上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、好天の土曜日はサイクリングです( ̄∇ ̄)
当然ですね〜。

冬の間、他の人のブログ等々で出てきた「まるじゅん」。
気になっていたものの機会がなく、でもある日ふと思った。


やきいも食べたいっ
焼き芋っ!!


思えば今冬は焼き芋に縁がなかった(。-_-。)

そこで「まるじゅん」へ行くことを決意、決意はいいがルートが全然わからない。
なんせ私は生粋の名古屋人、西三河の土地勘も距離感もなし。
知立・西尾・碧南・蒲郡がどういう風に位置してるのかが今だにわかってない

そこでSNS上で助けを乞うてみた。

ありがたや、友人やそのまた友人から、ルートの情報と焼き芋以外の美味しいモノの情報を寄せて頂けた。
いつも思うことだけど、SNSってこういう時本当にありがたくて助かるよね。
ホントにすぺしゃるさんくすです、K氏・Tさん、そしてT氏

短い時間で情報が得られたので、手早くルートラボでコース作成。
一緒に行ける方を呼びかけたら、当日は女性3名編成となった。
集合場所には見送りのためにTさん登場。
ダホン、かわいい〜。 写真撮り忘れたけど(^^ゞ
自宅付近をサクサク走ろうというときはこーゆー自転車がいいよね。
もう一台は折りたたみ小径車がいいな、やっぱ。

さて。
女性3名をご紹介。
芋ライド安城公園

なんですと?違うだろ?
そーんなことありません、正真正銘爽やか女性ローディ3名です(・ω・)
うち1名は、周囲からやっかまれそうな別嬪かつお若いレディなので極秘扱いにしました。
参加しなかった悔しさを味わいなさい( ̄∇ ̄) フッフフ~ン

まずは焼き芋「まるじゅん」を目指す。
今日の案内役は新参者のコヤツ
IMG_4878.jpg
がしかし、早々に案内がアヤシくなり二つ目の曲がり角でスマホにご登場願うことになった。
やっぱりスマホからの卒業はほど遠そうだ。

とりあえずしばらく直線というコースに入ってまもなく、対向車線にローディ発見。
見送りに来てくれていた「Tさんのおうちってこの辺なんだよねぇ?」
という言葉も終わらないうちにダンナ様を発見して捕獲したのでした(笑)
ぃやぁ、今日は幸先いいな/(^o^)\

スマホ先生に頼りつつ 810Jクンは、常に右に曲がれとか左に曲がれとか「何を案内してるんだろう?」と思う挙動を見せており、人間の頭で考えても「向かう方向としてはこっちだろ」の方角を示さず。
どーも、今日が周回コースであることから、スタートとゴールが同一地点なので、ゴールを示しつつスタート地点に戻れという案内になっちまってるのかな?と想像し続ける私なのであった。

無事に到着 焼き芋!
芋ライドイモ
行列もできてない\(^_^)/

お目当ての芋(安納芋)はなかったけど、キラ・・・なんとかっていう芋をチョイス。
私は「ねっとり系」の、黄金色に透き通るような色合いになる芋が好き!
もっと食べたかったけど、次なるランチが待ち構えているのでほどほどで出発。

途中、極秘じゃない同行者Yさんが
「この近くに寄りたい店があるの♪」というのでもちろん寄ることにした。
それがこちら
芋ライドプリン
知らなかったら素通りしてる。
すぺしゃるさんくすT氏からもちゃんと紹介されていた所。
Yさんはシュー、極秘ちゃんと私はみぷりんを賞味。
賞味してるところで二人目のローディを捕獲 極秘ちゃんの知り合いであった

さ、今度こそランチ。
ここから先はYさんに土地勘があるので先を牽いてもらう。
ありがたや(´ω`)

15キロほど走りきって一色漁港に到着したものの、12時を過ぎていて
「一色さかな広場」の飲食店は長蛇の列。
あまり時間をかけたくないから、さかな広場での食事は諦め、2キロほど離れた店へ移動。
待たされるかな?と思ったほどもなくランチにありついた。

