なにはともあれ、小牧基地の航空祭です!


今年初めての航空祭参加、かな?ひょっとして。

浜松の航空祭と重なり、こちらを選択しました!
浜松行ってもブルー来ないんだもん・・・


今年は初めて正門から入場。
地面が濡れてますね、昨日は雨だったんですよ~。
komak_1.jpg
え?人が少ない?
それがここのいい所なんじゃないですかー。

そんなまったりした朝一番の基地の中を、出店など見ながら一周。
途中、クレープの売店で熱いコーヒーと生クリームたっぷりのワッフル購入。
かじりながらエプロンへ。

その頃には1回目の救難展示飛行が行われてました。
今年も2台仕立てで行ってます。
komak_2.jpg
まだ滑走路も濡れてます。

エプロンはウソのような人の少なさ・・・浜松に行ってるのかしらねぇ。
komak_3.jpg

チヌークの放水実演。
komak_4.jpg
この姿、東日本大震災後の報道でも見ました。
テレビで見てると「あんな少しの水の量で」って思いますが、
実物を目の前で見るとすごい量だなと思います。

まだ飛べます、YS-11。
komak_5.jpg
komak_10.jpg
尾翼のマークは「因幡の白ウサギ」です。
ということは美保基地あたりの所属でしょうか。

ウサギの次は馬。
KC-767の尾翼、黒い馬が描かれてます。
komak_6.jpg
『このあたりで中世盛んに馬市が行なわれた為、それに関係する言葉である「駒来」(こまき、"駒"は"馬"を意味する言葉でもある)が転じて「小牧」(こまき)となった。
』出典:Wikipedia

それでこの黒い馬の絵なんだそうです。


いつもは横目に見ている武器展示。
ちょっと並んでみました。
komak_7.jpg
これを担がせてもらいます。隊員さんに頼んで担ぐ前に一枚。
で、肩に乗せてもらったんだけど「肩に座布団当ててもらえませんか?」
言いたいくらい食い込む。重い。
てか、肩の骨にあたって痛い。
多分、隊員さんは砲身の後ろの方を支えていてくれたと思う。
左目が利き目のワタシは、照準のための窓を見ることができませんでした(笑)。

武器展示を行っていたのは小松基地の隊員さんでした。
普段は隊員の方に話しかけたりしないんですが、今日ばかりは
「今年は残念でしたね。来年を楽しみにしていますからがんばって下さいね」
と声をかけてしまいました。

このハーキュリーズ、後部ハッチから荷物を滑走路にポロンポロンと降ろして(落として)行きました。
komak_8.jpg

給油しているシーン。
komak_9.jpg

帰投時のUS-1、これはすぐに飛び上がれるんですね。
海の上で飛び上がらなければならないことを考えると当然か・・・
komak_11.jpg

帰投のため動き出したファントム。
手を振ってる観客が多かった、そして見送られるライダーも熱く応えてました。
やっぱいいなーファントム。
komak_12.jpg
ちとウルサイのが難だけど。

このあとF-2が今年も魅せて飛び立っていきました。
昨年はハイレートクライム、今年はローパス、来年のパイロットさんはどんな工夫をしてくれるのかな?(笑)

帰りがけ、こんな看板を発見。
komak_13.jpg

いや~~~・・・ 半世紀かぁ、すごいな。

10年後も今と同じくらい運動できていますように!

cake_20111019231654.jpg
近所のケーキ屋さんの。
なにげにローソクが大きいw

本日、にちようび。
雨も上がったので自転車で、長久手のジャイアントストアまで往復しました。
距離的には片道10キロ、通勤と同じくらいでした。

ジャイアントストアでは、ドロップハンドルの自転車を試乗。
以前にもここには試乗に来てます。
その時乗ったのはエスケープだった。

今日はフレームサイズが“XXS”なのか“XS”なのかの判断をしに。
残念ながらXXSの試乗車はなかったので、XSの試乗車に乗せてもらいました。

試乗したのはこれ、DEFY ADVANCED SE (2011)

いや~ もう なんと言ったらいいのか

軽いってこんなにすごいことなんだ!

