上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週末は雨でどこへも走りに行かなかったので、今週は絶対。
土曜と日曜、比較すると日曜のほうが晴れそうなので
(しかも木曜金曜が雨だったし) 
土曜は家の中のことをあれこれやって、日曜に走りに行く計画にした。

走らない前の夜は夜更かししてしまう私。
土曜の朝、寝不足状態で叩き起こされてまずモーニングを食べに行き、本日の相談。
互いの要望、
相方『うちで作ったカレーが食べたい』
私『フライパン(大・小)を買い換えたい』
これらを叶えるべく買い物へ。

久々に大府のげんきの郷で材料を買い込む。
じゃがいも・にんじん・豚肉・にんにく、酒のつまみにするキノコ&ピーマン。
今シーズン最後だという青梅もゲットした。
ついでにパプリカの苗と植木鉢も買っちゃった。
その後ホームセンターでお安いフライパンを購入。


帰宅後はまずカレー作りから。
といっても市販のカレールーを使う、ごく普通の家庭のカレー。
手を抜かないのは「飴色タマネギ」と「アクを取ること」だけ。
この日は、淡路島のタマネギをもらっていたので、それの最後の一個を使用。
淡路のタマネギは美味しいから煮すぎないように、カレーの仕上げで入れた。

カレーをあらかた作って煮込み段階までにしたら、次はベランダ仕事。
苗のまま置いておけないので、パプリカの植木鉢を作る。
黄色のパプリカが実るはずだけど上手くいくかなぁ。

はっと気づいたら、寝不足のはずなのに昼寝も夕寝もしないで夜になってた。
でもって勢いついちゃって夜が更けてもなかなか眠くならないんだな。

案の定、日曜の朝は早起きできず、のんびりスタートの通常営業。
にわか茶屋に着いたのが10時半。
さて、今日はどこまで行けるかな?

それにしても風が強い強すぎる。
覚悟はしていたけど想定以上かもしんない。
上り基調で向かい風はきびしいったらありゃしない。
加えて自分の調子も出ない。
体の切れが悪いというかカラダ重い。
相方からも
「オマエ今日、調子悪そうだな。帰るか?」
と言われる始末。
帰る必要があるほどじゃないが、どうも調子が出ないのもたしか。

待つ背中
こういう日は、この横幅が頼りになります。


それから、
今週は妙に車が多い。
去年もここらへんはよく来たので、紫陽花祭りが始まると車が増えるのはわかっていたけど、
はたしてこんなにも多かったか???

少し前に相方が
『ラジオで流れとったぞ、板取川のこと。
じゃがいもドーナツも紹介しとった』
と言っていたので、それを聞いた近県の人がドッと押し寄せて来たんじゃないのか?

じゃがいもドーナツ、私も楽しみにしてたのにお店がてんてこ舞いしてるのを見てスルーしてきた(T_T)。
今まで【静かで車が少ないのが取り柄】みたいな地域だっただけに、
どこの店も、この混み方に対応できていない感じがありあり。
ゴール地点の道の駅のレストランも、テーブルに食後の食器が置きっぱなしだった、午後3時を過ぎてるのに。
その時間に何度も立ち寄ってるけど、片付けきれていないのを見たのは初めてだよ・・・

補給だ
塩タブ舐めてもエナジージェル(この日はメイタン。ピンホール補修でテープ貼ってたので早めに消費w)投入しても、体が重ダルい感じは払拭できず。
ケイデンス全然上がらない。
まぁ、こーゆー日もあるわなぁ。
昨日か一昨日まで頭痛に悩まされていたんだしなぁ。
何度も同じコースを走っていると体調がよくわかってオモシロイですよ・・・。
今日はどう頑張ってもダメダメな日です。

それでも脚を回していればなんとか進むのが自転車。
3回目にして「板取中学」と呼んでいる(実際、そういうバス停がある場所ですが)ポイントに到着。
板取中学ポイント
ここが「紫陽花祭り」の最上ポイントかと思うんだけど、これより上に行く車もそこそこ居たので、ひょっとしたら川浦渓谷も混んでいるのかも。

ま、ウチらはやっぱりここでUターン。
無理はしない。
帰り道のどこかでお昼を食べようと思っていたけど、先に書いたようにあまりの人出でどこも満席もしくはてんてこ舞い。
結局この日は、道中でカロメー食べたりソイジョイ食べたりしてゴール。
摂取カロリーより消費カロリーのほうが絶対多かったと自慢できます(笑)。