☆海鮮丼とエビフライ
芋ライドランチ1

☆海鮮丼と天ぷら
芋ライドランチ2

☆にぎり寿司盛り合わせ
芋ライドランチ3

食後のコーヒーはサービスでした。
ごちそうさまー(^人^)
さぁここからは復路に入ります。
まずは西尾市内へGo。

午後から風がちょっと強くなって、ところどころ横風に襲われる。
セミディープリムを履いている極秘嬢の場合、ユルユルと走ってると風がきついだろうなぁ。
とはいえ彼女に本気を出されると私は付いて行けないのである。
極秘ちゃんが先頭に立った途端、810Jの示す速度が27とか28とかになったのを私は見逃さなかった。
軽く走ってもらってこれだから、普段は30超で巡航していることが伺えた・・・



無事に西尾について、目指すはあそこだあそこ!
はい、ここー( ̄∇ ̄)
芋ライド抹茶1
今日はカテキン堂はパス。

ここで抹茶を挽いて飲んでみたいのである。
普通の挽き臼体験は300円、高級茶葉だと1000円。
この際だからイイお茶にしちゃお!と1000円出してみた。
1000円だと、お茶っ葉が違うだけでなく、専用のお茶器が使えて、座布団も立派になるのよ。
ホラホラ
芋ライド抹茶2
ただし、一席しかないので二人だと交代で挽かなくちゃならない。

ん、まぁ、お茶はそれなりに美味しかった。
次は300円のか、1階で普通に飲めばいいな・・・
1階の席にあった掛け軸。
三人で文殊の知恵を出しても読めない字があった・・・

芋ライド掛け軸

お茶は挽いたし、甘いものも補給したし、後は一路帰るだけ。
もう少し立ち寄りたかったけど、時間と腹が空いてませんでした(^_^;)
残りは次の宿題に。
ちょうど、復帰用平坦ライドをしなきゃいけない人も居ることだしね(謎)。

ここからの帰り道は私も何度か通っている・・・と言いつつももっと慣れたYさんが居るので
先頭をお任せしてしまいました_(._.)_

サクッと安城CRに入って順調にゴール。
16時頃のつもりが17時直前、ちょっと時間かかった。
途中の休憩を短くするか、走るペースを上げるかしないと短縮および寄り道増量は難しいか(^_^;)

【服装覚え書き】
気温が20℃くらいになるだろうと思い、

真夏用アンダーにモンベルジオラインLW半袖を重ねて、
半袖FRLジャージを着てアームカバーを着用。
グローブは真夏でも使えるフルフィンガー。
Terryの7分丈レーパン+cwxの膝下タイプを組み合わせてロングタイツ状にして着用。
薄手のスカート。

これで、朝こそちょいと寒かったけど、ウィンドブレーカーを着るほどでもなく済んだのでほぼ正解であった。


【おまけ】

ベニヤ号洗浄
ぐるっと浜名湖で汚れたまま一週間過ごしてしまったベニヤ号。
芋ライドを終えてからやっと洗うことが出来ました〜。
白いと汚れが目立っていかんわ(^_^;)




スポンサーサイト

2015年の私のコンセプトは

『身の程知らずですがそれがなにか?』

です。

その『身の程知らず』さ 第二弾はコレ。

IMG_4879.jpg
やっぱり買っちまいましたぜダンナ(誰?)

ちなみに第一弾はベニヤ号 (の骨組み)。


しかしつくづく、私の買い物手法って同じなんだなぁ(^_^;)

漠然と「あったらいいのになー」くらいで推移した後、なにか些細なきっかけで

『だぁっ! ダメだ。
やっぱり買うっ!!』


になって即お買い上げ。
計画性という言葉はないに等しい・・・
主婦になれないわけだよなぁ。
あー、このガーミンはさすがにボーナス頼み。ボーナス出なかったら、夏は水飲んで暮らさなイカンかも試練。


