上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月は   忙しいです(*_*;)
毎年同じことを言ってるような気もするけど、まぁた忙しいっすー。

月の前半は決算作業で忙しい、でもって今年は後半も監査が入ったために
その準備で大わらわ。
月次の仕事などそっちのけで準備です。
久々に残業の多い月になったことで、疲れが溜まってしまいました。
そこで今日はまた「一回休み」としました。

自転車には乗らないと決めたけど、天気はよかったので(風は強かった)
ベランダで猫のトイレを洗いました。
まだ水は冷たいなー。


うちには猫が3匹います。

neko11.jpg
↑長男:コタ

neko13.jpg
↑長女:ハナ(コタの奥にいるしましまの子)

neko12.jpg
↑末っ子:ソバ

コタとハナは兄妹で、里親募集を経てうちへ来た子。
ソバは私が見つけて保護してそのままうちの子になった子。
2003~2004年生まれの子なので、9歳くらいです。
みんな元気で助かってます。

猫っていうと
「なに考えてるかわからない」とか
「愛想がない」とか
「身勝手そう」とか
マイナスイメージの多い生き物だと思われがちですが、飼い猫は違いますね。
私も猫を飼ったのは初めてなので、以前はそういうイメージを抱いてました。
でも実際に飼ってみたら、個性があって面白いわ、でら甘ったれだわ、程良く身勝手だわで飽きません。

それぞれ大きさも違うし、手触りも全く違います。
いちばんしっとりしているのはソバだけど、手触りがよいのはコタ。
ハナは意外と硬い毛をしています。
マタタビで最もフィーバーできるのはソバ、ハナとコタはさほどでもない。
コタとソバは隙あらば膝に飛び乗ってくるけど、ハナはお伺いを立ててから乗ってくる。

猫は、子猫の時にトイレの場所を覚えさせればあとは躾のようなものはいりません。
散歩の必要もないので、共稼ぎでも大丈夫。
複数飼いをすることでお留守番中もさびしくない。

大人ふたり住まいではなにかと殺伐となりがちですが、猫がいてくれることで和ませてもらえて助かってます。
スポンサーサイト

一昨日の日曜、なんともスッキリしない天気で乗れなかったので、今日はしっかり乗ってきました44km。
風は強かったけれど寒くはなく、もし風がなかったらしっかり汗をかくような天気でした。
今は帰宅後のお風呂も済んで、飲み切れなかったBCAAすすりながらブログを書いてます。

寒くはないと言えど風で体は冷えたので、帰宅後は速やかにお風呂へ。
こうすることで早く疲れを取ることができます。

先週から、ちょっと仕事が忙しいこともありふくらはぎが浮腫んでパンパンしてました。
でもさっきお風呂に入ってふくらはぎを触ってみたら見事にたるたる。
それなりに足は疲れてますが、乳酸溜まってパンパンというほどでもないし、
浮腫などはきれいに無くなってます。
これがイイのよね、自転車は。
見事なまでに頑固な私の脚の浮腫を取り去ってくれるんだもの。


・・・太腿の前と後ろはそれなりに筋肉痛です・・・



今日のタイトルの
いい筋肉は柔らかい
というのは、ケッズのトレーナーさんから聞いた言葉です。
私の認識を大きく覆してくれた大切な言葉なんです。

私はずっと「運動できる人っていうのは固くて力のある筋肉を持っているんだ」と思ってました。
よく「わぁ!かたーい」とか言って腹筋を触るシーンとかあるでしょ?
ああいうもんだと思っていたんですよ。

