前夜に宴会を入れていたこともあり、日曜の予定は全く立っていなかった。
朝もシャキッと起きるわけでもなく、布団の中でウダウダというかウトウトというか。
そこにセンセーからにこやか(な雰囲気で)「はよ起きんかゴルァ♪」的なメッセージが来て、
今日は第2回ランチハンターと決定。

「じゃ、どこへランチしに行くか」、そこからかい。
内心ワタシは、海の方は風が強そうだからいやだしー、
トランポしないんなら山の上とか向こうとかも無理だしー、
市内へ向かっていくのもヤダしー、で思案。

そういえば某ご夫婦の奥様のブログで以前に読んだパスタ屋さんが美味しそうだった!
早速ブログの記事を遡ってその記事を探し出し、店の名前と場所をチェック。
ちょうどいい距離、ってか近いくらいだなとガーミンにその位置だけ入れて、いざ出発。

天気もそこそこ、ちょっと肌寒いけどまだ10時前だし、このまま日が出ればなんとかなりそう。
今日のウエア
長袖ジャージにモンベルLW長袖+モンベルクールメッシュ半袖
裏起毛カステリレーパン
ウィンドブレークグローブ
やや厚手のソックス


センセーとは原駅で合流して、302の側道を北上し、香流川から矢田川に乗り替えて河川敷を走って目当ての店へ。
というつもりだったのに、習慣とはおそろしいもので(^_^;)
うっかり天白川沿いを走って302を東へ通過してしまった!
センセー、変だなと思ったらちゃんと言って下さい(笑)

そこでルートを変えて、岩崎城趾公園をかすめて五色園方向へ行き、古戦場から・・・
え?ちょっと東へ行きすぎた?
センセーも道を間違えたんですね・・・まぁワタシもルート間違えたからおあいこっすね。
と、長久手市内をぐにゃぐにゃしながら尾張旭市へ突入。
お目当ての店はここだよ〜〜〜〜・・・ ・・・ ・・・

んん?
パスタ工房SHN
シャッター下りてるじゃん!
なんで???


パスタ屋臨時休業
ええええっ??

そんなんアリですか?

ショックすぎるー!
しかもその休業理由なに?w
「仕込み用の小麦が手に入らなかったとかー?」
「寝かせてる時間がなかったんじゃないのー?」
と勝手に想像しつつここを後に・・・ いや、昼食どうするよ?

センセー:「じゃぁ、瀬戸焼きそばでも食べに行きますか?」
頼りになるひと言・・・


あ、いいねいいね。
ワタシ瀬戸焼きそば食べたことないし♪
それくらいなら距離が伸びてもいいや(以前走ったことがあるのでぼんやりと距離感がある)
ってんで、さらに走る。

瀬戸へ向かう道は、以前女子ポタで通ったのと同じだ。
なつかしい(^_^) 
あの時は女子ばかりでこの道をのんびりと走ったなぁ。

え?あ?休憩ですか?
ここのコンビニって休憩で立ち寄ったことあるような気がするなぁ。うん。
あと少しで瀬戸の駅前ですよね。
休憩7-11













なんで?
せとしなの看板
なぜにここ?
で、
こういう昼ご飯になるかな?
お昼ご飯でした

じつは、瀬戸焼きそばのお店が見つからなかった=開店していなかった(休みだった)
ということなんです。

パスタに続き焼きそばまでも!

今日はいったい何が悪かったんだろう(T_T) 残念すぎる〜。
軽くランチ食べて帰ってくればいいやね〜とか言って出かけたのに、
なんで走行距離が50km越えるのよ(^_^;)長くないけど軽くもないよ・・・

「やっぱパスタ屋が臨時休業だったのがそもそもの間違いだった」という結論で一致し、
お猿さんの口上を片耳で聞きながら(このお猿さん、人間で言うと72歳くらいのオジサンなんだそーな)
道の駅の猿72歳

びゅーっと、曇り空で肌寒さが増したK210を下って森林公園の横をかすめる予定がまた狂って、
R155に入ってしまったのでそのまま南下して、往路と同じルートを使って矢田川へ。
帰路の候補として、定光寺方面経由などと言われたがそこは丁重にお断りを申し上げた。
また距離が伸びるやんか・・・


あー寒い。
センセーもワタシも、それぞれウエアを考えてチョイスしていたと思うけど、今日はちょっと寒かった。
せめて日差しがでていれば楽だったかとおもうんだが、午後からはずっと雲に遮られて晴れ間がなかった。

302の途中で「あのパスタ屋はリベンジしようね」って言って解散。
そこそこ走ってしまった一日なのであった・・・。

でもこれで昨夜の、
味噌ホルモン
ホルモン鍋と
その後のデザート@コメダ珈琲
りんごノワール
の“黒字”は帳消しにできた気がする。


*** *** *** *** *** *** ***

遠近両用コンタクトレンズについて。

ド近眼子なワタシは以前からコンタクトレンズを使っている。
若い頃と違って、メガネ主体・時々コンタクトという使い方になったので、使い捨てタイプのものを使用中。
何年も前に一度「遠近両用」のコンタクトを使ってみたが、さほど効能を感じなかったので、
また「近視用」のコンタクトレンズに戻してしまった。

最近になって、近視用を装着してるとスマホが見づらいのが顕著になった。
これを「遠近両用」に変えることで解決できないかと思った。
あれから数年経っているから製品もイロイロと改善されてる可能性が高いし。

そこでまた「遠近両用コンタクトレンズ」を使っている。
使ってみての感想は「スマホはかなり見やすくなった」。
SNSを読むくらいなら老眼鏡は無しでもなんとかなる。
地図などはちょっとキビシイ。
ただ、ひとつ難点があって、長い休憩の後の走り出しでしばらくの間目が乾く。
数分走ればなぜだか目が慣れて、いつの間にかなんともなくなる。
それだけが不便。
走り出しすぐに下り坂とかはとても怖い。
目の乾きに対応するため瞬きの回数が増えるので、視界を確保できず、スピードを出せない。
レンズメーカーを変えたら改善するかもしれないが、それは今後の課題。
「近視用」のレンズでは起きない現象なので、レンズの素材の問題かもしれない。

少々難点はあるが、見やすさに関しては大変助かってはいる。
ライドの途中でスマホを見るとき、
 サングラスを外して
   ↓
 老眼鏡をバックポケットから出してかけ
   ↓
 スマホを操作
   ↓
 スマホと老眼鏡をしまって
   ↓
 サングラスをまたかけて
   ↓
 走り出す
という手間がないだけでもメッチャ楽である。



今日のコース



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

火曜日、無性に麺類が食べたくて「てっぺん」のまぜそば。
てっぺん
もちろん「ニンニク入れて下さい」と言ったので、その後の自分がクサイクサイ(^_^;)
でも美味しかった〜♪


水曜は給料日だから飲みに行くという相方につきあって、近所で飲んで酔っぱらう。
その前に、自分の車で買い物に行くつもりでいたら、ころりん号のシフトが不調。
エンジン掛かるも動かせないのであった。


木曜。
人間と違って放っておいても治らないのが車なので、修理に出すことにする。
しかし、操作していないのに1速と2速をウロウロして怖いので自走はできそうにない。

レッカーされる
任意保険のサービスを利用して運んでもらった。
ディーラーの工場に入るんだけど、直るのがいつになるかはまだわからない。

車はワタシの相棒、大事な相棒だ。
ワタシを自由にしてくれる。
一人になりたいとき、どこかへ行きたいとき、好きなだけワタシを自由にしてくれる。
それは昔も今も変わらない。
ころりん号はじゃじゃ馬だし、それなりに癖もあるけど楽しい相棒。
手元にないのはさびしい。


気を紛らすため(と、そろそろ気になっていたので)スプロケの掃除をしてみた。
ぴかっとスプロケ

ついでにチェーンも。
ぴかっとチェーンほか

自転車きれいにしても、運んで出かけられないんだよね・・・


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

月曜(祝日)勤労感謝の日。
雨予報がじわじわと変化して、日中は降られなくて済みそうになったのが前日の夜。
こんな時間だし相方は明日は仕事だし、たいして予定もたてていなかったので
「走らないのもモッタイナイから、明日は久しぶりにソロライドにするか・・・」
ってんで、ルートラボの過去データを睨みながらルートを考える。

