上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草木も眠る丑三つ時・・・

チャンチャ チャンチャンチャン チャッチャチャー♪

という目覚まし代わり着信音で起こされる。
そう、今日はスズカの8時間エンデューロ。
仕度時間を逆算して2時半頃起床。
午前4時、センセーに拾ってもらって一路、スズカを目指します。

■魔法の●毯
今回は某SNSメンバーで集まっての、4人構成3チームという布陣。
ころりん号のあだ名をチーム名称にしてもらいました\(^0^)/ ジュウタン~

■ピットではなくチームオフィス
12人+見学者で8時間以上スズカに缶詰めですから、チームオフィスもゲット。
朝6時から撤収までのおよそ11時間を1800円/人で使用でき、トイレ完備・エアコン完備・流し台と冷蔵庫が使えてコンセントが豊富・・・いやはや快適。
チームオフィスは午前6時オープン。
試走が15分から始まるのでもう少し早く入れるといいのになぁ。
オフィス開かないのに早く来てもしようがないからと考えるあたりがオトナなわれわれ。


■脈絡ないけどマヴィックカー。
スズカ春1015
いつでもどこでもマヴィックカー(・ω・) ってなんやねん


■試走前に事件発生

えっ?ジャージ忘れた?
ホントに?


スズカ春1014
若干、空気抵抗増えそうですがお借りして試走へGO。

レーパン忘れた、じゃなくてよかったね・・・



■試走 1周のみ
試走は1時間。
その間に全てのカテゴリーの出場者(全員じゃないだろうけど)がいろんな速度でコースを走る。
ロードバイクありーの、クロスありーの、小径車やリカンベント、ママチャリも。
ある意味、この時が一番危ないと思う。
センセーの後ろに付いていったらそれなりにスピードあって、充分アップになりましたとさ。

途中で別チーム仲間の横を通り過ぎた。
「わりとゆっくり走ってるのね・・・」と思っていたら後ろから追いついてきた(笑)
ええやんムキにならんでも各自のペースで走ればー(^_^;)
ってか横を並走するのやめてー、ここで転ぶリスク負いたくなーい(内心の声)


■ワコーズのメンテナンス
試走したし、8時のスタートまではちょっとあるからなんか食べとこ。
ワタシは第3走者だから8時半くらいまではのんびりできるや~

ってのんびりしてたらJ氏から札を渡される。
ワタシの試走中に順番を確保してくれていたらしい<ワコーズ。
いや~ウレシイ♪ すっかり忘れてた(爆)

8時半にワコーズのブースへ。
スズカ春1017
ほうほう、これね。

人気あるんだね、あっというまに埋まっちゃうんだ・・・
スズカ春1018

人当たりの良さげな若者にきれいにしてもらってますベニヤ号。
スズカ春1021
こんな風に作業しつつ、掃除の仕方をレクチャーしてもらいます。
外したホイールは奥の方で別のスタッフが磨いてました。

フロントディレイラー、ぴっかぴか♪気になっていたのでウレシイ
スズカ春1023
マイクロファイバークロス、買お。
泡状に出るクリーナーも買お。


■Questの店長に会う
朝のひととき、物販ブース付近をうろついていたら、お世話になってるショップの店長に発見される(笑)
きっとこのジャージのせいだな(^_^;)FRLのジャージを着てました。
昨夜、店の前を通ったときに相方と「明日のスズカ出るのかなぁ」「貼り紙もないし出ないんじゃない?」という会話したとこだったのですが、どうやら閉店時に貼り紙して今日は休んでアタック120に出場だそうです。
ショップジャージ着てる姿、とうかロードバイクに乗ってる姿、初めて見た!



■計測タグはオフィス前で
スズカのコースは、
 _______
  本線
 _______
  ピットロード
 _______
  バイクラックの列
 _______
  パドック
 _______
  物販ブーススペース
 _______
  チームオフィス

と、こーゆー配置になってるので、チームオフィスに居るとコースが遠い。
しかもガチでタイム競おうと思ってないので、我がチームPは、
「チームオフィス前でバトンタッチね」
ということにして、前走者が「帰って来たよー」と呼びに来るまで待つ作戦にしました(・ω・)。
え?なんかヘン?
さらに、ピットロードの端からスタートして全長走り抜けてから本線に戻るという、競っている人には理解しがたいくらいの時間ロス(笑)


■コース上(1)
自転車レースの時は逆回りに走ります。
なので、スタートからしばらくは上りが続くコース取り。
後半のデグナー~S字~第1コーナーは気持ちよーく下りです。
一人あたり2周としたので、12km弱の走行はちょうど脚が温まってきた頃に交代になるのであった。
これ、けっこうキツいかも。
走る度、時間が経つ毎に脚がツラくて(心肺はまだ余裕があった)回せなくなったのが印象的。


■コース上(2)
できるだけ気を紛らわそうと(集中するとシンドイのに気づいてしまうのでw)「誰か知り合い居ないかな」と探してみる。
FRLジャージの参加者がいるはずなんだけど見つからない。
他の知り合いも見かけない。
・・・と思っていたら後ろから「ぴぽたさ~ん、がんばってー」という声が。
同時にHさんが横を駈け抜けていった・・・速い集団に入っているからあっという間。
すかさずワタシも声をかけた(とっさに声がかけられるようになりましたw)。
こういうのがあるから頑張れるし、楽しいんだよねぇ(*^_^*)
ダレそうになる自分をもう一度シャキッとさせられた出来事でありました。


■コース上(3)
もうひとり居るはずのFRLジャージが見つからない。
こちらは4人で交代して走っているので、運が悪いと全然出くわさないわけだ。
残念だなー、応援(?)したかったのに。
しかしこのご当人、コース上でワタシに出会うとアクシデント(肉離れとか)が起きると確信しているようでw、遭わないように気をつけていたかもしれない(^_^;)
そのおかげで無事完走、記録更新したと風の噂で聞きました(笑)




■休憩時間(1)
スズカ春1027
このアヤシい色合いの筒はセンセー持参。
ストレッチマットはワタシ持参。
これのおかげで休憩時間にストレッチしたり、筋肉ほぐしたり、寝転んで休んだり。
かなり便利であった・・・
獰猛な色合いのこの筒、効果も獰猛だけどよく効くよ~・・・イテテ



■休憩時間(2)
一人あたり2周で20分前後を要する=自分の番が回ってくるまで60分くらいある、という目安のもとで休憩する。

計測タグを次の走者に渡した後は、水分とエネルギーの補給を忘れずに。
レースが始まる頃から日が差してきてそれなりに暑くなってきたから、休憩中はとにかくなんでもいいから水分飲む。
そしてテーブルに出されたお菓子やらなんやらを口に入れて飲み込む(爆)。
そのせいか、食べ物の屋台で買うこともしないまま(カップヌードルを1個食べたけど、これは持参したヤツ)終わった。
あとは、オフィスの前で仲間内でダベリング。
応援で来場の知り合いとか来ていつまでも賑やかw。


■休憩時間(3)
物販ブースをチラ見するも、買えそうなものはやっぱ少なーい。
Terryジャージを並べているのも見たけどさほど食指動かず。
その代わりと言ってはアレだが、グリコパワープロダクションのドリンクが「セットになってお買い得」だったので買っておいた。
これは必需品なんだよねー、我が家の場合。


■風と雨
さすがは山の中、午後になったら風出てきました。
ホームストレートは追い風でありがたいけど、下りで楽しいS字付近は思いっきり向かい風。
なにげに体力削られてツラいっす・・・ 腕もしびれるし。

そして天気も怪しくなってきた。
なんとか保ってくれるかと思っていた午後3時半、ついにポツリとやって来ました。
雨が降ったら走らないと申し合わせていた我がチーム、今走っている走者が帰ってきたら撤収です。
ゴール時間まで残り30分程度とはいえ、危険と背中合わせに走るリスクは犯せません。
各々片付けられることから始めて、3チームの走者がほとんど戻ってくる頃には、
スズカ春1029
撤収準備万端。
すでに自転車も積み終わってます(・ω・)。
8時間のゴールを聞いてさほど時間経たないうちにかいさーん。
仲間内では、事故なくケガなくパンクなく 春の大イベントを終了しました。

一緒に参加してくれた皆さん、お疲れさまでした&ありがとうございます\(^0^)/
また楽しい思い出ができました。
機会があったらまた一緒に走りましょうね~!





