30日の土曜日。

梨農園

今年も梨農園に梨買いに行った。
聞き慣れない品種の時期で、そこを狙って『愛甘水』と『なつしずく』を購入。
なつしずくは食感も見た目も“二十世紀梨”を彷彿とさせた。
1~2週で違う品種に入れ替わっていくので、また買いに行くぞっと。

せっかく安城まで行ったので、バーテープを捜しに某ショップへ。

オオバで買う
ベニヤ号には白しか合わないと固く信じているので白一択。
誰かさんのオススメ?だそうなのでこれ買ってみた。

安城から地元に戻って、ハンドルバー交換のために秘密基地へ。
基地で作業
先般、カーボンハンドルとそれに合わせるステムが海の向こうから届いたところ。
届いた以上は取り付けたいのである。

こちら、旧ステム
旧ステム

新ステム。アルミ製にしたけど若干軽い。
新ステム

うちに戻ってバーテープ巻き巻き作業。オオバさんで買ったテープで早速。
自宅で作業
テープ巻くと、せっかくのロゴが隠れてしまう寂しさ・・・

さて、明日は走りに行くので先に積んでおくぜ。
積んで出発
この写真は土曜の朝撮ったものだけどね。まーでも、同じように積むので。

    

そして日曜日。

王滝渓谷駐車場に集合。
準備中
今日のコースはあまり補給箇所がないので、
エナジージェルタイプのものを2本とソイジョイ、カロメー各1袋。
午後のドリンク用としてグリコパワープロダクションのBCAA(粉)を
トップチューブバッグに詰める。
スタート時は、やはりグリコのCCDを水に溶かして準備。
夏だからダブルボトル態勢で、一本はCCDのドリンク、もう一本は普通の水。
水で持っておくのは、途中で首の後ろから水をかけて冷却するためと飲むため。

8時10分頃スタート。
香嵐渓のコンビニではおにぎりとお茶。
くるK補給
あと、氷を分けてもらう。


経由地は「大多賀峠」。
乗鞍から帰ってきてすぐ、「大多賀でマス食べてーの香嵐渓でかき氷ののち
車で桃」というお太れプランを打ち出したんですが、それがどこでどうなったか距離が伸び、今日に至る(・ω・)

もう少し曇りがちな天気かと思ってたのに意外や晴れて暑い。
大多賀って、下の方は木陰無い代わりに斜度が緩いんだね・・・
ワタシは今日も、他の4人のペースがどうあっても慌てずマイペース。

ですので、安定の最後尾で峠到着。
大多賀頂点
保父1・2に監視されつつの登頂。
なお、黄色のヘルメットさんは知らない人。


ここでもまだ暑いので日陰に入って休憩。
大多賀頂点02
この時点でワタシちょっと気持ち悪いというかムカムカする・・・
熱中症の入り口気味か?
保父1さんが「塩分取っておいた方がいいよ」と言ってくれたので、ああそうだそうだと気がついて塩タブを一気に3粒ほど投入し、ムカつきが収まって事なきを得た。


そういや大多賀を登っているとき、何人ものロード乗りが往復してた。
練習してるんだろうな。
それは良いんだけど、無言で追い越して行くヤツも多いのな(・ω・)最近。
だからワタシのほうから「こんにちは~」って朗らかに言ってやったぜこの日は。
反対車線を走ってるときは会釈できて、同じ方向の時は挨拶できないってヘンじゃないかと思うの(・ω・)

休憩終了、大多賀を向こう側へ下る。
ここから先、私には未知の世界。
(ここにあった写真は次へ移動)

気持ちよーく下って、交通量の多い道へ出たなと思ったら153号なのか。
少しだけ走って153から逸れて静かな道へ入るとホッとするわ。
でも上り坂・・・
大多賀下り
前を走るのがワタシ。