過去を振り返っても、D90買った時がそうだったっけね。

成田へ写真撮りに行って、そんときゃ借り物のD70使ってたんだよね。
そのD70、撮影モード切替のダイヤルが不調で回せなくなっちゃって。
それまでは「D70で充分撮れるから私はこれでええやん~」って言ってたのに、「撮りたい時に撮れないなんて我慢ならんっ(`ヘ´) 」って、帰宅後すぐにD90注文したんだった・・・
その上、「戦闘機撮るなら長玉が必要だよ!105ミリじゃ全然足りないっ」とか言ってニッコールの70-300をいきなり買ってしまったり。
この頃に「買うなら、その時手が届く範囲の一番上のクラスのものを買っておけば後悔しない」という論法を覚えたんだったなー。
でもこの論法は結構正しいと思うんだ。
少なくとも私みたいな人間には。
で、ベニヤ号も同じような勢いで手に入れている(^_^;) 人は簡単には変わらない・・・




で、今回はガーミンなわけだ。

前々から
「ガーミン、きっと便利だよね。ハンドル回りもスッキリするだろうしさ~」
とは思っていた。
だけど、サイコン一応あるし、走行ログはスマホ内のアプリで取れるし、
ケイデンスや心拍が取れないと困るということはない人だし。
なによりお値段もけっこうするし、であまり考えないようにしていた部分もあった。

考えない、考えない・・・ (-ω-)

でも、ライド中のナビをずっとスマホで続けたら、バッテリー保ちそうにないし、
でかいスマホをハンドル回りに常時装備するのは実用的じゃない。
走行ログはもちろん取りたいけど、それ以上にルートのナビ機能が欲しいのだよ私は!


先日の浜名湖イベント、久しぶりにスマホでログを取っていた。
本来ならゴールしたところでログ取りを終了させねばならないのに、
スマホを背中ポケットやトップチューブバッグに入れていたせいで停止ボタンを押すのを忘れてた。
気がついて停止させたのは高速道路上、渋滞中で遅くなるとメールしようとした時だった。
保存されたログには、車で走った部分も含まれてしまった。
このとき
『これがガーミンだったら・・・』
と強く強~く思ったのだ。

以前から「ガーミン買うなら絶対“地図でナビができるヤツ”=810J」と決めていたので、
帰宅後、速攻で価格.comにて検索。
その日はビックカメラが一番安く、しかも16時間以内に発送とあった。
うむ、文句なし。
次の週末になんとか間に合うじゃないか。


ポチッとな ρ(・_・ ) 


IMG_4878.jpg
さて、特急でやって来た810Jくん、機能が多すぎて何が何やらわかりませーん。
とりあえず次のライドのルートを案内してくれるようにだけはできたつもりしたつもり。
本当に思い通りに動いてくれるのか、ぶっつけ本番で確認です。
念のため、同じデータをスマホにも入れておいた、スマホから卒業できるのはいつだろう。

念のためとオシャレをかねて? カバーも購入。
IMG_4877.jpg
本体は黒しか選べなかったから、車体に合わせて青。



それにしても純正の取説って、毎度の事ながらわかりにくいわ。
ムック本ってないんかしらん・・・

怒濤の週末の最終日(日曜)、
『ぐるっと浜名湖ツーリズム』
行ってきました。
公式サイトはこちら


なぜ“怒濤”なのかというと、
金曜はFRL春の祭典で宴会だわ・・・

宴会に興味ない人はずずっと下へ。
以下しばらく宴会の様子。


FRL宴会1

FRL宴会2

FRL宴会3

FRL宴会4

モザイクかけたくないくらいイイ笑顔だったんだけどねー、仕方ないよね
著作権の問題とかファン殺到の懸念とかあるって話だから(ミスターK談)



翌土曜はmixiゆるポタ仲間の送別ライドで愛知池だわ・・・
総勢10名。他にも団体さんが数組いた。
愛知池ラスライ1

送別されるT氏(拡大図)
愛知池ラスライ2
愛牧のログテラスのテラスにて。暖かい日だったのでここで充分。


土曜夜は、明日に備えてスタミナ付けとけ、と相方の御馳走にあずかってプチ宴会だわ・・・
焼肉(前夜祭)
わ~い肉肉。お肉大好き♪


そして日曜は夜が明ける前から起きて支度して明るくなった頃には高速道路走ってるわ・・・で
怒濤の二日半。

日曜とはいえ早朝の東名高速は空いてていいわ~(*´艸`)
特に、ハイエースかタウンエースかプロボックスバンがかっ飛んで来るので、
すかさず後ろに付いてドラフティングの練習(ウソ)
(日曜もお仕事なんですね、お疲れさまです)