  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村
スポンサーサイト

この週末はスズカ対策。ってそんなに頑張るわけじゃないけど、エネルギー切れはご勘弁w


とそのまえに、懸念無く休みが取れるよう仕事は片付けておきましょう。
県税 市税 国税

ってことで金曜は役所巡りで半日。
この3軒はなぜにこんなに微妙な距離で離れているのだろうか。
地下鉄でも市バスでもうまく繋げられないし、歩くにしてもちょっと距離がある。
結論としては「自転車があるといいよね」ってことになる。自転車なら2時間もあれば戻って来られるのだ。
でも我が社に社用自転車はないので、地下鉄で一番遠い所まで行ってその先は徒歩という半日コースを選択。

これでスズカ翌日の月曜、心おきなく休めるぜ〜(ノ^^)ノ



土曜日は、知多でカーボローディングトレーニングの日。
新舞子マリンパーク周辺に路上駐車増える・・・駐車場が有料になったからだなおそらく。取り締まりが強化されることがないよう考えて行動して欲しいな〜(ぼそ)
ジャンキー周辺は、アイアンマンセントレアの練習と思しき人や明日の前日練らしき人々がじゃんじゃん走ってマシタ。

うちらはぼちぼちと準備してのんびりスタート。
だって今日は胃袋のトレーニングだもん♪

そして
初車載!\(^O^)/
しえんた991
こんな感じになりましたー!無事詰めた!(積めた、でもある)

うーん、ギリギリ(^_^;)
助手席はゆったり感を確保できるよう、シートを前に詰めてません。
なのでタンブルしたセカンドシートが若干(10センチ弱)、運転席側よりも後ろにずれてます。
そのわずかな出っ張りでワタシの自転車はナナメにしないと積めませんでした(ブラケットがハッチバックドアに当たる)。
逆に、相方の自転車は運転席側に真っ直ぐに収まりました。
今後の課題は、「逆向きに積んだ方が良いのか?」と「ブルーシートで汚れを防止」です。
あと外した前輪の確実な収納も考えねば・・・この日はスライドドアのステップ部分に収まったので、そこに立てたんだけどドアの開け閉めに気を遣うので、もう少し確実な手法を見つけたいな〜。
(このままでも運転中に倒れることはない感じですが、一応リンクストラップなるもので結わえてはおきました)


今日のコースは平坦30km予定。
9時に管理棟が開くのでトイレを済ませて出発。
それまでの準備時間帯に、明日のスズカでご一緒するR氏乱入w(練習に来ていたとのこと)。

いつものペースで県道をスルスル〜っと走ります。
ん〜、もっとのんびり行くのかなぁと思ってたけどそういうわけでもないのね。
(注)「いつものペース」=「ワタシは真面目に走らないと付いて行けないペース」

第一目標は大蔵餅。

・・・えっ?大蔵餅はランチ後のおやつじゃなくって?(・ω・)
午前の休憩おやつですか・・・(外で仕事をする人は、午前10時と午後3時に、お昼以外の休憩がある)

早く着きすぎて喫茶部が開くまで待っている風景w
おおくら993
待ち時間分を走るかどうかという検討もなされたが、適当な場所がないということで、この状態で30分ほど待つ。

冷やし白玉ぜんざいがイチオシではあるが、この後のことも考えて
おおくら994
お抹茶セットwith大蔵餅。
よもぎ餅がこしあんに包まれていた。

冷やし白玉ぜんざいについての口上が素晴らしく良かったのが印象的です。

ひとしきり食って喋って更に南下。
小鈴谷のちょっとした上がりも今日はわりと楽、あんこパワーか?

ハイ、次の目的地到着。
もりた998
「ねのひ」でお馴染みの盛田酒造ですね。
しょうゆソフトを味わいたいところだけど、控えめにところてんにしてみた。
おっと、これじゃカーボローディングにならないや/(^o^)\

ここでばったりと知人に出会う。
お互いに明日はスズカなのでエール交換。

今日の最南端はこの「盛田味の館」だそうで、ここから引き返してお昼ご飯の予定だとか。
さすがにお腹に空きが無くなってきたので
「腹ごなしに背骨に行きますか−」
と予定変更/(^o^)\
途中のどこかから右に折れて行けば農道に出る、という儚い記憶を元に右折。

ぽこっと国道に出る。
さすがだね〜、ちゃんと甘いもののあるところへ道に迷っても出てくるなんてね〜。
ここてら999


「寄る?」
「行っときましょうよ〜」
「ですよねー」

以上はおにーさん方の会話(・ω・) 「腹ごなし」はどこへ行ったんだ?

ここてら003
プリン2種類とシュー。
生クリームが入ってるほうのプリンはそりゃぁこってりとした・・・ん〜(ため息)

美味しゅうございました(。-_-。♪


247を越え、味覚の道スタート。
小刻みな上がり下がりを、今日は妙に淡々と走るじゃないかっ!

淡々過ぎて、下り坂の勢いのまま上りに入ると男性陣に前を塞がれて失速してしまう。
あーん、せっかくの惰性が勿体ない(笑)
プリンのあと、4人トレインはT氏・センセー・相方・ワタシの順。
位置エネルギーの高い順でいくと、相方>ほかの男性2人>ワタシ。
つまり下り坂ではワタシは引き離されます(・ω・)。
が、上りが始まると位置エネルギーの大きい順に失速する・・・はず、そこでモリ漕ぎしなければ。
なので淡々と上られるとワタシは追いついてしまってブレーキ掛けて追突回避するという、なんというかせっかくのエネルギーを溝に捨てるかのような残念な状態にヽ(`Д´)ノウワァン

上りが始まってすぐに前を行く相方が身振りで「先に行け」と示したけどそこは
「だいじょうぶ、抜ける時は抜くから」
とやんわり(?)辞退。
うーん、キモチイイヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノ
前の二人も淡々と同一ペースだったので結局千切れることなく終わったんですけどね。

お昼食べるところの場所を把握してなかったんだけど、なんとなく戻っている雰囲気?
ここが今日のランチ〜、昼メシ〜♪
うみかじ008
おおお、これはまたオトコノコ受けしそうな店構え\(^O^)/

中は満員です!
人気あるんだ〜(・ω・)

まずはセットものを注文、ワタシのみ単品の組み合わせ。
うみかじ012
ソーキそば、うまーい\(^O^)/ 肉が美味しい!
ゴーヤチャンプルーもおいしーい!