そしたらそのトレーナーさんが
「いい筋肉は柔らかいんですよ」
と言ったんですね。

もうこれは目から鱗でした。
やみくもに固いわけじゃないんだ、柔らかいことは悪いコトじゃないんだと。
実際このトレーナーさんに
「股関節の可動域が運動可能範囲を決定するってテニスのコーチが言ってたから、
私ももうちょっと動けるようになりたい」なんて要望を出した時、
「わかりました!ボールひとつ分、いや二つ分くらい遠くまで届くようにしましょう(^^)」
って股関節を緩めるマッサージを中心に施術してもらったその日に、
スクールで今までにないくらい体が動いた上に、届かないかな?と思ったボールも
返球できた事実があったんで、テニスコーチが言ったこともホントなら
トレーナーさんの腕も本物だなと感じたんです。
その後もいろいろとストレッチやケアの仕方を教えてくれて、
すごく信頼していた人だったので、その言葉がすっと入ってきたんですよね。

以後、鍛えるよりは柔らかくすることに熱心になり、ストレッチには結構重きを置いています。
もともと柔軟性が高い方ではあるんですが、歳も歳ですしケガしたら回復が遅いですから
ケガ・故障をしない体を作ることを心がけてます。
昨夏経験した膝の痛みはあらためてケガ・故障を、しない・長引かせない事の大切さを教えてくれました。

今は違う方にマッサージしてもらっていますが、いつも同じ人でお願いするので、
私の体や動きのクセも把握してもらっていて安心してお任せできるのが心強いです。
どうしても自前のストレッチだけではほぐしきれない場所の緊張や疲れが残るため、
プロの腕は欠かせません。
プロの手にかかるとパンパンになっていた筋肉もたるたるになるんです!
疲れの残っていない筋肉はたるたる、それが今の私の指標です。




今日の44kmは愛知池コース。
自宅発、愛知池を周回して帰宅するというスタンダードなコースです。
相方はあまりこのコース好きじゃないようで(平凡だから?)、今日は私ひとりで心置きなく走ってきました。

今日のAIMEZ
aimez58.jpg
特に変化なし。
今さらですが、シートの真下のボトルケージに24オンスのドリンクボトルは入らないとわかりました。
もう一つ小さいボトルなら入るのでした・・・
フレームが小さいとはこういうことか。

愛知池、というかその往復の道も、人出はさほどでもなかったです。
天気がいいから愛知池周回きっと混んでるだろうと思ってたんですが、
少ない人出の中で割合が高かったのはランナーかな。
あと犬の散歩してる人。
自転車で走ってる人は少なかったです。
お彼岸の中日だとか、卒業シーズンだとか、春休みだとかが影響してたのかもね。



愛知池は飛ばせるコースじゃないのでほどほどゆっくり3周しました。
たしかに、高低差もないし景色は同じだしガシガシ走れるわけでもなく、
面白味には欠けるコースかもしれませんが、私は結構好きです。
なんというか「自習室」みたいな位置づけで。
程良く現れる障害物をかわしながら、ペダルに乗っている足の位置を考えたり、
ハンドルの握り方をあれこれ変えてみたり、ペダルの踏み方・回し方を考えたりと
「自習」するにはちょうどいいコースなんですね。
一般道ではその前に注意を払わなければならないものが山のようにありますから。

で、今日はぐるぐる3周して、コースの途中にある喫茶店にもちゃんと寄って帰ってきました。
ここ、落ち着けるんで好きです♪
こっちへ走ってきた時は必ず寄るので、そろそろ顔を覚えてもらえたようです。
今日は土日じゃなかったためか、コーヒーにパンケーキが付いてきました。
cafe.jpg
そういえば店内もかなり混んでいてちょっとびっくり。
いつもは数組しかいないんですけどねぇ。
平日の午後は(ご近所さんで)こんな感じなのかな?

