このところぐぐっっっと冷え込みましたねぇ。
まさしく寒気の底、真冬という感じ。
私の私的予想では、ここ二週間くらいが冷え込みのピークで、
それを過ぎれば少しずつ暖かい日も増えてくる・・・といいなあー(棒読み)。

がんばろ(なにを)。


二度目の週末、今日も寒かったですねー。
でもちょこっとだけ自転車走らせました、17kmほど矢田川沿いにて。

先週イロイロ思ったことを確認する必要もありますから・・・



今日のAIMEZ
aimez28.jpgaimez29.jpg

サドルバッグ付けました。
ボトルケージ二つにしました。

このサドルバッグはちょっとイイかなと自画自賛。
細かい千鳥格子の生地です。
文字が再起反射素材です。
ボトルケージは左から取り出せるタイプのと普通のと。
プラスチックで軽いということを最優先なおかつ安いです。
どちらも1000円切ってます。
とりあえずはこれで間に合う、本当に欲しいものはゆっくり考える予定です。

矢田川沿いのこのコース伊吹おろしが通り抜けてます。
往きは追い風、帰りは向かい風。
プラス慣れない自転車プラス先週の疲れが残ってて、しんどいサイクリングになりました~。

そして・・・
やっぱりまだサドル不調。
前回より若干前下がりにしたのに、今日も同じトラブルに見舞われました。
前下がりにしての対応にも限度があるし、水平状態でトラブルが出ないサドルを選ぶことが大事だと思うんですよね。

そこで・・・

帰宅後、ビアンキに付けていたダムゼルをAIMEZに付けることにしました。
3月の最初に自転車イベントに行く予定でして、それまでにAIMEZを一応はまとめ上げたいんですね。
30kmちょっとのサイクリングイベントなんですが、快適に走りたいですからねぇ。
ダムゼルに付け替えて、その乗り心地を確かめられるのは次週かそのまた次の週末。
ここでもたついているワケにはいきません。

ダムゼルを外してきたので重さを量ってみます。
aimez24.jpg

次に、AIMEZに付いているサドルを外して量ってみます。
aimez25.jpg

おぉ、ダムゼルの方が少し軽いんだ。

並べてみます。
aimez26.jpg
大きさはたいして違いません。
いちばん幅広な部分だとダムゼルの方が少し細身です。
GIANTのサドルは白いラインで実物以上に引き締まって見えるのかも。
一番の違いはこの真ん中の穴ですよね。

土曜にホームセンターで水準器の手頃なのを買ってきました。
ss.jpg

AIMEZにダムゼルを付けてほぼ水平に合わせます。
これでトラブルが出なければいいし、出たら傾きで対応できるかを試せばいいな。
私の場合、サドルの位置はステム先端からサドルの後ろ端までを量って調整します。

取り付け終了~。
aimez27.jpg

AIMEZに付いていた白黒サドルはビアンキに付けておきました。

この結果はまた来週~(^-^)/

AIMEZ(“エメ”と読みます あいめず じゃないよ~)には、納車時にサイクルコンピュータをつけてもらってました。
特に場所も指定していなかったので、ステムに取り付けられてました。
それで、愛知池に走りに行った日、サイコンが動かなくて大焦り。
取説ないからどーにも手が打てませんでした・・・


このサイコン、自転車の動きが止まって15分経つとロックがかかるようになってます。
食事したりお茶したりしたら、次に走り出す前に背面の突起を押してロックを解除しないと動きません。
しかしこの隙間があまりにも小さいため、爪でも押せない。
aimez18.jpg
かといってステムの出っ張り部分にも引っかかっていそうで引っかかってないので、
いちいち台座から外して突起を押して再度台座に填めるという面倒なことに。

AIMEZのステム、7センチしかないのでサイコンが微妙にぴっちり収まってこーゆー状態になってます。
ぴっちりなだけに、台座から外すのも結構力が要るんです、あぁ面倒。
ビアンキ号は5センチのステムに付け替えたためサイコンすらつきませんw

チラッと「ハンドルバーに着け直す?」とか思いましたが、ロードバイクのハンドルってあまり着けるスペースが無いんですねバーテープが巻かれてて。
そこで、台座を持ち上げて隙間を作る作戦に出ました。