で、ここを選んだ理由の根源である「カレー」に挑戦するT氏とセンセー。
徹底的にカーボローディングしてます。
明日走らない相方はカレー回避。
普通のセットものもしっかり量があるのにねぇ・・・

こうして無事にランチも制覇し、帰路のどこかで食後のデザート・・・

あ?ゴールはすぐそこ?
ほんとだ、風車が見える。
こうしてカーボローディングライドは無事に完了したのでした。

さてここで。
人間3人、自転車3台、しかし青い絨毯の積載量は人2ケッタ2。
そこで
「相方も自走で帰りゃー」(センセーと一緒に自走で帰るということ)
と言い放ってワタシだけ絨毯で帰ることにしました。
しかしこれ、半分失敗(笑)
帰り道がやたら眠くて、途中2回もコンビニ休憩。
走行距離はかなり短かったのになんでこんなに疲れたんだろ。


さーて、明日はいよいよ『春のスズカ』です。
朝4時に出発予定なので今夜はかなり早寝ですよ〜。


今日のコース



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

えーと。

最近平日がなにかと忙しく、土日は自転車に乗ると夜は即死だし、でブログが進まぬ(^_^;)
お出かけなどはしてるんだけどなー。

進捗がはかばかしくないので今回は新しい試みに挑戦する!
なんと『成長するブログ(記事)』。
たぶん、日々成長して変化していくのでちょくちょく覗きにくるべしくるべしくるべし!
ってことで、とりあえず今は文章のみのメモ書き状態(爆)。


【15日はBBQで遊んだ】
BBQらしい

ライド企画ではないのに、なんだこの自転車の数。
BBQ自転車2
バイクハンガーがある時点でもうオカシイよね。

ここにある自転車の総額、軽く7桁達成〜(ノ^^)ノ
自転車1
1台で7桁行くのもあるんじゃないかな・・・

BBQなのにローラー台あるとか
BBQローラー
しかも3種類も。


極小径車もあるし(スイカ付き)
BBQスイカ

でも今回は一輪車とか三輪車とかはなかったな(・ω・)
その点ではわりと普通だった・・・

しかし、変な機械が出てきて
BBQ悶
被験者が悶絶する羽目になったり。
やっぱ普通じゃないな(・ω・)

食べ物は普通にBBQでした(=´∀`)人(´∀`=)肉ウマー♪
BBQ網


シクロシーズンにコースになった場所で砂遊びも開催。
お手本は、シクロでここを走ったD氏。
BBQ砂M
レースじゃないからにっこにこ。
レースの時もにこにこしてるけどね(笑)

さすがのこの方も砂には悪戦苦闘?
BBQ砂ど
でも「たのしーーーー!!w」って喜んでました。

耕しちゃダメです、ハンドル切ってもだめー( ̄∇ ̄)
BBQ砂じ

おっとぉ!(笑)
BBQ砂と

砂遊びはオトナになっても楽しいらしい。
来シーズンはシクロ参加メンバーが増えたらさらに楽しくていいな♪


こうして日がな一日遊んで日焼けしまくった一日であった。
顔はちゃんとガードして帽子も被って行ったのに、手首を真っ赤にするという失態(笑)



【21日はがまごりうどんの日】
仲良しP夫妻と蒲郡まで、期間限定のうどんを食しに行こうと計画した日。
残念なことに直前で「自転車抜き」でと変更。
でも「うどんは食べようね~」。

蒲郡、竹島近くの『やをよし』さんへ。
やをよし

これが期間限定のうどん。
がまごりうどん
メニューには「竹島うどん」と書いてあった。

あさり、でっか!w・・・ハマグリ並み。

しかも、身もぷりぷりで滋味たっぷり。
この日は相方は不在だったんだけど、曰く「竹島のあたりの潮干狩りはレジャーじゃねぇ、漁だ」。
かなり真剣勝負らしい(笑)
このあたりで取れるアサリは大ぶりらしい。


あー、満足した。
いや、もう一回くらいは食べたい!(笑)

そのあと、ベーカリーショップでお茶してお喋りおしゃべりお喋り。

帰宅前にスズキさんに寄って・・・
スズキさんケーキ
美味しそうなケーキがずらーっと並んでいて目移りするする(^^ゞ
結局選んだこれは“ショートケーキ4個分”くらいの大きさのケーキでございます。


胃袋的に満足した一日であった( ̄▽ ̄)

23号線のバイパスが蒲郡まで延びていて、渋滞がなければかなり快適にたどり着けることを知った。
やをよしまでが、バイパスを降りて左折したら後は延々真っ直ぐなのだ。
この辺を足がかりに東三河方面へ出るという手も考えられるようになるなぁ。

そして、この日はころりん号での最後のドライブだった。
ころりん最終日



【22日】
朝いちばんに新しい魔法の絨毯の納車、からの伊自良湖まで初乗りの一日。

昨日は帰宅後に、ころりん号の中にあったモロモロのものを、一部はゴミ袋に入れ、一部は積み替え用と分け、引き渡し準備。
朝イチでディーラーに行ったらもうお客が3~4組居るのね・・・みんな早々と何しに来てるんだろう(^_^;)

納車式、とまではいかないが花束を渡されておめでとうございますとか言われ戸惑う(笑)。
日本車ディーラーってこんなことまでするのか(^_^;)
納車祝い
我が家は猫が来て以降、植物は御法度(猫が口にすると毒なものがかなり多い)なのでこの花は実母に譲ろう。


やっと会えたね,新しい相棒よ♪
青絨毯外観
今度は「青い絨毯」かー(・ω・)

事務手続きの残りといろんな説明と、新しい車の操作を一通り聞いて引き取れたのは1時間半後だった。
走行距離5kmのピッカピカ(ノ^0^)ノ
青絨毯パネル
速度メーターとタコメーターはアナログだけど、その真ん中にある表示がデジタル世界である。
ハンドルにあるボタンで3種類くらいの表示切り替えができるのだ。
ほとんどがワタシにとっては「見ないな」という内容だけど(^_^;)



そこから、慣らし運転を兼ねて伊自良湖まで往復。

ちょうど鈴鹿の参加証も届いていたので、それの配布も兼ねて。

この日は、いつもの面々が伊自良湖へライドしているのである。
納車が無かったら参加していたのになぁ、残念だ~。

結局、途中でトレインを捕まえることはできず、ゴール地点に先回りして待ち構える作戦に変更。
鈴鹿の参加証配布も無事に終わり、この日の走行距離は161kmに達した。
うーん、よく走ったな(ノ^0^)ノ
ずっと運転していたので疲れた。

帰路の有料道路上で、ルームミラーに映るアヤシいクルマを発見したので、ちゃっちゃと車線変更して逃げ切ってみました(-ω-)。


帰宅してもまだ外が明るかったので、テルッツォのサイクルキャリア(車内用)を組み立てる。
幅広のところに惚れました(笑)
話しに聞いていたとおり、滑りそうなのでもう少し手をかける必要あるな。
次の週末は実際に自転車を積んでみなくちゃだね。


そんな感じで週末を終え、次の週はいよいよ鈴鹿。

怒濤のGWが終わって1週間

思えばGWはかなりハイペースで走りました。※当社比

30日、3日、5日、8日。
普段、週末しか走らないワタシですから、このスパンはかなりハイペース。
そして、10日から二日半は例の頭痛に襲われて悶々。
ハッと気がついたらもう週末じゃありませんか。

ドタバタと金曜の夜に走れる人かき集めたら、皆さんいろいろと予定が詰まってるようで。
結局ヒマにしてるのはワタシとセンセーのみ?(・ω・)ホントに?

どこ行く? 高いとこイヤ・長い距離イヤって若干の攻防があった末に、引かれたルートは三河湖・作手方面。
これって去年走れなかったルートかな?

土曜朝、拉致られて鞍ヶ池へ到着。ワタシが敬遠しそうなコースの時は迎えに来られてしまうのでアル(-ω-)

あんパン一個と牛乳がウチを出る前の朝食。
もうちょっと食べられるといいんだけど、“朝食は苦手&最近コタちんに時間がかかる&早起き苦手”であまり時間が取れない。
つい自分の食事時間にしわ寄せが。

鞍ヶ池Pスタートで、香嵐渓のセブンイレブンまで走って補給&トイレ。
三河湖0836
ウチらのほかにも自転車乗り数名が常に出たり入ったり。

ここでは缶コーヒーとウィダーインゼリー(エネルギー)、あと手持ちのカロメーを1本放り込む。
もう少し食べた方がいいとは思うものの、甘いものを選ぶべきかアメリカンドッグみたいなものを選ぶべきかとても迷う。
今回のように、初めてのルートで距離感の実績がない場合は特に。
スタートが9時過ぎていると、ランチまで2時間ちょっと。
その間にたらふく食べるとせっかくのランチが入っていかなくてクヤシイ思いをするのである(-ω-)
かといって、走る強度によっては途中で腹に入れないと保たないし。
午前中は組み立てが難しいのであった。