と走り出してすぐ実感。
走り出しはちょっとびびりましたケド。
試乗コースは坂があるんだけど、その程度の坂ならグイグイ加速しながら登れる。
私が普段使わない速度があっという間に出せる。
軽いからというだけではなく、ロードバイクというのは
こういうシロモノなんでしょうか。

とにかくビックリしましたっ! えぇ。

じつわ、あまりに軽くてフラフラしました。自分のペダリングが左右アンバランスなのを実感。

正直、「カーボンだからどうこう」というのまではワカリマセンでした。
私がそこまで解るためにはもっと乗る時間が必要です。




ってことで
発注しちゃったもんね
AIMEZ

証拠写真
aimez seets

いや~~~、ジャイアントストアでも今発注して納品は

2月

だってさ・・・

忘れないように気をつけよう・・・

や、タイトルに大きな意味はないっす・・・

ジャイアントストア以外のショップへも行って、
AIMEZあるいはそれに類する自転車の情報をちょっと集めてました。

某ショップで話を聞いた店員さんは奥様も自転車に乗るそうで、
小柄だから選択肢がアンカーしかなかった、とか。
そしてやはりシマノの105を付けているとのことで。
その時「カンパニョーロだと指が届く可能性高いんですけど、

値段がね・・・(苦笑)」←そこ、すごく大事だし。

シマノの倍額以上だもんね、同じクラスで。

この店員さんはいろいろ、初心者の質問にも答えてくれて
「このレバーの固さはなんとかならないんですか?」と聞いたら
「ワイヤー調節だけでなく、ワイヤーそのものをいいものに変えると
引きが軽くなるというのはありますよ」と教えてくれた。
へー、そういうものなんだ。
覚えトコっと。
自転車ってつくづく値段なのね-。



さらに後日、別の某々ショップ。
なにかお探しかと聞かれたので、小さいサイズの店頭展示はあまりないねという会話から
「キャノンデールとかトレックは女性向きのサイズありますよ」
うん、たしかにトレック・ウーマンは知ってる。
でも高かったな・・・

ジャイアントのAIMEZはないかと聞いてくる女性客はいないの?と聞いたら
「そういう尋ね方をされた方はないですねー」と。
あまり情報が出回っていないのか??
納期を調べてみましょうかと言ってくれたのでお言葉に甘えた。

「お待たせしました。商品が入るのは
2月になりそうです

はい?
らいねんのにがつ?

「そうです」

あっ、そう。
プリウスよりはマシかな・・・

調べてくれたおにいちゃんにはお礼を言って店を出てきた。

もう一度、ジャイアントストアへ行ってみるか・・・

10月の三連休、お天気にも恵まれてまたしても浜名湖まで行ってきました。
その翌日は掛川花鳥園にも寄って(誕生月なので無料で入れるから)から帰宅。
浜名湖と花鳥園については後ほどアップするつもりです。

さて、今日の話題はGIANTの2012年モデルについて。

この時期、各自転車メーカーから新しいモデルが続々と発表されます。
(11年モデルがお買い得になる時期でもあーる)

そんなときに出てきたこの自転車

AIMEZ.jpg
GIANT AIMEZ
(ジャイアント エメ)

もーこれが身もだえするほど悩ましいデス。

まぁ、いずれはロードだよねと考えていたものの、
それは1年後くらいかなと漠然と思っていたんですよね。
でも一応下見として、自転車屋に行ったときはロードを触ったりして・・・
で、毎度感じたのが

ブレーキレバーが遠い&固い・・・


もっと手の大きい人仕様って感じ。
レバーが固い、これはブレーキワイヤーの調節でなんとかなると思うけど、
ブラケットとブレーキレバーの距離がありすぎて、指の先しかかからない。
つくづく『男寸法』だなぁと実感させられます、自転車は。

それと、ロードってタイヤサイズがちょっと細くて不安

23cといわれる細細のタイヤじゃなくて、
もちょっと太い・・・25cくらいのが最低でも欲しいワタシ。

これらの希望を購入後のカスタマイズでなんとか出来ないかな?
なんて考えてところに上記のAIMEZが登場。

カスタマイズ無しの完成車でその希望かなえます
しかもカーボンフレームでこの価格っ!
16万8000円(消費税込み)!!