例のごとく朝ご飯を食べられない私なので、コンビニおにぎり二つを
なかば無理矢理に口に押し込みモグモグしながら浜名湖到着。
インター降りたところで、後々その日の同行者となるTさん・Sさんご夫妻の車の後ろに付く。
後ろ姿がそうじゃないかな~と思うものの、後頭部だけでは断定できず。
会場に着いてから確認したらやっぱそうだったという。

で、この日はそのままTさんSさんにくっついて行って一日過ごさせてもらっちゃった/(^o^)\

そうだ、その前に、自転車組み立てて受付まで行く途中で真っ先に出会ったのは
FRLの歩く エロ 紳士であるKさんだったわそーいえば。
だって、上下ともVer.4でばっちり決めてて目立つんだもん。

でもでも、ゼッケンの付いたベストみたいなの着せられちゃうから
ジャージ何着てもあんまりわからないんだよね(^_^;) そこは残念。

私は前日の愛知池ライドで服装の予行演習をしたんだけど
FRLver.4のジャージはやめてスカートだけにしといた。
赤水玉のスカートだよーん。
Kさんに「後ろから撮って」とお願いしてのショットですのでご安心を(笑)

これが、直前に届いたFRLジャージver.4&FRLスカート2種。
前々日のFRL宴会でゲットできました(^_^)
FRLスカート


今まで自前のハマイチは何度もしてるんだけど、イベントで参加するのはこれが初めて。
途中にエイドがあることについては“渥美半島ぐるりん”で経験してるんでイメージできたが、
お昼ご飯はどうなるんだろう?って思ってた。

こちら第一チェックポイント
ハマイチぐるっとA
第二チェックポイント
ハマイチぐるっとB

この次がお昼休憩ポイントらしい。
てっきり「適当な時間になったら参加者それぞれで店に入るとかして食べてね」かと思ったら、
お弁当が用意されてるのね(^_^;) 汁物付き。
ハマイチぐるっと弁当
これで足りる人がどれくらい居るのか不安だけど。

ま、お昼はチャチ 質素でも、みんなで輪になって食べると楽しいよね~\(^_^)/
ハマイチぐるっと昼
楽しいのも味のうちよね!ね?

前後して走っていたmixi仲間とも各チェックポイントで出くわしておりました。
っていうか、リカンベントの人とロードの私らがチェックポイント毎に同じになるっておかしくない?(-_-;)


オレンジロード入り口手前にある「入河屋」にて待ち構えていた先行三人組。
紳士であるKさんお勧めのお菓子がこちら。
ハマイチぐるっと入河屋
皮がカリッと香ばしくあんこがふんわりと甘い。
なにかに似てるな~と思ったら『納屋橋饅頭の唐揚げ』と似てるんだ。
K氏は“なやましまんじゅう”って聞こえていたらしいけど。
一応、相方への土産としてみかん最中を1つ購入。

さて。
ここから先には、このコース唯一の坂が待ち構えている。
これも何度か上ってるんでわかっちゃいるけど、毎度ラクじゃないんだなぁ、オレンジロード。
10996267_1620718161497122_8836410251369749920_n.jpg
ヘロヘロで上がりきったので表情が変。作り笑顔すらできてねーよー!
ただ、まぁ、途中で足をつかずに上がりきることはできたのでヨシとしよう。


しかしね、今回は新たな収穫があったよ、うん。
ベニヤ号ってば下りが楽しい!メッチャたのしい!(ノ^o^)ノ
たわまないことの素晴らしさを初めて感じられた気がする!
下ってて顔がほころぶって初めてだ~\(^_^)/
「これは次回C35履いて来なくっちゃ」とか思ったモン。

最後のチェックポイントは、今まで行ったことがないルート上。
新居の駅を越えたらなんだかぐるっと大回りさせられてるようなルートで海沿いへ。
ここで、ベニヤ号の分身と出会う。
ってか、昨年12月のヴェロフェスタであったご夫婦と出会った。
すでに納車されていた私のベニヤ号を見に来られたんだよね奥様が。
「私、注文して届くの待ってるんです~(*^_^*)」って言ってらしたの。
この日は「届いて三日目なんです~(*^_^*)」って。