うん、よし! 明日は平坦!←やっぱそーなるw
天気が悪くなる前日は穏やかで風もないはず。
だったら久しぶりにこのコースだ。
さ、寝よ寝よ(´ω`)






翌朝。
目覚ましアラームの直後くらいにメッセンジャーの
 ピキーン!
という着信音。


・・・
・・・
…ロックオンされたなタブン…(-ω-)



まぁ、なにがなんでも一人で走るんだという強い決意でもなかったので、
昨夜考えたルートで異存がなければご一緒にと、ロミオ号と、そのエンジンを拾って
スタート地点「アクアワールド水郷パークセンター」へ。
今まではこちら方面を走る時は木曽三川公園の駐車場を足がかりにしていたが、
もう少し違う場所も候補に入れたいと思い、今回は変更してみた。
今度の春、大垣までのスイーツライドを企画するときは、
交通量の多い県道8号を避けられるルートを引きたいので、
今日はその下見も兼ねているのだった。


晴れ間の見えない寒々しい風景、閑散とした場内。
今日のスタート風景
とはうらはらに、比較的気温高め。
この施設、採算合ってないだろうなーとか思う。

今日のコースはこんな感じ。


はじめに北上、ベーカリーショップ「151@」でモーニングする。
151え
飛び込んだのが、モーニング終了ギリギリの10時半。
オーダー直後に店員さんがメニューをランチ用に切り替えていた。
そして、オーダーが出てくる頃にはランチ客が続々と入ってきていた。
ワタシはプチパンモーニング(この後の予定を考えるとこれくらいで充分)
151朝食
向かいに座っているロミオ号のエンジンさんは、パニーニ・・・
つまりパンの間にハムとチーズを挟んだトーストサンドイッチモーニング。
「出発前に朝ご飯は食べた」って言ってなかったっけ? ちょっと心配してみた。


食べ終わる頃には満席、なので席を明け渡して?大垣へ向けて出発。
ここから先しばらくが未開のルートとなる。
西へ向かわず、北上を続ける。
地図で見ただけでも、K1のほかに西よりに2本、北上できる道がある。
そのほかにも細い道はあって、K1の交通量を考えると大人数の場合はここは避けてのんびり走れる道を選んだ方が良さそうだ。


今尾橋は歩道のある側を使えば問題ないが、歩道に上がるまでに砂利のトラップあり。
その後は牧田川沿いを走って行く。
この川沿いは本当に平和。
ロミオ号がじわじわと速度を上げていこうとするので、
「勝手に走ってこーい(ノ^0^)ノ なんなら引き返してくればいいからー!」
と放牧。
あっという間にいなくなった・・・(笑)
牧田川堤防

ワタシは風景を愛でつつ(晩秋の寂しさ漂うものだけど)しばしひとり旅状態。
汗が出るほどでもなく寒いわけでもなく、ゆったりクランクを回すのって気持ちいいな~。

牧田川沿いは烏江手前でまだ工事してました。
これ、いつまで続くんだろう。
堤防上を通れないとけっこう不便。
(実走では、工事箇所を回避するために養老大橋を渡り、杭瀬川の北側に移って移動しました)
大垣市内に入ったら線路沿いを北上。
相変わらず25km以下を維持しない走りで、プチパンモーニングは消費されていく。

で、お昼ご飯はここに決めていたので。
鶴岡屋本店
そう!ここのカツ丼! 今日は食べるぞー\(^_^)/
来店者の多くが麺類とのセットにしているので、
『ミニカツ丼とミニうどんのセット』
鶴岡屋のカツ丼

前に来たときは麺類を食べたんだけど、ここの汁って出汁がしっかり取ってあって、
それがすごく美味しいんだなって思った。
一昔前からあるうどん屋さんの汁の味なんだきっと。
カツ丼は、脂身がほとんど無いと思うけどパサついてないし、ソースカツ丼だけどソースが美味しい。
人気のメニューだというのがわかる気がするわ~。
でも、ワタシにはちょっと多くてカツを残してしまった。
朝食食べてモーニングも食べたオッサンおにーさんは、同じミニセットを平らげてツラそうな顔をしてた。
だからぁ、今日の予定コースは出かける前に見せたでしょ?ルートラボのデータ。
コースは見たけど吹き出しで記入されてるコメントは見てない?
そらーいかんわアナタのミスだわ(・ω・)ちゃんと食べるポイント書いておいたもんワタシ。



しかもこの後すぐにデザート、駅前の金蝶園に行くのである。
今の時期なら(水まんじゅうはもう終わってるけど)『いちご餅』が始まってる可能性大♪
ワタシのうきうき感とは対照的なロミオ号エンジンさんのために(?)
途中でホンのちょっとだけ寄り道してあげた。

「奥の細道むすびの地記念館」付近をウロウロ。
赤い橋がよく目立つ。
むすびの地1

さすがは水都大垣、水がきれい。
大きな鯉が泳いでる。
むすびの地3

・・・のを上から見るロミオ号&エンジン。
むすびの地2
鯉、でけー と言っていたに違いない・・・


金蝶園到着♪
きんちょうえん

一瞬「いちご餅、今日の分はもう売り切れた?」と焦ったが大丈夫でした~(^_^;)
腹いっぱいと言っていた人もここは一応押さえておくようです。
いちご餅とかりんと饅頭
あ、かりんとう饅頭はワタシのおみやげ用。

いっただっきま~~す(*´艸`)♪
いちご餅近景
苺が大きくてちょと酸味があって、餡とのマッチングが・・・
そうか、苺って今からしばらくが一番美味しいもんねー。
たしかここの苺って専用に作ってもらってるんじゃなかったっけか・・・。
ま、なんでもいいや美味しいんだし。
もう一つイケちゃうくらい美味しい♪

って言ってるうちにまた店内が混んできた。
時間も時間だし、本格的に帰途につきますか。

美濃路を東進~南東方向へ走りK219に入るまではワタシが前を走った。
全然気がついていなかったけど、お腹が苦しいので時々離されていたらしい。
ま、おあいこってことでいいんじゃないっすか?(・ω・) 朝いきなり25km/h超だったし。

雨に降られずに済んだし、寒くもなかったけれどずっと曇っていたので、
帰りの風景
こんな感じで景色は寒々しい。
今年はどうも紅葉の出来は良くないみたいだね。
先週今週と風景を見ていても「紅葉がきれいだ~」と感嘆するほどのものはなかった気がする。

一気に走るかと思いきやコンビニ休憩(内心ホッ)。
最終休憩

でもここから先がさらに加速され、おあいこのおあいこでワケわからなくなった。
帰路は概ね30km/hくらいだったと思う。
今日はもともとソロライドでまったり25km/hくらいでって思って計画したのに、どこで狂ったんだろう。


ま、土曜ほどのヘロヘロ疲れにはならず、水郷パークへ戻ってきた。
メーターパネル
自転車を積んで、日暮れ前に無事に帰ってこられました。
今日も事故なく、ケガなく、パンクなく、最終的にいい一日でしたとさ♪
なんだかんだ言ってますが、ご一緒してくれたロミオ号とエンジンさん、ありがとうございます。
あんど、お疲れさまでした、胃は大事にして下さいね~(ニヤリ)。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

オンナノコ三人で走りに行こうねー という話は何度か出るものの、
オンナノコ同士なだけに、また微妙なお年頃になっているだけになかなか都合が合わないこと多し(。-_-。)
ま、仕方ないよね。

で、予定がぽっかり空いてしまったので別な方向へお誘いをかけたところ
話がまとまって三ヶ根山へ行くことになった。
とはいえ土地勘のない方面、他人様にルートを引いてもらって前も牽いてもらうことになるのである・・・
ありがたい事です(ぺこり)。

しかしながら、

ネオプリパンク
今日は出だしからハプニング多し。
臨海公園駐車場の入り口がわからなくてぐるっと一周。
駐車場に入ったら、メンツがどこにいるかわからなくてウロウロ。
メンツをかき集めるのにも時間を要してスタート時間が30分くらい遅れ、
爆走するもパンクの神降臨・・・

途中合流する予定のSGさんにメッセージを送ってこちらの状況を伝える。
合流後知ったが、SGさんもパンクのトラブルに遭っていたのだそうだ。
なんてこったい。

あと少しで合流予定のコンビニ、ってところでルートを逆走してきてくれたSGさんと無事に出会えた。
でも、予定時間を大幅に削ってしまったので一緒に三ヶ根山へ上がるのはお流れになった。
こっちの方へはまた来るので、次回はぜひ一緒に上がりましょ(^_^) 楽しみにしています♪

宮迫のコンビニで挨拶&休憩&ちょろっと補給。
タルト間食
このタルト、美味しいんですってよ奥様。


それでは三ヶ根山へ。
あ、なんかもうシンドイ・・・合流地点までのモリ漕ぎで終わった感が。
全く付いて行けない。
真っ先に出てくるビューポイントで強制的休憩とします。
休憩します

今日はまたまた天気がよい。
朝は「風が結構あるね」と言っていたのに、ここではあまり風を気にしないで走っている。
意外とサイクリング日和かも。

青春する二人みたいな
「青春を謳歌する」の図 (?)

