上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の日曜 10月21日
初めて「渥美半島 ぐる輪サイクリング」なるイベントに行ってきました!

あ、その前に。
10月19日に、相方の新車が納車されました。
なんと私にナイショで注文してあったのです。
が、13日に私が自転車屋にディグリーザーを買いに行ったばかりに、企みはほころびました( ̄ー ̄)
自転車屋のおやっさんが私に「ものが来た」と伝言を頼んだのが発端

正義は勝ぁつ!(謎)

つまり、「ぐる輪」に間に合ったわけですね。
いきなり当日60km走れというのもなんなので、
土曜にいつものコースを短めに試走してはおきました。

新入り「アラヤ子」とAIMEZ号
guruR17.jpg

相方のアラヤ子にはぶたライト、AIMEZ号にはうしライト。
guruR16.jpg
アラヤ子には本来、ブルックスの革サドルが付いてますが、あまりに硬くてとてもじゃないが60kmを走破できるとは思えないので、今回は私のビアンキ号に付けているTerryのサドルに付け替えてあります。

こうして十数キロ走っただけで、自転車を車に積み「ぐる輪」へ向かったのでありました。


日曜当日。
スタート・ゴールは白谷海浜公園。
時間ギリギリに駐車場到着。
guruR15.jpg
私らのあとからもどんどん車が入ってました。
ノンビリ来る人も多いのね。

走行コースは3種類。
 A 蔵王山90kmコース
 B 伊良湖岬60kmコース
 C ファミリーコース30km
ウチらはBの60kmコースでおま。

開会式が終わって、スタート時間までに30分ほどあったので、
Bコースのスタート待ち中。
トイレ行ったり、同じコースを走るmixi仲間の人たちとお喋りしたり。
歩道のさらに奥の方に人の列ができている、あれはAコース(山登りあり)のスタート待ちの列。
guruR13.jpg

そして、ここではとん汁作り始めてました。むふー。
guruR14.jpg

今回はがんばって写真撮りましたよ。
私にしてはたくさん撮ったほうだと思う。

のんびりスタート、コースの所々の信号で待たされる。
自転車は一列になって待つから立派な行列になる。
人間がばらけるまではそんな状態が続く。
ある信号で私が千切れてしまって、それを待とうとした相方が止まったときに立ちゴケしたそうだ。

そう、新車はSPDペダルにしたので初立ちゴケ!(^^)
止まろうとして気がついたら足が固定されていて、気づいたときには遅かったというパターンだとか。
私は千切れていたときだったので現場は見てない。残念
ただ、信号が変わって追いつこうと走ってたら、相方が路肩で止まってたので追い越してしまった。
その様子がちょっと変だったけどまさか立ちゴケ直後とは思わなかったので、
「だいじょうぶー?」
と声をかけて(かけただけ)横を通過。
だってスピード出てたもん・・・
オトコ相手の時はそれでいいのよ、うん
しばらくして追いついてきたので、そのまま走り続けたのでした。

半島の内陸部から一気に海の見える道まで下りる坂で、後輪ブレーキの効きが悪いのに気づいた。
気づいたけどこれがけっこう急な下り坂で、後ろも繋がってるだろうから止まるのも難しい(内心大汗)。
前ブレーキを多めに使いつつ、なんとか坂を下りきりサイクリングロードと思しき道に出ました。
そこで休憩がてらブレーキ見たらなんと!クイックリリースレバーが上がってる!
車載した時に引っかけて上がっちゃったんだろう。
そりゃ効かないはずだわ・・・。
これからは気をつけないとなぁと、また一つ経験値を積んだのでありました。

その先の休憩地点で一枚撮影。
ほほー、ちょうどあの位置に波が起きるんだ。
波の筋の両脇には順番待ちのサーファーがずらり。
guruR12.jpg
少し手前から見たとき「なんであそこにだけ海鳥がいるんだろうなぁ。海鳥にしちゃ大きいようだけど」
って思ってたんだよね(^_^;)
 真冬のサーファーはまーるで カラスの群れのようさ~♪