ステムにこうして2.5ミリほどのゴム・・・じゃなくて、耐震粘着シートとかいわれるもの。
ずいぶん前に買って一枚だけ残っていたので使ってみました。
aimez19.jpg
ステムに貼り付けます。

その上に台座部分を乗せて、結束バンドで止めます。
市販の結束バンドは短いので二本を繋げて使用。
aimez20.jpg

そしてサイコン本体を填めてみる。
粘着シートの厚みが3ミリくらいはあったのでだいぶ浮きましたね。
aimez21.jpg
素手だったら指で裏側の突起を押せました。
グローブをしたままで押せるかどうかは、う~~んビミョー。
位置的には僅かしか動いてないので、無線の受信状態は多分問題ないでしょう・・・たぶん。

サドルと同じく次のサイクリング時に検証してみることにします。
しかし寒気が入り込んできてしばらく寒いってよーーーー。
今しばらくが冷え込みのピークでしょうな。



この付け替えのために、相方に結束バンドを買ってきてもらったのですが、
もう一つ




これも買ってきてもらいました。
glip00.jpg
にぎにぎして鍛えるんだもんね。
今のはカウンター付いてるんだ?
けど、このカウンターのせいで職場の机の下でこっそりやろうという目論見は砕けた。

カウンターがカチカチいうんだもん、ちと無理。


おとなしく家で鍛えます、ハイ。

今はちょうどテニスの全豪オープンです。

そう、錦織クンがベスト8に入りましたね-。
すごいことです。
ま、これはあちこちで語られているので、こっちに置いといて。


WOWOWでリアルタイム放映しているのを見られるので、
ミックスダブルスを見ています。
伊達・錦織ペア。


スクールでゲーム形式の練習になるとミックスダブルスになるんですよね。
平日夜のクラスは成人男女ばかりです、しかも男性率高め。
ただ、まぁ、その、日頃運動不足の社会人がほとんどですから、推して知るべし。

伊達がインタビューで
「錦織クンがよく動いてくれるから、自分は深く深く(ストロークを入れる)を心がけていればよかったので楽だった」
というようなことを言ってました。
これすっご      く よくわかるw。

強いショットがなくても、よく走って拾ってくれる、要は守備範囲の広い人と組むといつのまにやらポイントを取れていたりして楽なのです。
逆にキビシイのは、ショットだけ強くて(しかも1本で決めようとして)足の動かない中高年男子。
「オンナの私より走らないってどーゆーことよ?」
って思っちゃう。
強く打ったらその分速く自分もしくはペアを組んでる人に返ってくるのがなんでわからんの?!
走れないんだから、早く返ってきたら取れないに決まってるじゃないの!
しかも相手が待ち構えている所に打ち込んでるし・・・

ま、走らないのはメタボってるからしかたないか・・・と思うようにしてマス。

イメージ的にはね、男性がコートの三分の二をカバーして、女性は半分をカバーする。
それくらいの割合差があると思います。


・・・あ、伊達・錦織ペア負けちゃったなー。
このペア、今後も組む可能性ってあるのかしら。
オリンピックとかなんとかって聞こえてきてるけど。
今回は組んだばっかだったから、ベテランには勝てなかったね。
でももう少しペアが馴染んできたらいいとこまでいけるかもね~。

おっと、夜更かししちゃった。
寝よ寝よ。

AIMEZのブレーキレバーを握りきれないという件。

体格の割に末端部分の小さい私としては、
身長161cmに対し、手首から中指の先までが17cm弱、靴のサイズ23cm
まずレバーにきちんと指が届ききっていないのが最大の敗因。
しかし、これ以上シムを噛ませることもできないようだし、
ホントはブラケットがもう少し小さいと助かるんだけど・・・
両手でレバーをにぎにぎしているうちにハタと気がついた。

右手ではそれなりに握れている。
ってことは左手の握力が足りないんじゃね?