さて、残りはあと少しだから頑張りますか~と走り出して、
ゴールまであと1キロもないんじゃない?ってあたりで同行者のTさんにパンク発生。
おぉ~っと、こんなとこで(笑)。
や、ダートの直後なので、なにか拾っててもおかしくない。
伴走のスタッフ(猿の着ぐるみ着たおにいちゃん)も止まってお喋りしつつ励ましてくれてた。
パンクはチューブ交換で事なきを得て、最終走者としてゴール。
いや、美味しいところをいただいてしまいました(爆)

楽しかった!
チェックポイントの度に大笑いして、
走って、
また大笑いして。
すーごく楽しかった、イベントはね。
 
ご一緒して下さった皆さん、本当にありがとうございました(*´艸`)



しかしここからが問題。

帰りの東名高速の渋滞がハンパなかった・・・。

浜名湖周辺も、定番の音羽蒲郡あたりも道路標示が真っ赤(大渋滞)。
愛車ころりん号は、センソドライブなるコンピューター制御のクラッチが付いてて、
半クラッチを多用するとコンピューターが固まるのである(-_-;)
つまり・・・ハングアップし動かなくなる。
この渋滞の中でそんな状況に陥るのはどうあっても勘弁願いたい。
その一心で、“クルマは全てMTだった頃の渋滞の走り方”を実践して帰って来ました、後ろの迷惑顧みず。
渋滞抜けきったときの安堵感ったらなかったね。
帰りの所要時間、渋滞中2:爆走中1くらいの割合だった。

ウチのドアを開けたのが22時30分ちょっと前。
当然何もする気が起こらず、服や荷物だけ片付けてお風呂入って就寝。
いやはや、大変な一日であった。


【総括】
イベント自体はとても楽しいし、運営も特に問題は感じなかった。
あぁでも、初めて来た人にはちょっと判りづらい誘導看板だった部分もあるかな。
そうそう、意外なところでダート(未舗装路)を走らされるので運が悪いとパンクする。
(同行者Tさんのパンクもダートを超えたところで発見された)
問題は帰りの交通状況だね。
現状、音羽蒲郡付近の渋滞は常態化しててどうしようもない。
新東名高速が豊田まで繋がったら、その恩恵を受けて少しはマシになってくれることを祈るばかり。
その新東名も開通が伸びてるみたいだけどねぇ。

そんなわけで、今のところ「来年のこのイベントは参加予定なし」フラグ。
ハマイチ自体は自前で行った方が鰻食べられるしねぇー(笑)

この日唯一の「湖風景入り写真」
ハマイチぐるっとベニヤ号




昨日、天気と、初めて見る“入場待ちの車の渋滞”によりモリコロぐるぐるを断念しました。

で、一転 好天になった今日はリベンジしてきましたわよ( ̄∇ ̄)

が!

朝イチでもう駐車場(一番近いところ)満杯。
なんでかと思ったら「ミニ四駆グランプリ」をやっていたためらしい。
春休みなんだなぁ・・・

サイクリングコースも親子連れ多い。
何回も来てるけどこんなに多いのって初めてじゃないだろうか。

そして暖かい。
今日のウエアは、
 長袖ジャージ
 モンベルジオラインMW(長袖)+LW(半袖)
 スカート
 ウィンドブレークタイツ
 靴下
 シューズカバー

ポケッタブルウィンドブレーカーは使わずじまい。
イヤーカバーも要らなかった。
アンダーの二枚重ねはちょっと多かったかもだ。
そして案の定
日焼けした( ̄∇ ̄;)
今使ってる日焼け止めは汗に弱いようだ、やっぱり定番のアネッサにしなくては。

「モリコロで走る〜」と書き込んだら、マイミクさん数名が三々五々集まってくれた。
新ロードバイクあり、クロスバイクあり、TTバイクあり。
TTバイクのDさんとは何度か顔を合わせてるので、お喋りしつつ一緒にスタートする。
後輪がカーボンディスクホイールなので独特の音がする。

