(自分の覚え用に、めっちゃダラダラ書いてます。あしからず)

 2014年11月15日(土)
真夏の「スズカロード」(1時間エンデューロ)に続いて、
スズカエンデューロ秋SPに出てきました(^0^;)
いや〜〜〜、身の程知らずもいいとこです。



今回、ジャージがご縁の
FlatRoadLovers
のひとりとして参加させていただきました(^_^)
FRLの皆様、本当にありがとうございました(^_^)
機会があったらまた遊んでやって下さい。

この「山禁止」マークが目印。
スズカ4h 4
ってかいつの間に旗が出来てたのか・・・

FRLチームは4チーム構成。
1と2は上位に食い込むべく激走し、3と4は男女混合でがんばりつつもどこか和やかに4時間を楽しみました(たぶん)。
私が居たのはFRLー4。
本来ならば「男女2ずつ」だったのに、相方が仕事で不参加だったため男1・女2のやや不利な構成に。
まー、でも、そのわりには、初参加にしては、落車もしなかったし、いいところへ付けて・・・ゲフンゲフン

なにより悔やまれるのは、最終周でピットが閉じられた時に状況をきちんと把握できなかったことかなー。
ピットが閉じてるのを見て
ここからモリ漕ぎしなくっちゃだわっ!
て気がつかなければならなかったんだよね。
でもって、モリ漕ぐためにコースの右寄りへ出なきゃいけなかったんだよね。
左端は力尽きかけてヘロヘロになった人がぽつりぽつりと居るのである
ああ、失敗した(ノ_・。)
あれくらいの距離なら踏める脚は残ってたのにー。←アシ残すなって?そういう塩梅が解らないのが一回目なんですよっ(>_<)


普段はとにかく亀スタートな私ですが、この日は自分ひとりで鈴鹿まで行かないかんし、
初めて集まるチームなので遅刻してもイカンしと、
前日の夜は9時過ぎにはもう布団に入っていた用意の良さ。
そして3時に起き、4時回ったところで車を走らせていた。
うーん、やれば一応出来るんだね自分。
今回ギリギリで相方が不参加となり、自分だけで鈴鹿にたどり着く必要があるので、
前夜にはころりん号に自転車など荷物のほとんどを積み、早朝は身の回りのものだけ持ってうちを出る作戦にした。
また、宵の口の21時に寝るなんて普通じゃあり得ないことなので、
ここはひとつマイスリー様のお力を借りようということで、半錠を飲んだら効果てきめんであった\(^_^)/


名二環から伊勢湾岸道を通って23号を走る。
夜明け前は大型車ばっかりが走ってる。
そして名港トリトンから見える夜景がメチャクチャきれい!
 
自分の左右に広がる、宝石を撒き散らしたような景色。
止まることが出来ないのが悔しいぞ。


23号は南下するほど空いてきて、鈴鹿市に入ったところでコンビニ発見。
で、ちょっと休憩&軽い食糧確保。リポDも確保。
出発しようと思ったら、8耐の方に出るSYさんと遭遇。
ということはこの道で大丈夫なんだなと思えて妙に安堵できた(笑)。
いや、まだ着いてないんだけど。

案の定、自分が思っていた方向の逆から辿り着いてしまって、Uターンかまして駐車場へ。
パドックパスの駐車場はもうあらかた埋まってる。
そうか、ここって0時から開いてるんだもんね・・・
最初は私も「0時から入って、車の中で明け方まで仮眠した方が安心かな」と考えていたんだけど、
ころりん号では背もたれを充分に倒せないし、なにより布団できちんと寝ないと
体力持たんだろうと思ってやめました。
そんな寝方は若い子にしかできん(^_^;)

うっすらーと明るくなり出した頃には無事にFRLチームの皆さんと合流。
ピット37にしっかりとさっきの旗が掲げられてる。
同じチームで走るPさんYさん夫妻もいる。あぁよかった・・・
少し落ち着いたら、マイミクさんを探しに出る。
出た途端に、向こうから「あ!ぴぽたさんー」と見つけられちゃったりして(^_^;)
私、人を見つけるの下手なのよね(^_^;) 見つけてもらってよかったわ。
この後も数人から見つけてもらって話が出来た。Thanks。

