上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風が四国や関西方面に上陸し、ここら辺もそれなりに暴風だったにも関わらず、優秀な日本の物流はきちんとモノを運んできてくれました。
アマゾンで注文したライト用のアタッチメント。
アタッチメント
ステムに取り付けて使うタイプです。

早速つけてみよう!( ̄∇ ̄)
位置調整前
こんな感じにつけてみた。
標準的な付け方は、ハンドルの上側に来るようだけど、ワタシ的にはハンドルの上にこれ以上あれこれ並べたくないし、ハンドルの前もできるだけ空けておきたいので、ステムから下に出しヘッドチューブの前にライトが来るようにこうしてみた。

ここから角度や位置を微調整。
位置調整後
ライトをつける横棒を左に寄せて、ライト本体がワイヤー(白いアウターケーブル)に干渉しないように変更。

ライト台座
そこにライトの台座を取り付けて・・・

ライトを着けて完了。
ライト取付

このAIMEZ号、ブラケットをアルテに替えたのでシフトワイヤー・ブレーキワイヤーがハンドルに沿うような取り回しになってます。
それに加えてクエストチューン近所の自転車屋さんで面倒見てもらっているので我が家では“クエストチューン”と呼んでいるはワイヤーの取り回しがタイトなのが特徴(^_^;)。
必要最低限のゆとりしかなくて、ちょっと右へ寄せるとか左へズラしとくとかの融通が利かない。
見ての通り、ワイヤーを避けてモノを取り付けるしかありません。

なんでこんなにハンドルにモノが付かないんだ?と思ったところで気がつきました。
AIMEZのハンドル幅は380ミリ、一般的なものより20ミリも狭いのでした。
この『左右それぞれ10ミリ』の違いで、サイコンの横にライトが付けられたり、アタッチメントが付けられたりするんだと思うと少々くやしい(笑)。
や、元々は、電波干渉することが想定外だった・・・
それさえ無ければサイコンはステムに付けるのに・・・
そしたらハンドル片側空くからライトはそこに付けられたのに・・・
いろいろ愚痴は続く・・・


これを一気に解決できるが~みんっていう代物があるよー!
という囁きも聞かれるのですが、これはかなり思い切らないと難しいので、しばらくはこの状態で乗り切ろうと思います。

スポンサーサイト

台風11号の影響で、今週末は徹底的に雨模様。
三重県には大雨特別警報が出て、避難勧告まで出されています。
名古屋もこれから雨風が強くなると思われます。
当然「サイクリング」なんて論外。

こんな日は家でのんびりするっきゃないですね。

ってことで金曜夜は久しぶりに夜更かしし、土曜は朝寝坊。
既にしとしと雨が降っていても、ベランダには降り込んでいないので猫トイレを洗うことにする。
明日は更に雨脚が強いだろうから洗うなら今のうち。
ベランダにいても暑くないから助かりました。

猫トイレが終わったら次は自転車をいじろうっかな。
それくらいしかやること無いし・・・。
ちょうど先日、こんなのが届いていたので
ファイバーグリップ
早速使ってみましょうかねー( ̄∇ ̄)

後ろに映っているAIMEZはもうシートポストが抜かれてます。
シートポストや、フレーム側もパーツクリーナーを使って古いグリスや汚れを拭き取ります。
そして「ファイバーグリップ」を指先に少量取って、シートチューブの上端内側(シートポストを挿す口のあたり)に薄く塗り塗り。
シートポストのクランプ位置あたりにも薄く塗り塗り。
ポストを差し込んだら決められたトルクでシートクランプを締めます。
AIMEZはクランプに「5Nm」と書かれているので、ちょうど手持ちのプリセットトルクレンチ(ボントレガー)がぴったり。

ファイバーグリップ、使った量は小豆大〜乾燥大豆大。
このチューブ1本で一生使えるんじゃないだろうか(笑)

さて次。
ファイバーグリップと同時に「夜練用ライト」も買ったので、取付スペースを確保する作業。
そこそこ明るいのを選んだからライト自体もそこそこ大振りで場所を取りそう。

現在のハンドル周りはこう。
ハンドル周り
向かって左のGIANTと書かれているのがサイコン。
ステムの右にあるのはスマホホルダー。
実はこのふたつ、相性悪い。
サイコンがスマホの電波を拾って誤作動するので、取付位置に限界があるのです。
いろいろ探って落ち着いたのがこの位置関係。
サイコンがスマホと横並びかそれより下だとばっちり電波干渉する。
なので、サイコンをステム上に着けられないのがツラい。
ステムの上で済めば、向かって左側はライト用スペースに出来るのに。

ま、ライトの使用頻度がほぼ「夜練の時」だけなので、スマホとサイコンが最優先なのは正解でしょう。
少し考えた後、ライトはアタッチメントを用意してそれで取り付けることにしました。
アマゾンでささっと注文して明日には届く予定・・・台風で物流が狂わなければ。

ということで取付スペース作業は持ち越し。
さ、次。
ペダルのグリスアップでもしておくかな。
はい、無事終了。←何度もやってるからあっという間に終わる。


最後にサドルのキズをもう一度手直ししておこうかな。

以前に、立ちゴケした時に作ったサドルのキズを、補修したことはしたんだけど、時間が経って補修剤が痩せて凹みが出てました。
凹んでいると汚れも入りやすいし、影ができて目立つのでもう一度凹みを消すところから。

使う補修剤は前にも使った革製品の補修剤。(革サドルなので)
コロンブスが出している「アドカラー」と「アドベース」。
アドベースで凹みを埋めるように若干盛り上げて乾かし、乾いたらサンドペーパーで周囲と同じ高さに修正。
その上にアドカラーで色を付けるという手順です。
アドベースは白色なのでそのままでもいいんですが、境目をカバーするべくアドカラー(白)も使いました。
サドル補修
補修したてなので白く目立ちますね〜。
この部分は、革だけでなく下のスポンジ状のベースが見えるくらい削れていたので、ここまで直せればまぁ御の字。
他にも小さな擦り傷があったので、それはアドカラーをちょっちょっと塗りつけて終了。
面積はたいしたことないので、全部指先での作業でした。


これで今日のメンテ作業は終わり。
雨の日はこれくらいしかやることない、ちょっとさびしい休日でありました〜。




最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。