ここからは海沿いを走る。
サイクリングロードは幅が狭くて、2台並んで走ると後ろから来る速い人を通すことができない。
途中、車止めもあるので安全第一。


ほぼ半分来て、伊良湖岬の手前にあるトイレポイント。
guruR09.jpg
着いたのが11時半ごろだったので、ここでお昼を食べる人もいたみたい。
私らもゆっくり休憩〜。
走ってくる人が見えるので、しばしヒューマンウォッチング。
guruR10.jpg

休憩中に発見、立ちゴケによりTerryのサドルに擦り傷がっ!(T_T)
guruR11.jpg
人間にも擦り傷
名誉の負傷
guruR04.jpg
左手親指の付け根にも若干の擦り傷ありとか言ってた。
人間は放っておいても治るからいいや・・・ ぼそ

ここで休まず通過する人も多くて「なぜかな?」と思っていたのは走り出してすぐわかりました。

ここを出たらいきなりいきなり坂!上り坂!
うええええええーーー!
買って初めてフロント3枚のうちのインナーを使いました!
立ち漕ぎで登れないので軽いギアがあるのが嬉しかったです(T_T)AIMEZ号ありがとう!
おかげで足をつかずに通過することができましたとさ。

二つ目のチェックポイントでエイドステーションの伊良湖クリスタルポルトに到着。
12時半頃でした。
guruR06.jpg
振り返るとそこは海・・・
guruR07.jpg
海に向かって左手にこんな建造物。なんだろうこれ。
guruR08.jpg
さて、昼だし、ここは道の駅だし・・・と思っていたら相方が
「オレ、食事要らん。エイドステーションで出る補給食で足りてるから」
と言うではありませんか!
ええっ?!お昼休憩は1時間で昼寝つきが必要な人だったんじゃなくて?
なにか魂胆でもあるの?それとも自転車が変わったら疲れなくなったの??

と、意外な展開に驚きつつ、私もお腹は空いていなかったので、
バナナをもらって、手持ちの補給食を少し食べて、長めに休憩してからしゅっぱーつ。

ここから先しばらくは平坦で真っ直ぐで、たまにしか車は来ないし、
それはそれは走りやすい道でした。
途中、4人グループの後ろに付いたときには二人して引っ張ってもらう結果になり、
非常に楽をさせて頂きました、ありがたや〜。

その後も比較的快調に走り、途中で相方に
「もちょっとペース上げてくれん?」
とか大きな口叩いたりして(^^ゞ
「じゃ、オマエが前行け」
って言われたので遠慮なく前を走らせていただきました。
ありがとうZONDAきっとキミのおかげだ
自力で30km/h出せたもん・・・



最終エイドステーションで配られたのは「おやつ」。
guruR05.jpg
おやつは10種類近くから選べたので「なにがいいかなー」と見比べていたら、
目の前にいたスタッフの人がオマケと言って飴をくれましたw。
こういうイベントは相対的に女性が少ないので、優遇される場面もあるね。
トイレの列が短いとかねー(笑)。

ここまで来たら残りは10km程度。
その10kmってのが意外と落とし穴(注意力が散漫になっていたり、疲れが出たり)だということを、
昨年ヒシヒシと感じたので、ここで二人してパワージェルを補給。
相方は梅丹のCCC、私はカーボショッツ。
これが最後までしっかり走らせてくれるんですよ〜。


ゴールは14時40分頃でした。おつかれー!

ゴールしたあとの「とん汁とおにぎり」
赤味噌のとん汁はやっぱいいわー。
他所へ行くと白い味噌のとん汁になるよね、それも美味しいけど
guruR03.jpg
名古屋・三河はやっぱ赤味噌っ
肌寒くなってきたところに温かい汁物はすんごい嬉しい。
具だくさんでメチャクチャ美味しかった!