このパンケーキがねぇ~
自転車に乗った体には美味しいんだわ~~~!
も、すっごく美味しかったデス。
自転車のいいとこはこういうトコよね、食事がうまいっ!
(これを我が家では「自転車腹」といふ)

帰り道は向かい風と戦ってヘトヘト。
さすがに30kmを越えると「今日はちょっと走ったな」という気になれますね。平坦路の場合ね
体にもそこそこ疲れとか筋肉の張りとかあっていい感じです。
30kmに満たないと「腹八分目」って感じで、帰ってきてから満足感が少ないです。
今年は、ロードバイクという機械を利用して「腹八分目」のキャパを拡大し、
「ちょっと走ったな」のレベルを上げたいなーと思ってます。



あー、今日は酒がうまいっ!≧(´▽`)≦

土曜は一日雨だと思っていたから、終日ノンビリしてました。
で、日曜は天気回復すると思ってました。

私はiPhoneアプリのウェザーニュースを活用しています。
いろんな情報が拾える上に、天気の予想がいい確率で当たるから。
あと、風力の予報があってこれが自転車に乗る予定を立てるのに役立ってます。

しかし、今日の日曜は予報ハズレまくりでした。

朝方に上がるはずの雨は昼近くまで残り、午後には晴れるはずの天気がほとんど陽がささず、
夕方になってもアスファルトが乾かないので、自転車の乗るのは諦めました。
いやまぁ、午後になってすぐ
「今日は無理だな」
と思ったんですが、そう思っていてもどこかで可能性を探っているんですよねー。
諦めつつもなんかじりじりしちゃって落ち着きませんでした。

ほんとに「一回休み」の週末だったなぁ。

そのかわり、録画した『パリ~ニース」は見終わったのと、録画放映された
「ツアー・オブ・カタール」
「ツアー・オブ・オマーン」
をさらっと見ることができました。

DVDのツール・ド・フランスを見た時は、ヨーロッパの景色の美しさに惚れ惚れし、
パリ~ニースを見た時は早春の田園風景にこれまたため息をつき、
カタールのオレンジ色の砂漠にはびっくりし、
オマーンの木が生えていない山には違和感を抱き、
レースそのものはゴール前のスプリントに思わず熱くなりw。
それなりに中身の濃い休日ではありました。

明日は仕事だけど明後日はまた休日。
そのあたりでは自転車に乗りたいもんです。
ってか、乗れ<自分。


んー・・・ 雨ですねぇ~。

今日一日しっかり降るようなので家の中でおとなしくしてます。
毎年3月前半は決算業務でバタバタなので、疲れもそれなりに溜まります。
このところ「なんとなくだるい」日が多いので、また(血液中の)鉄分が少なくなってきているのかもしれません。
そろそろ血液検査しとかないかんかなー。
運動する人には貧血は大敵ですもんね。


で、今日はAIMEZネタがないので、周辺ネタ。


昨年末から年初にかけて、iPhoneアプリの『なめこ』にはまってました。
指でひゅゅゅゅゅ~~ってなめこを刈り取るのが、えもいわれず快感なのです。
いろんな種類のなめこが生えてきて図鑑が少しずつ埋まっていきます。
スタンダードななめこ以外は「レアなめこ」と呼ばれ、普通のなめこの間にぽつぽつと生えます。
nameko01.jpg
図鑑が埋まってしまうと目標が無くなるので何をするかというと、

レアなめこのみを集める

ようになります。
同じレアなめこのみを並べるとか、各レアなめこを1個ずつ並べるとか。
とはいえレアなめこが生えるタイミングはわからないので、
普通のなめこを刈り取りながらレアなめこを残していく、という方法でいくわけです。

でもご覧のように密集して生えるなめこ。
指でフリックして刈り取ると隣のなめこも一緒に抜けてしまうのです。
そう、せっかく残したレアなめこも抜けるわけで、これは時々ガックリしてしまいます。

で、買いましたスタイラスペン。
iPhoneに付けるのでコンパクトなものにしました。
pen01.jpg
Dockコネクタに付ける部品は別なものから持ってきて取り付けました。
イヤホン使う時はDockコネクタで、充電する時はイヤホンジャックに差し込む部品でくっつけておけば紛失する心配なし(^_^)



ゲームするために買ったスタイラスペンでしたが、
先日もっともっと有用なことに気がつきました!