ワタシ以外の4人はちゃんと元気で、少しの休憩で再スタート。
ここから少し上れば斜度は緩くなる、とかなんとか言ってる人がいたけど今日のワタシにはキツい。
それでも無事にここまで到着。
三ヶ根頂き

やっぱ、血が少ない時はイロイロしんどいな。うん。

「あ〜、お腹空いたよね」と誰かが言っていたので、さくーっと駆け下りて・・・
岡田屋入り口
半自動ドアの解説をしていたらしい。

どうもヘロヘロな気がするので、しっかり食べておこうかなっと。
今日は「岡田屋定食」でお願いします。
岡田屋定食

五分の三は「煮魚定食」。
隣の定食

魚が美味しいでーす!
お昼うまうまー

食べおわって、この後どうするかの協議に・・・まったりしちゃってなかなか進まない。
予定しているコースで、ここから先のショートカット路はほとんどないようで、
つまり進むか引き返すしか選択肢はないらしい。

これだけ天気が良いとなかなか引き返すという決断ができない・・・ので蒲郡までいくぞー。

形原大橋パノラマ
形原大橋の上にて。

食事の後はデザートですから、
プランタンスズキ

嬉しくないわけがない。
ケーキ屋到着
店内はどれもこれも目移りしてしまうほどのケーキが、お菓子が。
しかし、イートインできないので持って出ることを考えると選べるケーキ激減。
フルーツが盛ってあるケーキがよかったなー。
さ、ケーキを持って竹島の見えるとこまで行きますよ。
準備万端、サコッシュにケーキの箱を詰めて・・・
サコッシュに詰める

ケーキにはコーヒーが要るでしょってことでコーヒーも買って・・・
コーヒー買う

ケーキの入ったサコッシュはSY氏が、コーヒー4つを入れた袋はTR氏がそれぞれ運んでくれた。
運んでいる最中の姿を激写できなかったのが非常に悔やまれる。


竹島が真ん前に見えるあたりのベンチを確保し、ティータイムの始まり。
竹島ティータイム
包みを開けたらトンビが頭上を舞い始める・・・キミらに食わせる分はないぞ。

崩れないようにとこんなふうになってました。
チーズケーキの守り
ふわんふわんで口当たりがよかった。
なんか、食べた瞬間にではなく食べおわって「美味しかったなー」と思える、
そういうケーキでした。
ぜひ次はフルーツてんこ盛りの(以下略)。

こうして外でケーキを頬ばってコーヒー飲んでいても、全然寒くないし暑くもない。
気がついたら風もそんなに強くない。
今日はなんていい天気なんだろう。
竹島を望む

「行きが追い風バンザイだったから、帰りは超向かい風を覚悟」
はまぁ、覚悟したほど酷くなく済んでよかったみたいデス。

今日の引率
1121キャニ男

向かい風がタイヘンだったときの秘密兵器
1121みどり号

新入りさん見たかったなー(ボソ
1121シルク

幻の自転車と(ウチの相方に)名付けられた
1121ネオプリ

今日は売り切れ
1121ベニヤ

帰路は予定を変えてもらって、アップダウンが少なく最短と思われるルートで帰る。
なんか、申し訳ないくらい今日は疲れたのだ・・・ワタシ。
こうして書いていてもわかる通り、細かい出来事を全然覚えてない。
たぶん、周囲のことに気を遣ったり観察したりする余裕がなかったんだろう。
自分でも「どうすればこの倦怠感を解除することができるかなぁ」とか、
「なんでこういう体調になったのかなぁ」とかしか考えてなかったように思う。

帰り道、きれいな夕日だと愛でつつも自分では撮れなかったので、
TR氏の写真を拝借。
1121夕日

いい天気でしたねー♪

ぶっ倒れることもなくゴールし、車で碧南の焼き芋屋「丸じゅん」へ。
おみやげには安納黄金という黄色い皮の焼き芋を。
イートインには“エレガンス葵”というサラブレッドばりの芋をチョイス。
エレガンス葵
あー、これこってり加減もほどほどでワタシ好みっす。
到着時間がPさんご夫妻とほぼ同じだったので、芋を食べながら少しお喋りして解散。

一緒に行って下さった方々、ありがとうございました〜。
途中合流のSGさん、必ずリベンジしましょうね〜!


今週は足周りがリニューアルされました。
まずシューズ。
sリンタマン靴
リンタマン、買いました。
今年になって38という女性向けのサイズが設定されたのです。
靴はフィジークに泣かされたこともあり(踵の樹脂が取れるわ、対応は中途半端だわ)、
二足態勢を取っておく方が良いと学んだため。
紐靴を考えたこともあったけど、リンタマン独特の調節機能に心惹かれこちらを選択。
一応普通に靴を履ける足ではありますが、右脚親指付け根あたりに少々無理を感じることがあるのです。

まだ履き始めなのでアッパーが硬く、馴染むまでにもう少し時間が要りそうです。


二足態勢ということは、新しいシューズにクリートを付ける必要があるということ。
ワタシはスピードプレイ・ゼロを使っているので、
sスピプレ・ウォーカブル
やはりこれですね。ウォーカブル。

黄色のカバーを取った状態。
s新スピプレ

以前のスピプレ(カバーなし状態)はこんな感じだから、
s旧スピプレ

新製品は金属部分がかなり薄いのがよくわかる。
黄色のプレートも薄くなってるかな?
ペダルを同じように使えるということは、Cバネの規格は全く同じってことだよねぇ。
填め外しはやや硬いくらいで、問題なし。
純正クリートカバーを付けて、ん〜・・・前よりは足の運びがスムーズかな・・・。
このカバーの耐久性が気になるところです。


今日のコース



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村




ワタシは幼かりし頃、かなり物怖じしない子だったらしい。
両親にしか懐かなかった従兄弟に比べ、どの叔父叔母とも出かけお泊まりするワタシは、
叔父叔母にあちこち連れて行ってもらっていた。

子供ってなにも知らないからこそ物怖じせず、できないことにすら拘らず、
やりたいから突き進むパワーがある生き物だと思う。
なんとなく大人になって、それも通り越しちゃいそうな今は、
できるかどうか解らないと解ってしまった時点で怖じ気づいてしまって楽しくなくなってるのかもしれない。



日曜日の朝、一応早めに起きてみた7時過ぎ。
路面はまだびしょ濡れ。さっきまで雨降っていたんだろう。
この段階でまだスタート時間は決まっていない。
路面の乾き具合を睨みながら決めることにしてあるためだ。

誰だって滑って転ぶのはヨシとしないと思うが、当ご近所チームの場合は
絶対にぜったいにじぇっっったいに
転倒してはならないっ。
そのためのリスク回避は念入りに。


そんなわけで地元をスタートしたのは9時過ぎ。
おばらへ車で
路面が乾く時間を稼ぐため、いつになくゆっくりの道中。

トランポ地は「昭和の森」、こんな場所にこんなものが・・・知らんかった。
今日はここで大失態、たくさん忘れ物をした。
常備薬やコンタクトのスペアを入れているポーチを、
背中のポケットに入れるの忘れて車に置いていってしまったのだ。
荷物の詰め方をもう少し考えなくては。


最初の目標は「やんばる」だそうだ。
今日の予定コースデータは見せてもらっているけど、ギザギザと牙が並んでいるような感じだったな。
やんばるまでの距離は10キロ程度で、そこでもうお昼にするとのこと。
つまりスタートからやんばるまでの間に補給はしないわけだ。