そうなのだ、左手はテニスでは全くと言っていいほど力を入れない部位なのだ。
両手打ちバックとサーブトス以外はバランスを取るためにしか使ってないもんねー。

機械に「私に合わせろ」と言うのにも限度があるし、
一緒に過ごしていく以上こちらからも歩み寄らないと不公平じゃんね。
ってことで、私の体を機械に合わせることになりました・・・で握力強化、今日から。
とりあえずゴルフボールやテニスボールをにぎにぎ。



サドルが「うーん・・・」な件

昨日、ジャイアントストアに電話してヤグラの調節方法を聞いてみた。
いちいちショップに持っていくの面倒だし、そんな難しい事じゃなさそうだし・・・

想像していたとおり、ヤグラに付いている上向きのネジをヘキサレンチで緩めてから、
下向きのネジで前下がりを調節し、もう一度上向きネジを締めて調節するという。
帰宅してネコを黙らせて(お腹がふくれると黙る三匹)作業開始。
そういやウチ水準器ないんだった・・・
デジイチ用のでも良いから買っておくべきだなぁ。

説明通りにヘキサレンチで緩めると 動く動く。
目測ではあるが水平~先端がわずかに前下がりくらいで締めてみた。
すると前がわずかに持ち上がったので、もう一度やり直し。
数度締め直して作業終了。

この角度でいいんじゃね?

と行きますかどうか。
次の休みにわかるかな。



防御が甘かった件

日曜に愛知池周回して、帰ってきたら日焼けしてた。
日焼け止め?もちろん塗っていきましたよ。
夏に使っていたものを同じように。

午前中は曇りだったものの昼前から晴れてきて、それで出かけたんだけど
まさか1月に日焼けするとは。
あ、気温もわりと高かったし、きちんと晴れてたし

ひょっとして、春は来てるんじゃね?

や、ホントに。
寒い日は寒くて「冬~」って感じだけど、時たま出現する「日差しがあって風もなくて気温高めの日」ってのはもう春なんじゃないかと。
そしてすでに紫外線は感じているよりたっぷり出ているんじゃないかと。
次回からは塗り直し用にちゃんと持って出ます、ハイ。



AIMEZを迎えて初めての週末、土曜は雨でしたが日曜は回復したのでさっそく・・・


愛知池周回だぁ~!


愛知池に行くには一般の道を通らねばなりません。
AIMEZで一般道を走るのは・・・初めてか。
どんなことになるかな・・・どきどき。

実は、ブレーキレバーを納得いくようにしっかり握ることがまだできません(爆)。
ガツンと握れないのでフルブレーキがかけられないと思っているから、一般的な道では緊張しまくりです。
乗車姿勢も変わってしまっているので、体のあちこちが緊張感バリバリ(笑)
自分でも笑っちゃうくらい緊張してるのがわかるのよね。

ただ、自転車そのものが軽いことで取り回しが楽な分はプラスになってるかな。
相方が言うには「出だしが速くなった」そうで。

今日はトータル37kmほど走りました。
体中カチコチです。
明日は久しぶりにスポーツマッサージ受けてこないとダメそうです。
今(20時過ぎ)、左右のお尻全体がパンパン、そこから前にぐるっと回ってきた脚の付け根のあたりまでが張って痛いです。
あっ、ハムストリングスも痛いや。
走ってる最中から上腕の下側痛かったし、腰もちょっと無理が来てた。
降りてから大腿四頭筋にキテるのもわかった。
要するに

また体作り直しですね・・・ハイ。
わかってます、走ってるときからわかってたモン。

12月から怠けてたもんね、ケッタ通勤。
体鈍ってても当たり前だよね・・・

通勤にはAIMEZを使えないので(まだしばらく自転車で出勤するともりはないし)、
土日にせっせと走るしかないかー。
3月は早々にイベントあるんだし。



で、

やっぱりさどるが
どーも「うーん」て
感じなんだ よー!


と。

今日も「不調のサドル」だったんで、なにがダムゼルと違うのかを考えてた。
そういや、今のサドルには
「真ん中の穴」
がない。
これが影響している?
そんな気がしないでもない。
ま、まだ50km弱しか乗ってないのでもうちょっと様子は見ますが・・・
そうそう、座骨あたりは全く痛くならないので、その点は問題ないんだけどね。

自転車の雑誌を買ったら、春先開催のイベント・レースなどの
告知広告がやたら目につきました。
その中で

 ぐるっと浜名湖ツーリズム

 ゆるゆる遠州ロングライド&ガイドライド

 奥浜名湖ちゃり天 新東名自転車散歩

 市民サイクルパラダイスinモリコロパーク(3/31開催)

あたりが目を引いた。
ウチからも近く、レースではないので敷居が低い。
ただ、3月って相方も私も忙しい時期で時間が取りづらい(特に前半半月)。
2人で検討した結果、まずは「奥浜名湖ちゃり天・・・」に申し込むことにした。

