今シーズン活躍してくれた色々なものをピックアップしてみました〜!
来年も活躍してねの願いを込めて。

トップを飾るのはやっぱこれでしょう
anessa.jpg
“資生堂アネッサ サンスクリーン”(イエローゴールド)
昨年マイミクさんに教えてもらってからずーっとこれのみ愛用してます。
もう年がら年中これ。
顔も体もこれ。
そこそこ保ちがいいのに、風呂で比較的簡単に落とせる!
付けていてモッサリした感じがない。←ここ大事!
ちゃんと日焼けを防御してくれてます。


cotasera.jpg
“コタセラ スキャルプローション
頭皮にピュッと吹き付けてマッサージするローションで、
行きつけの美容院で勧められて買ったのが始まり。
一応「育毛剤」なんだけど、育毛目的よりは頭皮を快適に保てることに注目しました。
私は頭のてっぺんが蒸しやすく、襟足生え際に汗をかく体質なので、そこら辺に使用。
優しいメントール風味で匂いも高得点です。


hotrefenda.jpg
“タカミツ ホットリフェンダ”
温湿布の中で唯一使い続けられるのがこれです。
他のメーカーのものは貼ってすぐ痛くなってしまうんですよね。

腫れている間は冷湿布で冷やして腫れを取り、
腫れが引いたら温湿布で血行をよくするのが回復の基本。
接骨院で貼ってもらったのがきっかけで、
最近は店頭も見かけるので入手が楽になりました。
なお、入浴の数時間にはがしておかないとお湯が熱く感じますよ〜。


camelbak.jpg
“キャメルバック ハイドレーションボトル”
今やこのボトルをメインで使用してます。
顎を上げなくても飲めるので、自転車慣れしてない私には福音♪
こちらに機能性ドリンク、ポラールボトルには真水を入れてフレームに2本差し、
がスタンダードになりつつあります。
本当は0.7リットルを使いたいけど、フレームが小さいので0.5リットルが精一杯。


vardia.jpg
“HDDレコーダー VALDIA”
今までも活躍してくれていたヴァルさんですが、今年はさらに大活躍。
春のクラシックレースから、ジロ、ツール、ブエルタ、
その後の秋のレースまで、しっかり全部(私が予約を忘れていなければ)録画。
むろんその他の番組、例えば安田団長と栗村さんの「自転車のススメ」だとか、
「たかじんのなんても言って委員会」だとかも録画。
この勢いで来年も・・・ちょっとHDD容量が少ないのが悩みですが。
なお、先日リモコンが壊れて操作不能に陥り本当に焦りました。
そう、リモコンがないと操作のほとんどが出来ないのでした・・・


swift2.jpg
“GIANT アイウエアSWIFT2”
もちろん自転車乗る時用、だけでなく、コンタクトレンズでの外出時には全てこれでした。
レンズの色は薄くても眩しさを防いでくれて快適です。
レンズの色が薄いので暗くなってからでも使えるのがイイ!
真夏の昼間は頼りないかと思ってたけど、やや濃いグレーに変わるので大丈夫ですね。
これはコスパ高いっす。


muse.jpg
“薬用石けん ミューズ”
洗浄力が高い、汗や汚れがスキッと落ちる石鹸ですよね。
普段使っている浴用石鹸は、サボン・ド・マルセイユという優しい石鹸なので
肌に優しい分、「スキッ・パキッと汚れサッパリ!」という感じにはなりません。
夏にはちょっと頼りないこともあって、今まで敬遠してたこれを使ってみました。
以後、夏場はこれも常備して併用してます。


少し話が脱線しますが、日焼け止めを使ったあとどーやって洗ってます?
主に男性陣。
石鹸かボディーシャンプーでごしごし?
それより、体も顔も女性にはお馴染みの「メイク落とし」がいいですよ。
メイク落としで落としてから石鹸などで洗うとスッキリ。
メイク落としはモノによって使い方が違うので、取説読んでね。
奥様や娘さんの使ってる物を使わせてもらうとわかります。