実はmixiの同じコミュの方も20数名参加していたはずなんですが、ほとんどの方とは会えずじまい。
一度走り出すとなかなか会わないものなんだとわかりました。


今回の参加賞のオリジナルポーチ と完走証。
走行ルート途中のチェックポイントでスタンプを押してもらいました。
guruR01.jpg
このポーチ、ちょうどiPhoneがギリギリ入る大きさ。
しかもiPhone以外の、免許証とか保険証とか、お金も入れておけそうでけっこう便利かもね。

帰りの高速入り口までは案の定渋滞。
高速乗ってからはわりとスムーズでした。

走った日の夜はやっぱ飲まなくちゃいかんでしょー!(^o^)/
てことで近所の美濃路でかんぱーい!!
帰ってきて持ち物片付けて、お風呂入ったらもう食事の仕度なんてする気なっしんぐな私です・・・
guruR02.jpg
お酒、うめー!
焼き鳥、うめー!
なんでもうめーーー!!
自転車で何が良いって、食事もお酒も旨くなるのが一番いいっす。

先日の犬山ポタでも学ばせてもらったことが多いけど、今回もまたいろいろと学んだことがありました。
他人と走るということはいろんな刺激があるってことですね。
今回も良い経験になりました!(^_^)
来年もこのイベントには参加したいな。

走行ログ、貼っときます。

スポンサーサイト

先日より面白い動画(自転車がらみ)をいくつか拾ったので、メモ代わりにここへまとめてみた。

宇都宮で行われたジャパンカップ、クリテリウムより
【会長(マキュアン)のオンボードカメラ】

(44分)
ゼッケンから誰が前に居るかわかる。
同じコースを周回するため、ダッシュ→カーブで減速→またダッシュ の繰り返し。
周りの選手の脚が止まるとカーブが近い。
レースしてる人には位置取りやカーブのかわし方など、参考になることが多いんじゃないだろうか・・・
ワタシ的にはお尻の筋肉の動きが萌え ゴホゴホ!
注目ポイントっす。
こういう風に筋肉使いたい・・・・( ̄。 ̄)

次っ!
【ダミアーノ・カルーゾのオンボードカメラ】

(42分)
同じくジャパンカップ・クリテリウムの映像。
会長は先頭でスタートしてるけど、こちらカルーゾは最後尾でのスタートのようですな。
真後ろに付いた選手の顔が見えるのも新鮮だよ。
同じチームのハルク坊ちゃんを終盤で引っ張るので、ハルク坊をたくさん見れます( ̄∇ ̄)
そしてその速さに驚け!って感じぃ〜。

そそ、会長の映像の方で、最後の39分くらいからはゴールスプリントがらみになる。
会長の前にフミが走ってるんだけど、ちらっと振り向く瞬間があります。
そこからゴールスプリントになるんですが、この時会長からスプリント開始の声がかかったらしいですね。
そして別府2位、会長3位、と。
会長エエ人や〜。

会長の映像はカメラがおそらくステムの辺り、カルーゾの映像はサドルの下辺りだと思うのですが、
会長の映像の中心がほとんど動かないのは特殊なホルダーに付いているとかだからだろうか。
ダンシングしたらもっと左右に振られてしまうと思うんだけど。




ここから下は宇都宮を離れて世界へ・・・?

【ロードバイクはこんな風にも使える】


ウソです・・・
よい子・よい大人は真似しないようにしましょう。
ブラケット位置も真似してはダメだと思います。


【ピナレロ・ドグマでトライアルをする、のメイキング】

ライダーのマーティン・アシュトンはMTBのトレイルライダーだそうです。
がたいのいい方だよね・・・グライペルやフースホフトっぽい・・・ 


【レッドブルはうまいなー】


こちらはダニー・マッカスキルというライダー。
初めて見たのはJSportsでグランツールを見てたときだったかな。
番組が早く終わった残りの時間に流されていたんだっけ。
この音楽がまた、いい感じなんですよねぇ。
音ナシで見るとファンキーな映像なのに、この音楽が付くことで
Way back home
懐かしいような嬉しいような、そして少し寂しいような、
日が暮れてきたから後ろ髪引かれながら家へ帰る子供の頃の気持ちに戻れますね。