坂、きっつ。
自分の脚にちょっとキツいなーと感じ始めるのは5%超えたくらいからだ。
今回のルートの坂はしばらく続く。
てっぺんかと思った所はまだ坂の途中だったりする。
人間の感覚なんて本当にアテにならないもので、8%とかをちょくちょく繰り出してくる坂を
通過した後の3%4%って平坦にしか見えないのね(笑)。
ガーミンの表示が「まだ上ってるよ」と示しているから気がつくだけの話。

やんばる到着直前の坂は、さっさと諦めて歩いた。
そこへ来るまでにもう両太腿死んでたしw
一足先にダンシングであの坂をこなしていくSY氏を見ながら歩いて上った。
やんばる景色

とりあえず、一応来た。
やんばる

迷ったけどやっぱり最初はこれかなと思い「ソーキそば」。
ソーキそば
へー!すごくサッパリしてるんだ。
なんだろう、しょうゆラーメンとも違うし、塩でもないのかなぁ。
上に乗ってる豚肉がこれまた美味しい。骨?軟骨?筋?が柔らかくて旨い。
次に来たときは「お肉、ひとつでいいです(^_^;)」って言おう絶対。

あと、島トウガラシを漬け込んだあの、アレは甘く見ちゃダメだ・・・

食後、チラッと道を間違えたりしつつ、未知のルートへ踏み出す。
猿か狸かはたまた熊が出てもぜんぜんおかしくないぞ!くらいの道を通る。
落ち葉が多いので、わだち部分を通るように気をつける。
そしてここが何気に斜度キツいw 13km過ぎのK353
でもって斜面の木々が時々ガサガサッって揺れるw
キツかろうがなんだろうが脚を止められない、そういうアドベンチャーな道でした。
結構面白かった♪


「きっつ」と思いながら上がって下りてを繰り返す。
暑い、今日は暑いぞ。
ちょっと着込み過ぎてる、アームカバーは要らないや。
気温が高いわけじゃないのはわかるが湿度が高いのだろう、そういう天候は苦手。
自分の体温調節が上手じゃない今、発汗で体温が下げられないと途端に頭までうわ~っと熱くなる。
途中で止まってもらって、ジャージの下に付けていたアームカバーを脱ぐ。
今日のウエア構成
  モンベルのクールメッシュ+ジオラインLW半袖
  アームカバー
  長袖ジャージ(黒)
  カステリの裏起毛レーパン
  cw-xアンクル
  靴下(薄手)
  指ありグローブ(春夏物)

腕が冷えるのを防ごうとアームカバーを着けてきたが今日は不要だった。
想像していた以上に暖かい日なんだ、きっと。

小原までの道のりの途中にも四季桜は咲いている。
山々は、数週間前の岐阜よりもうんと鮮やかになっていた。
そっかー、桜といっても質素な山桜系なのかな。

ここでは、こぢんまりと集まりが催されていた。
おばら途中
写真は撮ったけど集まりのある方へは行かず再スタート。

道のそこかしこに四季桜が咲いている。
小原地域全体に四季桜がある、そういう感じだ。

何度上がって下りてを繰り返せばいーんだ?って事すら考えなくなった頃、小原のメイン会場らしき場所へ到着。
28km地点。
自転車はダブルロックして、出店のある方へ行ってみた。
おばら祭り
おお、賑わっている。
とはいえ薄墨桜ほどの人出でもない。
でもって、四季桜がかたまって咲いているわけでもないんだねー(^_^;)ナルホド。

ちょいと小腹を満たすものを買って、空いてる椅子を見つけて座る。
おばらしるこ
甘いものに飢えていたワタシはおしるこ。
昼食い足りなかったらしいSY氏は鶏ソー(鶏肉でできたフランクフルトみたいなもの?)
ステージでは女の子3人がパフォーマンスしてました・・・。

さて、これで後は下るだけかな?
実際、8kmくらいは延々下り。
ソーキそばを食べてる頃から風が強くなっていたので、この下りではイリュージョンが発生した。
脚を止めてるワタシが、ペダルを回しているSY氏に追いつくのである。
追いつくだけでなく、車間が詰まってしまうのでブレーキをかける必要すら出た。
走りながら自分でも「不思議なことがあるなー」と思ってた。
男性と一緒に坂を下ったら、引き離されることはあっても追いつくことは基本 ない。
この時実はちょっとだけ内心でニヤニヤしていたことは、ここの読者だけの秘密にしておいて欲しい。


ゴール手前に2つ凸凹があるので、それを最後の根性かなにかで乗り越えてゴール。
少し早めに14時半頃帰着。
それでも日差しはすでに夕方の雰囲気を醸し出していた。
これから先の季節はゴール時間は15時がベストだろうな~。
今日はスタートが遅かったので距離も短くまとめてもらったが、
もう少し早くスタートすればそれなりの距離が走れると思う。

で、真っ当なスイーツを食べてなかったので、帰宅の途中で
「5月のミュゲット」に寄る。
ミュゲット外観
ここもお初なので嬉しいぞ!( ^o^)ノ
下見がてら前を通ったりはしたが、店に入るのもここのケーキも初めて♪

座ったところの後ろにガチャピンとムック。
ミュゲットろーそく
FBのスタンプそっくり(笑)

季節のシフォンケーキ
ミュゲットケーキ2

かぼちゃプリン 
ミュゲットケーキ1
こちらはSY氏の分

ん~・・・ま・ん・ぞ・く ♪
坂を頑張っただけのことはあるわぁ~(*´艸`)
今日はお昼もその後も、比較的軽いものだったので、このケーキを食べてもカロリー収支は
トントン か 赤 だと思うの(・ω・)
ガーミンによるとワタシは1000キロカロリー以上使ってたし。
あ、次こそは「和」でお願いします(謎)

こうして無事に「初 四季桜」見物は終了した。
今年は物怖じしないというか“身のほど知らず”になることで、
人にあちこち連れてきてもらえるようになって、今まで見たことないものも見ることができた。
とはいえ幼児ではないので、あまり人に迷惑をかける行動にならないように、
ついつい甘えすぎたり頼りすぎたりしないように、分別を無くしきらないように、
もうちょっと頑張っていこうかなーと、少し考えたのでありました少しだけ。


この日、新しくなったのはバーテープだけじゃなく、サドルも新しいのを付けていた。
比較的フラットな座面のPROのサドルである。
とりあえず今日の時点では不都合なし、もう少し乗り込まないと何とも言えない。
そうそう、フラットなサドルに替えて気づいたのが、「スカートが引っかかる」ってこと。
乗るときに裾がサドルの先端に引っかかるのだ。
SMPにしてからはそういう事が激減していたんだけど、フラットなものに戻したらやっぱ引っかかる。
ので途中で脱いだ(笑)だって気が散るんだもん。
今冬はスカート無しも考えるかなぁ。




今日のコース



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

ぜーったいに出られると信じて疑わなかった『秋の鈴鹿4時間エンデューロ』。
まさかここで雨によるDNSになるとは(T_T)
意気消沈&やけ酒少しとやけ食い少しをして、少し夜更かし。
起きていられたらもっと夜更かししたかったけど、意外にも眠気が来てしまった。
「出るぞ、行くぞー」という緊張感がなくなったからだなきっと。

で、土曜。お寝坊。
出勤する相方を見送ってまた一寝入り。
スマホの着信音で目が覚めたのは午前9時半。

相変わらずの雨、これでは猫を医者に連れて行くのも面倒だし、ベランダも濡れているので猫トイレも洗えん。
そこへチャリ友(ママ友みたいな感じ?w)から
「ヒマならランチどぉ~?」
とお呼びがかかったので、ヒマだし即乗り。

どこへ行くか相談の上決定したのが、
恵比寿楽園テーブル
ここ、何度か前を通っていて、その時間帯が悪かったのか「やってるのかいないのか解らん店だな-」って毎度思っていたトコ(^_^;)失礼しました。
恵比寿にて
パンにシチューを付けながら食べる・・・まぁそーゆーランチらしい。
シチューを選べばそれでOK、なので違うシチューを選んで味見もしましょということで、
秋シャケのバジルクリームシチューとローストチキンのつぶつぶコーンシチュー。