・・・今更ながら。


自転車に乗る時、必ずグローブをします。
真夏でも日焼けが怖いので結局はフルフィンガータイプを付けてます。
すると、そう!


スマートフォンは操作できない


んです、グローブ脱がないと。
スマートフォン対応のグローブもありますが私は持ってません。

これがね、思ったより面倒なものなんですわ、手首付近の袖まで直さなイカンので。
隙間があると日焼けの腕輪できるしね。

私は走行データをiPhoneアプリで取っているし、写真もiPhoneで撮っているし、
「矢田川なう」なんてのもiPhoneでやるので手軽に操作したいんです。




って、スタイラスペンがあれば
できるんじゃ~んヽ(´▽`)ノ



グローブしたままで。

ホント 今更だわ<自分。
買ってから何ヶ月経ってるんだか。

ってことで、ゲームに飽きちゃったあとも有効活用。


もうひとネタ。
モンベルから新カタログが届きました。
(いちおう会員になってるので)
pen02.jpg

ギアカタログとウェアカタログですが、ギアカタログが面白い。
ボーイスカウト少年だった相方は、ギアカタログをとっくりと読んでました。
曰く
「自転車にバーナーと鍋1個積んで、出先で湯を沸かしてカップ麺やコーヒー作るとうまいぞー」
だそうです。
あと20年若かったら、パニアバッグ付けさせられて
泊まりがけサイクリングに連れ出されていたかもしれない・・・
歳くってて良かったワ~(ぼそ)



雨はまだまだ降ってます。
いつまで降るんだろう・・・
さーて、今日は録画した「パリ~ニース」の残りを見るかなぁ。

10日の土曜は盆栽婆と化してましたが、日曜はやっぱりまた自転車婆化しました( ̄∇ ̄)

相方は朝から仕事をしに行ったので私ひとり。
天気は良さげだし、ちとお願いしたいこともあったので、
ちゃっちゃと仕度してジャイアントストア名古屋へAIMEZ号でGO!



「こんにちは!
今日はサドルを2ミリ
上げて下さい!」
(^o^)/




AIMEZ号を受け取ったおにーさん、えっ?って一瞬戸惑ってましたが。

カーボンシートポストなので自分では怖くて締め直しできません。
トルクレンチ持ってないですし。
あと、先日のリアディレイラーの話をして、もう一度看てもらうことにしました。
ま、なにも変速の不調はないんですけど。

番号札もらって待っている間に、
「そういやここにSWANSのアイウエアあるんだっけ」
と気がついたのでケースを開けて見せてもらいました。
最初にデザイン的にいいなーと思ったものは幅が大きすぎてバツ。
幅がちょうど良かったものはイマイチ安っぽいデザインでバツ。
レンズが濃いものもバツ。
振り向いた時にレンズの端が視界に入るのもバツ。

隣のケースにあったGIANTのアイウエアを見せてもらったら、
その中に妥協できるものがあったので結局それにしました。
しかも調光レンズです、さすがコスパに並ぶものナシのGIANT!
これにしました

今年はこれで安心だー、よかったよかった。
ケースもハードタイプなので安心だ。

ジャイアントストアを出てそのまま帰るのもツマラナイ。
少し北上して香流川沿いへ出たら西へ向かえば矢田川に出る。
矢田川を下っていけば相方の会社まで行ける(ー)ふっふっふ♪

てことで、向かい風と闘いながら相方の会社までサイクリング。
途中で14時46分になったのにも気づかず(アラームセットしといたのにやっぱり聞こえなかった)、
雨粒が落ちてきたのを気にしながら漕ぎ漕ぎしてました。
黙祷してる人も見かけなかったしなぁ・・・
川沿いだから、黙祷を知らせるサイレンが鳴ると紛らわしいだろうしなぁ。