前もってコースデータはもらっていたものの、登り多いなーというか地味にきつい
お昼までに着けるのかな、と気になってきた。

なんか、ガーミンの距離数がちっとも進まない。
すっごく労力使った気分なのに1キロくらいしか進んでないとかさー(´д`)
まぁ気張って踏んでないから余計にそうなのかもしれんけど、ここでうっかり頑張っちゃって、帰りの脚がなくなったら目も当てられないし。
イロイロ考えて、目の前の坂と遙か前を行く4人の背中は見て見ぬ振りして、淡々と脚を回すことを心がける。
「意識の外に置く」ができるとちょっとは楽になるからね(笑)。
カーブと距離差でワタシの姿が見えなくなると、交代で様子を見に来てもらってお世話かけつつナントカ目的地に到着。

「ばんじゃーる駒ヶ原」 ランチタイムに着くことができた。
ばんじゃーる到着
証拠写真

駐車場にはびっしりと車が止まっている・・・ひょっとしてここは人気店?
もっと静かな感じを想像していたのに。
坂をえっちらおっちら登っているときに同行者A氏が電話で「5人で行く」と知らせておいてくれたのだが、タッチの差で団体が入ったっぽい。
途中で3~4台欧州車が連なって抜いていったので、その人たちと思われる。


これは時間かかるなーってことでのんびりテラス席で待つ。
珍しく眠くなったので椅子にかけたままうたた寝した。
食べた後ならともかく、食べる前に眠くなるってどーゆーこと?→疲れてるのねと自覚。
実際、両手の蕁麻疹も盛大に出てきていた。
1日ライドして帰るときに出るのは毎度のことだけど、ランチ時に出るなんて珍しい。
これで「自分はどれくらい疲れているか(心身それぞれ)」がわかるのでありがたいっちゃーありがたい。


自覚するって大事だよね、と最近思う。
自覚薄く無理・無茶をする→自滅、って自転車で出かけているときには甚だ迷惑な状態になるもんね。

どれくらい待ったかな、2~3組帰って行ったらサラダが出てきた。
ランチのサラダ
得意じゃないトマトも、汗だくの後は美味しいと思える。
椎茸のスープは残念ながらワタシの口には合いませんでしたな・・・


続いて肉(ご飯も)。
ランチの肉
今回は「オススメ」とあったのでランプ肉。
焼き野菜が想定外に美味しかった。
こういう肉ならサーロインの方がワタシ向きかもしれないなと思う。
でも次に食べに来るならクルマで来ることにする(-ω-)

食後のコーヒー。
注文したときはまだ暑かったのでアイスにしたんだけど、この頃には充分涼んでて
「ホットでもよかったね」で意見が一致した。
ランチコーヒー
途中で一雨きて気温が下がったのも大きい。
ちょうどここに居る間の雨だったのはありがたかった。

さぁ、それでは帰りましょうかね・・・

来た道を先に進む・・・と、

あら?舗装路じゃなくなったわ。

アスファルトがぷっつりと切れ、「まだ道路を作っている最中です」な道になった。

少し走れば舗装路になるのかな?くらいの考えで先へ進むも、
ぐらべる02
このあたりはまだマシな状態・・・

グラベルロード(道)
終わる気配無し!


斜度は緩めだけど上り坂だったからトルクをかけ過ぎないよう気をつけながら漕ぐ。
誰も「戻ろう」って言わないところを見ると、こんな道を下っていきたくないってことなんだろうな。
ワタシもそう思うぞ~(笑)
・・・でここらが頂点。
ぐらべる01

まだ舗装面は見えない。
この道がどう続いているのか確認するセンセーとA氏。
開けているからGPSは来るが、キャリアによっては圏外になる山の中はそういう点がコワイ。
そしてもう一つ「この先行き止まりでした」というのがコワイ。
ここから先は下っているが、下った先で道が途切れているなんてイヤだ。
今来た砂利道を戻るなんて出来ればやりたくない。

登りよりも神経を使う下りをなんとか、本当になんとかこなして
(下りになった部分の方が路面は荒れていた。
砂利でなく石が出ていたり水が流れて溝が出来ていたり。
さっきの雨で路面が湿っていたから埃っぽくない分、
石に乗ったら滑りそうだったし、泥の部分もあった。
悪路の練習だと思うしかなくて、とにかく転ばないことだけを考えてた。
こんなところで転んだら怪我云々の前に心が折れそうだし)