それから、一度洗いでスッキリさせづらい背中・脇の下・二の腕・そけい部・足の裏などは
「二度洗い」がいいですよ。
一度洗ってすすいで、もう一度洗う。
間違いなくスッキリします。
メイク落としがないときも二度洗いすれば、ウォータープルーフ日焼け止めも落とせます。



cover.jpg
“シアーカバー コンディショニングクレンザー”
最近の化粧落としはこれオンリー。
濡れた手では使えないけど、お湯で洗い流せるし、
流したあとに油っぽさが無くて、石鹸や洗顔料を使わないで終わることも出来る、
そこがお気に入り。
上に書いたアネッサ程度ならこれで充分落とせます。
通販でしか買えないけど、定期的に送ってくるプランを選んであるので切らす心配なし。


そして最後は番外で(というのも買ったのが冬になってからだから)

“ハダクリエ”

(下側の箱)
hada1.jpg
商品紹介の動画がありました、こんなヤツです(音量注意)
http://kadenfan.hitachi.co.jp/b_c_goods/lineup/hadacrie/movie_cm_n1000/index.html

これはねー、買うときにさほど期待してなかったってのもあるんだけど、

すごかったデスね

フルコースを一通りやってみて「おわぁ〜、変化した!」って感じたんで。
まず、肌の色が一段明るくなった。
ほうれい線が浅くなった。
もちもち肌になった。
それくらいはちゃんと感じた!
でもって、翌朝もちゃんとそのままだった。
その日の夜には少し戻ったけどね(^_^;)

だからその後も続けてます。
そろそろ戻る度合いが少なくなってきました。
今年の冬は怖いものなしですね、乾燥なんてなんのその!
勢い余って、首や手の甲にもハダクリエしてます。


そんなこんなで今シーズンしっかり働いてくれた身の回りのものたち。
来シーズンも私をサポートして下さい。
よろしくお願いします!

ちょうど一ヶ月前、iPhone4からiPhone5に乗り換えました。


乗り換えたときに買ったケースは、

if501.jpg

ポリカーボネイト製。
素材が薄くて軽く、装着感があまりなくて、イメージ通り。

iPhone4を使っていたとき、自分は柔らかい素材やボリューム感のあるケースは
あまり好みじゃないみたいだなと気づいたので、これは正解でした。

・・・ただ・・・
すっごく指紋がめだつんだよね、これ。
今時その対策(処理)をしてないなんてー。

そこで次のケースをネット上で物色していた時に
「これいい!」
ってのを発見しました。
しかしすでに売り切れ。
しかも
ケースにしちゃ高い!かなり高いと思う!(私は)
でもこれ欲しい!

で、お知らせメール登録をして待ってみることに。
待ちつつ冷却時間をおいて、それでも欲しかったら買えばいい。
今のケースも指紋汚れさえなんとかすれば(拭けば)気に入ってるんだし。






そしてやっぱり買っちゃいました、高いケース(てへ)
ケースではなくバンパーでした。
7980円なり・・・

if503.jpg
if502.jpg

アルミ製。
ひんやりとした感触とはっきりしたエッジ感が、なんというかハードボイルドです。
メカメカしい感じがしてかなりいいです。

しかし見落としがありました・・・

ずっしりと重くなった
前のiPhoneと比べてみます。

 iPhone4(ケースつき) 157g
 iPhone5(バンパーつき) 133g

それぞれ素のままの重量が 137g・112gですから、ケースの重さもそれぞれ20gくらいですか。
軽くなったiPhone5のはずなのに、バンパーでほぼ帳消しです・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

そして幅もiPhone4と同じかそれ以上になってます。

まさに着ぶくれ状態です。

iPhone5の細さ軽さがどこかに行ってしまいました〜〜〜。

あとですね、このバンパーは右上と左下にネジが付いていて、
それでふたつに分かれたバンパーを結合させているんですが、
ネジが緩む可能性があるのと、接合部分のズレが若干あるのがマイナス点でした。
メイドインジャパンだったらそこもキチッと合うんでしょうけどね。

あとから気づいたことが、
 ストラップを付けられる穴が用意されている
 背面にも汚れや傷から守るためのシールが必要っぽい
の2点。
ストラップはねー、付けたい人は付けたいもんねー。
あれば便利だよね。
背面を守るシール。
風合いが殺されちゃうかもしれんけど、キレイに保とうと思ったらあった方がよさそう。

てことで、重さに負けず使い倒しますよ〜〜〜だ。




最新記事