恵比寿のランチ
ドリンクはドリンクバーから好きなように。
サラダはビン入り(蓋がないからシェイクできず、ビン底にドレッシングがたっぷり溜まってた。フタも付けて欲しい)。
生ハム・ブロッコリー・玉葱のマリネはワタシ好みだった。

お腹空いたなーとさえずりつつ待つことしばし。
シチュー到着。パンも来た。
クリ−ムシチュー
パンは白くてふわふわ。好みの問題だと思うが、ワタシはもう少しハードな食感の方が好き。ま、この辺は人それぞれな部分だから、パンも選べるといいなー。

パンチが効いた味付けではないけど、パンと食べることを考えてか少し濃いめ。
クセも無いので、しょっちゅう来ても飽きないかな。
そのせいか店内は満席。
ウチらが座れたのも「予約のお客様がいらっしゃるまでの1時間程度でよろしければご案内できます」に乗ったから。
もう少し大人数でなら予約が無難そう。
客層は、休日だからかけっこう幅があった。
学生らしきグループから中高年女性グループまで、まぁ女性向きの店って感じ。
平日のランチは推して知るべし、だろうか。

けっこうお腹もふくれたので、腹ごなし・・・
といえばチャリ屋ですよね~、でもこの辺から近いチャリ屋ってどこですかね~?
共和駅前ですかね~?ってことで、ちらちらっとウィンドウショッピングして時間を潰す。

そうこうしてるうちに胃に隙間ができたので、ランチには付いていなかったデザート補給へ。

待望の ぜんざい~♪
おしるこです
先週ちょっと細かい打合せをしたら、脳みその糖分が減った感じがしてw
急にぜんざいが食べたくなったのだった。甘いものぷりーず!!


ここも、マトモな時間だとひっきりなしに客が出入りしてるんだねぇ。
ワタシはライドの帰り道ばかりだったので、閉店間際でこの混み方を知らなかった。
今日は車なので気兼ねなく「持ち帰りように5枚」って鯛焼きもちゃんと確保\(^0^)/

あー、食った食った。
脚がイタイ・腰がイタイと言っていたチャリ友も、ぜんざい食べたら機嫌が良くなった様子(イタイのがぜんざいで取れたかどうかは未知数)
「明日は走れそうだね」
「朝からドライというわけには行かないだろうけどね」
などと明日の相談をさらっと済ませてのち自宅の前で落として、
そのままワタシはカトサイにも行ってみた。

このところちょっと気になってた件の解決策の端緒は掴めた気がして帰宅。
帰宅後、バーテープを巻き直してみる。
新バーテープ
白って汚れ出すとあっという間に汚くなるよねー。
でも、二度とロゴ入りのバーテープは買わないぞ。

ごそごそやってるうちに相方帰宅。
明日は走れるかもしれないから軽く一杯だけお付き合い。
軽くビール
晩ご飯はカレーでした。うーむ、またお腹いっぱい。
そして遅がけにおみやげの鯛焼きを一枚だけ。
鯛焼きのおみやげ
「それは魚ではないです」 by コタちん

今日のカロリー収支は間違いなく黒字。
さーて、明日は一応走るぞ。
走れるよね?



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村


昨年、初めて参加した4時間エンデューロ

今年もあの楽しさを再び!
と思い、FRLにて3チーム態勢でエントリーしたんですが、天気に恵まれずDNS。
もう一日天気がズレていたら・・・
そう思えて仕方ありません。
また走りたかったのに。

スズカ2015秋

でも、天気には勝てない。
そしてあくまでレクリエーションなので、雨の中スリップだの転倒だののリスクを抱えながら走るつもりもない。
幸いにもワタシは大きなケガもなく毎日を過ごしていますが、先年今年と知人友人の中には
事故や受傷でスポーツを以前のように楽しめない日が続いている人も居ます。
「明日は我が身かもしれない」そう思いつつ、無理なリスク背負いはやめようと考えているのでありました。


しかしそれにしてもだ。
口惜しいなぁ、本当にクヤシイ。
去年は棚ぼた的に参加を決めたのだけど、今年は「走りたい」と思ってエントリーしただけに!

今年はワタシがチーム代表役として、エントリー作業(午前0時を待ってパソコンで手早く(?)エントリー)をして、
パドックパスも無事に押さえて・・・なんて経験もできて気持ち的には上がったのだった。
エントリーから本番まではかなり期間があるので、しばらくはダレた気持ちだったけど、
11月の声が聞こえ始めたら次は「参加証、いつ届くかな?」という気持ちになる。
今年はワタシの所へチーム分が来るので、すぐに分配しなければならない。
→エントリー時にチームメンバーの情報はもらっているので、参加証は速やかに普通郵便で送付でOK。
→パドックパスは、ピット争奪戦をしてくれる人に譲るので、それも普通郵便で送付してOK。

そこまで済ますと「ああ、やっと来たな~」って気分になる。
そして体調管理に神経を使い始める。
だってほら、最近はわりと好調だけど油断はできないしね。
だから週末に調子が良くなるよう、鍼灸院にも足運んだりして。
鍼灸は即効性が薄く、数日してから「あ、快方に向かってきた」と感じるので、
そのタイムラグも読んで火曜日夜に施術してもらいました。これで週末は安心(^_^)



次にやることは、持ち物準備。
まず、当日着ていくウエアを決めるが、これが悩ましい・・・
昨年実績と同等と考え(気温等)、
 FRL Ver.3ジャージ
 その中に着る長袖ジャージ
 モンベルLW半袖インナー
 モンベルクールメッシュ袖無し
 アームカバー
 カステリの裏起毛レーパン
 cw-x足首用
 ソックス
 グローブ(指あり夏向け、指あり秋向け、インナーグローブからチョイスしよっと)
 アイウエア
 ヘルメット

 キルティングミニスカート(走るときは脱ぐ)
 ウインドブレークジャケット(薄手。待機時に着る)
 イヤーカバー(試走時のみだろうなぁ) 

そのほかに、
 替え下着(終わったら着替える、かも)
 常備薬等、いつも持ってく小物、日焼け止め
 替えパンツ(レーパンから履き替える)
 タオル、ティッシュ、バンダナ
 財布
 参加証(忘れそうだから早めに入れておく)
 お菓子や補給食類は出かける前にコンビニで買おう
 スマホも直前に

バイクについては、
 普段自転車に装備している牛ライトは外す
  同上 インフレーターも外す
  同上 サドルバッグはピットへ行ったら外す
 ボトルは空のまま差し込んでおく
 ガーミンさんは付けておく
 タイヤは前夜に空気入れよう

これらの準備は木曜の夜にやった。
前日の金曜は気が焦って取りこぼしをしそうだもん。
それに、前日は速攻で自宅へ帰って、食事して、車に自転車と荷物を積む必要がある。
そして21時には布団に入って、当日は2時半か3時起き。
ガソリンは満タン。

なのに、雨(T_T)
金曜の18時ごろにはDNS決定!


秋の鈴鹿、もう一週間ほど前倒ししてくれないかなぁ。
それだけで気温も違うし晴れやすい気がするんだけど?気がするだけ?