横浜横須賀の週末の写真貼りまくりです。

まずは横浜の夜景。
きれいですねー、名古屋港ではこうはいきませんねぇ。
ykyk_0_20121016234627.jpg

大桟橋にて
電灯装飾された“くにさき”
ykyk_2.jpg

大桟橋の上は青いライトで・・・ やっぱそれは「ブルーライトよこーはま〜♪」だから?
ykyk_3.jpg

ナイトクルーズから戻ってきた“ロイヤルウイング”
ディナークルージングになるのかな、一度乗ってみたいもんです(^^)
ykyk_4.jpg

ライトアップがきれいな観覧車。
ykyk_5.jpg

翌日、日曜の朝はもう一度大桟橋にて、“くにさき”と“ひゅうが”を見学。
空模様がイマイチですね。
まず“くにさき”
ykyk_6.jpg

“くにさき”の腹の中。
ykyk_7.jpg
まっすぐ奥の方へ進むと・・・
ykyk_8.jpg
そのまま特大ホバークラフト(エアクッション艇)の上に乗っちゃいます。
ここには2艇格納されてます。
ドックの開口部から見る“ひゅうが”
ykyk_9.jpg

“くにさき”の腹の中から甲板へ上がるには、このエレベーター
ykyk_10.jpg
わずかに持ち上がってますね?
下から上がってきて、甲板で固定するためのシャフトを填めるためなんですねー
停止するときには甲板と同じ高さになります。

あー・・・これはさして深く考えもせず近づいてきた一般人かな?
ykyk_11.jpg
自衛隊は優しいよね、海上の警戒とかしてないもんね。
米軍だと高速艇で警戒してるよ、で、こういうコトしたら即小銃で脅されるよね・・・


ここには塗ってはいけないそうです
ykyk_12.jpg

あっ、しらせ隊員の秘密がさらされているっ!
ykyk_13.jpg
「しらせ」隊員は実はペンギン・・・
人間の着ぐるみ着て乗っているという話がまことしやかに囁かれています。
この写真、私のMacのデスクトップになっています(^_^)

船外にでたらいかついオッサンが数人・・・
ykyk_14.jpg
ほうほう、なるほど。
「すみませーん、ちょっと背中見せてもらえますかぁ?」
ykyk_15.jpg
このシャツ欲しいなぁ。


横浜から横須賀へ移動。天気もよくなってきた。
ここはサマーフェスタの会場になる吉倉桟橋。

右端は“いせ”、その他ずらりと並んでおります。
ykyk_1_20121016234626.jpg

これはオーストラリアの護衛艦?“シドニー”。日の丸とオーストラリア国旗が掲げられてました。
ykyk_16.jpg

青空を背景に満艦飾。
ykyk_17.jpg

“いせ”
ykyk_18.jpg

少し離れたところに潜水艦。一番手前は新鋭艦ですよねー。
ykyk_19.jpg

砲弾を持たせてもらえます。子供に人気でした。
ykyk_20.jpg

おっ!猫つぐら発見。新品だ。
ykyk_21.jpg

チャフを発射するらしい。
ykyk_22.jpg

艦橋から舳先を見たところ。
ykyk_23.jpg

艦橋内の様子。
ykyk_24.jpg

“いなづま”艦橋の看板(?)扉に付いてました。
ykyk_25.jpg

こちらはソナー室だそうで、極秘ですな。
ykyk_26.jpg

ここは機関室。
ykyk_27.jpg

艦橋に負けないくらい機械類、操作パネルが並んでます。
ykyk_28.jpg

“いなづま”甲板にはとても楽しい隊員@消防服着用がいました。
小さい消防車横に消防服を着せた人形が置いてあるのかと思って、写真を撮ろうとしたら
ニュッと手が動いてVサインを出す、という。
周りにいた見学者は大笑い、子供がおもしろがって近づいて行ってました。
時々ユニークな隊員さんがいるんで楽しいです。

前夜、横浜レンガ倉庫ではビールフェアが開催されていたんですね。
ぜんぜん知らなくて、近くを歩いてました。
ちょうど私らの前を気持ちよーく酔っぱらった大学生のグループと思しき5〜6人が歩いてまして。
2人くらいビール樽を模した帽子をかぶっていたし、ジョッキを手にしていたんですね。
今時の酔っぱらい大学生にしては大声でわめくように騒ぐでもなくて、
「めずらしく節度ある学生さんだなー」くらいに思っていたんですが・・・