彼が通りすぎるときの子供達の反応が面白い。
たいがいの子が、凝視して一瞬固まる(笑)そして目で追う。
休みを入れつつ何周かして、一番面白かった子は



「ぅわっ

・・・

こわーい・・・」



って言った。
彼が聞いた言葉では

「本気の人が来るよっ」

だったらしい(笑)。
彼的にはかなり軽く流していたと思うんだけどね。
モリコロのコースはブラインド部分が多いので、先を見通せる部分のみ真面目に走っていたらしい。
そこに来ると私はあっという間に千切れたもんね〜。

のんびり、ってわけじゃないけど自分のペースで何周も回るのもいいけれど、
こうして速い人になんとか付いて行こうと頑張るのも(脚がすぐ削られるけど)
いい練習になって楽しいし嬉しい。
自分だけじゃ絶対この日のような走り方しないもんなー。
そのかわり、想定以上に疲れた( ̄∇ ̄;)
別のマイミクさんのチタイチ企画もあって、それにも心惹かれたんだけど疲れが残るのはイカンなと思ってモリコロぐるぐるにしたつもりだったのに、あまり変わらんくらい疲れてるやん。


モリコロ定番の昼食、スガキヤに行ったら「スーちゃん祭り」?とかで大混雑。
注文するだけで30分くらいかかった(並んだ)。
これも初めてだよ・・・

ラーメン食べ終わったらDさんは仕事があるからと帰って行った。おつかれさまー。
残ったKさん、Mさんと私はもう一周くらいしますかと、のーんびりクールダウン。
私ひとりだけ引き離されちゃったときに、後ろから声をかけられた。






「その色のアイドル
 かわいいですねー」




新手のナンパかっ?(笑)
しかもベニヤ号がナンパされるわけ?(笑)

追いついてきて並んだのは綺麗なSCOTTに乗った、たぶん若い男の子。
少なくともオジサンじゃなかった。
二言三言会話して、彼の方がペースが早いので前に出た。
せっかくだから後ろに付かせてもらって少しでも楽しようと思い、ペースを上げた途端

ピキ ピキ

と両膝の上のあたりに違和感。
ん?と思いつつも脚を回そうとしたらさらにピクピクッと・・・両脚とも。

ひょっとしてこれって 脚が攣る前触れ?(汗)
力を抜くと少し治まるんだけど、力を入れるとまたピクピクとなる。
すぐさま脳裏に某氏の姿が蘇った、ヴェロフェスタで、この先の上りで両脚攣ったあの姿。
そして私が両脚攣ったら転倒するに決まってると思った。
もう、ここからゴールまでは如何に攣らないように脚を回すかしか考えられない!
その間にもSCOTT君はどんどん離れていく。
心の中で「後ろ姿で年齢が解るくらいに修行しろよ〜」と声をかけて見送った。

目一杯ギアを軽くして、ただひたすら「攣りませんようにー」とゴールした私。
無事にクリートを外せたときはホッとしましたってば。
攣らなくてよかった・・・本当に攣っちゃうと回復がまた大変らしいからねー。
攣りそうになった、しかも両脚・・・ってのも今回が初めてだったなぁ。


当初の予想時間を大幅にオーバーしたけど楽しかった一日。
成功したのは水分補給。
失敗したのは電解質補給。
今日は暑くて汗をかいていたから、ただの水でなくBCAAとかを溶かしたドリンクにするべきだった。
そしたら攣りかけなくて済んだかもしれない。

これからは気温が上がっていくのだから、補給食と水分補給には油断しないようにしなくっちゃと思ったのでありました。


(加筆 覚え書き)
この日は初めて履くタイヤの確認日でもあったのだった。

タイヤはクリンチャーの「ディアマンテプロ ラジアル」ってやつ。
棚ぼた式に友人から頂戴したもので、しばらく寝かせていたんだけど・・・
単に履き替え作業が面倒だっただけです、ハイ(ー_ー;)

パンクの神様も今はどこかを彷徨っているみたいだし、履き替えのきっかけがなくて。
で、先週ヒマだったついでにタイヤローテ・・・ 
 ↓
ディアマンテプロに履き替えるか〜( ̄∇ ̄)
 ↓
そして今日 だったわけです。
さてさて、どんな感じかな?

