)
で飛んでるから・・・なにすんだ?
(クリックで原寸大)

あっ、ブルーを挑発に挨拶していったんですねぇ~
(クリックで原寸大)
それにしてもこの近さで周りに影響を与えることなく飛べるコントロールってすごい。去年、オープニングで音より早く飛んできて衝撃波を食らわしたのもF-18だったんだが。
この挨拶のあとはさっさと機首あげて空高く舞い上がっていきました。

(クリックで原寸大)
やっと降りてきた。

(クリックで原寸大)

インターバルを挟んで次はブルーインパルスだよ~。




さーてお次は・・・
(クリックで原寸大)
この猫背がポイントですね。
珍しい機体だからさらに人だかり(笑)
地面の陽炎とコイツの排気とで画面ゆらゆら。
(クリックで原寸大)
このおにーさん、翼をすべり台にして降りてました。

はりあークンに気をとられていたら目の前を通る一団が。
(クリックで原寸大)
どうやら先ほどのホーネット乗りらしい。
私らの前を通過するときに拍手があがってました。

(クリックで原寸大)
ニトロバイクのクルーたちと遊ぶ・・・
と、目の前の光景にレンズを向けていたらあちらの方で轟音が・・・

(クリックで原寸大)
はりあークン、自衛隊機の間を離陸!

[広告] VPS

しかしはりあークン、うるさい(笑)。
ヘリのように動いてくれるのはいいんだけどやかましいです。
去年の方がいろんな動きをしてくれた、今年は短かったと思います。

もう一枚貼っておこうかな。
横から見たはりあークン、翼下の脚がなんともちゃっちい自転車の補助輪を連想させますね。
(クリックで原寸大)

今年はおとなしめのはりあークンでした~~~。

目玉サプライズの前にちょっと一息
(クリックで原寸大)
日米両国の国旗が舞い降りる~

そして場内のアナウンスとともに皆が見守る方向からやってきたのは?
(クリックで原寸大)
見慣れないシルエット・・・
(クリックで原寸大)

「?」
なんですかこれ

実はサプライズ飛来の(プログラムでも公開されていなかった)U-2高々度偵察機
会場からは「おおーーっ」というどよめき。
そしてシャッター音の嵐(笑)もち、私のシャッター音も含まれてます。
韓国から飛んできたそうです。
それにしてもなんともユニークなお姿。
(クリックで原寸大)
鳥とランデブ~♪

いや~珍しいもの見せてもらいました~。

この頃になるともうプログラムなんて見てません。
プログラム見て「次は何が飛ぶかなー」とか「インターバル何分くらいあるかな?」とか、んなもの信じられないもん。
『飛んできたものを撮る!』
それあるのみです。

(クリックで原寸大)



えーっと?プログラム上は次は?
 近接航空支援(CAS) フライトデモ
 F-16 フライトデモ

ん?
 ウイスキーパパ アクロバット飛行
ってどこ行った?やったっけ?
そっか、トイレ&買い出しに出たときだな。だから写真が残ってないんだ。

特設観覧席に入ってすぐに相方がターキーレッグを買いに出たんですが、今年は見つかりませんでした。
代わりに手羽の煮込みがあったとのことでそれとビールを買ってきました。
今年は観覧席エリア内に食べ物のブースはないんですね・・・去年はあったらしいのに。
しかも男は買い物がヘタね(^0^;)一度にもっとがっつり買ってこなくっちゃ。

で、ホットドッグ二つとハンバーガー二つ、ビールに水。
がっつり買いました。
ビールは買ったその場でフタを開けられてしまうので一度に二本買えないのが痛かった。
それにしてもなんともシンプルな・・・
ホットドッグにしてもハンバーガーにしても、パンにソーセージかハンバーグを挟んだだけ。
チーズも野菜もなーんにも挟まれてない。
ケチャップとマスタードのパッケージを掴んで帰ってこなかったら、味付けするものもない。
これもまた岩国風味~(笑)。

あ、写真取り忘れた<食べ物。
デジイチに変えて悪くなったなぁと思うのはこういう小回り、ちょっとした写真を撮らなくなったこと。
一旦望遠レンズを付けてしまうと目の前の食べ物とか小物を撮るのが難しくなり面倒になり。
こういうときにコンデジを使えばいいんだけど、つい忘れてしまうのよね。
でかいハンバーガー&でかいホットドッグなんて撮っておけばネタになったのに~。