とにかく黙々と漕いで目的地へ到着。
本降りにならなくてよかったです、ふぅ。

そうそう、ちゃんとビンディングシューズ履いてます。
最初のうちは不安だったので、右足は固定せず(フラット面を踏んでいた)左足のみ填めたり外したり。
とはいえクリートが足裏のどの辺にあるのか見当つかなくてw
填められないまま漕ぐこと多数。
かと思えば足を乗せた瞬間にガチッと填ることもあって「わけわからん(笑)」。
ひとりで苦笑しながら漕いでました。
まだ練習が必要です、引き続きガンバリマス。

帰りはAIMEZ号を車に積んで帰ってきましたよ、寒かったもん。

この日のコース


一年前の今日、私は職場にいました。

事務所にいた数人が
「あれ?揺れてる?」
と互いに顔を見合わせたところからだんだん揺れがハッキリしてきて、
ビルの特性かもしれないけれど、大きくゆら~ゆら~とたわむような揺れが
いつになく長く続きました。
その気持ち悪さ不気味さは生まれて初めてでした。
阪神淡路大震災の時とは全く違う感覚でした。

ビルの揺れが収まった時、私は事務所を出て母のところへ電話をかけました。
でも全然通じません。
年寄りなのでメールなど出来ないし、FAXもありません。
事務所にはテレビも電話もなく、リアルタイムでのニュースを見ることができませんでした。
ただ、先ほどの揺れから「どこかで大きな地震が起こったのでは」と推測するしかありませんでした。
ネット上でいちばん早く情報を得られたのは、Yahoo!でもGoogleでもなくツイッターでした。

しばらくしてやっと母と電話が繋がって安否を確認したら
「こっちはそれほど揺れなかったよ」
という拍子抜けの返事。
無事だったのはいいとして、建物によって揺れの感じが違っていたようだとわかりました。

あれから一年。
あの日のことを忘れられない人のためにも、私もあの日を忘れません。

この週末は相方が仕事といっていたので、とりあえず土曜は私一人でのんびり~~~~と。
撮りためた「パリ~ニース サイクルロードレース」でも見ていようかなぁ。
とも思ったんだけど、天気がいい(でも風は強い)ので、ベランダで園芸まがいの事をしようと思い立つ。

冬の間に相方の会社から持ち帰ったシンビジウム。
事務所の窓際に置かれていただけだったので、ダメもとでもらってきました。
それの株分けを実施。
sin01.jpg

まずは古い鉢から取り出してみると、根がびっちり詰まっててこりゃ苦しそう。

株(バルブと言うらしい)の半分は枯れたような状態になっているので、葉が付いている株と分けてみる。
sin02.jpg

根が絡んでしまって手ではどうにもならないので、ハサミで切りながら二つにした。

葉が生きている左側のほうは今までのより一回り大きい鉢に植え替える。

sin03.jpg
土ではなく「バーク」とかいう用土を使った。
まるで木材を砕いたチップのようだ。

このあと、葉が長くて倒れそうなので支柱を付けてとりあえず完了~。

二つに分けた右側の、枯れたようなバルブふたつも、これまたダメもとで小さめの鉢に植え替えてみた。

ので、都合三つのシンビジウム鉢の出来上がり。
ランの好きな人が見たらびっくりしそうな荒っぽい作業だと思いますが、大目に見て下さい。



と、こうしてたまには自転車以外の事もやってます。
こういうコトしてると結構それに集中して、気分転換になるんですよね。
平日とは違う脳みそを使っている感じがしてリフレッシュできるんです。
ポイントは「やりたいと思った時にやること」かな。
渋々やっちゃぁだめですね。

たまにその気になって取りかかる料理も同じ効果があります。
先日のミネストローネなんかがそう。
専業主婦の頃毎日作っていた食事とは違って義務感がないので、
作ってる時の集中力が格段に違うのです。