それにしてもだ。
車が増え具合がちょっとねー・・・
増えついでに「抜き方を心得ない車」も多いんだよねー。
ミニバンやSUVあたりがアブナイ。
対向車がいなくても(自転車から)大きく離れようとしないし、無理に抜きにかかるし。
商用車やダンプやトラックは良心的なんだよね・・・。
次の週末もあじさい祭りはやってるだろうから、やっぱり車は多いんだろうな。

ってことで、人出も多いので板取川沿いの飲食店は混んでるとみた、来週も。
じゃがいもドーナツはしばらく食べられないかもだなぁ。
(揚げ置きしてないっぽいので余計に客さばきが悪そう)

タラガトンネルあたりで気になる表示を発見。
郡上白鳥?郡上大和?あたりで通行止めとかなんとか。
それってタラガを越えて向こう側の話?土地勘ないからその場では全然わからんかったので
、帰宅後に岐阜県の道路規制情報とかで調べてみた。
うーむ、これはアレかな?国道256から県道52でさらに上って景色の良い山を越えるという、
携帯の電波が届かなくなるあの道のことかな?
参照:Korasho氏のブログ
ここ、また通行止めかい・・・いや、私には縁の無い道なんで全然いいけど。
ネットで調べられる岐阜県の道路情報。
あちこちいろいろ規制がかかってるっぽい。
7月2日に調べた情報。クリックすると大きくなります。

板取~郡上

こういう所って、本来道を作るべきではない場所なんだろうなー、地盤が弱いとか雨が多いとかで。
そこへ技術力をもって道を作っちゃったはいいけど、保守が大変ってことになるんだろうな。
などと考えてみる。




帰りは楽なのを知っているので、ちゃっちゃと下りてきた板取川沿い。
前回今回と、下りてくる途中で落車や転倒を見ました。
快調に駆け下りてこれるコースなだけに、危ないポイントもそこそこあるんだよね。
帰りは「自分が感じている以上に疲れてる」って思いながら走るのが無難ですハイ。

さて私たち、空腹を誤魔化しつつ道の駅まで駆け下りてきたので、
とにかくなにか食べ物らしいものをお腹に入れようってことで、
正直言ってさして美味しくもないうどんやら蕎麦やらをにわか茶屋で補給。
もうちょっと美味しいと嬉しいんだけどなぁ・・・

もちろん牛乳も飲むよ~。ひるがの牛乳は美味しいんだ。
そして定番のマーゴの湯へ。
今日はしっかり電気風呂に入ろう、水風呂にも入ろうっと\(^_^)/

あー電気風呂は気持ちいい・・・と油断した瞬間、右膝が外に倒れて電極に近くなりすぎてしまった。
ズキーン!と右膝内側に強烈な一発!!!
筋肉に起きていたら脚攣り状態になったと思われる一撃(汗)。
痛かった・・・(T_T)
注意一秒怪我一生。

以後、右膝負傷状態なのでサポーター巻いてます。
ま、ね。
ふくらはぎが攣ったら数日は違和感あるもんね、それと同じことだろうね。

お互いに「今日は疲れた~~~~」と言いつつ帰宅したら、
土曜に買って玄関先に転がしておいた梅がみるみる黄色くなっていた。
こりゃ「来週作業しよ」とか言ってられんがな。

てことで、夜更けに梅の作業。
流水でひとつずつ洗ってから、なり口を竹串で取る。
梅洗う

きれいに水気を取って、冷凍するために袋詰め。
梅凍らす
一晩凍らせてから瓶に入れて氷砂糖で漬けるのである。
今年はこの方法で梅シロップを作ってみる。
どれくらいの量が出来るのかすら未知の世界。

こうしてまた、寝不足の日が続くのであった(^_^;)
スポンサーサイト

土曜。
昼前から台風来襲、頭痛台風。
販売現場への出勤だったので、来客が途切れたところで帰宅。
夜に飲み会の予定があったが、とても酒を入れられる状態ではないので電話で欠席連絡。
帰宅後は布団へ直行。

夜が明けても頭痛台風は居座っている。
っま、どーせ雨だし、こんな体調では走れないから布団の虫になる。
ロキソニンはイマイチ効きが悪い。
アイスノンを頭に当ててひたすらウトウト。