アクロバット飛行のあとは「タク重松 ニトロバイク ラン」。
(クリックで原寸大)
改造バイクで滑走路を走ります。うーん、まぁ、アメリカらしい・・・ よく理解できん乗り物です。
で、興味がわかなかったので自分で写真撮ってなかったから、この写真は相方から借りてきました。


次はレガシーホーネットの出番。
(クリックで原寸大)
見よこの人だかり。ここ端っこ寄りなんだけどね。

(クリックで原寸大)
BATSだ~

(クリックで原寸大)
空中給油機

(クリックで原寸大)
ベイパーがちょっとキレイに撮れました

(クリックで原寸大)
空中給油のデモ

(クリックで原寸大)
ハーキュリーズが斜めになって降りてきた

(クリックで原寸大)
着陸後、ぶーんとバックするハーキュリーズ。ずっとバックして離陸位置くらいまで行ってました。

(クリックで原寸大)

まだ続くよ~ヽ( ´▽`)ノ(ヽ´▽`)ノ(ヽ´▽`)(ヽ´▽) (ヽ´)ヽ(  )ノ(` ノ)ヽ(▽` ノ)ヽ(´▽`)ノ

ゲートを通過し、展示機のエリアを通過し、芝生の上で準備する人々を乗り越え、
やっと特設観覧席にたどり着きました~。
チケットを出すと半券残りと識別票を渡されました(笑)。
(クリックで原寸大)
これを首にかければ出入り自由♪

ブルーが駐機している正面あたりの席はほとんど埋まっていました。
ベンチ段数も多めに設置されていましたが、皆さん場所確保のために早々と座っているんでしょうね。
ま、ここがセンター位置のようなので仕方ないっちゃー仕方ないか。
私らはもう少し奥、混雑の少なそうな所へ腰を落ち着けました。

そういや、入り口の横にながーい列ができてたっけ。
あれはどうも当日券の列のようでした。
どういうタイミングで入れていたかわかりませんが、黒い縁ゴムのドッグタグを付けた人達が来たので、あれが当日券って事かなと見ていました。


(クリックで原寸大)
今年のオープニングは地味・・・ というよりこのお二方(ご夫婦)が話題だったようですね。
午後にももう一回ダイビングしてくれました。


さっ、今日はじめてのデモだぞー!

(クリックで原寸大)
パイロットさん、お手振りしてます。

って・・・あれ?

出た(笑)岩国名物『いきなりプログラム無視』
プログラムには『F-18Cフライトデモ』ってなってます。
開始早々やってくれちゃってますねぇ~(笑)←笑うしかない
ま、いいや いってらっしゃ~い。

(クリックで原寸大)
いきなりABかよ・・・

(クリックで原寸大)
この頃はまだお天気良かったなぁ

(クリックで原寸大)
こんなところで見学してるのも岩国風味

(クリックで原寸大)
300ミリだとこれくらいが限界(涙)

(クリックで原寸大)
実は午前中からこんな感じで妙に煙っていました
着陸エンドは目の前だったのに、なんとも「くっきり加減」の弱い、というかぼやけた風景。

(クリックで原寸大)
まーたこんなトコで見学してるし。それにしても背景の山、かすんで見えないじゃん。
振り向いてわかったけど結構人が増えましたねぇ!

(クリックで原寸大)
海自の飛行艇

この後、F-4も飛びましたが、私はほとんど写真に撮っていませんでした。
買い出しに出たためです。
ま、日本のファントムなら他でも見られるからね。

プログラムには、US-2のほか「F-2」、「F-15」なんて書いてあったけどこれは実施されず。
ま、去年もそうだったけどF-2ってなかなか飛んでこないんだよねヽ(´▽`)ノ イイケドサ






長い前振りがあってスミマセン

さて夜が明けて5日。
5時起き予定が起きれず、5時半始動。
6時半ちょっと前の電車に乗って岩国駅へGO!
幸い席を確保できた私は気がつかなかった(ウトウトしてた)のですが、途中からどんどん乗ってきて混み混みだったらしいです。
広島駅でも結構並んでいたもんなぁ。