また高速道路上だよ・・・

コース概略をみると

また緩やかな上り下りしかないコースだよ・・・

それでも、邪魔するものがなく路面のコンディションがよい道路での走行はそれなりに得難いものもあるので、
しかもエントリーフィーお手頃だし、距離も短いし。
日曜開催ならまず参加できるだろうとも思うし。

今回はAIMEZでの参加になるので完走できる距離から手始めに。
二度も高速道路を走れるとは思わなかったなー。
それとすでに春以降のイベント募集が始まってるのね・・・油断ならないわ。


とうとうこの日がやってきたのです。
そう、



aimez01.jpg
AIMEZ 見参!!



生まれて初めてのロードバイク

というか

ドロップハンドル!


何はともあれ、細部を見ていきましょうかね・・・
どうせ乗り味のインプレなんて出来ないしさ

それじゃまずタイヤから。
aimez02.jpg
ハイ、ご覧の通りミシュランのリチオン2を履いてますね-。
25cなのでやや安心の太さ。
標準で付いていたタイヤは持ち帰ってきました。
もしかしたら相方のGLIDE R3に第二のタイヤ生を見つけられるかも。

次、クランクあたりとスプロケット。
aimez03.jpgaimez04.jpg
前が3枚
後ろがなんと10枚!
って言ったら「伊吹山(ヒルクライム。春先に開催される)出とけ!」と相方に言われたっすー。

ペダルはというと
aimez05.jpg
ディズナの片面SPDを選択。
普通ここではシマノを選びそうなモンですが、そこはそれC2を選ぶような性格なので、
というか、コンポがぜーんぶシマノでペダルまでシマノ・・・ってなんか無難すぎてヤだなと。
オモシロイ形をしていたディズナをチョイス。
今すぐビンディングを使うわけじゃないですが「いずれは」とも思ってるので、
でもって、「ビンディングペダル+付けたばっか=立ちゴケ」てのも沢山聞いてるので、
マルチリリース(多方向に抜くことが出来る)の可能なSPDを・・・というわけ。
ま、でも、靴も結構お金かかるのでまだ先の話だな・・・

あっ、スタンドがない!
aimez06.jpg
そーなんですよねぇ、ロードバイクのさだめとはいえちょっと不便に思ってます。


写真ではわかりにくいですが、シートポストの形が円じゃないです。
aimez07.jpg
空気抵抗を考えてのことだそうですが、専用のリアライトでないと取り付けられません。
これは専用のライト。

私との接点『サドル』は標準のもののまま。
aimez08.jpg
今使ってるTerryのダムゼルフライがなかなかイイので、付け替えることも考えました。
ただ、自転車が別物になるのではたしてダムゼルがこちらでも通用するかどうか未知数だし、
このサドルも女性向きな造りになっているということでもあったので、
しばらく使ってみてからゆっくり考えようという結論に達しました。
ダムゼルじゃない女性用サドルも視野に入れておきたいしねー。

乗り手から見てるとここが目立つ!
aimez09.jpg
トップチューブ。
こんなトコにもロゴ。
aimez11.jpg
意外とトップチューブ派手です(笑)。

対してダウンチューブにはトレードマークのようなあの、あの、


GIANTの大きなロゴがない!


ロゴはこんな風に小さく小文字~
aimez10.jpg
色も目立たないので通りすがりだとGIANTの自転車だとは思わないんじゃないかな。

このカラーリングといい、デザインといい、GIANTらしくない!ということで
そこがイイとかイマイチだとか、人によって評価が分かれているようです。

さて、ぐるっと一周してきてハンドル付近。
aimez12.jpg
こんなトコも独自のテープで。

そしてここが標準仕様とは違うのです。
じゃーん!
aimez13.jpg

アウターが白いでしょ?