香嵐渓から先は川沿いの細い道をゆるゆると上ります。
三河湖0837
思ったんだけど、香嵐渓ってこのあたりまで来ないと良さがわからないよね。
有名な赤い橋のあたりって完全に観光地と化してしまってて全然良いと思えないの。
だけどここら辺まで来ると緑も多いし川も見事だし、景観は抜群だと思ったの。
ただ、歩きでは難しい距離だけどね(^^ゞ


鳳来寺道(R420)より坂も緩く、木陰が多くて快適〜♪
三河湖0841
とはいえこの写真の道は路面状況が良い方。
全体的に道幅は狭いし、路面に杉の枯れ枝(大小取り混ぜて)落ちてるトコあるし、
水が流れて濡れている箇所がちょくちょくあるので、高速走行は無理っぽい。
車はほとんど来ないけど、来たら路肩の余裕はあまり大きくは無い。

センセー曰く「ここは下りとしては使いたくない」って。
勢いよく下って来てあの枝とか泥とかは勘弁して欲しいと思う。
でも、木陰でメッチャ涼しくて斜度ユルい、夏でもここは走れそうだー\(^_^)/

 「ね?今日は本当にユルいでしょ?」
(ユルユル詐欺じゃないぞ、と言いたいらしい)
まぁ たしかに「ここまではね」
(まだ半分も来ていないから油断禁物)
結論は急いじゃーイケマセン(・ω・)。(注1)

で。ほどほど上がったと思われるところで水飲み休憩。
三河湖0844
田植えの時期ですね~(^ω^)

さらに進んで・・・
なんだか見たことある感じの風景だなと思ったら、三河湖のすぐ近くじゃん?
あー、ここってジェラートの・・・
三河湖0848
久しぶりに来た(以前はちょくちょく来てた、クルマで) 。
でも食事ができるような感じじゃなくてちょっと残念。
お腹空いてきたから軽く何か食べられないかなと思ったんだけど、めぼしいもの無くて。

しかもこの日は珍しくも「ランチの店」を決めてなかったので(!)
ここでセンセーがスマホで検索。
作手にある『やまりんどう』。
おおお、その店なら聞いたことあるー。
某ショップの皆様方が行った所だよねぇ。
興味あったので行けるならウレシイ♪

ここからなら1時間はかからないだろうというので、カロメーの残り1本を口に放り込んで再スタート。
カロメーくらいならランチに影響しないで済むと思って、迷った末にエナジージェルは食べないでおく。
(エナジージェルも当然ながらお腹がふくれる方向に働くので、投入するタイミングを考えないといけない)

しかし、今日はこの判断が悪い方向へ働いた。

山遊里をスタートしてすぐ「ちょっと坂がキツくなってきたな?」と思ったグネグネ道が、
三河湖直前のちょっとキツいとこだったようだ。
もっと厳しいのかと思っていたら割りと普通な坂って感じだった。
でもってこの辺はまだ自分も元気だった。

「三河湖」っていう石碑を見たので一応記念写真。
三河湖0853
まがりなりにも来たから、一応。

ダムもちょっとだけ見る。
三河湖0857
前にP夫妻と来た時はこのダムの上を向こうまで行って戻ってきたんだっけ。
帰宅してから気がついた 「ダムカードもらってくれば良かった・・・」

山遊里を出たのがたしか11時40分くらいだったかと思う。
ランチは開店アタックなワタシ達は、
この時間だったら席について食事がくるのを待っているくらいだ。
しかし今日はまだまだ走らなければならない。
三河湖を越えて作手方面へ、じわーっと上りが続く道。
少しずつセンセーから遅れ始め、間が着実に広がっていく。
「しまった!やっぱりエネルギー切れかかってる。ってかもうヤバげ(汗)・・・」

道が下ればスピードを上げられるけど、緩やかでも上り始めると途端に減速してしまう。
脚を回してるつもりだけど全然踏み込めない。
せいぜい1~2%の上りなのに(ガーミンさん表示)、脚は4~5%の上りくらいと感じている。
しかも、太腿のつっぱり感が出てきて、このまま行ったらどこかで攣りそうな感触まで。
ここで攣っては元も子もないし、本格的に回復できなくなるので攣らないように気をつけながらペダルを回す。
踏み込まない(無駄な力であがかない。あがいても戻らないから)ようにするのでますますセンセーから遅れる。
昨年、あちこち坂のある所へ連れて行かれたおかげか、「斜度がなんとなく解る」ようになりました(・ω・)
体調に不安がない時、3%くらいまでならあまり苦にせず、速度も激落ちせず走れるなぁと。
5%前後を境に一気に脚にくるようになり息も上がる、と。
なにこれメッチャくっちゃしんどいんでヤメてくんない?と思うときは7~8%超えちゃってる、とか。
その感度が、ガーミンの表示とどれくらいズレるかでその日の体調を再確認するという二次的な技も体得。
他の人はそういう事ないのかな・・・


センセーが何度かふり返って確認してくれるけど、ダメです追いつけません。
心の中で何度も
「ちょっと待ってー!ここで止まって補給させてぇぇ!」
って言おうと思ったんだけど、ここで止まってジェル流し込んでって何分か止まる時間が惜しい。
たぶんランチタイムの14時までには充分な時間があると思うんだけど、初めての道は距離感が掴めなくてなぁ。
もう何度も走ってる相手とのライドなのでここで「ちょっと待ったあああ」って言ってもイヤな顔されることはないし、止まってくれるとわかってはいる。
しかし一度止まると、パワーがないときって再スタートがまたしんどいんだよな。
ジェル突っ込んだって即効いてくるわけじゃない(15分くらいかかる感触)し、効いてきた頃到着かもしれないし。
とかイロイロ走りながら考えてしまう。
その間にも確実に消耗しているのに(^_^;)
消耗しているとそういう冷静な判断さえできなくなるのだ、きっと。
冷静な判断どころか、間違った方向へ向かってしまうと言ってもいいかもしれない。


この時、一番履き違えたのは「ここから先は下り」という予想だった。
ざくっとルートのデータは見ていたけど、実際はさほど下るわけではない。
でも自分の脳裏には「作手の方に下るんだったよね」という思いがあるので、
「エンプティ状態だけど、下っているならなんとか誤魔化せる」
そう思っていたのだー。
下りでスピードが乗っている時にわざわざ止まりたくないよね?(^_^;)ね?

なのに無情にも道はアップダウンを繰り返すし、ドンと突き当たった所を右に曲がったあたりからは吹きさらし状態。
ぜんぜん予想していたのとちがーう。
もう全然進みません(・ω・)
自分のガーミンさんを見て、その表示速度に唖然としつつも慰められる。
それくらいエンプティなんだとね(笑)。
このあたりまで来るとセンセーにも不調はバレてて、でもあまり速度は落としてくれないんだよね(^_^;)。
これはある意味正解かと。
ここで、楽に漕げる程度まで速度を落とすと心底ダレちゃうからねー(笑)
ホントはもう少し出力上げられるのに必要以上にゆっくり走っちゃいそうだもんね。
「もうちょっと追いつかなくちゃ」と思える程度の千切り具合で前を走るあたりがいわゆる
【皮一枚】なんですわー。


「あと1キロくらいだから」
という言葉を聞いたあたりで、ホッとしつつもひとつ悟りを開いた。

「今日はもう頑張らない」


ここまでスッカラカンになったら、今日中の回復は無理。
脱力感を感じるほど酷くはないけれど、明らかに自分はハンガーノック直前状態。
や、直前状態を何キロあるいは何十分か引きずってきているわけで、もしかしたらあと500メートルほど進んだらガクンとハンガーノックになるのかもしれない。
もしワタシがウルトラマンだったら、カラータイマーが赤くピコンピコンしているわけだ。
最後の最後、飛び去る力は残しておかないと。

そんなことを考えながらセンセーの後を付いて左に右に曲がって・・・

三河湖0869
無事到着。
\(o|o)/シュワッチ!