岩国に着いてからはシャトルバス。
これは昨年よりすんなり乗れました。列は長かったけど乗るまでに10分ちょっと。
立ち席なしでどんどん運んでます。
ゲート前で降ろされ、昨年はここで荷物検査を通過するまで待たされたんですが、今年は乗った電車が遅かったからなのか荷物検査の列もわずか。
どんどこ中へ吸い込まれていってます。
(午前8時ちょっと前)
(クリックで原寸大)
脚立やカメラを携えている人多いですねぇ。

今年もこの“フラフラ人形”が出迎えてくれました。
(クリックで原寸大)

うーん、だだっぴろーい!
つまり目的地は遠い・・・ってことだ。
朝一番だと閑散とした感ありですが、これが人だらけになるんだよねぇ。
(クリックで原寸大)

このヘリ、尾翼に「シラセ」って書いてあるんですが、あのシラセのことなのかな?
(クリックで原寸大)
って思ったらそうでした。
南極輸送支援用ヘリコプター だそうです。

こちらまたでっかすぎて全体が入りきらない、えらくゴツいヘリです。
(クリックで原寸大)
同じのが海自にもあって、並んでました。

こうして地上展示されている機体を撮れたのはこの時と帰りがけだけ。
今年は特別観覧席チケットを買ったので、この後はカンヅメになっちゃいました。
(出入りは自由だけど一旦入っちゃうとなかなかここまで出てくる気になれない)

おぉ、厚木のホーネット発見!
(クリックで原寸大)

ユニークな車でほてほて走り回っていたオジサン(かな?)、気になったので撮ってみました。
(クリックで原寸大)

地上展示エリアを抜けると芝生のエリア、昨年はこの辺に腰を落ち着けてのんびり見てた。
すでにチラホラ、テントを張ってる人たちがいますね~、このへんが日本とは違う。
ま、この芝生の面積も比べものにならないくらい広いんだけど。
(クリックで原寸大)
でもって、相方↑発見(笑)。

紅白幕のかかった櫓の向こうが特設観覧席。
と、ブルーのキーパーズ発見~。
(クリックで原寸大)

ここを通過したのが8時40分頃。
昼頃にはこの芝生の上はみっしり見学する人で埋まってました。

でもってこの頃は日が差していて「あー、今日は良い天気でよかったなぁー」って思っていたんですよ。
このまま日差しが保ってくれたらよかったのにぃ・・・

唐辛子の辛みで口の周りをひりひりさせつつ向かったのは
『あれいからすこじま』

あれい から すこじま

なのか、

あれい からすこ じま

なのか、
だいいちどんな意味なのかもどんな所なのかも知らぬまま到着。
(とにかく今日のルートは全て相方が企画設定したものなので私はツアー客よろしく連れられていくだけ)

どうやら
(クリックで原寸大)
こういう所らしい。

(クリックで原寸大)
この写真に写っているだけでも7隻(じつは8隻います)、

で、こちらにもいる。
(クリックで原寸大)

いったい何隻集まってるんだか。
潜水艦だけじゃないし。

(クリックで原寸大)

謎の多い桟橋でした・・・  いいのかこんなに集めて

宿は広島に取ったので、この後広島まで行く途中自動車道からマツダの工場を見ました。
えらく古くさい工場風景で、

|\|\|\ ←こういう屋根がずっと並んでいる、懐かしい風景(笑)
そぉいやぁ初めてのシトロエン(ZX黒)は、新車早々トラブルに見舞われてディーラーで対処しきれず、広島へ運び込まれたんだっけ。
それってここだったのかなぁ・・・

宿へはいる前に「やまとの湯」に寄る。あ~~~さっぱりすっきり。
お風呂はいいねぇ。

今回の宿は広島駅からすぐ。
さぁ、今日の晩ご飯はやっぱこれでしょう

『広島焼き』!