ふと目が覚めて少しスッキリした感じがしたので時計を見たら3時だった。
この週末はこれで終わったな。

残りの時間はベランダのプチ菜園でもいじって過ごそう。

今年は野菜作りにチャレンジしてる。
プチトマトとパセリ。

庭パセリ
第一次パセリ(手前)は苗で買ってきて育てているものだけど、奥の第二次パセリはタネをまいて育てたもの。
今日はその第二次を3鉢に分けてみた。


庭トマト1
プチトマトは接ぎ木苗というのを買ってきて育てていたんだけど、
鉢が小さすぎて気になっていたので今日、大きい植木鉢へ入れ替えた。
そしてやっと色味出した。
ただ、上のほうでは、こんな風に花が半分くらい落ちちゃって。
庭トマト2
ちょっと悔しいなぁ。
なぜ、どの枝も花がこういうふうに落ちるのだろう。


このプチ家庭菜園で色々気づいたことがある。

プチトマトって、実がプチなだけで全体はけっこうデカくなるのね(^_^;)
我が家のでもう1メートルくらいの背丈になっている。
途中、暴風の日にぐにゃりと茎が折れて焦ったこともあった。

植木鉢やプランターに入れる土。
これって本当に大事なんだね、土台とはよく言ったもんだ。
鉢底の土(小石みたいなの)もけっこう必要なんだね。
あと赤玉土も。
肥料以上に大事なんじゃないかと今は思っている。

今年なぜパセリとプチトマトなのか。
ま、初心者でもなんとかなりそうと言うコトもあるんだけど、

(1)美味しいパセリのサラダ(?)が食べたい
パセリに、オリーブオイルとレモンの絞り汁をかけるだけという食べ方を知って、その美味しさにハマった。
しかし、スーパーに売ってるパセリってあまり美味しくないというか新鮮そうにみえない。
そこで自分で作ることにしてみた。
もう少し大量に採れるようになったらやるぞ、パセリだけのサラダ。

(2)プチトマトのピクルス
ワタシ、実はトマトはあまり積極的には食べない。
しかし以前に作ってみたプチトマトのピクルスはなかなかイケた。
そこで自前プチトマトでピクルス作れないかなと。
これはちょっと・・・収穫時期がずれそうなので難しい気がしてきた(^_^;)


狭いベランダなので、これくらいが限界かなーと思うけど、プチトマトの苗はもうひとつ増やせないかなと思案中。


暑いかと思えば、夜冷えたり
湿度が高くて、気温のわりに過ごしにくかったり
ここ数年の5〜7月はほんと過ごしにくいっす・・・

夏を前にもう夏バテしかかってるそこのあなた(とワタシ)。
これこれ、これを変えれば改善できますよーってのが今日の話題。

(1)お風呂に入ろう!
なにを当たり前のことを言っとるんじゃ って思う?
でも今の時代、シャワーで済ませてる人多かったりするよね?
ここで言うお風呂ってのは湯船のことね。
暑くなってきたからこそ、湯船にどっぷり浸かって体を芯まで温める。
・・・と簡単そうに言ってますが、やってみるとわかるけど「芯まで温める」ってけっこう大変よ。
一度、体温計を口にくわえて(舌の下で体温を測る)お風呂に浸かってみて下さい。
体温計が37〜38度を指すまで頑張ってみると、汗ダラダラになるはず。
ここまでできれば芯まで温まってると思ってイイ。
体調悪いとここまでガマンできないと思う。
でもこれくらいしないと、芯まで温まらない。
出てくる汗を嫌がることはない、風呂場なんだもん。

2929.jpg

(2)冷たいものを減らそう!
今年のワタシはこれで失敗した。
暑い日が続くので、毎朝コンビニでアイスコーヒーを買って職場で飲んでた。
コーヒーを飲み終わったらまた冷たい飲みもの。
熱いお茶とか考えられなかった。
で、体調がイマイチの日が続いたので鍼灸へ行ってこう言われた。
暑いからって冷たいものを飲むと胃が冷える。
それを繰り返してると脳が「体が冷えてる」と勘違いして発汗を控えるようになる。
すると汗をかきにくくなって、体表を冷やさなくなる。
暑い日に汗をかかないから体が冷えなくてツラい。
体が冷えなくてツラいからまた冷たいものを飲み最初に戻る。
の悪循環を切り返すわけ。
だから温かいものを飲んで!