ワタシはナポリタン(いつぞや写真で見たので)
三河湖0863
炭水化物でカロリーは取れてもミネラルはまた別なので、食後にハニースティンガーも流し込む。

センセーはカレー(カツカレーだかハンバーグカレーだか)。
三河湖0861
カレーが家庭的でおいしそうだった、次回はこれにしよう。

無事に昼食にありつき、エンプティ状態は解消できたけど、それが「エンプティ状態による影響の解消」とイコールではないので今日はもう一切頑張らない。

実は『やまりんどう』に着く前、さほど空腹感は感じてなかった。
でもエネルギー切れだとは感じてた。
そこが不思議なところなんだけど、おそらく運動している状態というのが空腹感を鈍くさせるなにかを持っているんじゃないかな。
空腹を感じるのって胃じゃなくて脳だもんね。
脳みそがなにか他の作業で忙しいとか、脳内○○が出てるとかして空腹感を他所へ押しやっている可能性はありそうじゃない?
そっか、だから「腹が減ったと思う前に何か食え」って言われるんだ・・・
そういや何度かガーミンさん、「カロリーアラート」出してたなー(・ω・)


食事して休息も取って水分も入れたので帰ります。
今日は作手の道の駅にも寄って作手フランク・・・と思っていたんだけど腹に隙間なし(笑)
来た道を少し戻ったら西へ向けてほぼ一本道なルート。
時々上って、その後ガーッと下るを繰り返す感じ?

でも途中でしんどくなって、ヘンなところで休憩。
三河湖0871
水分取って塩タブ2つ舐めた。これがけっこう効くんだな。
食事とった後なのにまだだる~んって時は塩タブ(・ω・)

おお、今日はやっぱ汚れましたな。
三河湖0872
香嵐渓から川沿いを上がったときのあの道だね。

上るところは頑張らずタラタラと、下りは少し間隔あけ気味に気持ちよく。
途中、道路工事の横を通ったときチビダンプがワタシの前に入ってきて(それ自体は特に危険ではなかった)、図らずもワタシはチビダンプの後に付いていくことになった。
が!これが遅いんだ!(ノ^0^)ノ
オバハンの自転車乗りより遅いってどうよ!(笑) ってかやっぱじゃまー(・ω・)
下り坂で必要以上にブレーキ使わされるのってイヤだわ(握らねばならないのでツラくなる)。
かといってチビでもダンプ抜くのもねぇ・・・無理だし。
次の工事箇所へ入ってくれるまで後ろで悶々としてマシタ/(^o^)\

下山の○Kはスルーして、その先のデイリーにて休憩。
三河湖0874
さほど空腹でもないので、コンビニコーヒー買ってイートインスペースに腰を下ろそう・・・
と思ったらおじいさんグループに2テーブルを占領されて行き場所なくなってしまった。
仕方なく外のバイクラックのあたりでコーヒー飲みつつリポDも飲む。
センセーが大きめのふわふわケーキなんちゃらを買ってきたので、少しちぎり取って甘味の補給。
ここらまで来れば、後の距離感は大まかにわかる。
最大の難所は鞍ヶ池P直前だということも。
今日はこのていたらくだから、あの坂はきついだろうなぁ・・・

と思ったらセンセーも気づいてなかった伏兵がいました。
ルートラボ上の87km付近、K487から鞍ヶ池スマートインターの方へ抜ける道の途中に。

坂の上端がすぐそこに見えるので一気に通過できるかのようにセンセーもワタシも思って上がり始めたら、これが。
最後の最後の手前にこんなモノ持ってくるなんてさすがセンセー、侮れないわ・・・
午前中に結論(注1)急がなくて大正解だった(-ω-)

こうして、エンプティに見舞われつつもなんとか車のところへ帰着~。
三河湖0877
ま、今日もケガなく事故なくパンクなく、で良かったね。
ただ、エンプティはやっぱりヤバいと実感したので(もう少しキツいコース取りだったら迷惑かけていたかもだし)、ランチに影響が出ても自分が思ったときにはちゃんと補給を入れておくのは重要だなと再確認しました(・ω・)うむ。

ランチが遅かったのでスイーツが入る隙間もなくて(笑)、珍しく甘いものを食べずに帰宅。
センセー、お疲れさまでした\(^_^)/。

そうそう、山遊里にこんなものが。
三河湖0851
ミントテロって知ってます?

おすすめどころじゃないから。


帰宅後。

久々にここまで汚れたので、即ベランダへ運んで両輪外して水洗い。
三河湖0880
白いから、白いところは白くないとねー。
今日はお疲れさまでした。


今日のコース


この日、ためよし君は不在でした。
どこへお出かけしたんだろー?


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

【ぴぽたの日記】
5月7日 のち
きょうは雨があがる予報だったので、センセー企画のサイクリングに行こうと思っていました。
ところがどっこい。
「行くー」ってへんじした人たちを見たらとてもこわそうだったので、そっとお休みすることにしました。
ほんみょうは出せないので例えて言うと、
とかドーベルマンとかとか・・・
おっかない動物ばっかりです・・・ワタシはまだ生きていたい。
次の日は田舎へ美味しいものを食べに行く予定だったのでまだ死ねません。

あとで聞いたら、海のいきものが絶好調で凶暴だったらしいです(・ω・)。
やっぱりおやすみして正解だったと思いました。
予定ルートは平坦だったのに、じっさいは1300アップとかよくわかんないルートに変更されたんだって。
走りだけでなくルートまでどう猛だったんだ、ってこわくなりました。




【ぴぽたの日記】
5月8日 
きょうは「ごろごろの滝」というところへ行く日です(^_^)

朝はちゃんと早起きしたのに、マクドナルドのドライブスルーで待たされてしまいました。
あそこのドライブスルーは朝のうちは「スルー」じゃないみたいです。
これからはお店のカウンターへ買いに行くようにしたいとおもいます。

きょうは大きなおにいさんたちといっしょです。
 おにいさん1(アラヤのクロモリ)
 おにいさん2(ブラックホール)
 おにいさん3(緑の盾)
 おにいさん4(ブルベスト)
 おにいさん5(FELTの保父さん)
・・・いろんな意味で大きな人ばかりです。

集合時間に間に合わないと思ったらぎりぎりで着くことができたけれど、
自転車の用意をしていたら30分かかって、30分おくれでスタートです。

途中の橋のところでおにいさん5と合流して、車の少ない道をゆっくり目に走ります。
川を渡ったところで1回休憩しました。
お天気が良くて少し暑いので、ワタシの水筒が空になりかけていました。
ワタシたちが少し離れた自販機へ行っているあいだに、
おにいさん1と2が駐在所のおまわりさんに“職質”されたらしいです。

ごろ滝0749
立ち止まった場所が駐在所の前だった。
集落の雰囲気を壊さない建物で、走っていたらまったく気づかないと思う。
実際、ここが駐在所だって気づいたのは今回が初めてでした。
うらやましいくらい駐車スペースが広い(笑)


「おにいさんが捕まったらワタシが身柄引き受けに行かなければならないのかなぁ」
とか考えながら戻ると、おまわりさんがニコニコしながらワタシたちを見送ってくれました。
こころやさしいおまわりさんでよかったです。

出てこられた警察官、どうやら自転車に乗る方で、私らが立ち止まったのを見て出てきたようです。
ごろ滝まで行くという話をしたら“湧き水”について話をしてくれたようで、あそこの水は硬水だと教えてくれたのもこの方でした。
写真撮っておけばよかったなぁ(^_^)


去年来たときに寄ったとうふやさんは、この日はおやすみでした。

人家がとぎれてしばらくすると川が見えるようになってきます。
ごろ滝0751
川の透明感が高すぎですね。
ワタシは真夏の和菓子・・・そう、透明な寒天で固めたあの和菓子を連想しました。