さて、と。
鈴鹿には行かないわ、雨が降っているわでなにも予定が入ってない一日。
いったいどーやって過ごしたら良いと言うんだろう(呆然)。

とりあえず、今夜は飲むか・・・

IMG_9286.jpg IMG_9283.jpg


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

長く細く続けてきたテニスをストップしてもうすぐ半年。くらいかな。
まだそんなに「テニスしたーい」という気持ちは出てこない。
再開するなら、それなりにお金がかかることだし時間も割かなければならないので、
ちゃんと「テニスしたい」気持ちが続かないとダメだと思ってる。
だからまだ再開しない。


素人の趣味レベルのスポーツでも【気持ち】って大事ですよね。

私の場合、自転車はまだ経験が浅いので、気の持ちようとの関係性が解らないんだけど、
テニスでなら気の持ちようの大切さが多少は解ります。

一時、同じクラスで練習していた男性で、別に下手でもなんでもなく、在籍クラス相応の力量がある方がいました。
ま、多少性格の優しさが災いして(?)ツメが甘いところはあるかなーって感じでしたけど。
ただ、サーブが苦手なようで・・・。
サーブが入らないとしきりにコーチに質問していました。
一旦「苦手」って思うと、なかなか上手くなれないですよね。
でもこの男性に一番不足してるのは「自分のサーブは入る、絶対入れてやる」という気の持ちようだったと思ってます。

プロをはじめとして試合で戦う人って「自分のサーブ、入らないかもしれない」なんて絶対思っていないです。
全てのサーブ、どのショットも「絶対入る、入れてやる」と思って打っている。
私、サーブは得意な方でしたけどやはり「私のサーブは入る」と思って打ってました。
少なくともトスを上げる時点までは「入らないかも」とは考えません。
「入れる」ではなく「入る」と思って、思い切りよく打つ。

テニスのショットの中で、サーブは唯一最初から最後(ボールが自分から離れる)までを自分でコントロールできるショットです。
トスも自分で上げるしヒットの瞬間も自分でコントロールできる。
よく似た打ち方のスマッシュは、相手から来るボールに対応する必要があるので似て非なるものです。
それ以外のショットも相手から来るボールへの対応になるので、思い描いた通りの対応ができないこともしばしば。
その点サーブは出だしから自分の支配下にボールがあり、自分が優位に立てる好ましいショットです。
それが苦手意識から自分を不利にするショットになってしまうのはなんとも勿体ない。
唯一自分でコントロールできるショットに対して自信が持てなかったら、良いショットになるわけないと思いません?


気持ちだけでスポーツが上達するわけじゃないけれど、
練習してきた・努力してきた自分を信じないままで練習を重ねても片手落ちだと思うんですよね。
テニスの場合、10本同じショットを打っても会心のショットは1~2本あればいいとこかな。
残りはなんらかの課題が残る、けどまぁ一応コートの中に落ちたという結果だったりするのです。
この時、数的に多い方にばかり気を取られていると、良かったショットを打ったときの良かった理由を見落としてしまう。
良かったショットを打った状態を再現することに注力すれば、2本が3本になり4本になりするかもしれないのに。
課題が残った方のショットについては「悪かったポイント」、例えば振り遅れていたとかボールに近づきすぎていたとか体の向きが合っていなかったとか、をコーチなり自身なりで見つけて改善していけばいいのです。
良かった方の再現は、改善する方と比較すると容易だと思うの、できていたことをもう一度やるだけだもん。


ワタシ自身でいちばん理解できてるテニスでの話になっちゃったけど、
他のスポーツでも同じようなことが言えると思うんですがどうでしょう。
もちろん初心者がいきなり「自信を持って」というのは無理ではあるけれど、
ある程度習熟したスポーツに対するとき、そのプレーをするときはやはり相応の自信を持って臨まないと、
己自身の納得がいかない結果になると思うんです。
今日の自分はなにができてなにができないか。
今日の自分の調子はどうか。
今日の自分はなにがしたくてなにがしたくないか。
今日の自分はなにを渇望し、なにを恐れるのか。

身体機能の上に乗せる気持ちの部分を無視してはいけない。
気持ちにのみ頼ってはいけないけれど、気持ちをないがしろにしてもいけない。



ちなみに、テニスボールはバランス良く攻撃的になったときだけネットを超えて相手のコートに落ちるんです。
不思議でしょ。

ってことで、明日は雨のようだし今日乗っておかないと、来週はスズカだし、で。
モリコロでちびっと脚を動かしておこうと思って、でものんびり出かける。

ロード(前2×後10)が解禁になってから初めてのモリコロ。
単調にぐるぐる回るだけなので、さほど期待してなかったけど、
今日は「ほんわかポイント」があったのだった。


(1)チビッコローディ
走り出して1周目、お父さんに連れられた小学生くらいの男の子発見。
お父さんはMTB、子供たちはちゃんとロードバイクにジャージにヘルメット。
小さい方の子は小学生低学年だろう。
二人ともすごく普通にロードに乗ってそこそこ速く走ってる。
しかも高ケイデンス! ワタシはあんなに速く回せないぞ〜(^_^;)
下り坂では三人で体を小さくして空気抵抗を減らしてる。
お父さん、そこはぜひサガン乗りをマスターさせて下さらんかw
コース最後の上りにさしかかると、お父さんは下の子と競争、お兄ちゃんの方は弟を引き離すべく漕いでる。
で、降車地点手前の高架下がゴールになっていたようで、お兄ちゃんの方は両手を挙げて見事にゴール!
弟クンも続いて両手を挙げてゴール!!
この子たちが次世代のフミやユキヤになってくれるんじゃないかと、ホンワカした気分になれました。


(2)クロモリの美女
お昼近くになった頃、受付付近からパナのクロモリを引いた女性登場。
スラリと背が高く(ワタシより少し背が高いと思う)、細身のクロモリという組み合わせで目をひいた。
コース後半付近で彼女に抜かれた。
とはいえ格段に速度が違うわけじゃなかったので、視界内に捉えつつ走る。
後ろに付いてわかったのだけど、独特の雰囲気がある。
まず、ケイデンスがすごく一定。
下ろうが上ろうがケイデンスが変わらない。
息をするような、ブレがないペダリングをもっと見たくて、最後の上りの手前から張り付くことにした。
彼女のペダリングを見ていたら上りも気にならなかったよw
人の後ろに付くことが多いワタシだけど、ここまで魅せられたのは初めて。
残念なことに彼女は一周で引き上げていった。
小ぶりなリュックを背負って、細身の体躯・・・肩幅が狭いから女性だとわかるけど、
安定感と漕ぎっぷり、無駄のない脚は男性かも?と思えるくらいでありました。
いやー、いいもん見せてもらいました(^_^)


(3)同じシューズの女性
3+2周して休憩してたとき、同じシューズを履いている女性を発見。
「シューズ、同じですね」と話しかけてしばしお喋りする。
不具合はないか?って尋ねたら、踵の樹脂は大丈夫だけど、ワイヤーに不具合があって、
今履いているので3足目だって・・・。
ワタシは踵が取れて云々と情報交換してお互いに
「やっぱりイタリアもんだからねー」って納得したりして(笑)。
そういう彼女はビアンキ乗りで、ワタシはデローザ乗りだったりするんだけどね。
途中から彼女のご主人も加わって三人でお喋り。
12月のモリコロに出るそうで、寒いですから防寒対策は必要ですよって話もして別れました。
そんだけだけど、ホンワカできてよかったです。


(4)腕が冷えるのはNG
走れば汗をかいた今日、つまり寒いというほどではなかったけれど
やっぱりワタシは腕が冷えると気になる!
それを再確認。
来週のスズカには絶対アームカバー着けていこう。
グローブはもう夏物ではダメだなー。
いや、これにインナーグローブ組み合わせればなんとかなるかも。
レーパンはカステリのこれでいいや。
スズカ2015秋
いよいよ来週です!


(5)膝痛い? ふくらはぎ痙り?
2周目、少しだけ重めのギアで濃いだらやっぱり右膝に違和感が出てきた。
たった1枚のことなんだけどなぁ。
30Tなんて使わないだろうから、スプロケ交換しようか。
その方が今よりクロスレシオになるし。うーむ。

それと、今夏以降時々「ふくらはぎが痙りそうな感じ」になる。
感じになるだけで痙ったりはしない、してない今のところ。
ふくらはぎを触っても固くはないので、大きな筋肉でなく中の方の細い筋肉に違和感が出てるのか?
モリコロ3周程度で違和感が出るのもなんだかなあ。
どの筋肉が痙りそうな感じを出しているのか見つけなくちゃ。


(6)ゾンダ一組分
今日、最後の上りが以前より楽、というか前よりスピードが落ちなくてクリアできているように思ったんだけど。
それはやはり自重が少し減ったからだろうか。
なんだかんだでゾンダホイール一組分くらい減らしたのだ。
それくらいならスタミナまでは減らないので、それで少し違う感じがしたのか?