植物の扱いは苦手なんですが、たまのたまには、こういうコトもいいかなと思いました。

長ったらしい名前の自転車イベントに行ってきました。
新東名と東名を結ぶ部分を使っての、開通前イベントです。
今回は15kmほどのささやかなサイクリングのはず。

走ったコースはこんな感じでした。


まぁ、毎回のことですが一旦走り出すと写真を撮らないワタシ(達)。
出発前に少しと・・・

「浜松いなさIC」のゲート。全員ここを通ってスタート地点へ向かいました。
もちろん皆さん記念写真を撮ってました。

tyari-t01.jpg

ゆるキャラ、しっかり居ます。名前まではチェックして来なかったなー。家康さんだろうか。鍵盤柄の衣装ですな。
tyari-t02.jpg


折り返し地点で少し・・・

電光掲示板のメッセージ。
天気はご覧の通りの曇天小雨模様

tyari-t03.jpg

忘れるところだった。今日のAIMEZ。
特に変更点はナシ。うーん・・・Mサイズと並ぶと小さく見えるXS。

tyari-t04.jpg

駐車場が未舗装だったので、車のところに戻った時にはタイヤがこんな状態に。
tyari-t05.jpg
相方が用意していた水と軍手でざっと泥は落として車に積みましたが、帰宅後に2台とも洗車しました。


前日の夜に浜松西インター近くのビジネスホテルに泊まって、
(早朝にウチを出てもいいんだけど、当日気が急くのがイヤなので
こういう時は前日に会場近くに泊まる方が好きです)
朝食をしっかりとって
(食事の前に部屋のお風呂で下半身をじっくり温めるのも忘れちゃダメダメ♪)
ぼちぼちと出発~。

出走は10時からと今回はゆっくりめなので助かる~。
(ふじのくにの時は夜明けとともに行動開始だったので今回はゆっくりだと感じますね)

駐車場からスタート待ちまでは自転車を押して歩きで進みました。
なので距離の割に時間かかった。
スタートライン付近で適当にグループ分けがなされ、走行中の注意事項が説明された後スタート。
なんか、簡単というか適当というかw。
まぁ、それくらいゆるく走りましょう(ルールは守って)というイベントって感じです。

ママチャリの人、クロスバイクの人、MTBの人も多い~。
ふじのくにの時はロードバイクわんさか、ピナレロ・コルナゴがわんさかという状態で
肩身狭かったもんなー(^_^;)←ビアンキ号だったので。

これで天気がよければ良かったんだけど、待ってる途中からポツ・ポツと雨粒が・・・
頼むから保ってくれよ~~~と祈りつつスタート。
「距離が短いからゆっくり走らないとね」
と言っていたが、走り出すとそんな考えはどこへやら。
気持ちのよい速度で他の参加者を抜き、トイレ以外の休憩は取らず、
復路などは雨が気になってきたので一気に走りきってゴール。
私らが車に戻ったころには雨がさらに本格的に・・・。
午前中の参加で助かった感じ。


そうそう、今日はビンディングシューズのデビューでしたね。
えーと、右足は止まってる時に填めるのでいいとして、
左足を填める感覚がわからなくて結構苦労しましたw。
自分の足裏のどの辺に金具があるのかがまだわからない。
何度もカチャカチャやってました(^_^;)
ま、慣れだなこれは。

それで帰り道で気がついたんだけど、昨日クリートを取り付けた時に
仮止め程度に締めてそのままじゃなかったっけ?
本締めし忘れているんじゃないか???
でも靴底泥だらけなのでそのまま持ち帰り、
帰宅して靴底を洗った時に確認したら~      案の定、
クリートがグラグラしててネジの締めが完全じゃありませんでした(爆)。
クリートが落ちなくてよかったよ・・・
そんなわけでビンディングの感想はほとんどありません!あちゃ!
なかなか填らない理由はこれだったのか・・・




最後にひとつ。
実は

すっごいショックなことがありました


車から自転車を降ろし、身支度を調え、さぁ行くぞというその時!

うわああああああああ!






ぽっきり
tyari-t06.jpg
見事に折れてました・・・・(T_T)
でらショック!