川の水がきれいなので、大きなおにいさんたちはたくさん写真を撮っていました。
ごろ滝0753

ごろ滝0754

このルートは、同じ道の往復ですし、起伏が激しいわけでもないので「ある意味単調」なものです。
が、風景や川の流れはそれを補ってあまりあるものなので、こうして脚を止めて風景を愛でつつのんびり楽しむのがおすすめです。


きつい坂があるわけではないのでワタシみたいなヘタレ脚でもだいじょうぶ。
大きいおにいさんたちも、景色のいいところで川を見たり写真撮ったりでみんな喜んでいたようです。

ごろ滝0756

ワタシは「この道とても好きだけど、トイレが無いのが辛いなぁ」とおもっていましたが、
この日は二つほどトイレがあるところを発見しました。
これはとてもありがたいです。

お昼ご飯を食べる予定の「おんせぇよぉ」はここ。
ごろ滝0759
大きいおにいさん2は花粉症がひどいとかで、とてもあやしいかっこうになっていました(・ω・)。
「そう、お昼は下りてきてからね。今からはそっちの方へ走って行くよ」。

「おんせぇよぉ」から5キロほど上がっていくとごろごろの滝です。
大きいおにいさんたちがざわついているので、なにかな?と思って見たら
あれ?こんなところに鉄の金具が、なぜ?
ごろ滝0760

ヘビでした・・・でら黒い。


これが「ごろごろの滝」です。
ごろ滝0771
川の水はさらに透明になってます。
下に下りられるよう、こんなのがついていました。知らなかった・・・
ごろ滝0763

マイナスイオンを浴びて、世俗のアカを落とす“エアロ三兄弟”。
ごろ滝0761

川岸でマイナスイオンを浴びて戻ってくるおにいさん5と、上で待つおにいさん4。
ごろ滝0769

マイナスイオンが気持ち良くて、なんとなくまだいたかったのですが、
イオンではおなかがふくれないのでそろそろ「おんせぇよぉ」まで戻ります。
ごろ滝0776
ここまで来る間、観光らしき乗用車の類もほとんど見なかったし、そういう雰囲気の人も見た覚えがないにもかかわらず、「おんせぇよぉ」は意外に混んでます。
まぁ、収容人数も多くはないんですけどね(^^ゞ
比較的地元の人という感じの来客が多いようです。
この日は、ワタシたちが着いた時に1台のS-WORKSが止まっていました。



「おんせぇよぉ」ではお店のおねーさんたちが忙しそうにしていました。
ごろ滝0779
ポットに入っていたのがただのお湯だったので急須を待っていたとか、お喋りに花。

お昼ご飯は「特製ランチ」。
ごろ滝0783
てんぷらがまだ出ていません。
でも待てないので「いっただっきまーす!」ってして食べました。
同じに見える菜っ葉も、それぞれ風味や歯ごたえが違ったのでびっくりしました。

味ご飯がおかわりできるので、おにいさんたちはちゃんとおかわりしてました。
だから大きくなったんだねー(若干棒読み)。

ご飯を食べおわってから、廃校になった校舎の2階を見に行きました。
ごろ滝0792
教室内の机とイス。
こんなに小さかったんだ(笑)  って大きいおにいさんたちが言っていました。

黒板。
ごろ滝0794
ふたつある時計の右側は「閉校記念時間」をしめしています。
名古屋生まれ名古屋育ちのワタシには「閉校」ってことがピンと来ません。
どんな気持ちになるんだろうなぁ。

図書室。
ごろ滝0784
おにいさん3は「テレビがすごい!」って言って記念に写真撮ってます。
ワタシ、小学生の頃はかなり図書室に通って本を借りていたはずなんだけど、学校の図書室がどんな風だったかの記憶がない。
ここを見ても「こんな感じだった」とか「もっと広かった(狭かった)」とかいう感想も出なかった。


ほかの空き教室は資料館みたいになってました。
ごろ滝0790
さすがにここまで古くはなかったけど、教室の時計のネジ(文字盤の3時あたりにあったような気がする)を巻いていた覚えはある。


う〜ん・・・
ごろ滝0788
資料というのかがらくたというのか・・・(^^ゞびみょー


外へ出て、もうこれで帰るだけだなーと思っていたら、
大きいおにいさんたちはちょっと走り足りないのか、
あるいはニコニコおまわりさんにそそのかされたの話に興味がわいたのか、

「湧き水、湧き水」


と呪文のようにつぶやいていたので、湧き水を見に行くことにしました。
湧き水は円原の伏流水の少し先です。
ごろ滝0797

川岸に下りて水をくむこともできます。
ここの湧き水は硬水だそうで、人によってはお腹が下るんですって。
なのでワタシは水を少し舐めてみておしまいにしました。
ぜんぜんやわらかくて口あたりのいい水でした。
ただやっぱり、自転車の靴では歩きにくいので、川岸をウロウロすることはできませんでした。

これで、今日の目的はぜんぶたっせいです。
あ、もうひとつ大事なことが残っていました。

それでここまで戻ってきました。
ごろ滝0800

おにいさん3、やる気です!
ごろ滝0809

はいります!
ごろ滝0811

先日の板取川沿いライドで(寒くて)実行できなかったので今日やる!と決意してきたらしいです。

ごろ滝0819
よい子は真似しないでね(^_^;)
実際、水の流れはけっこう強くて立っているのも大変だったらしいし、水も冷たいです(ワタシは手を突っ込んでみた)。
子供が水遊びできるような環境ではありません。


みそぎ中。
ごろ滝0821

みそぎ・・・じゃないっぽい。
ごろ滝0824
きっと清流で余分なものを流しているんだな、きっと・・・w



やることやって満足したのであとは一気にファミリーパークまで戻りました。
といいたいところですが、なにを思ったのかおにいさん1がやたら暴走。
昨日といい今日といい、春でおかしいひとがふえるんだなっておもいました。


途中でおにいさん4と「おなか空いたね、ケーキ食べたいね」って意見が一致したので、
先頭であばれまくっているおにいさん1に「途中にあるカフェに寄ろう」とささやきに行ってもらいました。
ところが、着いたらお休み時間になってて悲しかったです。
おにいさん5は、カフェの少し手前で分離して自走で帰っていきました。
あとでわかったけど、おいしいたい焼きを食べて帰ったらしいです・・・。

一度「ケーキ食べたい」と思うとがまんできないので、ファミリーパークから少し行ったところの喫茶店でケーキを食べました。
ごろ滝0828
ケーキ食べてコーヒー飲みながら、コレステロールがどうとか尿酸値がどうとか、体重や体脂肪率ではない話にめいっぱい花が咲いていたのが印象的でした。

甘いものも食べおわったので、車のところへ戻って解散しました。
朝は止める場所もないくらい混んでいた駐車場ががらがらになってました。

あとはいつもどおりお風呂に入って、フルーツ牛乳を飲んでから帰ってきました。
ごろ滝0830

これでワタシのゴールデンウィークはおわりました。
今年はたくさん自転車に乗りました。
おなじくらいたくさん食べた気もします・・・。


今日のコース




  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

中1日で、いきなり、3回目を決行・・・イイカゲンニシロッテ?