などと個人的にホンワカしたり、来週のことを考えながら35kmほど走って終了。
とりあえず今週も脚は動かせたのでヨシとしよう。
モリコロ終了

明日は、天気がよかったら「意外な組み合わせでスイーツポタ」を計画していたのに、
どうにもこうにも雨予報でポタを断念。
レースなどならともかく、雨の中を走るリスクを負わなければならないほどの企画じゃないので次の機会に持ち越しだ。
延期している間にプランを考えなくっちゃ(^_^)

チーズバーガーです
帰宅後、チーズバーガー食べて昼寝(笑)
眠いとき眠れる状況なら寝ておかなくちゃね。


もうひとつメモ。
モリコロ往復は車を使った。
平針から県道221を使って県道233に入り北上するルート。
芸大通駅付近で名古屋長久手線に入りモリコロまで。
県道233はダンプの往復が多くてロードで走るには不向き。
かといって竹の山を通過する県道57も交通量多くて楽じゃない。
この2本以外の道を見つけないと、モリコロまで自走という気にはなれないなぁ。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

昨日一日は雨&曇りだったけれど、天気予報どおりに今日は晴れた。
ただし、雨の翌日は風が強いとしたもので、朝から風あり。

天気の話とは別に、土日にそこそこ走った影響で、情けないことではあるが
目の下に盛大にクマ発生(゜Д゜)ガビーン!

対策として月曜
チョコラ
を突っ込む。
これで一応、クマのほとんどは取れた。はず。


さて、文化の日。

自宅出発9時ちょっと前、今日はどういうコースを走るのか解ってないミステリーツアー。

初っぱなにコンビニ休憩。
初っぱな休憩
朝ご飯食べてなかったもので・・・
ルート不明のため、安全策として「万一、大福爆弾を投下されても対応できるよう」と考えた故の朝食抜きである。

説明によると、往路の多くは凸凹ありのルートらしい(↓ルートラボのデータ参照)
幸いなことに今のワタシなら、これくらいは大丈夫だ往路だし。
でも、途中に12%下りという看板を見た。
「帰りにここ通らないよね?」
「通りません」。
一安心である。

なんとなーく南下してるっぽいこと、一部ワタシの頭にある地図と一致する風景があることを除けば、
「今どこを走っているんだろー?」
「あとどれくらいはしるんだろー?」
という状態。
今日、公表されているのはランチを食べる店の名前だけ。
信号で止められる以外ほとんど休憩らしい休憩を取ることなく、ランチタイムの開店アタック。

待合室
満席というわけではないが、ここでしばし待たされる。
予約客の名前もずらりと並んでたので、昼頃に到着したら待たされるかもだねー。

席のご用意ができました~と案内されて着席。
今日のお昼ご飯。
森牧場でランチ

昼にしちゃ豪華すぎないか?
いえいえだって、

目の下のクマ対策
兼 ミステリーツアーの目玉
兼 牡蠣に対抗するため

なのでこれくらいはしないと(・ω・)
メインのお肉はヒレ160g。
ヒレ肉
歳をとってきたせいか、サシがたっぷり入っているよりこれくらいの赤身の方が美味しく思えるようになった。
むろん、この肉自体がめちゃくちゃ美味しい。


サラダにスープ、ご飯はとろろご飯。
とろろご飯

食後には、デザート(アイスクリームかフルーツか)と飲み物が付く。
メロン
熟していて食べ頃♪

よぅし、これでクマは大丈夫だ!

食事が済めば気になってくるのはこの後のルート。
で、どういうルートで帰るのかな?

「次は、衣浦トンネルを通ります」。
友人が通っているのは見聞きしてたものの、ワタシはまだ行ったことない。
地下トンネルかー(^ω^)

ちょっと休憩。
天気はメチャメチャいいけど風がさらに強くなってきた・・・
半田温水プール

トンネル入り口に到着。
衣浦入り口側

まさか、階段で下っていくとは思わなかった・・・
数階分下ったところでワタシは担いで降りることに変更。
なんか腰が悪くなりそうなんだもん。
海底横断部分は自転車にまたがって行ける(でも写真なし)。

ふー。
無事に地上に出た。
衣浦出口側
大きな船が目の前を横切っていった。そこの白プリちょっと邪魔。

地上に出て碧南だそうである。
碧南と言えば?

「焼き芋!」(ノ^0^)ノ
違うの?

違ってました。
某だんご屋、しかも定休日。
だんご屋
普通、遠路はるばるやって来て“定休日”って看板見たらがっかりしそうなものですが、
ツアーコンダクター、なんかメッチャよろこんでました。
“定休日”が存在したことに感激していた模様。
「もしやっていたとしても、この時間ではだんごは残ってないと思われる」んだそうな。

じゃぁなぜここがルート上に?
という疑問を心の奥にしまって、先へ進む。
次はどこに行くつもりかな?

ここでした♪
アンファンスへ
西三河のスイーツ大王に教えてもらったケーキ屋さん。

新作ができるとFBに載ってくる。
どれもこれも美味しそうで、食べたくなるのだけど今日ならやっぱり
白醤油プリンとシュー
「白醤油プリン」。
実は、店内のケースに並んでなくて、ダメ元で「白醤油プリンはもう売り切れちゃったんですか?」と聞いた。
そしたら、ご主人が並べるのに迷っておられるとかで(^_^;)
でも、奥様が交渉に入って下さって、こうして賞味する機会に恵まれました。
この独特の風味はなーんとも不思議で濃厚ですねー。
シューのクリームも、お値段にそぐわないくらいたっぷりとあり濃厚で美味しゅうございました。

お店でイートインできないので、他のケーキは車で買いに来なくっちゃ、です。

ここでほぼ満腹になったので焼き芋はスルーして帰路へ。
どこをどう走るのか?
ツアーコンダクターも、アンファンスまでしかルートを引いてないとかで、
ここから先はさらにミステリー化一直線。
ワタシのガーミンが「北」とか「北西」とか示しているのだけが不安を和らげてくれる。

今や日暮れはつるべ落とし。
16時を過ぎたら一気に暗くなってしまうので、今日はちゃんとライトを装備してきたものの出来れば使わないで帰りたい。
途中のコンビニで休憩入れた以外はせっせと走って、見慣れた風景が出てきたなー
この道ってなんどか走ってるな、あぁたい焼き屋のある道だ~、ということは自宅も遠くないな~
・・・と、疲れた体と頭で思っていたその時、たい焼き屋から出てくる車が道をちょっと塞いだ。


「しまった、車に進路をふさがれた~!」

それはワタシも視認した。難しい状況ではあるまい・・・


「あ・・・吸い込まれるぅぅぅぅ~~~((((((≧▽≦)ノ」

マジですか(゜_゜;)


「ああ~っ! 吸い込まれた( ̄▽ ̄) ハイ、不時着。みたいな。

お腹空いていたんだってさ。
寄り道ですか
ということで、寄り道決定=日没不可避。
あんこの威力は絶大ですね。

今日のカロリー収支を考えていたんだが、この1枚で黒字化決定。
ダメ押し鯛
まぁね、本当に美味しいから仕方ないんだけどね。
先日食べたぜんざい、充分美味しいおぜんざいだったけど、ここのと比べると残念ながら及ばない。
ツアーコンダクターはここのあんこにべた惚れのようだが、ワタシもここのあんこは美味しいと思う。


あんこを補給したあとは、俄然元気になった背中が印象的であった・・・なんと現金な。
そんなわけで、今日の帰宅はしっかり日が暮れたあとになりました。

今日のコース


距離として85km程度はもはや「走れない距離」ではなくなったんだけど、
今日は妙に疲れた。
人の後ろに付かせてもらって、風からは守られながら走っていても強風は感じるし、
なにより街なかが多くて信号でのストップ&ゴーが多いのが疲れる原因かな。
同じ85kmくらいでも、例えば板取~郡上のコースではこういう疲れ方はしない。
ま、今回はこまめな休憩が(ワタシとしては)少なかったのもあると思う。
以前誰かが言っていたけど「10分程度の小さな休憩をこまめにとって走った方が疲れないよ。
長く走って長く休憩を取ると意外と疲れるので好きじゃない」ってのを最近実感する。
でも、グルメライドなワタシの場合、食べてるときは長い休憩になっちゃうんだよねー。
だから、今日はワタシ的には充分「トレーニング」と言える走り方だったと思ってる。

そして、目の下のクマ 復活(爆)


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

体調がよくなったとはいえ、意外と『休日二日連チャンで自転車乗る』
っていうのは実現できていなかった。
どちらか一日は体調が整わなかったり、天気が悪くなったり、用事ができたり。