ひとつ置いた隣のピットに「ひこにゃんジャージ」 を発見!
がしかし、マイミクさんは見つからず。
すでに試走に出たかな、またあとでのぞきに来よう。
私も試走くらいはしないといかんな、体冷えてるし。
で、2周走って戻った。
メインストレートの上り(4輪2輪と違い、自転車は逆回りにサーキットを使う)と直後のシケイン手前がきつーい(≧□≦)
ストレートでムキになるとシケイン手前で自滅すると学習(ー_ー;)。

スタートは、8耐が8:00 4耐は8:03。
とはいえ、私は第3走者になったのでピット前から応援です\(^0^)/
スタート待ちはこんな感じー
ど真ん中にFRLがあるの、わかりますかぁ?(^_^)

スズカ4h 6

走り出すとこんなん(空いてるとき)
スズカ4h 5

一人あたり2~3周で交代にしたので20分~30分はのんびり・・・
・・・のんびり出来ないっすね(-ω-)
それっぽっちの時間じゃ気分的に落ち着かないよー(≧□≦)
トイレ行ったり
腹ごしらえ(と言ってもお菓子とかサンドイッチ一切れとか)したり
ツイートしてみたり
別チームの知り合いを訪ねてみたり
そんなことしてるとすぐに自分の番がやってくるし、第一走者と第二走者が交代する時の
計測タグの巻き替え(足首に巻いている)もしなくちゃ。
なんとなく忙しい。でも楽しい。
イベントに参加してる感があっていい。

1回目の自分の番は、一通り集団がバラけた後だったのか、比較的走りやすくて気持ちよかった~。
コースの半分は夏の時に走っているので怖くないし。
あー、でもまだ空気が冷たい。
2回目の時から、風が出てくるわ、人が固まってくるわで神経使うようになった。
上り坂が来ると一気に人が押し固められて混雑する。
しかも、蛇行する人も出る。
蛇行しつつ重いペダル踏んでないで、ギアを落としたらどうだろう?と思いつつ、
右に左に避けて少しずつ抜いていく必要が出てくるのだった。
へたくそな私にそんなことをさせないで欲しーわ、んとに(-_-;)

その代わり、上った分を下る裏半分はかなり気持ちいい!
ここの部分だーいすき♪
夏の時にも思ったけど、私はこういうコースを走るの好きみたいだね。
でも、争うのが好きってわけじゃないけども・・・嫌いでもないかも。

たしかこの2回目の時だったか、落車場面にまたも出くわしました。
しかも2回。
「らくしゃあああああ~~~」と叫んでいる方の横をゆっくり通り過ぎる。
夏もこういう場面に出くわした、しかも後で知ったけど知り合いだった・・・。
同チームのPさんは落車シーンは見てないという。
私はそういう巡り合わせなのか?
自分が巻き込まれないようにさらに気をつけたのはいうまでもないです。

さて、第一走者が3回目に入る頃に残り時間が1時間を切ってきました。
この「残り時間」をどう分配するか?
Pさんは私と交代し走りに行ってて不在なので、Yさんとオンナ同士の相談です。
Pさんは3周走るだろうからそれで30分消化。
Yさんが2周走るとピット閉鎖時刻にかかるかもしれないから1周で交代しよう。
そーすると私がもしかしたら2周かもしれないねー、とかイロイロ。
じゃ、とにかくピットが閉鎖されていたらそのまま走るわ!ということでYさんを送り出す。
一周で戻ってくるので、ピット前に張り付いて交代の準備。

Yさんからバトンを受け取って走り出したら目の前にでっかい背中にひこにゃんを背負った姿!
靴下を確認したら蛍光色!(笑)
「MGPKさ〜〜ん!」
そう、彦根の雄“MGPKさん”がちょうど同じタイミングでピットから出走するではありませんか。
ほんのちょっとだけ一緒に走れて嬉しかった〜(ノ^^)ノ
来年こそは一緒に走ろうね~、とみるみる小さくなる背中に向かって心で呟いたのであります。

サーキットの一周はだいたい5km。
意外と小さい。愛知池だと7kmくらいある。
にもかかわらず、コース上で知り合いと出会うことはほとんど無い。
ま、それは私が追いつかれる側で、追いついて見つけるということが無いからなんだろうけどネ(ー_ー;)
でもってオートバイで先導されている最速集団は、
コース右寄りをあっという間に駆け抜けていくのでこれまた見つけにくいし、
見つけても遠い速いで声もかけられない。
そんな中、2度目か最終回の時に、横を駆け抜けてった数人の塊の中から手を挙げていった人発見。
花柄ジャージがトレードマークのSYさんでした(^_^) 速いなー。下り勾配の箇所でしたし。
こういうこともちょっとウレシイ鈴鹿エンデューロ。