幸い自転車用のメガネも持ってきていたので、
コンタクトレンズを外してメガネに代えて無事に走りましたが。

またアイウエア買わなくちゃなんない・・・(/_;)
日常はメガネで過ごしてるけど、ロングライドの時はコンタクトレンズ+サングラス。
コンタクトレンズを入れると裸眼よりまぶしく感じるんですよねぇ。
だから色の付いたアイウエアは欠かせません。
これ、レンズが3色入れ替えできて便利だったのに。
もう一度同じ物を買うか、別のにするか。
ほぼ毎週末使う物なだけにノンビリ考えていられないなぁ。

あぁ、しょっく・・・



今日はいい天気ですねぇー。
・・・ちょっと風が強そうだけど。
「強そう」っていうのは洗濯物がそよぐ具合を見てるだけだから。

いい天気を横目に家の中で作業開始。

先ずは買った靴を持ってきましょう。
mavic ZOYA です、モデル落ちのためお安く入手できました♪
MTB向けシューズですが、まぁ、履けりゃいいデス。
数日、スニーカーとして使ってみましたが履き心地ったらまるで、渋温泉で履く下駄のよう。
ソールがまねかない(たわまない)のでカックンカックンとした歩き心地。

spd01.jpg

新品はアッパーも硬いので、ふと思い立ち足の甲(指の付け根付近)あたりをゴムのハンマーで軽く数十回叩いてほぐした。
これはバレエダンサーがトウシューズを自分向きにアレンジする手段から発想を得ました。

spd06.jpg

裏返すとこんなふう。
これを取ってクリートを付けるんですね?

ネットでSPDクリートについて調べたところ、いくつか“目から鱗”のポイントを得ることができた。
見ただけで付けられる物ではあるけど、ちょっとしたアイデアは先人から得るに限る。
そのひとつ、インソールを取り出す。
spd02.jpg

・・・とこんなふうになってる。
spd04.jpg
インソールを外すなんて思ってもみませんでした。
しかも取り付け部がいわば「穴」だとも思わなかった。

靴底で見たあのフタみたいな部分を外すと こう。
spd10.jpg
さっきインソールを外した時に見えた金属板を裏から見てるわけですな。

金属板まで外すとモロに穴。
私の指が見えますねー。
spd11.jpg
ハタと気づいた・・・これでは濡れた道は歩けんな、と。

で、付けるクリートはこれ。
わざわざマルチリリースを買ったんだけど、ディズナに付いてくるクリートはマルチリリースタイプだという情報もあって、ちと損した気分。
でもホントにマルチなのかどうか不明だったので、シマノのこれを取り付けまーす。
spd09.jpg

自分の拇指球の位置を靴の上から確認して、目印のテープをくっつけた。
で、金属板の位置をだいたい決めて
spd13.jpg

クリートを乗せてみて、テープの位置に合わせてみる。
前後位置はまぁこんなもんかな?
spd14.jpg
左右位置も調整できるけど、まずはど真ん中で試してみよう。

こんな感じで仮止め、というか軽くネジを締めておく。
spd19.jpg

ここでネジを締める前に“目から鱗二つめ”
ネジにグリスを塗るんだそうだ。
spd18.jpg
だから塗ってからネジを締めてみました。

あとはインソールを戻せば終了ですが、ここ(靴底の穴)に空間密閉シールドを張れないので、養生テープを貼っておく。
spd24.jpg
ガムテープだと、後日糊が残りそうな気がしたので養生テープにしてみました。

次はペダルの方。
ここに解放強度のゲージ(つってもこの程度のもの)があるので、
spd21.jpg
実際に靴を履いて填めたり外したりして「これなら安心だろうな」というところまで緩めた。

spd26.jpg
(外に走りに行きつつ調整という手もあるとは思いますが、私はちょうどミノウラのトレーナーを持っていたのでそれで漕ぎつつペダルの固さを調整しました。これで「外れないっ!」という心配ナシ)

よ~~~し、これで準備はできた!
3月4日の自転車イベントはこれで走るぞー。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。