なんのこたぁないその5〜6人、関係者以外立ち入り禁止のフェンスを通り、
“くにさき”の中に消えていきました(笑)。
なるほどね(^_^)

相方はなぜか横浜や横須賀がお気に入り。
今回は「軍港巡り」の船に乗れなかったので、また出かけると言い出すかもしれません。

街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ
ブルーライトヨコハマ〜〜〜〜♪

ykyk_0.jpg

てなことで、6日7日は横浜と横須賀へ行ってました。
6日(土)は横浜の大桟橋あたりをトコトコトコトコと、
大桟橋に「護衛艦・ひゅうが」と「揚陸艦・くにさき」の電灯艦飾を見つつ歩き回る。
大桟橋の周りを大小様々な船が行き交うし、観覧車はきれいだし、
いつまで居ても見飽きないなぁ、ここは。

そして、ここから横浜の中華街まで足を伸ばして、中華街で点心食べ放題の夕食。
歩き回ったおかげか旨いわ入るわw
相方より私の方が食べた食べた。

さすがに宿へはタクシーで帰った。
地下鉄で2駅くらいの距離だったし。

実は横浜まで来る道中もけっこうよく食べた、私にしては。
新東名を初めて車で走ったんだけど、途中のPA
遠州森町のとろろ丼が美味しいです!
上り線です。
お試しあれ。


翌日、7日(日)はもう一度大桟橋へ行って、「ひゅうが」「くにさき」の中を見学。
これも自分の脚で移動するので、トコトコ歩くんですよ−。
見学できるのは艦のごく一部とはいえでかいですからね、歩く距離もけっこうなモンです。
そこから車で横須賀へ移動して、吉倉桟橋で
「護衛艦・いせ」
「護衛艦・いなづま」
の内部を見学。
これまた移動が自分の脚で(以下略)。
車を止めたところから吉倉桟橋までも、けっこう離れていたのでたくさん歩いた。
「いなづま」は艦橋まで上がれたので上り下りも。
昨日の今日でふくらはぎがパンパンになったのがわかるほど。
見学はできなかったけど、このほか桟橋には
 「護衛艦・ゆうだち」
 「イージス艦・あたご」
 「護衛艦・あきづき」
 「護衛艦・くらま」
 「護衛艦・しらね」
 「護衛艦・せとぎり」
と、ありえないくらい多くの護衛艦がずらりと並んでそりゃーもう壮観でした。
それが全部
満艦飾になってる〜♪
全部入れようとしたんだけど、どうしても両端の艦があらかた切れてしまった・・・
ykyk_1.jpg
うーむ、こういう時は広角が欲しい。
今回は何度も
「広角〜〜〜!」って叫んでしまった(笑)
“空”は望遠が必要だけど、“海”と“陸”は広角が要るな。

こうして二日間、普段の生活からは考えられないくらいたくさん歩きましたよ、ええ。
私の日常はホント歩かないからね。
会社に行ったらほとんどの時間を椅子の上で過ごすもんね。
歩いたおかげで食事が美味しかったこと!

横須賀には見学終了時間まで居て、そこから帰途につきました。
途中もゆーっくり休憩取りつつだったので、帰宅したのは日付が変わってから。
いや〜〜〜、しっかり遊んだ二日間でしたね。

二日間で4GBのSD1枚まるまる使い切ったので、写真の整理はこれからだ。
現像(RAWデータをJPEGに直す作業)が大変だわ・・・
がんばろ。


そうそう、新東名と言えば、昨年自転車で走ったんですよね。
あれから初めて、車で同じ道を通ったわけで、感慨深かったっすねー。

ああ、このトンネル辛かったなーとか・・・なんか辛かったことしか思い浮かばないんだけど。
相方と、ここでUターンしたとかここがエイドステーションだったとか、
そんな思い出話に花が咲きました。
ルートラボの地図も今ではちゃんと高速道路が描かれているので、

どこからスタートしてどこで引き返してるかよくわかりますな。
まぁ、これもいい思い出ですねw。

(追記)
横須賀を出たのが日没後だったので、吉倉桟橋の船全部が電灯艦飾してました。
これを写真に納めることができなくて残念です〜。



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。