ダンロップコーナーから逆バンクあれ?逆バンクで走りづらいなーという感覚は全くなかったなぁ。鈍感?のろい?に続いてS字カーブ、第1コーナーまでは下りでうねってて、ドキドキするけどちょっと好きな部分。
だけどやっぱりAIMEZ号は不安定になる速度域がある。
もう少しかっちりしてて、押さえ込めたらなぁ。
ホイールに不安がない(相方のヅラ子さんをそのまま履いて参加)だけにはやり悔しい、かな(^_^;)

きもちよーく第1コーナーを通り過ぎて、上り勾配になった頃、電光掲示板に
「ピット閉鎖中」
と表示されてるのを見た。
あぁ、来ちゃったんだ時間。
で、↑上の方で反省してるけど↑ここで一人でも多く抜かなくちゃいけなかったんだよねー。
(注。どうせスプリントと言われるほどの速度は出ませんので、コツコツと抜いていくという意味ですわよー)
反省、あぁ反省。だからこの反省を生かしたい(爆)

運命の12:03分。4時間エンデューロは終了~。
ゴールラインを超えてもう一周させられるかと思ってたら、
ピットロード終わりの先で一気にかき集められ網の中へ誘導された。
まるで定置網にかかった魚・・・
網は引き上げられ、計測タグを返却して解放される。

は~・・・疲れたような疲れてないような。
そうそう、この日一番困ったのは「自転車をかけるバイクラックが空いてない」ことだった。
走って戻ってきたのはいいが、自転車をかけておく場所がない。
これはもう少し工夫して欲しいなー、開催事務局の皆様。

ゴールしたという安堵感からか、急に空腹感が!(笑)
なんてわかりやすい精神構造。きもったま小さい。
でもその前に・・・
FRLチームで場所取りしたところを片付けたり、全員で写真撮ろうと言って集まったり。

スズカ0
このジャージこの人数で目立ったのか、公式カメラマンの方から声がかかり、こんな感じの写真を撮ってもらうことも出来ました。
その写真が来年のホームページに使われるとかしないかなぁw


今日、出場した人の多くは第2回戦が名古屋であるとのことで、ここで一旦解散。
PさんYさんとともに「お腹空いたよね」って、屋台が少し並んでるところへ行って焼きそばをほおばる。
おいしい、食べたい気持ちになったあとはおいしい。

その後、8時間を走る「ゆるぽた」のチームオフィスや、ひこにゃんチームのところへ顔を出して
「お先に&がんばってね~」の挨拶。
「ゆるぽた」のチームオフィスは快適そうでしたなぁ。
なにせ暖房付いてるし、トイレ付いてるし(何度かお借りしました)、
シンクと冷蔵庫あるし、コンセントもある。
4時間だとコスパがちょっと厳しいかもだけど、8時間走るならここ使えた方が断然いいよね。
荷物も置かせてもらったりして、本当にお世話になりましたm(__)m
ありがとうございまーす。

「ひこにゃん」ジャージチーム(ごめん、チーム名わかってない・・・)に挨拶に行ったら、
どうやら年初の「モリコロぐるぐる」に来て下さる予定のようなお話が(^_^)
今年の正月もわざわざ来て下さったのよね。
名古屋は冬場は晴れるのが当たり前みたいな土地だけど、
彦根の方は時雨れることが多くてなかなか自転車に乗れないのだそう。
そんなに天気が違うとは気づかなかった。
もうぜひ、太平洋側へ走りに来て下さい(^_^) 再会を楽しみにしていまーす。

こうして用事のほとんどを終了し、さぁぼちぼち帰りますか?というところで偶然にも、
Yさんが「やってみたい~」と言っていたサングラスのかけ具合調整場所を発見!!
一人待ち状態だけどこれはやらなくちゃ\(^_^)/
Pさんもやっておくとのことで、二人してかけ具合バッチリになってました。

今回は、出展ブースもなんとなーくワタシ的にはイマイチで、何も買わず。
欲しいものが特にないからかなぁ。
出店側も夏ほどの意欲というか迫力が無かった気がする。
あ、サイクルモードが終わった後だから?
Jさんは自分の自転車をピッカピカにしてもらっていたな~。
あれって、メンテ手順を解説しながら見せてくれるのだろうか。
整理券を朝一番に取らなくちゃいけないとか言ってたっけ、それも大変だ。