じつわ、シフトもブレーキも、ワイヤーはDura-Aceに取り替え済み。
とある自転車ショップで仕入れた情報を実行してみました。
アウターの色が選べるというので、バーテープと同じ白にしてみました(標準は黒のアウター)。
ホントは、Dura-AceじゃなくてGOREのRide-onを付けたいなーって考えてました。だけど、どういう製品か(価格に見合うだけのものなのか、自分の使い方に合っているか)が今ひとつ解らなかったので、純正品を選択しました。その後に「サードパーティ製でも優れた逸品」らしいと解ったので、引き続きウィッシュリストに載せてありますw

aimez15.jpg
で、それに合わせてサイクルコンピューターも白で。
ビアンキ号にはサイクルコンピューターを(結果的に)付けてなくて、
総走行距離が不明のままなので、今回は最初から乗せるつもりでいました。
が、製品が多くて機能差もネットで見てるだけでは全然わからん!
それでストアの人に「私はこーゆーコトが絶対したくて、こういうコトは出来ればしたいな、
あるとイイかもなと思ってる」と相談したら、これを勧められました。
ケイデンスやハートレートは、それを必要とするようになったらまた考えよう。

これは、ショップの人の心遣いなのだろうか・・・エンドキャップの色がお揃い。
aimez14.jpg

試しにバックミラーを付けてみた。
aimez16.jpg

ハンドルバーとブレーキレバーの間がかなり狭いです、シムを噛ませてあるからです。
aimez17.jpg


で。
引き取ってころりん号に積んで、即 愛知池へ行って走ってみました。

まず一言、速いような気がする

そうとしか表現できないんだけど・・・池一周があっという間だったしー。

それから、お腹と太腿の距離が近くなった。
これは乗車姿勢が変わったからとわかる。
かなり前傾姿勢が強くなった感あるもん。
サドルが硬い、サドルそのものが硬いと思う。
やっぱダムゼルにしようかなぁ。
ビアンキ号と比べると、まるで「普通のソフトコンタクトレンズをワンディタイプの薄いソフトコンタクトに変えたみたい」。
え?そんな例え、わけわからん?
コンタクト着けない人にはわからないかー。

とりあえずチャカチャカと15kmほど走って感じたのはそんなとこでした。

そうかー、私もいよいよロード乗りかぁ~。

さて、タイヤが届いたので、土曜はお昼頃にジャイアントストアへ。
久しぶりの店内には人が沢山・・・てほどじゃないけど、
どうやら自転車を受け取りに来た人が何組かいる模様。

その人たちが去るのを待って、担当に人にタイヤ一式を渡した。
ついでに取り付ける小物の相談をして、引き取りの日取りも決めて帰って来た。

小物の色を決めるときに
「まだ現物見たこと無いからなー」
(どこの店頭にも並んでなくて、見たことある人はかなり少ないんじゃないでしょうか)
って言ったら、箱から出して見せてくれた。
フレームにハンドルとホイールを付けただけの7分組みの状態だったけど、
色合いは解った。
写真では真横からしか見えないのでグレーの部分が強調されてるが、
サドルに跨った視線からだと差し色のローズ(トップチューブの上面一杯がローズ色でAIMEZのロゴ入り)が目立つ目立つ。
結局小物は白いものを選んで、あとはボトルケージを選んで終了。
ティアグラに噛ませるシム(スペーサー)は最大でお願いしておいた。

組み上がって引き取りに行けるようになるのは次週の真ん中くらいとのこと。
どんな感じに出来上がるのかなぁ~(カタログ通りの色合いでは無くなるのでちょっと楽しみでもある)

今日、届きました。
週末に間に合ったよ~~~ん。

lithion2.jpg
AIMEZに履かせるタイヤとチューブ。

そう、最初からタイヤを交換してしまいます。
速かれ遅かれ、私ならやることだから最初からやっちまおうと。
(スタンダードな状態で乗ってしばらくしてから手を入れるという考え方もあります)
AIMEZに付いているのはワイヤービードのものと聞いているので、
とっととケプラービードのものと交換です(軽いから)。

シュワルベのタイヤも候補に入れていたんですが、使った人の口コミで
ミシュラン・リチオンは総じて評価が高く、マイナス面をあげた人も少なかった。
耐久性と快適性と価格のバランスが私にはちょうどいいかなという判断でこれを選びました。
チューブについては同じメーカーのものを選んでおけば無難かなと。

ちなみに、ビアンキ号にはミシュランのタイヤにシュワルベの軽量チューブを入れてあります。

あ、私が履いているタイヤはこれでぜーんぶミシュランだ・・・(C2もミシュラン履いてる)
ミシュランばんさい!