宿が紹介している近所の広島焼きやさんに行ってみました。
すんごく普通の、というか名古屋では無くなりつつある小ぶりなお好み焼き屋さんという感じです。
鉄板焼きの一品ものもあったので2品頼んでビールを・・・

うまーーいっっ(>_<)

そしてスタンダードな広島焼き。

うっまーーーーいっっ(>_<)

もう一枚をお持ち帰りして、二人で酔っぱらってヘラヘラ歩いて帰りました~。
で、明日に備えてさっさと寝ましたとさ。







あっ、そうそう
『あれいからすこじま』は正しくは『アレイからすこじま(小島)』のようです。
くれナビで解説あり。

ちらちら~っと大和ミュージアムの写真を。

(クリックで原寸大)
10分の1大和を上から見る

(クリックで原寸大)
(クリックで原寸大)
大和の船尾に置かれている飛行艇?

(クリックで原寸大)
上のフロアにある零戦のエンジン

さて、大和ミュージアムを出てすぐのところに「陸に上がったくじらアザラシみたいな」てつのくじら館があります。

(クリックで原寸大)
どうやってここに設置したんだろう?って思いませんか?
どうやら真夜中に台車で運んできて、クレーンで吊り上げたらしいです・・・しっかり聞いてこなかったからうろ覚え。
年配のボランティアさん(海自出身?)が解説してくれていたんだけどね。

(クリックで原寸大)
おっ、南極の石。掘り出してきたってことかな?
初代しらせには古い友人が乗っていたので、なつかしいかなーと思い撮ってきました。
でも普通の石って感じです。

で、資料館(正式名称は“海上自衛隊呉資料館”)を順路通りに見ていくと、実物の潜水艦に入れます。
つっても胴体横に入り口が作られていて、てっぺんからハシゴで入るわけじゃないんだな。
ちょっと残念。

でもって、とにかく休みで人が多いから見学の列は途切れずいわば「ところてん状態」。
立ち止まってゆっくり見ることも、追い越してもらうことも難しい。
さらに、ある程度の所から先は撮影禁止。
辛うじてこの辺は撮影おっけーでした。
(クリックで原寸大)
お偉いさんの打ち合わせスペースらしい。

ここから先は写真が撮れませんでしたが、寝台のある区画を見たり、せっまーい通路を通ったり、潜望鏡を覗いたり。
でも潜望鏡からどの辺が見えているのかはわかりませんデシタ。
中にいる案内係のオジサンに
「狭いですね~」
って言ったら
「慣れですよ、慣れ」
って・・・
いや、身長は慣れじゃないだろー 私の前にいた3人の男性は皆屈んで通っていたぞー?
私で辛うじてを伸ばしたまま通れた程度だからー。


見終わったのがお昼過ぎ。
さて、お昼はなにを食べるかなー?
相方にお昼のオススメはと聞いたところ、呉だから「呉冷麺」とのこと。
じゃ、有名店に行ってみましょかってことで
珍来軒へ行ってきました。
到着してから店に入れるまで1時間半以上かかりましたかね・・・地元のお店だったら絶対こんなに並ばないんですが(-.-)
やっと順番がきて店に入ってわかったけど、席を詰めて座らせてないのね、でもって出てくるまでの時間もけっこうかかる。
カップルでの来客も多いから4人掛けの席を二人がけの席に変えたらもうちょっとはけるようになるのにと思ったんだけど、そのへんがお土地柄なのかしら。
呉冷麺の(小)が普通盛りですね。
で、どんな冷麺なのかな~~~(前情報全くナシの私)と期待して出てきたのが「!」ってくらい普通の冷麺、見た目。

もっと正直に言うと、地元で見る冷麺よりかなり質素。
具が チャーシュー2枚にゆで卵半分にきゅうりの千切り 色合いも乏しい。
「これのどこが行列になるんかな~」と思いつつ食べる・・・


からいっ!

ピリピリと辛い!
冷麺といえば甘酸っぱい三杯酢系のつゆが定番(で、地元ではいつの間にやらマヨネーズ付き)。
このつゆもそれっぽいんだけど唐辛子がらい。

う~~~~ん ビミョー。
こういう味もアリとは思うが、果たして「う、うまいっ!」って言えるかどうか。
個人的には「また食べたくなるものが旨いもの」だと思うので、判定はしばし保留。
でも、めずらしい味という点では異存ありません。

一日目はまだ終わらない~(^o^;)



最新記事