おおー、ナルホドなのだ。
以後、毎朝のアイスコーヒーは一番小さいサイズにした。
ピタッと止めるのがベストだろうけどそれはちょとカナシイし。
で、アイスコーヒーのあとの飲みものは熱いお茶(と、それが冷めただけのもの)にした。
食事は幸いにも冷たいものを選んでいなかったので今までどおり。
夕食には時々「鍋」を取り入れるようにもしてみた。


この時期から夏、サイクリングしてると汗だくになる。
買ったばかりのドリンク類は冷たくて美味しいけれど、実は胃腸にはあまり優しくないと思ってる。
単に「水分の補充」だけで考えれば飲みものの温度はあまり関係ないと思うのだった。


暑いときに熱いお風呂に浸かると、出てきたあとも汗をかく・・・
でもその汗って、昼間かく汗と違ってサラッとしてませんか?
汗が引いたあとベタつくことって、体を綺麗に洗っていればほとんどないはず。
どーしても気になる方には「シッカロール」をお勧めしたい。
天花粉、ベビーパウダーとも言う。
汗が引いた肌に薄ーく塗るだけ。
パフは使わない方が薄く塗れる気がします。
手にとって伸ばして、その手で首回りや肘の内側、脇の下、内股など、サラッとさせたいところを撫でる。
そういう付け方をすると白っぽくならないよ。
独特のあの匂いも最初のうちだけで済むし。
家族全員でベビーパウダーの匂いって可愛いかも(笑)
自転車乗りならシッカロールくらいあってもいいよね、チューブ交換の時も使えるし。


汗が出なくなった体(とか体調がイマイチの時)って熱いお風呂はちとツラい。
サウナとかかなりツラい。
そういうときは湯温を下げてチャレンジすればいい。
日本古来の腰湯は湯温が高い(45度くらいだそーな)。
ダイエットにいいという半身浴は40度以下を勧めてるっぽいね。
首まで浸かる全身浴も40度前後かなぁと思うが、1度違うと感じが違ってくるのでこまめに湯温調節を。
沸かしたときが40度でも、人がどっぷり浸かることで湯温はすぐに下がります。
なので時々沸かし直しはしてね(特に冬場は)。

芯まで温まって出てきた時はぜひ仁王立ちして「あー、さっぱりした!」って実感して下さい(笑)

あ、湯上がり後に水分補給(アルコールなし、カフェインなし)を忘れずに。
できればここで冷たいものを一気飲みしないで欲しいけど。


そして食事ね。
ついつい、そうめんとか蕎麦とか、冷たくてサッパリしたものを選びたいよねー。
それら単独じゃ栄養価的にも偏ってしまうので、ここはぜひ「鍋物」をオススメしたい。
エアコンかけながら鍋。
いいじゃん。
具材は何でもいいのよ、とにかく熱い汁に野菜中心にあれこれ入れて熱々を食べる。
低カロリーだしいろんなものを食べられるし、体は温まるしで一石二鳥でおつりが来そうだよね。
独り身でも鍋は作れるよ。
スープもいいよね、熱いスープ。
おかず作ってご飯炊いてモグモグするのが面倒でも、鍋なら〆にご飯投入して雑炊にできる。
スープだったら仕上げに料理用チース入れてリゾット風?

燃えるホルモン
バテてるときは胃腸もバテてることが多いので、焼き肉~とか言って負担を上げないことも大事。
それはもう少し元気になってから。
だから鍋物はオススメなのだ、胃腸にも優しいから。


最後に。寝るとき。
暑いから薄着だよね?
Tシャツ一枚にパンツのみ・・・とか。
室温が各家庭でまちまちなので一概には言えないけど、基本は同じ。
頭寒足熱。
顔のあたりがヒンヤリしていれば寝付きやすいものなんだな。
ウチの相方は夏になるとアイスノン使ってます。
(今のところ、寝室にクーラーはない)

