上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かれこれ一ヶ月、Dura-AceのC35というホイールを履いて走ってます。

だんだんAimez号に似合ってきて、相方もそれを認めるようになりました(笑)。

DuraC35履いてます

一ヶ月ほど前、
「オマエもちょっと履いてみる?」
と相方に言われ
「じゃ、ちょっと試しに履いてみよっかなー」
程度で履いてみたわけですが、

まだ脱ぐ気配、ありません。


しかも私の方がC35の走行距離、長い(笑)


マイミクさんのとある一言、
『借りパク』
が真実味を帯びる日々・・・

いや〜、ほんの冗談だからね。気にしなくていいからね〜相方〜( ^o^)ノ

この、Dura-AceC35 通称「ヅラ子さん」。
何回か走ってみて、全体的な感じは掴めてきたので覚え書きも兼ねてインプレでもしておこうかなっと。
しかしあくまで私のレベルでのインプレですから。
当然、男性が乗ったら違う感想になることでしょう。

ZONDA履いてます

ヅラ子さんになる前に履いていたのはZONDAなので、比較対象はZONDAと思って下さい。


結論から言うと、
普段履きにC35は向いてない です。

時々、条件が整ったときに履いて楽しむホイールっつーことで、いわば
よそ行きのお出かけ着と結論づけました。

Zondaとの比較で感じたこと。

(1)高速時の安定感
30km/hを越えたあたりからがめっちゃ美味しいホイールというのが、この私でもわかるので、
それなりの人が履いたらかなりいい感じなのではないかと思うデス。
坂道を下るときくらいは私でも30km/hを超えるので、その時の安定感はやはりヅラ子さんの方が断トツにいい。
平地でも条件がよくて30km/h超えで行けるときはよく回るし安定感も出る。
逆に言うと「30km/h超を使う頻度が低いとこのホイールのいいところは使えないし、
安定感も極端に落ちる(結構ふらつく)」ってことだなと。


(2)硬い
今夏、同じルートを何度も走ってたので比較しやすかったわけだが、やっぱりヅラ子さんの方がZONDAより硬いと思う。
タイヤまで同じにしていないので厳密な比較じゃないけど、何度も「この道ってこんなにガタガタしてたっけ?」と思うことが多々あり。
路面の凸凹をダイレクトに伝えられている感じがした。
私自身、硬い乗り味の好きなタイプだと思ってて、この感触はキライじゃないが、
走る道の状態(路面の荒れ等)によっては長い時間となると結構ツラいかも・・・。
でも、この硬さのおかげで高速カーブでの安定性が確保されてもいる。
きれいな路面での下りは本当に楽で気持ちいい!


(3)横風コワイ
ディープというほどではない。ZONDAと大きく違うわけでもないけど、35ミリともなると風の影響をヒシヒシと感じる。
実際、そこそこ風が強い日にも走ってみて「向かい風より横風がコワイ」という実感でした。
向かい風はむしろ気にならないかも。
何度乗っても低速時に「チョロチョロするなぁ」と感じていたので、そこに横風が吹くとヒヤッとするくらいふらつく。焦る。
むしろ強風でも、30km/h以上で走破してると安定性を感じるので、そうやって走れないときはマイナスに働くだけという感じ。
横風に負けないためにハンドル抑えてたら腕が筋肉痛になった・・・疲れた。



で。
まだ履き替えのタイミングが取れないのでもうしばらくは履いたままだと思うけど、
本格的に風が強い日が多くなってきたら脱ぐと思う。
ZONDAとヅラ子ではディレイラー調整がどうしても必要なので、それが面倒なんだよねぇ。
私の変速速度ではチェーン脱落というトラブルは出なかったけど、わずかにスプロケの位置が変わるようで
(どちらもシマノの10速アルテを付けてるから、スプロケの問題じゃなくてハブの問題なのかなぁという気がする)、
快適に走ろうと思えば調整が要るのであった。

イロイロ考えると、C24なら日々使うホイールとして履きっぱなしは充分有りだけど、
C35はそういう使い方には向いてないっぽいなぁ。
普段はそれこそZONDAやC24やフルクラムレー3で充分すぎると思う。
もしお財布にゆとりがあれば、あるいはちょくちょく競技に参加してて記録を伸ばしたいとかの目標があれば、
こういうホイール持ってて、
必要に応じて履き替えて臨むことが出来ればなお良いと思う。

もうひとつ。
Dura-Aceという名前がもたらす優越感も見逃せないかなぁ(笑)。



余談ですが、ヅラ子のクイックレバー固いです。
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。