ということで明日はこれらをジャイアントストアに持って行く予定です。

休みのうちにAmazonでタイヤとチューブと簡易スタンドを注文した。
一週間もかからず届くと思われるので、次にするのはAIMEZ置き場の捻出。
アタマの中にイメージは出来ているので、とにもかくにも先ずはお片付け。
今日は早く帰って来られたのでさっさと食事を済ませてお片付け開始。

燃えるゴミの袋と大きいカッターナイフと掃除機を用意。
置きっぱなしだった段ボールを解体・小さく切りつつ掃除機がけ。
要らないモノを片っ端からゴミ袋へ放り込み・・・
シュレッダーをばりばりかけて・・・
作りたいスペースの半分くらいが空いた・・・
ゴミ袋は4つ出来た。
疲れた~。


まだ先は長い・・・

昨日に続き、今日もサイクリング。

いえね・・・案の定体重が増えたのよ、年始に発覚したんだけどさ。
11月のふじのくにサイクリングが終わってから、気が抜けたように乗る気が薄れてしまってねー。
まぁ今年の目標としていたイベントが終わって何もなくなってしまったし、
12月から急に寒くなって一気に乗る気がしぼんだから運動量が減ったもんね。
そこへもってきて年末年始(要はご馳走が並ぶ期間)。
1.5kgほど増えてました。あちゃー。

日常生活だけなら1.5kgほどの増加はなんと言うこともなく、気づかないでいてもおかしくないです。
が、テニスをやってると1kgの増加が足腰に与える影響は無視できないんですよー。
途端に体が重くキレが悪くなるし、足腰には増えた分の5~6倍負担が増えるといわれてます。
故障しないようにとっとと増えた分を落とさないと、ケガに繋がりそうでコワイのです。


仕事が始まっているので、食生活は普段通りに戻りつつある。
あとは運動量をちょっと増やすこと。
でも、日の出が7時過ぎになってきたのでケッタ通勤にはまだキビシイ。
だから天気の良さげな休日は走りに行くことで運動量確保。

今日は、愛知池までの往復と愛知池2周で計34kmほど。



aiike.jpg

正月初乗りで来たときと違って、ランナーが多かった。
散歩している人もそこそこいましたね。
愛知池は速く走れない所なので、のんびりぐるぐる2周してみました。

帰り道にある上品な喫茶店でコーヒー飲んで、少ししてからラーメン食べて。
この二日間は私にとっては正月より充実した休みでしたねー。

新しい自転車がきたらそれに慣れるための練習も必要なので、
天気のよい日を逃さず慣れたコースを走りたいと思うのでありました~。

正月気分が抜けきらないうちに配置されたこの三連休。
今日は矢田川沿いを走ってきた。

今日のコース。


相方が事前に下見・・・といっても車の中からだけど、一応河川敷を走れるのは確認済み。
でも詳細はわからないので半分は行き当たりばったりの探検モードでスタート。
所々来た道を戻っていたり変な方向に移動していたりするのは、
道が無くなって引き返したり、階段を上ったり下りたりしているから。
決して軽くない自転車なので、抱えて階段を上下するのは楽じゃないけど、
それも結構楽しかった。

天気もよかったし、気温も9℃くらいはあったので往きは快適で汗もかいた。
帰りは向かい風だったので先頭を走る相方が大変だったみたい。
(アタシはでっかい風よけがあったワケだから楽できた)

川沿いコースなので大きな起伏はないし、冬だからか人も少なくて走りやすい場所でした。
同じく川沿いの天白川と比べると、矢田川沿いはほとんど信号を渡らないのが特徴かなぁ。
天白川はどうしても数カ所で一般道を走って信号を渡り、また河川敷へ戻る必要があるけど、
矢田川沿いはそれがほとんど無い。
また、河川敷と堤防上を行き来するための坂(道)が長くてなだらか。
天白川の倍くらいはあるでしょうか。
河川敷に作られている遊歩道の幅自体は一部を除き、天白川の方が少々広めだと思う。
昨秋の台風禍により、矢田川も天白川も河川敷が水没してますが、
その後片付け・・・遊歩道上の砂などは天白川の方がきれいに片付いていたように思う。
とはいえ今冬、天白川河川敷は改修のため通行止めになってるのでリアルタイム比較ではないっす。

yada.jpg
帰りの途中、中休憩中の自転車と相方w


さて、今日の走行距離は34km程度。
途中休憩も含めて、3.5時間ちょっとだったのでちょうど時速10kmくらい。
のんびりペースでしたね。
途中で河川敷から出てドトールでコーヒー飲んで休んでたし。