舗装された路面を見たときにはホッとした、けどそこから先の道が激坂
ホッとして脚を下ろしたからそこを乗り切る自信がなくて歩いて上った。
ラッキーなことにその先に道幅が倍くらいになる退避スペース的な部分があったので、それを利用してサドルに乗り直す。
この時乗らなかったらさらに押して歩くことになっていたと思うので、本当にラッキーな判断だった・・・

しばらくして道と言える道になった。
でも、予定ルートよりうんと東の方に出てしまったらしい。
設楽の方に出ても大回りになるだけだからということで、県道33に戻ることを目指す。
その県道33もなかなかすんなり走れない・・・登りばっかり(ノ><)ノ
自分のガーミンでマップ表示させられたので見ながら走ってみるが、どこがこの坂道の頂点か解らない。
「登りだっていつかは頂点が来る」
そう思うしかなくて、ひたすらマイペースにペダルを回し続けていたことしかもう覚えていないや。
多めに持ってきたつもりだった補給食も底をつきかけてきた。

そして突然、頂点はやってきた。
でもまだ「大多賀峠への上り坂」は間違いなく残ってる。
あまり喜ばずに下りへ入る。

途中にあった池かと思うような湖、段戸湖らしい。
段戸湖
他の4人はトイレに行っている間を利用して、最後の補給食「メイタンCCC」を流し込んだ。
残り30kmほどのほとんどは下りと平坦、そう判っても油断は禁物だし、今までの経験から
ゴール手前の10kmが一番危険と自覚している。
「あと10km」と思った時点で気が緩む→疲れがドッと出る→集中力がた落ち→ヒヤリとする場面、という経験を何度かしているので、ワタシ的には「あと10kmか20km」というところで即効性のあるエナジージェルを入れるようにしてる。
今日のように車で帰る必要があるときはその分の活力も必要だし、その後のリカバリーにも効いてくるのだ。


メイタンCCCのおかげで、大多賀への登りもちゃんと(ゆっくりだけど)こなせたし、
香嵐渓から足助街道の平坦部分も余裕を持って、ひょっとしたら
今日一番の気持ちよさで走り抜けることが出来たのであった・・・。
やっぱ平坦っていいな♪

自転車等々、一通り片付けて車に乗り込んだのは18時半直前。
メーター

日が暮れる前に戻ってこられてよかった。

ご一緒した皆様、お疲れ様でした\(^_^)/
そして写真を使わせていただいております。こちらもありがとうございまーす。

今回のルート(大雑把に作成)


このルートラボでは「獲得標高2000メートル越え」になっていますが、ガーミンの実測では1800メートル程度です。
走行距離は95km程度だったかな。
ただ、今回のこの実績、ワタシとしてはあくまで『棚ぼた的』と捉え、自分の経験には含めません。
常に最後尾ながら掛け値無しに自分の脚で走ったルートだし、それで得た数値だけれど、
残念ながら『自分で狙って獲りに行った数字じゃない』というのがその理由。
偶然の産物に過ぎない。
コンスタントに出せるものになってるわけでもない。
ただ、「偶然だったとしても自力でここまで出来た」と思えること自体は自分の肥やしになりました。

そして、このコース走ろうと思わないで下さいね、特にばんじゃーるからの帰りのルート。
もう何年かしたら、きれいな舗装路が出来ているかもしれませんけどね(^_^;)


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

7月24日(日)
乗鞍エコーラインを走りました。

昨年、初めて走ってとてもしんどかった場所。
1年経っても「非常に辛かった」という感想になってしまう場所。

今年も声をかけてもらっていたけれど、ギリギリまで迷って迷って即答を避け・・・
前日の配車を考える段になってやっと行くことにしたくらい迷ってた。
「今年もう一度だけ行ってみて、去年と感想が変わらなかったら、そこで答えを出せばいいじゃん」
というところに落ち着き、参加表明。
迷いつつも自転車や持ち物の準備はしていたんだけどね・・・