ワタシばっかり走り回っていてはイカンだろうという思いもありw
5日は相方と「板取行こっか」ということで。
昨年の今頃は仕事パッツンパッツンだった相方。
もちろん自転車に乗るなどという心のゆとりもなく連休を(たぶん仕事して)過ごしてました。
一転今年は超特大連休状態。
幼なじみと遊ぶ約束してたり、飲み会の話があったりで、それなりに楽しそうです。
5日になってやっとお互いの予定が空いて、一緒に行動することになりました(笑)


いつもなら9時頃にスタートできたら御の字な我が家ですが、連休の終盤ということで早めに行動し8時ちょっと過ぎには道の駅・にわか茶屋の駐車場に到着。
板取3719
思っていたより風が強そう~(^_^;)

どうやら二人だけのようなので早めにスタートを切ることにしました。

一昨日の疲れが脚に残っているのは明白なので(^_^;)速度抑えめ・・・

じゃなくて〜、けっこうな向かい風じゃんかーヽ(`Д´)ノ
相方と走る時は
基本ワタシが前なので向かい風をモロに食らうのはワタシ。
最近「人の後ろを走る」ことが圧倒的に多いので、久々の風除け役はシンドイわ〜。
それでもそれなりにせっせと走って、
板取3722
洞戸のJAにて休憩。
ここまでがきっかり15km。
脚に疲れが残っているのは仕方ないと思っていたけど、それに加えて今朝から右ふくらはぎの外寄りに強い張り感。
油断して力が入りすぎた瞬間に「ぴきーん!」と痙りそうな、そんな感触。
ヤな感じだなぁと思いながら、力を込めすぎないように漕ぐ。
ここの休憩中によぉく揉んで伸ばして、悪化しないようにストレッチ。

農協の他、図書館にもなっていて土日でもトイレ借りられます。
自販機もあるので水分補給なら充分できる。
隣の敷地は今工事中で、どうも休日診療所か何かができるようですね。

ここからは上りがちになるので先頭交代。
根道神社前のドーナツまでがんばります。
でもやっぱり脚は疲れてます。
しかも車が多めです。

“多め”どころかメッチャ混んでる!
駐車スペースに入り切らなくて路肩に駐車してるわ、
ウロウロしてクラクション鳴らされてるのいるわ。
ドーナツ食べる「風土や」さんも忙しそう。
板取3724
こんな風に車がいっぱい。
対してサイクリストはあまり多くない感じ。


「モネの池」周囲には人が隙間なく立っている・・・
板取3723
道路からモネの池のほうへ右折して入ろうとする車がいると流れが止まり行列ができる。
モネの池への道は狭くて対面通行はできない。
そこを自転車で通過するのもメンドイし、池は以前に比べてキレイじゃなくなったし、正直なところ池に鯉がいるだけなので1〜2度見れば充分かなという感じなので今回は近寄らず。

お目当てはこのドーナツだし(大事な補給地点&休憩地点)。
板取3733
今日は3個です\(^O^)/
だってなんだかお腹空いたんだもん!
飲みもの一つにドーナツ一個付いてくるので、追加で一個注文しました。
「ドーナツ売り切れました」看板が片付けられていた・・・時間が遅くなると売り切れちゃうんだねGWは。


晴れているけど風があるので、外に座っているとけっこう肌寒い。
ドーナツ食べたらすぐに再スタート。

右ふくらはぎのイヤな張り感は無くなったものの、今度は太腿が。
そうだよね、中一日でまた自転車乗るなんて普段ではありえないことだし。
元気な日だと相方を千切る坂道も今日は大人しく後ろに付いて行くことにしよ。
定番「板取中学前」で休憩〜。
板取3735
ここまで来る途中、コロコロに太った“モコモコ”をたくさん見ました。
中には車道を横断しようとしている強者も・・・
“モコモコ”発見器=相方を前にする理由はこういうところにもあるのです。

「板取中学前」で休憩しながらこの後のことを相談。
川浦渓谷まで行くかどーするか。
ワタシの脚がイマイチ元気じゃないのでここで引き返すことになりました。
これで誰か一人でも居れば「川浦まで行こうか」ってことにもなるんだろうけど、
二人だとつい安易な方に流れます(笑)。
じゃ、降りるとして昼食はどーする?今日はどこで食べる?←相談。
結論。
板取3738
今日は蕎麦じゃないんですね〜。

おすすめとあったのでワタシは「山菜定食」。
板取3740
山菜の天ぷら、これは大人の味ですねぇ。香りがタマラン(ノ^^)ノ

相方は「イワナ唐揚げ定食」。
板取3739
看板横に小さな生け簀があって、そこからイワナを持ってきて料理するので新鮮。
ほとんどの部分は食べることができました〜。
1600円(税抜き)とはいえこの美味しさなら充分アリ。
小鉢の煮物類も春の香り満載です♪

洞戸まで下り、県道81に入ると超絶賛追い風バンザイ\(^O^)/
少し頑張ると40km/hまで入りまーす。下り基調だからよけいに加速する〜(ノ^^)ノ

後ろに付いてる相方なんて「漕がなくてもイイ」とか言ってました。

それでも一気にゴールするのは大変なので、美濃和紙会館で休憩。
追い風とはいえ前を走るのはなかなかシンドイのでー(^^ゞ

美濃和紙会館の自販機で水分としてジュースをボトルに・・・
板取3743
某K氏が食いつきそうな色だったので写真に撮っておきました( ̄◇ ̄)
食いついて下さいね。
なんのこたぁない「梅ジュース」ですけどね。

あ、相方も速攻で食いついてました(爆)


にわか茶屋ではまだトウモロコシはやってませんでした(^^ゞ
早く始まらないかなー。

連休の渋滞ピークは今日との予想なので、さくっと風呂屋に寄って帰ることにします。
ここも定番「マーゴの湯」。
板取3745
武芸川温泉のほうが距離的に短いけど、そういえばあそこは電気湯がないんでした。
ワタシは電気湯に入りたいのでやっぱマーゴの湯がいいです(^^ゞ


帰りは東海環状道、グリーンロード経由で名二環まで。
この日は向かい風にやられて超お疲れなワタシは、車中のほとんどを寝てました\(^O^)/
運転お疲れさま相方ー(ってアンタはワタシの後ろで楽してたもんね?)
いや、久々に疲れた一日になりましたとさ。




連休中、家にいる間はイロイロ雑事をこなしておりました。

コタちん対応として、3段ケージを2段に変更しました。
GW雑事717
最下段に直接入れるようにしました。
このケージしっかりしているのはいいけど重いので、ワタシひとりでは作業できないです。
なので相方が居る時でないとね。

九州の地震の後、もう少し備蓄を増やした方がイイかなと思い・・・
GW雑事716
パンの缶詰めを購入。
賞味期限3年のうち2年は手元に置き、1年残った頃合いに次のを購入すると前のを引き取ってもらえるのです。
引き取られた後は食糧事情のよくない地域へ支援物資として送られる、そういうシステムです。

このほか、猫トイレを洗ったり大ものを洗濯したり。
ボーッとしつつも忙しいGWなのでした。

  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

板取2666
今日のにわか茶屋はこんな風景。

おはよーございます!早めの集合8時半です\(^O^)/
我が家オンリーだと9時前に動くのはほぼ ない(爆)
しかしさすがは連休。早めに移動してるのに車が多いわ。
名二環〜一宮から名神〜東海北陸のつもりだったけど、JCTの手前から並び始めているので、
西春で22号に降りて東海北陸に直接乗る、に変更。でもクルマ多い。
定番トイレ休憩の長良川SAも交通誘導員がいるくらい混雑〜。連休なんだなぁ。


今日は7人パーティーで、板取川沿い・・・つっても遡上ではなく
緑の盾・T氏監修「昨年のTOJ美濃ステージを組み込みつつの峠3個入り」。

うをを、どんな感じになるんだろうー(^_^;)チョトコワイ

例のごとく走行中の写真がありません。

まず、にわか茶屋を出て川に沿って南下、この辺はフラットなので快調。
右に二回折れて一つ目の峠へ。
前からも後ろからも、ときどき車が来る。
「車、来たよ〜!」と声を掛け合いながらゆっくり上る。
いわゆるタイムトライアル的なことはしない(少なくともワタシが知っている限りでは)。
速く上がれる人はそれでいいし、ゆっくりお喋りしながら上がるならそれでよし。
速く上がれる人でも他の人に合わせてゆっくり上ることもある。
速く上がって一度引き返し、最後尾の人を拾ってもう一度上がり直すこともある。
このメンバーはそういう走り方をする。
ワタシはゆっくりでしか上がれないので、ときどき会話しつつときどき拾い上げてもらう人。

そのおかげか、思っていたよりツラくなかった。
それでも前3枚目は発動したけどね(^_^;)