矢田川の右岸と左岸を走ってみて、左岸の方が道は整っていたので、今後は左岸を利用することになると思う。
また、このへんは庄内川も流れてるのでそちらも探検してみたいと思っております。

ケッタ終了後は決まってラーメンを食べに行くデス。
真夏に一度「水分でお腹が冷えたしお腹空いたからラーメン食べたい!」と言って食べに行ってから、サイクリング後のラーメンは必須アイテム。
もう一つの必須アイテムがお風呂屋さん。
ちょうど近くに『喜多の湯』があるので寄った。
これが・・・期待はずれだった~~。
何カ所もお風呂屋さんへは行ったけど、湯船に入るスペースが見つからないという経験は初めて。
客に対して湯船がどれも小さい!
湯船の中で脚が伸ばせなかったなんてここだけだよ。
ゆったり出来ない風呂なんて意味がないから必要最低限のことだけ済ませてさっさと出てきた。
ここへは二度と行かない、行く意味がない。

矢田川コースはなかなかイイねという評価で相方とも一致した。


このコースに出かける前、車から自転車を取り出す準備をしてたときに、
ジャイアントストアから連絡があって

AIMEZが予想外に早くショップに入りました。
そこでいつでも組み上げに取りかかれますが
どうしましょう?


という、ウレシイような困るような電話だったのデス。
一ヶ月も早まったおかげで、組み上げ時に交換してもらう予定のタイヤとチューブをまだ手配してません。
サイクルコンピュータも付けたいと思っているけど、これまた機種を絞り込めていない。
そのことは発注したときにショップに伝えてあるので、向こうも心得ていて
じゃ、それらの手配が済んだらこちらにもってきて下さい。
それから組み上げにかかります。

と言ってくれて助かりました。
他の方のAIMEZを先に組んで納車してあげて下さい、私はもうちょっとあとで良いです・・・


そんなわけで、ロード乗りになれる日がちょっとだけ繰り上がりそうです。




あ・・・ でも、家の中片付けないと
AIMEZを置く場所がない・・・


2012osechi.jpg
今年のおせちはセブンイレブンにて。
美味しかったデスよ、薄味で。
黒豆と数の子は足りないだろうと思い買い足しました。

雑煮とおせちを食べてから初乗りへ出かけました。
愛知池までの往復+愛知池一周で26kmと少し。
去年は自転車を買ったばかりだったので、初乗りは松の内ではなく月末近くだったかな。
一年前といえば、20km走るのも大変だったっけなぁ。
自転車で出かけるとなれば、すっごくすっごく緊張してたし。
(今でも若干緊張するようです。お通じにあらわれるw)

某著に書かれていたプロライダーの言葉、
「歩くのに緊張する人はいないだろ?(僕たちは)歩くように自転車に乗れるんだ」

そういえば私もテニスするときは緊張しない、集中はするけど緊張はしません。
ゲーム形式になったときにはゲームに対する緊張があるけど、
それを集中に変える術さえ身につけているくらい慣れているっけ。
かれこれ30年以上ラケット握っていれば当たり前のようなこと。

自転車も乗った時間と距離に応じて慣れてくるものだと信じて、
(技術的上達には限界があるのは解っているので、せめて慣れだけでも)
丸一年せっせと乗った甲斐があったようですね。
26km乗って帰って来て「あー、気持ちよかった」って思えるようになった。

人間って不思議で面白いモノで、
(1)あのクソ暑い中でのサイクリングを知ったあとだと秋冬のサイクリングが不完全燃焼に感じる
(2)100km走る感触を知ると、20~30kmがあっという間の距離に感じる
ようになりました。
(1)については相方も同じことを感じていて、季候がよくなってからのサイクリングはナンかどこか不完全燃焼のように感じてしまうよねと話すことしきり。
汗だくでヘトヘトにならないと走った気がしないというのはいいんだか悪いんだか。