前夜は21時に就寝、翌朝3時半起き。
4時半にセンセー一家に拾い上げてもらって、今日は後部席で自転車とともに運ばれるのみの恵まれた待遇。
それを良いことに往復、始めたばかりのポケモンGOをプレイして、ポケモンを次々とゲットしておりました/(^o^)\
むろん、モバイルバッテリー持参(笑)
ポケモンGO、滅茶バッテリー食いのアプリですから。

乗鞍1577
車の中では持ち込んだパンを少しずつでも食べ、エネルギー補給。

乗鞍観光センター駐車場(標高1450m位)に9時すぎ到着の9時半頃スタートだったかな。
乗鞍1583
和やかに手早く準備中風景。
ここではそこそこ良い天気でした。
早々に着いていた3人は待ちくたびれて?三本滝まで1往復して脚を温めたとのこと。

三本滝まで行ってたメンバーも戻ってきて、まずは1枚。
乗鞍 出発前

ワタシは去年の失敗を念頭に、今年はパワーメーターで自分を管理して登る!
基本は「100W越えない」、そう決めて来た。
勾配がきつくなろうと緩くなろうと、誰が追い越していこうと気にしない、そう自分に言い聞かせてスタート。
従って、序盤からほぼ最後尾。でも焦らない。
特に最初の7キロほどは勾配がきつくはないので、そこで調子に乗ると昨年の二の舞だからね、と。

頑張らず走れば速度が遅くなるかわりに、周りの景色や咲いてる草花も目に入ってくるものだと先週気がついた。
写真撮れなかったけど、アザミがきれいだったなー。
この花は脚を止めて撮ってみた。
乗鞍1586
なんていう植物だろう


ちょっとしたハプニングはあったものの第一休憩ポイントの三本滝レストハウス(標高1800m)へ到着。
補給にはソフトクリームだな~ということで食べますよ。
乗鞍1590

去年はここに辿り着いた時点で体調の異変を感じていた(浮遊感やら脚がプルプル震える感覚やら)けど、今年は今のところなんともない。
ペースを守っているのと、呼吸を「吐き中心」から「吸い中心」へ意識するようにしているおかげかなぁ。

本日の参加者はなんと11名。
時々点呼しないと危ない感じです(笑)走り出すとばらけるし。

乗鞍 三本滝出発
無事?揃ったのでスタートしましょう

さて、去年はここから上が鬼門でした。
踏めない踏ん張れない、少し休んでも復活しないという未体験ゾーンへ入ってた。
なので今日は慎重にペースを守って、「走る」という感じではなく「上がる」と言った方がいい感じのじんわり速度。
ここから先は斜度も上がるので道幅を目一杯利用して、多少距離が伸びてもいいから斜度を緩める工夫の走りを展開。
それでも、やっぱきついなー。
脚がツラい。
そろそろ景色を楽しむ余裕の気持ちも少なくなってきた・・・
乗鞍 少し余裕ある
でもこんな感じでまだ少しは余裕ありそう・・・「そう」なだけだけど。

去年はもうこのあたりで歩き始めちゃったけど、今年はまだ一応漕いでいる。
その点は進歩というか作戦のおかげ、かな?
ペース配分って大事だね(笑)

次の休憩ポイント、「位ヶ原山荘」2350mに無事到着。
乗鞍1597

乗鞍1605

うん、今年はまだ余裕ある、なにか食べようって気になってるもん。
おでんが温かくて良さそうだなと思ったけど一人であの量はちょっと多いので、たい焼き。
乗鞍1612
温かいものが食べたいと思うほどの気温ということです今年は。

熱いお茶が身にしみる、ここら辺まで来るともはや肌寒い。
動いていれば肌寒さも紛れるけど、こうして休憩してるとどんどん冷えてくる。
そして、雲が上方を隠してます。
乗鞍1608
時々雲が切れて、晴れ間が一部分だけ出ているみたいに見える。
今日はこういう天気のままなのかなぁ・・・