「大矢田」という地名のようなので「モミジ谷」がこの辺なのかな?
トンネル越えたら一気に下って板取川沿いへ。
この道沿いに有名なカフェがあるので、脚を止めて補給入ります!\(^O^)/
板取2670

そ。「ルクールせきや」です。
板取2672
自転車乗りご夫婦のブログで知ったお店で、今回初めて入ってみました。

7人だって言ったらテラスの席を用意してもらえました。
らっき〜♪
板取2673
同じ座るのならこのテラス席のほうが雰囲気よくて良いとのことなので。

峠をひとつ越えて「小腹すいたなー」と思っていたとこなのでウレシイ。
コーヒーを頼むとこのモーニングが付いてきます。
板取2676
車で走っている間に塩パン一個と缶コーヒー&ウィダーインゼリーしかお腹に入れていなかったワタシにはこれくらいがちょうどいい感じです。
あまりガッツリ食べると走りにくくなっちゃうし。


私らが食べおわった頃、続々とマダムたちが押し寄せてきたので退散。
二つ目の峠に向かいまーす。

が、
曲がるところを通過してしまって、「寺尾ヶ原千本桜」の道を上る。
桜の時期はさぞかし見事だろうと思われる並木の、緩やかな上りです。
実は二年ほど前、ここを一度走ってます。道を間違えてこっちへ来てしまった結果なんですが、それくらい曲がるところを見落としやすいのです。ルクールせきやを出てすぐの道を右に鋭角に曲がるのを忘れやすい。
ワタシ的には、この「坂の峠」は千本桜のほうから上りたかったので内心「しめしめ♪」と思ってました。
千本桜側は緩やかな上りで、峠を越えた武芸川へ降りる方はグネグネ+勾配きつい。
そしてわりと車が通るので、えっちらおっちら上がるのはキツそうなのです見るからに。


三つ目の峠。
ここはなかなかにキツかった・・・

同行J氏のガーミン様が調子悪いと言い続けていたが、それは当初のルートを途中から逆に走っているためと発覚しほぼ一件落着。
その時「高度を表すグラフを表示できた方が、あとどれだけ上ればいいかが判る」という話を聞きそれもそうだと気づく。
(ワタシは非表示設定にしていたため、どこがてっぺんか判らずじまい)
どれくらいキツくてどれくらい長いかを知らずに、地道にペダルを回すも・・・
いや〜、心折れそう(^_^;) このあたりで心拍計を忘れたことに気がつく。
どうりで今日はガーミンさんに「心拍高すぎ!」って注意されないわけだ。

車がほとんど来ない、道幅も狭いところが多いのをいいことに、「大外刈り」でグネグネ道をやり過ごす。
男性陣も「とてもじゃないがカーブの内側を通る気になれない」と言っていた(笑)。
あー、もー、いつまで続くのこの坂!って思っていたらN松氏が立ち止まっているのが見えたので、「そっか頂点に来たのか」と安堵して脚を下ろした。
そしたらまだ先があるんだって(=_=;)マジっすか・・・

たしかにそこから少しだけ下ってまたすぐ上り始まる。
しかもさっきよりキツくないか?
ワタシのガーミン様には地図しか表示していなかったのでリアルタイムで斜度その他は見れんかった。
見たら心折れまくりだったかもしれない。

トンネル前でまたもN松氏が立っていたので「そこ、てっぺん〜?(>_<)」と確認する(笑)。
ここがてっぺんらしい、ああよかったー。
記念写真。
板取2680
風が吹き抜けて気持ちいい。
どうやら追い風バンザイだったらしい、けっこう風も強くなっていた。

後ろから次々到着〜\(^O^)/
板取2686
上がりきった達成感でか、みな笑顔〜。

今日の難所はこれで終了〜\(^O^)/
板取2687

ここでちょっと不思議なことに気づく。
坂は坂でキツかったし苦しかったんだけど、トンネル前で息が落ち着いたら「まだちょっと走れるかも」と感じていたのでした。
なんだろう、妙にワタシ元気、みたいな。
体調が良いとかいう感じではなくて、まだ元気あるよ〜ってな感じ?
自分でも「どうしてかな」と思ったんだけど、これってたぶん妙な脳内物質が出ていたんじゃないかなと。
一つ目の峠をけっこう気持ち良く越えたことで、なにか脳内に出たなと(笑)
T氏にその話したら「あとでパタッと来るパターンですねー」って言われて少し冷静になれた。
パタッと来た時に転んだり事故ったりするものなので、調子乗らないように気をつけよう。


風が吹いて気持ちいいな〜とトンネル前で涼んでいたら「体が冷える前に降りましょう」と促されて再スタート。
この辺が「自分の体感温度、他人と違うな〜(^_^;)」とまだ思う。
今日は湿度があってわりと苦手な日だけど、寒いとは全然思わなかった(下り坂でも)もんなぁ。


道の駅・ラステン洞戸へ。
板取2688
そろそろ昼時なので昼食をと思ったけど、やはり混んでいて難しそう。
なので、ここを離脱し片知渓谷近くの店まで行こうということになる。

片知まで降りたら目論んでいた店が休みだった!!
というトラップを経て、「まきぼう」へ収まる。
板取2690
3組ほどの待ち状態。
ま、連休だしそんなもんだわね。
この待ち時間の間に、我々の注目を集めたカップルがいたらしい。
「らしい」というのはワタシだけ目撃していなかったから。見たかったなー(´・_・`)


今日の自分の妙な好調さ加減を食欲でも物語った一枚。
板取2694
蕎麦だけでは物足りないよなーと思い、揚げ物をつけました。
ここのお蕎麦はワタシ好みでなかなかイイ感じです(^_^)。
ゲソ揚げ(丸っこい天ぷら)もプリプリで美味しかった〜。
終始、待ちが出来ていたので人気店であることは間違いないですね。

これで今日はおしまいかなと思ったら、
板取2703
J氏オススメの吊り橋経由で、

うだつの町並みへ立ち寄ってスイーツでシメ。
板取2707
あれ?ここって前に来たことあるよね?

今日は寒くはないので「わらび餅」にしてみました♪
板取2713
紅茶ゼリーみたいな色のがわらび餅、右の丸いのは白玉だんご。
(量的に)軽いかなと思ってたんだけど、みな揃って「満足した」ってくらいのボリュームあり。
いや〜、満足満足(ノ^0^)ノ
お昼食べようとしてた店が閉まってるのを見た時はどうなることかと思ったけど、終わりよければ全て良し。
ここまでのルートも激坂回避してもらったしねー/(^o^)\ ←回避張本人

今回は「板取川沿い」とはいえ新ルートで、前夜緊張で眠れま ゲフンゲフン ちゃんと寝ました。
でも少し不安があったことも事実。
だってキライな坂道があるんだもん(上へ行くのも下へ行くのも)。
最近つくづく思うんだけど、苦手な道を走る時なにが辛いかってたぶん「皆に遅れちゃいけない、申し訳ない」っていう精神的プレッシャーだと思う。
道が上がっていようが下がっていようが、気持ちが楽しければその日のライドは「あー楽しかった!」に出来る。
周りが「そんなこと気にしなくていいよ」って言っても、気にするしないは本人の心の問題。
肉体的な辛さは時間経過で解決するけど、精神的なものは時間では解決できないんだな。


今日はね、楽しかった!
本当に楽しかったよ\(^O^)/

そしてカロリーはたぶん黒字・・・



【今日のウエア覚え書き】
ファイントラックのメッシュ+モンベルLW半袖+長袖ジャージ。
パールイズミコールドブラックのレーパン+靴下。
指ぬきグローブ。
※アームカバーをジャージの下に重ねるのは迷ったけどやめた→正解。
雨の前で湿度高め、最高気温は24℃くらいの予想。
スタートする時肌寒いかも?くらいが正解な日。
特にワタシは近年暑がりというか暑いことに弱いので、他の人より少なめでちょうどいいくらいだ。


今日のルート



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。