2日は風が強くて寒かったので家の中でのんびり過ごして、
3日はテニススクールへ行って初打ちしました。
さすがに三が日中だとくる人も少なくて、同じ時間帯にある一クラスは誰も来なくて休講でした。
しかも受講クラスのコーチも代理コーチ(なかなか良いコーチだったのでOK)。
年末から体を動かしていなかったので慣らし程度のつもりで行ったのに、
初めてのコーチのレッスンはなかなかハードでした。
でもって、自転車でせっせと走って帰っている自分を
「私ってゆっくり走れない人なんだなぁ」
とあらためて実感しました。
まだその境地には達していないようですね~(^_^;)
また2012年も精進したいと思います。

忘れないうちに年末年始の過ごし方メモ。

27日は、相方の会社の社長さんご家族とプチ忘年会。
社長さんは以前から顔見知りではあったのですが、
2011年、地元の自衛隊イベントに中学生の息子さんとも一緒に行ったこともあり、
お誘いを受けてタイ料理をごちそうになりました。
タイ料理って、辛くて酸っぱくてなおかつ甘いという
なんとも不思議な味付けに、プラス馴染みのない香草。
無難な線でメニュー選択してもらったとは思いますが、
「おいしーい!」と言うにはもう少し修行が必要かなという感想でありました。

28日は仕事納め。
例年通り納会を済ませ、その後2時間ほど仕事してから帰って来ました。

29日は支払いのチェックのためのみ出社。
その後はこれまた例年通り、渋温泉へGO。
渋に行く前に長野へ寄って、戸隠中社とうずら家さんで蕎麦を賞味。
長野市内に雪が無くても戸隠へ上がると雪たっぷり。

toga01.jpg
今年はうずら家さんで並ぶこともなく入店。
こんなこと滅多にないですよ。

toga02.jpg toga03.jpg
注文はそばがきと、定番ざるそばと天ぷら。
久しぶりに食べたけどやっぱり旨いわ~~~~。

toga04.jpg
中社へ行く途中で発見、誰が描いたのかやさしいお顔。

toga05.jpg
何気なく撮ったんだけどちょっといい感じ?

toga06.jpg
中社の右手にこんな建物が出来てました。
せっかくなので拝観、なかなか興味深かったです。
出来たばかりの建物らしく檜の匂いがぷんぷん。
無礼者の私は「お風呂屋さんのニオイだ~」とか言ってました。

お参りを済ませたら渋温泉へ向かいます。
ここからはものの30kmほどで、その気になれば自転車でもたどり着ける距離ですね。
お宿は常宿『玉久』さん。
toga07.jpg
コタツですね~~~、この時期はこれが楽しみ。(コタツ代1200円取られるけどね)
我が家はコタツを出さないので、玉久さんのコタツはとても新鮮。

toga08.jpg
女将特製の野沢菜漬け、無論自家製・低農薬(もしくは無農薬)。
塩漬けかと思っていたら味噌で漬けてあるんだそうでびっくり!
漬かりきってないので
シャキシャキしてて
すんごーーーく美味!

こういう食感はここでないと食べられませんね!
温泉まんじゅうそっちのけで、お茶入れて野沢菜をほおばる私たち。
食べ終わるまではお風呂に行けませんw。

このあとちょっとしたハプニングを経て、外湯巡り4カ所。
夕食食べてお酒飲んで、部屋のコタツでゴロゴロして、
は~~~~極楽極楽♪ 休みに入ったなーと実感します。
一泊なのが残念です。

30日。
帰り道はこれまたいつも通り、
道の駅でリンゴを箱買い、野菜を少々購入。
長野の善光寺へ寄って、おびんづるさまを撫でてお参りして、
インターの手前にある『峠の釜めし おぎのや」で釜飯二つ買って、
名古屋へ戻ってきます。

この行程も今回で3年目だけど、全然飽きてません。
来年もこれでいいし、
もう一泊出来るといいなと思います。
(聞いてる?>相方)
高速道路1000円が終わってから渋まで行けることが減ったので、
2012年は季候がよいときに自転車かついで行ってみたいと思います。
(長野県って、川沿いは比較的なだらかということを発見した)

写真はすべてiPhoneで撮影

あけまして
おめでとうございます
2012年もよろしくお願いいたします



すごく普通に年明けしたなと思っていたら、
いきなり地震速報でした。(新潟県が震源地)
今年最初に受信した情報が地震だなんて・・・

もう地球にはおとなしくしていてもらいたいものです・・・



最新記事