細かいことは解りませんが、どことなく食いつきがいい気がしました。
モリコロや愛知池周回は、ほぼ一定コース・一定条件の場所なので、機材を入れ替えたときの比較がし易くて助かりますねー。
愛知池よりはモリコロの方が起伏がハッキリあるし、下りで条件が整えば40キロ近く出せるので、比較検討コースには向いてるかと思ってます。


柔らかいこともあるのかな、なんかこう「ネチッ」とくっつくような雰囲気が。
しかも転がりは申し分なし。
適正空気圧範囲が、7〜10だったかな?今まで履いていたものより少し高めの範囲にずれているので、今回は8.5で乗ったこともあるかも(今までは範囲の最高値を入れて乗っていた、どのタイヤでも)。
24cの幅は全く気にならない(今までは23c)。
上に書いたように、Dさんに付いて行くために少々オーバースピード気味で下りを走っていたんだけど、カーブでしっかりグリップしてくれるので怖さはなかった。

でもなんか、表現できないけど、ミシュランとはまた違った感触を感じるタイヤだ・・・
オープンコルサはどうなんだろうとか、つい思っちゃうあたりがやばいよねー( ̄∇ ̄;)
そんなのさらに「ブタ真珠」だろ?<自分!

先日まで「普段使いは耐久性のあるリチオン2でいいよ・・・」って自分で言ってたはずなのに(爆)。

自転車繋がりの友人ってさー、すごく良い情報その他をもたらしてくれるけど、同時に泥沼へも引きずり込んでくれるんだよね・・・
そして、引きずり込まれた輩は新しい犠牲者を捜すという。



ゾンビかっ( ̄∇ ̄;)


そろそろ冬も終わりだというのに、この頃ちょっと増量してしまった。

せっかく冬場のほとんどを増量せず乗り切って来たというのに、
なんたることだ!
いったいぜんたい、原因はなんなのだ!

・・・自問自答しても確たる答えが見つからない。


さて、話は変わって。
家にいるときはBGM代わりにテレビを点けている。
地上波でもスカパー!でも見るほどのものがないときは、DVDなどを流しっぱなしにして過ごす。
この日もお気に入りのDVDを流して、時々チラ見しながらあれやこれややっていた。

ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2007/11/22)
ベン・スティラー、オーウェン・ウイルソン 他

商品詳細を見る

「ズーランダー(邦題)」という映画、主演はベン・スティラー。
「ナイトミュージアム」や「トロピックサンダー/史上最低の作戦」に出てるので見たことがある人も多かろう。

この映画、いわゆるおバカ映画で気楽で大好き。
しかもこの人の映画って(監督業もやってる)、有名人のカメオ出演が多くてねー。
まぁホントに、よくこれだけ出したなというw
カメオだけでなく、アカデミー俳優のジョン・ヴォイトがこんな役やってていいのか?とか。
ジョン・ヴォイト、「トロピックサンダー」でもちょろっと出演して勘違い親父をサクッと演じてる。
こういうこと好きなんだろうか(^_^;)

さてさてその「ズーランダー」には敵役としてムガトゥというデザイナーが出てくる。
トップモデルの地位から滑り落ちたデレク・ズーランダーを取り込んで悪事を成させようとするのだ。
自分のオフィスにデレクを呼んで籠絡しようと試みる。
そこへアシスタントが運んできた飲み物を一口飲んだ直後、カップごとアシスタントにぶちまけてひと言。

カフェオレは太ると言ったでしょっ!!!













あ!


あぁっ!!!!!


それだカフェオレだ!
理由はカフェオレだったんだ!!


通勤途中にあるファミマで、ほぼ毎朝のようにコンビニコーヒーを買っている。
今冬はカフェオレの割合が異常に高かったわっ!そういえば!

しかも、それにスティックシュガーを2本入れてたわ・・・


ファミマのコーヒーって軽めで薄めで私好みだし、
カフェオレだと午前中の空腹感を抑えられるのでついついリピートしてました・・・

翌日からブラックコーヒーになったのは言うまでもありません。
でも、一旦増えるとなかなか減らないんだよな~~~(>_<)









最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。