上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年に入ってから「加圧トレーニング」始めました。

冬場はめっきり自転車に乗らなくなるし、
テニススクールも休みこそすれ、振り替えで追加受講することもなく
運動量がどーしても低下するんですよね・・・
だから冬場は基礎的な体作りに回した方が良いのかなと。

近所にコナミがあったりするんですが、
ここに引っ越してきた当初、相方と二人して会員になってもいたんですが、
二人とも長続きしませんでした。
相方は単に「なかなか通う時間がない」で幽霊会員となり退会。
私は、マシントレーニングにあまり魅力を感じられなくて退会。

そこで前々から気になっていたピラティスと加圧トレーニングをあれこれ調べてみました。
会社の近くでというならそれぞれ通えそうな所は見つかります。
そうこうしてるうちに自宅近くに数カ所、加圧トレーニングの教室(教室って言うのもヘンだが)があるのがわかったので、その中から小振りなところを選んで通い始めました。

加圧のベルトを装着して動くので、マンツーマントレーニングです。  
監視下(笑)でのトレーニングなのでサボれません(^_^;)
たとえばフォームが悪くて、目的の筋肉に負荷が掛かってないとフォームを直されます。
時々、筋肉がちゃんと負荷を受けているか動いてる最中に触ってチェックされます。
ダンベルを使ったりしますがせいぜい1キロか500グラムのもの、
でもやってる最中はけっこうキツイです。

最初の3回くらいは、帰宅後にもう口も利きたくないくらい疲れ果ててました。
相方に話しかけられても受け答えしたくないくらい。
お風呂に入ってバタンキューです。

しかし体は正直で、その後は慣れて「バタンキュー」もなくなり、
毎度軽い筋肉の張りはあるものの筋肉痛にもならず、快調に通っています。
面白いのは、トレーニング中にキツくても家に帰ってくる頃にはケロッとしていること。
普通、ヘトヘトになったらその後もヘトヘトじゃないですか。
ま、最初の3回まではそうだったんだけど、以後は家へ帰ってくる頃には普通になってるんですよね。
この感覚は不思議ですね。

徐々に体が出来てくると、今自分がどの筋肉を使っているのかが感じられるようになります。
私はコレが面白い。
普段、運動をしてるときでも「ここを今動かしてるぜっ」とか気にしませんよね?
そんなこと意識してたら疲れますもんね。
つまり通常の動きって「ほぼ無意識下」で動かしてるんですよね〜。
だからおそらく、筋肉の可動範囲の半分ちょっと程度しか使ってないような気がするんですよ。
それを目一杯使えるよう変えていく過程とか、自分の思い通りに体が動く快感とか、
そういったことが私には楽しいんですね。
自転車もテニスも、そう感じられる瞬間が楽しいというか。
なんかまるで歩き出した幼児が、歩くこと自体が楽しいのと似てるみたいですね〜。

で、
加圧トレーニングして何が変わったか?
テニスでは比較的早く変化を感じられました。
体幹がしっかりしてきたので、体勢が崩れにくくなったし、体をひねる動きにキレが出てきました。
しかし、体が動く範囲と自分の意識との間に一気に差が出来てしまって、動きがギクシャク(^_^;)
この差を調整し直すのに少し時間がかかりそうです。
テニスって感覚のスポーツだからこういうズレって影響あります。
たとえば・・・いつもコンタクトレンズを使っているテニスレッスンに、数度メガネで行ったことがあるんですが、全然ダメでした。
メガネとコンタクトレンズでは、微妙に「モノとの距離感」が違うんですよ。
眼球に密着するレンズと、眼球から1センチ以上離れているレンズとでは、見える鮮明さは同じでも距離“感”は違うんです。
それだけでラケットのど真ん中からは外れてしまう。
若いとこういう感覚の差は早く埋められるんですが・・・(^◇^;)

自転車ではまだなにも変化を感じられていません。
というかそんなに乗っていないんで(汗)。
体幹がしっかりしたならそれなりに変化を感じられると思うんですがねぇ〜〜〜〜。
どういうシーンで感じられるのか想像もつかないデス。
まぁでも、なにか少しあったらいいなと思ってます。



えっ?




少しは痩せたか?



ぜんぜんです!
体重・体脂肪率ともに
ほとんど変化してません!

自分でもちょっと
( ̄▽ ̄;)!!ガーン


(笑)

スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。