そんなこんなで4時間が終わり、8時間を走っている人たちを見ながら駐車場まで。
昼前から風が出てきたから、8時間の人たち大変だぁ。
私が車を止めたのはEと呼ばれる、少し高台の駐車場。
夏の時は試乗用のスペースになっていたところ。
そこへ向かう途中、トロッフェバラッキの出場者が集められていた。
Dさんが走るはずなんだけど、見ても誰が誰だか全然わかりませーん( ´▽`)ノ
TTで走る人たちも見てみたかったし、Dさんのスタート時くらいは応援したかったけど、
一人で運転して帰らねばならんので、あまりのんびりしても居られない。
帰る途中で居眠りしたら大変だもんね・・・無事帰宅までがレース、うん。

参加賞二つで膨らんだ荷物と自転車をころりん号に詰めて荷物ってなんで帰りの方が増えるんだろうか・・・しかも大幅に
リポDを口にして出発~。
予想通り、サーキット周辺渋滞~(笑)

行きは23号線を使ってきたけど、この時間だと大型車等々で交通量が増えているだろうから避けて、
東名阪に乗って帰ることにする。
んが、東名阪乗るまでが長いんだよね・・・そしてけっこう混んでました。
眠くならないよう音楽かけて歌ってみたり、ガム噛んでみたり。

東名阪に乗ったらもう大丈夫。
この距離なら一気に名港トリトン渡って、名二環に入って、自宅近くのインターまで。
無事帰宅のメールを、仕事してる相方に送って風呂を沸かして、荷物を運び込んで、自転車をさっと拭いて。
残りは明日だ、あした。
明日はAIMEZ号をきれいに水洗いだーーー。
あ、ウエアは当日洗濯しないとな。

今回、朝が早かったこともあり、周囲の人は「寒い寒い」って言ってました。
私は「確かに冷えるけど、苦になるほどの寒さでもないなぁ」と思ってたんですが、まぁその、
ほてりが出やすい体調と、もう一つはウエアのチョイスが良かったのではないかと思ってます。
私は腕や脚が冷えると苦になる人なので、この日は思い切って真冬用の
“ウインドブレークタイツ(パールイズミ)”を履いていきました。
これのおかげで、走っているときもそうでないときも、脚が冷えてツラいわってのが全く無かったです。
靴を脱いでシートに座ってるときにつま先はちょっと冷えたけどね(^_^;)
そこに加えて、Terryのラップスカート(これが冬しか穿けないくらい厚手で重みがある。しかも巻きスカートなので前身頃が二重の状態になる。まさに冬向きw)をチョイスしていったので下半身の守りバッチリ♪

上半身はモンベルのLWにやや厚みのある長袖ジャージ、その上に半袖のFRLジャージを重ねてました。
早朝対策として、冬用のアームカバーをはめて腕の冷えに対応。
日が高くなったらアームカバーは要らなくなりました。
そして、走っていないときには裏起毛ジャージを羽織って防寒。
(最悪それでも寒いときは、常に携帯しているポケッタブルウインドブレーカーでなんとかするつもりでした)
薄手を重ねることで、十分対応できていたな~という感じです。
ただ、私たちは気温が高くなった頃に帰ってこれるのでこれでいいのかもしれませんが、
8時間を走るとなるとこの服装では厳しいかもしれないですねー。

服と言えば、レーパンは用が済んだら脱げるように、下着を持って行くのが次の課題ですね。

よしっ!これで来年はばっちりだー\(^□^)/ らいねん?

どうも雨に祟られやすい週末が続く今日この頃。
天気が持ちそうな8日(土曜)に、安城市役所発西尾方面一色行き食べポタを計画して行ってきました。

実走ログがうまく取れなかったので、計画用に描いたものを貼り付けておきます。
概ねこの通りに走り、食べましたから(^_^)

このコース、基本ド平坦で楽チン。安城市役所〜矢作川は走りやすい。県道383〜国道247は道幅と言い交通量と言い半田街道にそっくり。帰りはルートから外れて、県道12と309の間の道を走りました。

今回は、ランチに一色漁港の方ではなく、テレビに出ちゃったお店の方へ行くことにしました。
同行のマイミクさんが行こうと思っていた矢先にテレビに出たらしく、
混んでいないか心配でしたが、11時ちょっと過ぎに到着して早めのランチにしたので大丈夫でした(^_^)