フレームサイズ設定が小さめから展開してて
カーボンで16万8000円のロードバイク
ってだけでもちょっとオドロキなのに、
ここから先が憎らしいまでの設定なんだな~。



まず私が一番気にしていたハンドル回りのいろいろな不都合について。

AIMEZはハンドル幅は狭めの、
ドロップハンドルの特徴であるハンドルの曲がり部分も小ぶり。
でもって
シマノのティアグラを装備
SORAあたりを持ってこないトコがニクいよね。
事前に得た情報によると、シマノの105とティアグラは『シム(スペーサー)』という部品を噛ませることによって、
レバーをさらに手前に持ってくることができるんです。これは手の小さい女性には福音ですよー。
希望と予算があれば105に載せ替えだってだって出来そうじゃな~い?


タイヤは25cが標準で付いてる!なんて心強い!w
23cが付いているものを果たして25cに付け替えれるのかというところが問題なのですが、
店頭に並んでいる実物を見るにつけ「ブレーキやフォークとタイヤとのクリアランスがぎりぎりで無理っぽい・・・」
気がしてくるんですよ。←コレは後日解決。ワタシの予算で買えるクラスのロードだったら25cのタイヤ履けるそうです。

この点も見事にクリアしてます。

そして重さは8.6kg。
片手で持ち上げられるし、この軽さ(重さとは言わない・言えない)なら輪行もらっく楽♪
と想像できます。
あ、シートポストもカーボンだよーん。

その他にも、
<女性向きの商品展開=女性っぽさを意識したカラーリング=パステルカラー主体>
私はこの思考がキライでして、上記スペックが揃っていたとしても
パステルカラーでできていたらパスだかんね!と思ってました。
そしたら
ダークグレーがメインの、差し色のみ抑えたローズ系
なかなかシックじゃないですかぁ~!
(まだ現物にお目にかかってないから写真見ただけだけど)

企画した人の中に、「女性なら可愛らしい色でいいよね思考」に反発してる人がいたのかな。
で、GIANTのトレードマークのようなあのロゴも目立たないでしょ?
ダウンチューブに小文字で小振りに書かれてはいるんですよ。
そうと知らなかったら気がつかないくらいの控えめさ。

あとね、これはありがたいなと思ったんだけど、
クランクギアが3枚仕立て。
なんて至れり尽くせり!


普通ロードはクランクギアは2枚なんですよね。
で、後ろは9~10枚だから最高20段変速。
今乗っているビアンキ号はクランク(前)3段×後8段で24段変速。
24段フル活用することはありませんが、ごく希にクランクの
一番小さいギアを使わざるを得ない場面(要は急坂)があるんですよ~!
これを使えると、立ち漕ぎやダンシングができなくても
坂をなんとか登れるんです!
結論、2枚よりは3枚の方がBETTERだと思うのです。
それがすでに装着されているわけで。

それがあたかも

ここまで揃えましたがなにか?
まだ他の選択肢があるとでも?
他所でこれが出来ますか?


と胸を張られているように感じる・・・(^_^;)

実際、他メーカー他ブランドで、フレーム全体がカーボンで、
10万円台で手に入るものってないに等しいし、
あってもサイズ展開が大きい方向ばかりで選択できないし、
限られた予算の中でここまで揃えられていると他社では太刀打ちできない気がします。
このやり方はまるでト●タのようだ・・・(爆)


ただ・・・
私はGIANTを今の今まで考えに入れてなかっただけに、
ここまでされると反発心が起こるというかなんというか(笑)。
スミマセン、ヴィッツでもフィットでもなくC2を選ぶ性格なので許してください。