アイスノンと言えば。
ワタシは偏頭痛持ちで、酷いときは一日頭を上げられないことがある。
できればトイレにも行きたくないって感じ。
そんな時は吐き気まで生えてきて一日二日唸ってますね。
そういうときに(根本解決にはならないけど)対処の一つとしてアイスノン使います。
偏頭痛の緩和に頭を冷やすのがいいらしいのだ。
たしかにそういうときにアイスノン使うと気持ちいい。
偏頭痛なので、痛い場所が偏っていたり移動したりする。
その痛い場所を中心に冷やすようにする。
首を冷やすと肩こりに繋がりそうなので頭を冷やすようにするのがミソ。
あと、アイスノンってけっこう硬い。
そこでワタシは当たりの柔らかい別製品をもっぱら使っている。
保冷時間がちょっと短いけど、頭には優しいのでそこはお好みで。


郡上までの民家

運動するなら冬より夏が好き、ワタシは。
なにより体が動くし故障を招きにくい。
汗冷えの心配も少なくて済む。
滝のような汗は自分が運動したことを示してくれてるようでちょっと嬉しかったりしませんか?(笑)

6月13日。
先週に続き、今日も相方と板取川方面、というか板取川沿いを遡上。
先週よりは早くウチを出るぞと言って寝て、私の方がちょこっと起きるの遅かった。
でもまぁ、先週よりは早くスタート切った。
板取2回目スタート

しかし 暑い・・・
先週は爽やかだったのに、今日のこの暑さはなに?
気温が高いのでなく、湿度が高い。
走ってて当たる風はそこそこ冷たいのに、暑くて汗が出る。
この時期にこういうのはキツいなぁ〜。
体がまだ出来てないだけにキツい・・・
今日は無理すると調子悪くなりそうだから気をつけて行こう。

てことでこまめに休憩を入れつつ走る。
先週のUターン地点を越えた先で相方からストップの号令。
板取2回目休憩
なんのトラブルかと思ったら脚が攣りそうになってるらしい、両方とも。
ちょうど木陰だったので、ここで長めに休憩を入れる。

もう少し上ったところにタラガトンネルがある。
トンネルの前を通過し、板取小学校までの真ん中あたりで自販機休憩。
暑さでしんどい。
今日はここまでということで引き返し、あじさいロード入り口の喫茶店でまた休憩。

飲みものを頼んだらサービスで“じゃがいもドーナツ”が付いてきた。
板取2回めドーナツ
これが、旨いのだった。
揚げたて熱々、小麦粉ではなくポテトのほのかな香りがする。
んーと、あれだ、フライドポテトのドーナツ版。
次回はお持ち帰り分も頼もう。

ここで、黒っぽいジャージを着た三人組と入れ違いになる。
相方と下っている途中でちょっと「鮎や」のメニューを見るために立ち止まっていた時、彼らがさーっと駆け下りていった。
すぐさまウチらも再出発。
若い子三人組みたいだったから追いつくのは無理かと思っていたら、前方に彼らを発見。
よぉしロックオン(自分的に)。
少しずつ差を詰めていけそう。
程よくカーブがある道なので、三連星にも見つかってはいまい。

ラステン洞戸方面へ行くかにわか茶屋方面へ行くかの信号で三連星は立ち止まった。
一人が道を間違えたらしい。
ここで彼らをパスする。
今度は、追い越されないようにと逃げる側になる(あくまで自分的に)。
途中で相方に前を頼み、ちょっと楽をする。
結局、追いつけれることもなく終点にわか茶屋に到着。
仮想敵が居るとそれはそれでやる気が出ていいよねw。
牛乳をすすっていたら、三連星はにわか茶屋の前を通り過ぎていった。
1人ちょっと疲れてる様子だったので、ゆっくり走ってきたんだろうね。

あとはいつも通り、マーゴの湯に入って汗を流してから帰宅。
本当にこの風呂は助かるわ。
板取2回目マーゴ
締めの水風呂を忘れたため、帰りの車内も汗引かず。
水風呂を忘れてはイカンのだなぁと反省。

この季節はツバメの子育てが真っ最中。
道の駅にはツバメがたくさん営巣していた。
巣からこぼれ落ちそうになりながら親を待ってる子ツバメはいじらしい。





6月14日。
オオバショップライドに、先月に引き続きお邪魔する。
今回の目的地は油ヶ淵のショウブだそうだ。

『先月はカキツバタで、今月はショウブを見に行くんだ~』
と相方に言ったら
『どこのお達者倶楽部の話だ?』
と言われた。
確かにそう聞こえなくもないねぇ(^_^;)