1日20食限定の「華膳」
潮浜「華膳」
開口一番「かわはぎ うめー!」
煮付けがうんまいです!
次いでブリ刺しもうんまい!
このふたつが断トツでした。
次に行った時は煮付けの定食か刺身定食にしよーっと。
「華膳」には甘いものまで付きます。
アメ炊き芋
サツマイモの飴炊き。大学芋みたいなものね。

今日のメンツは、マイミクYさん・相方・私の計3名。
最近、Yさんの旦那様が「あっち方面」に忙しいらしく、先週の鶏ポタもこのメンツ。
美味しいものを2週連続で食べ損ねたねぇ、Yさんの旦那様~。
今度は蛸にでもしよっかなぁー(笑)

この日は天候的には文句なかったんですが、日差しが少なくてやや肌寒い。
室内でヌクヌクしたあとに外へ出ると「寒っ」って思わず言ってしまうくらい。
走れば汗が出るんですけどね。
ウエアの調節が難しい時期ですな。


さて、次はカテキン堂。
カテキン堂はここ

自前お抹茶点てのつもりでしたが、到着時は汗だく・・・
つい冷たいものに流れた三人なのでした(^_^;)
抹茶クリームソーダ
ちょっとリクエストして“抹茶クリームソーダ”にしてもらっています。

店の外にあるトヨペットのところで一枚。
緑でおそろ
狙いすましたようなお揃いw
・・・緑色の靴下買わないかんなー

カテキン堂から1キロも行かないところで2回目のスイーツ\(^0^)/
「穂積堂」
穂積
イートインできます(^_^)
左から順に、
 芋ようかん、じゃなくてイモ饅頭じゃなくて・・・なんだっけ?サツマイモでできたお菓子
 栗きんとん
 茶ぼーす(ノーマル)
 茶ぼーず(イチゴ)
私が左の二個、相方が茶ぼーず二個、ですから。
途切れることなくお客さんが入っているので、評判のいいお店なんだと思います。
あー、おいちかった♪

ここから先は来た道を戻っておしまい(^_^)
田園風景の中を走るって気持ちいいですねー。
自宅近辺では味わえない風景があってうらやましいです。
もう少し、こっち方面を開拓したいなぁと思いました。



【オマケ】
今朝のプリ子は葉っぱをおでこに付けて、なにかに化けようとしていました。
プリ子の葉

今夏、仲良しマイミクさんと

「鶏、食べに行こうね 鶏」

と言っていたのに、続く悪天候で機会が作れず、
やーっと秋になって実施できました。
これ以上遅くなると、香嵐渓の紅葉を見に来る車でごった返しそう。
目指す店は香嵐渓の先にあるのです。

走ったコースはこちら↓


自宅から水源公園までのコースをまだ確立できていないので、水源公園までトランポ。
この日(10月25日)でももう香嵐渓の近くは車が混み合ってたので、先延ばししなくてよかったと思う。
できるだけ車の多い通りを外し、一本横の道を通るように工夫する・・・多少アップダウンが増えたとしても(笑)。
かなり増えたな・・・

定番の「加東家」には立ち寄らず、一息に「花の木」を目指します。
お昼時には待ちが出る店なので、昼前に入るためにはデザート後回し。
なんせ、店の手前に坂があるしねー。

あえて「未知のまま」その坂に入ったんだけど、地味にキツいな。
心が折れそうな景色もあるし、てっぺんかと思ったところは坂の途中だし。
マイミクさんと二人で

「トリまだか、トリ〜〜〜!」

と叫びつつ(叫んでたのは私だけか・・・)なんとか辿り着きました、

『花の木』
花の木 トリ

ほとんど待ち無しで着席。
で、3人三様で

相方
花の木 半身
丸一羽の半分。食べやすいようカットしてもらってある。

マイミクさん
花の木 カツ
鶏カツ。ジューシーそう・・・

ワタシ
花の木 塩焼き
塩加減がよかった。もう少し火の通りが甘かったらさらに良かったと思う〜。

この店には何度も持ち帰りでは買いに来てて知ってるんだけど、店内で食べたのは初めて。
味噌汁が赤みそでいいよねー。
鶏肉もやっぱり美味しいわ〜。

すっかり満腹になって、少し店内でゆっくりしてから足助へ戻ります。
行きに通過した“ちょっと気になるお店”でお茶する予定。

ま、当然のことですが、行きに登ってきた坂を下るのでなかなかスリリング。
板取や谷汲の方の坂が可愛く思えました。
それと、Aimez号の柔らかさが裏目に出た感もあった。
下り途中で車体の振動が大きくなって、制御しきれない範囲に入りそうな危うさから速度を落とさざるをえないという状況が数回。
ホイールはたぶん大丈夫だったと思うので、もう少し硬いフレームだったらもう少し速く下れたかも。
この日の最高速度はたぶんここらあたりでマークした49.2km/hでした。
あー、しんどかった。