さて、あと5~6キロで畳平だから、もう少しガンバリマス。
が、やはりここから先もまたきつい。

乗鞍 保父さん付き

去年のように「全く踏み込めない」とか「フワフワする」という感触はないんだけど、
やっぱり息苦しいというか息が荒くなった。
虎の子のフロント3枚目にも突入。
ガーミンに表示されてるパワーは60台とか70台とか。

途中、人間パワーアシストが入りそうになったけど、これワタシ怖いんです・・・
思わず「触っちゃダメ!」と断ってしまいました(ノ><)ノホント怖いんです。
ワタシが自転車乗り始めた時から相方は「なにも手伝わないから自分でやれよ」って宣言しました。
そのおかげで早々とパンク修理とチューブ交換を覚えたし、簡単なメンテならできるようになりました。
走行ルートも自力で走れないようなところへは行くな、という姿勢だったので後ろから押してもらったことは一度もありません。
そういうふうに育った(?)せいか近づかれると異常に緊張するのです。
いまだにそう。
怖いという感覚はなかなか克服できないものですねぇ・・・

乗鞍 センセー付き

そしてお尻が痛い。
久々だな~、お尻が痛いと思うのって。
ずっとサドルにお尻を乗せたままだから仕方ないよなぁ。
でもってその影響で右脚がしびれる。
あー、それもツラい(^_^;)
ツラいなーと思いながらでも漕いでいる途中で、止まって写真撮りながら待ってくれている人がいたり、一旦上がってから下りてきてくれる人がいたり。
その点は昨年と変わりなく、今年もお世話になりました。

去年と違うのは雲が多くて景色が見えないこと、かな。
こればかりは仕方ないねー。
まぁ、雲の中を走るというのも、それはそれで楽しめる・・・というか楽しんでいた人もいました。
乗鞍 雪渓で遊ぶ人たち
大雪渓で遊ぶ人々。全然大きくないけどね。

道がぐっと左に曲がって視界が開けたらそこは県境。
乗鞍 緑の盾付き
あー・・・無事にとうちゃこ。

岐阜県高山市という看板と、長野県松本市という看板のあるあの場所です。
今年はそこに仲間が数人居たのでわがまま言ってパノラマ写真を撮ってもらいました。
ブログのトップ写真を入れ替えれたらいいなぁという目論見です。

山頂のレストハウスまで行く間に、無心に高山植物を撮るオッサン男性陣。
乗鞍1624
きれいで珍しい花には群がるものなんだねェ・・・

乗鞍 高山植物コマクサ
今年は「当たり年」だとかで、そこそこ群れて咲いてました。

さて、レストハウスの方へ・・・
乗鞍 畳平入り口
左手の道を奥に向かうと乗鞍スカイラインのほうへ行くことになるんですよね、タブン。

とその前にここで写真撮っちゃおうかな、ってんで
乗鞍 畳平

  パシャッ!
乗鞍 畳平手前

おっと、ここでもね。
全員揃ってないけど、まいっか。
乗鞍 看板のところで
はいち~ず だよーん♪


やっとレストハウスへ到着~。
記念写真~。
乗鞍1631
後ろ真っ白~/(^o^)\ 去年と全然ちがーう。

去年と同じ、袋がパンパンでぷっくぷく。
乗鞍1635
まるで枕みたいw

そうそう、畳平もポケモンGOにはちゃんと染まってました(笑)
D氏と二人でポケモンGOで盛り上がる。
ちなみに、位ヶ原山荘ではソフトバンクは圏外になるためワタシはポケモンGO楽しめなかったっす(・ω・)


約21キロを登ってきたので、同じだけ下るわけですが・・・
やっぱりここの下りはシンドイ(´Д`)
腕のチカラの限界まで使わされる気がするし、神経的にもかなり疲れる。
距離の問題はあまり大きくなく、斜度+つづら折りが原因だと思う。
下っている間にブレーキを緩めて指を休めることができない。
途中、2回ほど止まって腕を休めたけど短時間では焼け石に水。
今回は後輪が滑ってヒヤリとすることもあったし、気が散ってラインから大きく外れることもあった。
登りも下りもきつい・・・それが私の乗鞍感だ。