で、その『お達者倶楽部』な面々と
花しょうぶ見学

ショウブの花はこんな感じ。
花しょうぶ

菖蒲の花

見頃のピークは過ぎていたらしい。
やはり今年は季節が少しズレているのかなぁ。

そうそう、ここまで来る途中でこれも見た!
田んぼアート
一昨年初めて見たんだっけ。

ショップまで戻ってきて、今回は午後の部はないということでランチして解散。
ご近所の中華料理屋さんのランチ。
中華ランチ
でらボリューム・・・
私はちょっと平らげられそうにないので、麺をチョイス。
天津メン
これで430円だよ、安っ!
味は普通に美味しい。

二日連続で走ったら泥ハネが目立ってきたので、帰宅後洗濯。
アイドル洗濯
本当に白い車体って汚れが目立つんで大変だなー・・・
後輪のタイヤが減ってきたので、そろそろ交換しないと。
プロ4が一本、パナのRが一本残っているのでそれを付けておこうか。
(プロ4もパナも新品後すぐに一本だけダメになったのでハンパに残っている)

宮崎の酒屋から取り寄せる梅酒(と芋焼酎)が夜に届いた。
うめしゅ届く
ハッキリ言ってこの梅酒も芋焼酎も安くない。
んが、大変気に入ってしまったので、以後定期的にお取り寄せしている。
宮崎にある「大阪屋」という酒屋さんオリジナルの品である。
梅酒はウィルキンソンの炭酸で割って楽しむ夏の味。
芋焼酎「しもん」はお湯割りが旨いのだ。
家飲みのちょっとした贅沢である。

今日は、今年初の『板取川沿い』に行ってきた。

このところ不調が続いている相方がやっとその気になってきたので、
急がず(どうせ朝早くから行動できないし)慌てず(しかも昨夜けっこう飲んじゃったし)、
10時過ぎに自転車を車に積んで出発。

マジで昼にしか着きそうにないので、途中で早めの昼ご飯。
長良川SA
長良川SA、去年はトイレ休憩にしか利用してなかったので、食事したの初めて。

車から自転車を降ろし、さぁ行くかというときになって相方
「どやって行くんだっけ?」
うむ、一年経つと忘れてしまうか・・・
仕方ない、ワタシが前を行こう。
なんちって。我が家はたいがいワタシが前で相方が後ろ。

向かい風と思われる中をせっせと走る。
今日は特に目的地やゴールがあるわけでなく、気が向いて行けるところまで行くだけ。
なんせ相方のリハビリライドみたいなもんだし。
私は私で、去年のことを思い出しながら走る。
AIMEとの比較ライドなのだ今年は。

結局、あじさいロードが始まるあたりでUターンすることにした。
川岸のここだけちょっと色づいてた。
道沿いの紫陽花はまだまだ緑色。
板取川紫陽花

去年と変わらず綺麗な水だ。
板取川風景1

鮎(友釣り)はもう解禁になっていて、釣り人が沢山いた。
板取川風景2

橋から下を見るとこんな水の色。
板取川の色
そいや先週だったか、友人は板取川を泳いでいたな〜

今日のベニヤ号、絶好調である。
板取川でIDOL

すぐ向かい側の喫茶店が「貸し切り」になっていたので、少し戻ったところの喫茶店で大休憩。
その後は一気に下る。
このコースは、アップダウンがあるといっても帰りはホントに楽な下り基調で好きだ。

残り少しになったので、最終休憩。
美濃和紙会館

すごく久しぶりに走った相方、少々お疲れ気味。
美濃和紙会館2

板取川沿いが好きな理由の一つに
「風呂に入ってから帰れる」
っていうのがある。
もちろん今日も
マーゴの湯入り口
ここでひとっ風呂。
なんせ空いてるのだ、自転車乗りが帰るくらいの時間帯だったら。
電気風呂がお気に入りのワタシは、ここでしっかりビリビリして温まって、
仕上げは水風呂で。
水風呂に入ると汗がピタッと止まるんだよね。

このコースに難点があるとすれば、帰りの渋滞だ。
ジャンクション付近がもう少しスムーズに通過出来たらね−。

さ、次回はもう少し距離を伸ばして板取小学校あたりとか、タラガトンネル抜けるとかしたいね。

今日のルート




最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。