そしてお目当ての“謎なカフェ”に到着。
昭和なカフェ

入り口が奥まってて、うっかりすると通過してしまう。
店内は「昭和」です。
窓ガラスがひずんでたり、ステレオがあったりLP版があったり。
そうそう!窓のカギが
今の子供、これの締め方絶対知らんよね!
っていうクソ懐かしい代物でした。
もう、昭和生まれ3人で盛り上がる盛り上がる。

あ、カフェなのでスイーツもいただきましたよ。
デザート ショコラ
ワタシは「ガトーショコラと自家製梅シロップソーダ」
このガトーショコラ、ちゃんと利益出てるのか?と思うくらいぼってりとしててサイズでかい。
そして旨い。

お店に居たのは結局われわれだけという落ち着きもよかったです(^_^)

そして本格的に帰り道に入るわけですが、これまた153も足助街道も避けて通ろうと冒険ルートを選択したらしっかり
ボーナスステージへ突入。
しかも「ちょっと遠回りしただけ」的なボーナス。

「まぁ、これ(遠回り&坂)を笑って済ませられるようになっただけ進歩したかなw」
という点ではマイミクさんとも見解が一致。
自転車始めた頃だったら絶対怒ってたよねwという点でも一致〜。
そう、そんなもんでした。
でもやっぱりワタシは坂嫌い(^_^;)。

こうして今日も無事にゴール地点へ戻って来れました。
マイミクさんはまだあと少し、自宅まで走らねばならないということで、気をつけてねーとお見送りしてから自転車を車に積んで、途中でコンビニへ寄って
アフター牛乳
ハイ、運動後の牛乳〜\(^O^)/

雨が降る前の、絶好の自転車日和でありました。






昨日、とうとう待っていたものがやって来た。


いわずと知れたニューマシン


である。









これが来たことで今の私は一時的に

3台持ち


せっかくだから記念写真撮っちゃお♪






iPhoneみっつ2

背中向けてないでこっち向いて〜〜〜、ってことで
iPhoneみっつ


ええ、自転車じゃありません(´・_・`)

左から、iPhone4・iPhone5・iPhone6。
iPhone4の時は待ち無しで、iPhone5は一ヶ月待ちだったかなぁ。
今回のiPhone6は15日待ちでした。
たぶん、人気の高い色じゃないし、プラスじゃないし、64GBってことで待ち時間は少なかったんじゃないかなぁ。

こうして並べて見ると、iPhone4はきれいだ。
お金がかかっててしっかり感がある。
重いけどね(^_^;)
これをドナドナする予定だから、あと少しのお付き合い。

真ん中のiPhone5は電話回線なしで持ち続ける。
今まで4がやってくれてた「サイコン役」をこちらへバトンタッチ。
の予定。
(電話回線なしで持ってるからGPSちゃんと拾ってくれるのか心配)
格安SIMとか、考えたこともなかった世界だから今頃調べてもなにななんやら・・・(汗)


新入りの6、シールだけ貼ってある状態でカバーやケースは今のところなし。
予想していたよりずっと持ちやすい。
大きさ的には「バンパーを付けた5とほぼ同等(縦にちょっと長いだけ)」なので無問題。
いずれは予約してあるバンパーを付ける。
5のと同じバンパーを予定しております、あのバンパーお気に入りなので。

5と同じOSだし、5のデータで復元しているので正直なところ

6だからって、大きな感動はなにもない

です ハイ(´・_・`)


まぁ、6であれこれ見た後で5を弄ると
「画面小さっ」(笑)

慣れってコワイ(^◇^;)



2日目にしてこれはイイ!と思ったのが「指紋認証」

Touch ID


便利や〜〜〜〜\(^O^)/
無操作でロックがかかった後、いちいち4桁のパスコード入力しなくても、登録した指でホームボタン触るだけでいいんだもん。
電車の中とかでロック解除したいとき楽だよ、きっと。

カメラも(少々のっぺりした映りのようだけど)良いようだし。
容量も16から64にフンパツしたからデータため込んでも無問題\(^O^)/

あとは・・・
iPhone5の時みたいに初期不良とかが出なけりゃいいけど。
いや、出てもいいけど1年以内でお願いね(笑)








最新記事