それがやっと実現。
とはいえかなり計画の変更がなされてはいた。
当初、先週行くはずだったものが一週間延び、女3人で行く予定のものに相方が加わり、
直前でモロモロの事情により女子ふたりがやむなく参加取りやめになってしまった。
なので、女子で行くのは日延べ。
しかしまるっと中止にして相方をのんびりさせたくなかったので(爆)ふたりで行くことにしました。


前回は「連れていってもらう」側だったので、お気楽に付いて行っただけ。
今回は違う道を使えないかと考えて、当日朝に少しルートを引き直してガーミンに突っ込んで出発。


まず、道の駅むげ川が小ぶりなので別のトランポ地点を探そうということで、
『岐阜ファミリーパーク』からスタートすることにしてみる。

道路から近い、野球場手前の駐車スペースに止めてみた。
s岐阜ファミリーパーク
軟式野球の試合があるらしい、賑わっていた。
そのほかにも、園内をランニングする人や遊びに来ている人も多い。
野球場の外側にトイレがあるし、入り口付近に自販機もある。
これならトランポ地として最低限のものは揃っているので問題なかろう。
今後はこちらを利用した方が気兼ねなく済みそうだ。

R418まで出る県道もさほど交通量が多くないし、ほとんど平坦。
そして、美山のあたりでR418から武芸川を渡って対岸の道を走ってみる。
実はこのルート、ひとつ難点があってトイレがほぼ無いのであった。
R418でも川向こうの県道でもそれは変わらないっぽい。
お寺さんがあるので、ひょっとしたら借りることはできるかもしれないが、少なくともコンビニはない。
女性としてはちょっと気がかりな道のりなのである(^_^;)

川向こうの県道200、それ自体は正解であった。
車は少ないし、道はちゃんとしてるし、往路として急がず仲間とワイワイと走りたいなら絶対こっち。
しかも、なんとなく走っていてもちゃんと曲がらなければならない交差点へ到着してしまうという都合の良さ。
R418を横断し、神崎川沿いに上る道になっているのだった。

ふたりで豆腐一丁は多すぎるので今日はパス。

途中、神崎川を渡ってみた。
どうやら夏に賑わうキャンプ場のようですな。
今は誰も使ってないみたい。
相方「ここで泊まって遊べば楽しそうじゃん」。
うん、たしかに。自転車で走れるし、ログハウス?で寝泊まりできそうだよね~。
しかし賑わってる時期はここを自転車で通過は難しそうだね、今日は楽々だけど(^_^;)


私らが入ってきた下流側は超簡単なバリケードだったが、上流側の入り口は
sグリーンプラザみやま
こんな風にしっかり封鎖・・・ ってわけじゃなくて、門扉の横を自由に通過w。

あ、そうそう。
ここにありましたわよ!行き止まりの橋!
s行き止まりの橋
前回来たときに、K嬢が「渡りたーい」っていっていた橋。
こちら側からはちゃんと入れるように管理されてるようです。

今日はこのままごろごろの滝へ直行することにして(湧き水の方は割愛)、先へ進みます。
この頃から、ワタシの右膝ちょっと痛くなってきました・・・
うーん、やはり昨日の影響が。
ケアが足りなかったなー。

どうすると痛みが出るのかを探りながら、軽めのギアで速度落とし気味で誤魔化しつつ。

途中、ちょっと休憩。
s野崎川紅葉

板取川も水はきれいなんですが、野崎川はそれ以上じゃないかと思うくらいきれい。
そして、木々が多いので癒やし効果が絶大。
s滝付近

木々の色づき具合はこちらの方が進んでるような気がした。
水までの距離が短いのも特徴だね。
sごろ滝の風景
ワタシたち到着後しばらくしてもうひとりローディさんがやって来た。
彼は道から水際へ降りて写真撮ってた。
靴の問題をものともしなければ、それくらい簡単にできちゃう距離なのだ。


一応お決まりの看板の前で一枚。
sごろ滝看板

気温は昨日と同じくらいか?
木々が多くて木陰も多いのでひんやりした空気はあるものの昨日と同じくらいのウエアで大丈夫だった。
ここからは下るのでウインドブレーカーを着用。
今日のウエアでひとつだけ選択ミス。
レーパンをパールイズミのコールドブラック穿いてきてしまった。
もうそろそろコールドブラックは止めた方がいいなー。
裏起毛までは要らないけど、夏物レーパンはちょっと冷えた。

ここまでの道に落石が目立ったので、下りはそれも注意して走らねば。

快調に下って「廃校のレストラン」へ到着。
廃校にたどり着く直前の道路は、車があまり通らないのに幅が広くて舗装がきれいで、しかも少し下り坂。
膝が痛いのもしばし忘れて、アウターで漕ぎ足してみる。
気持ちいい(笑)
相方も「C35の美味しさが味わえて楽しいわ」という区間である。


廃校レストラン、賑わってました。
かろうじてワタシらが座れるテーブルが空いていた。
行楽客よりも、比較的地元の人がやって来ているような雰囲気。
まして自転車で来ている人間なんて・・・と思ったら、ごろ滝ですれ違ったローディーさんが、
1時間ほど後からやって来てました(・ω・) やっぱここに寄るのね。



メニューです。
もちろん「特製ランチ」です。
sメニュー

来たよ~(ノ^0^)ノ
s特製ランチ
主菜はおからコロッケか鯖と言われたのでふたりとも鯖を選択。
鯖は唐揚げの上にとろみあんがかかってました。
里芋の煮っ転がし、ポテトサラダ、白和え、煮豆、ズイキの酢の物(相方は違う味付けだった)、
漬け物、混ぜご飯はおかわり自由、みそ汁。
天ぷらは、ニンジン、ゴボウのかき揚げ、ピーマン、サツマイモ、柿、菊菜。

混ぜご飯が美味しくておかわりしそうになった・・・。

sかぼちゃゼリー
デザートは、コーヒーとかぼちゃゼリー。
色から「柿のゼリー?」と思ったけど、味はどうやらかぼちゃ。
不思議だけど美味しかったので大丈夫(笑)。

ここまで堪能して1200円はお得すぎる。
他にも食事メニューあるんだけど、次に来てもやっぱりこの特製ランチに行っちゃいそうだ(^_^;)

帰り道で、こないだ寄らなかった方のカフェ(というか喫茶店?)に寄ろうということにして、
相変わらずワタシが風よけして降りてきたんだけど、なんとその店開いてませんでした。
日曜休み?(゜Д゜)ガーーーン
相方に「お前、膝は大丈夫なんか?」と言われながらも頑張って降りてきたのに!w
ランチを待ってる間に、右の太腿外側や膝の上あたりをマッサージしていたので、
膝痛はけっこう治まってました。ここが痛いときはここが疲れてるからだという知識があるおかげです。
スポーツマッサージのトレーナーさんに感謝感謝。


相方は体が冷えてるらしく「はよ風呂入りに行こう」と言うので、お茶は諦めて先へ進む。
R418から岐阜ファミリーパークへ方向転換する橋の上でちょっと休憩。
s武芸川
武芸川もきれいだなー。

はい、今日も無事にパンクもなく帰って来れました。
ただ、自転車は泥汚れが付いた。
野崎川沿いは水たまりがあるのと、ごろ滝の手前に採石場だかがあって、泥汚れは避けられない。
s戻って来た
帰宅後、速攻で水洗いである。

廃校のレストランで使っている味噌をお土産にもらって来た。
s味噌のおみやげ

ここの直近お風呂は「武芸川温泉 ゆとりの湯」。
ちょっと狭いのがアレだけど、ぬるっとしたお湯は悪くない。
マーゴの湯(倉知温泉)よりも温泉らしいお湯でいいっすよ♪

しっかりあったまって、
s関広見インター
ここから有料道を使って、昨日と同じルートで帰宅。
昨日に引き続きこの日もうたた寝してしまいました。
や、けっこう疲れたんだってば。
やはり二日連チャンは疲れて当たり前ですよねえ?

そういや久しぶりに風よけしたんだった今日は。
我が家は基本「ワタシが前」。


今回のコース


板取と同じく、このコースの帰路もかなり好きです。
マイナス1%程度の道なので、ペダルを止めることなく回していると多少の向かい風でも苦にならないし、
なんたって楽してモリ漕ぎ気分が味わえるという道なのです。
その代わり、誰かに牽いてもらうときは注意が必要・・・その人の脚力に輪がかかることになるので。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村



最新記事