あ~~~~でもこの度は、この自転車界のト●タに負けそうな気がします。

てかもう半分くらい買う気になってるし(ぉぃ)。

二度目の「ハマイチ!」に挑戦しました。



えー、走ってるところの写真はありません。
夏とほぼ同じコースだし、やはり写真を撮る余裕はほとんどなし。
ま、季候が良かったので気持ちよかったですー。
だから自転車で走ってる人も沢山いました。

三ヶ日インター下りたらすぐに、土産物屋の駐車場で自転車を組み立てている集団がいたし、
(出発地点へ行くまでの)道路をすでに走っているライダーもちらほら。
今日の出発点は鷲津駅前のビジネスホテルなんですが、
そこにも自転車を組み立てている中高年集団が!
夏には私たちだけだったのに~(笑)
出発前に集合写真を撮ろうとしていたので手伝いました。ハイ、チーズ!


スタートから南下して今回は1号線を走る、こちらの方がうんと走りやすいです。
前回は苦労したな~。
弁天島あたりからの北上は前回と同じ。
違うのは、サイクリストが多いこと。
やっぱロードバイクで走ってる人がほとんどですね。
快適な季候の中、快調に北上。
ちょっと風がキツイか・・・

湖畔をテレテレ走り舘山寺に到着。
少し早いけどここで昼食、もちろんうなぎですよね~。

hamaiti2-1.jpg
早めに到着したつもりでもすでに待ちができてました。
ちょうど一巡目が食事中の感じですね。
んー・・・でも、「うずらや」戸隠のそばやさんに比べたら少ない少ない♪

1時間経たないうちに着席できた。
hamaiti2-2.jpg
スタンダードなうな丼を注文。

きたきた~♪ うな丼~♪
hamaiti2-3.jpg
そこそこ有名なお店のようなので、味もなかなか、お値段もなかなか。
美味しく頂きました。
ワタシ的には
・漬け物は守口漬け・奈良漬けでお願いしたいなー
・肝吸いにユズの香りが欲しかったなー
の2点が残念。


ここで行列してる間にも自転車でやって来る人多数。

うなぎ屋を出て浜名湖パルパルの裏手を通ったけど、ここはオススメしない。
海岸沿いは松の根っこがぼこぼこ出てるし、
パルパルの横は人が多いし。
真っ当に県道を走りましょう。

寸座の駅は少し高いところに建ってるので眺望がいいよ、と聞いてはいたけど
坂道を登る気になれず断念。
というのも昼過ぎから右の膝内側が痛くなってきて、徐々に漕ぐのが辛くなったから。
左膝は結果的になんともなくて済んだけど今度は右膝ですか。
なにがイカンのかなぁ・・・

しかし、このあたりでギブアップしても帰れないので
また根性で漕ぎ、だましだまし走る。
しまいにゃ痛くなってない左足で漕いでいるようなもんでした。
湖西市に入ればゴールは目の前なんですが、
ここから小さなアップダウンが続くんですよ、これがしんどいんだな。
でも乗り越えないと宿に帰れないので黙々と漕ぐ。

三ヶ日インターあたりをスタート地点にすると、
このアップダウンを朝一番に通っていくことになるので、
その方が楽と言えば楽かもしれない。
なるほど。

そんなことを考えている内になんとか鷲津駅に到着。
宿の駐車場にすべり込んで自転車を片付けました。
ひとっ風呂浴びたら夕食は駅前の居酒屋。
前回も行ったところです。
大きくない店とはいえ、私らが入ったときには2席しか空いておらず、
ウチらが入ってその後すぐに一組入って満席。
おそらくもう一巡するくらいの客を断っていたと思う。
たしかに食べ物旨い。
しかもそこそこ安い。
前回、鶏ちゃんこ(塩)が美味しかったのでまた注文しました。
そうそう、ポスターで見た「三ヶ日みかんハイボール」
これも美味しかったです。
気持ちよく酔って満腹になって宿へ戻りました。
ハマイチやるときゃ鷲津泊まりで決定ですね。
手頃な宿に美味しい食事ができれば満点ですわ~。

次はいつ頃チャレンジできるかなぁ~。



最新記事