乗鞍1593
一気に駆け下りてきて三本滝のあたりまで来ると気温が上がった感じがした。
それでもウインドブレーカーを脱げるほどではなかった。
今年は寒い、その分登りので消耗しなかったはずなのでラッキーといえばラッキーだったな。

ケガなく事故なくパンク無く、車のところまで戻ってきて乗鞍ライドは終了。
あとは各自が無事に帰宅するのを残すのみ。
そこが一番大事。

それにしても、乗鞍(エコーライン側)はやっぱ遠いデスね・・・
中央道部分でも1時間以上、R19部分でも1時間以上、国道離れてからも1時間近く。
今回は乗せていってもらう側で楽しましたが、運転する側は本当に大変だと思う。
ということで、センセーご一家には本当にお世話になりましたm(_ _)m

帰路途中、大桑の道の駅で休憩した時に、ヒノキのまな板を見つけた。
アウトレット状態で800円(正規価格だと1600円だった)。
美濃焼のコーヒーカップ2個セットとともにお買い上げ~。
乗鞍1642
なぜにここでまな板?
正方形に近い形のがあったんですよ、そういうのが欲しかったの!
コーヒーカップもだいぶ使い込んで古びてきてるので、お手頃値段のを買ってみました。


帰宅は19時くらいでしたか。
なんだかんだで長い一日でしたねー。
本日、一緒に遊んで下さったみなさん、ありがとうございました\(^0^)/


さてと。
行く前にイロイロ考えていたアレコレ。
答えを出すことができました。
やっぱりワタシは空気が薄いのはダメだなと。
坂を上がること自体も好きとは言えないけど、それ以上に空気が薄いのはどーしようもなくツラい。
去年は「高山病症状」が出てたっけ、頭痛やふらつき感、食べる気もあまり起きなかった。
それに比べれば今年は随分マシだったとは思うけど、頭痛がなかったのは出かける前に飲んでおいた鎮痛剤のおかげかもしれないしね(苦笑)。
(幸か不幸か、起床後に“月の使者”が来たことに気づいたので予防的に鎮痛剤を入れておいたのだった)
断煙期間が1年増えたのも大きいかな?
それでも標高2000mを越したあたりからのしんどさはカバーできなかったと思う。

そして今年は登り以上に下り(帰路)がきつかったわ・・・。
帰りだけバスで降りてこられないかしらね・・・けっこう真剣にそう思う。

今年は「大変だった、ツラかった」という思いは少なくなったけど、楽でもなかった。
楽しかったことは楽しかったよ♪メンバーも良かったしね(^_^)
でも「これで打ち止めにしてもいいかな」とも思ってる。
どこかで「最後の1回」は必ず来るモノだしね。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

1千枚田_1544

土曜はカラダ休めの日にして、日曜は走るぞー\(^O^)/

と意気込んでいたのに天気が・・・ 梅雨はこれだからなぁ。

そこで車で「桃パフェ」食べに行くことにして、
BS1506.jpg
長久手の「BLUE STAR CAFE」へGO!

BS1508.jpg

もちろん3人とも「桃のパフェ」を注文。
最初のひとつが出てきた後が続かない・・・
3つ出てきたところを写真に撮ろうと思っていたのに(^_^;)

どうやら桃がきれたようで、女性スタッフが新聞の包みを持ってきたら、残りの2つもスッと出てきました(笑)。
BS1512.jpg

今シーズン二つめの「丸ごと桃スイーツ」。

桃の下はバニラアイス、その下は桃のソルベ。
BS1515.jpg
さらに下には、凍らせた桃が入っています。

あー、美味しかった(^_^)ごちそうさまでした。
BS1516.jpg
これで1080円(税別)です。高いかどうかは非常に微妙w

このお店、パスタメニューが豊富でした。
それと、エッグベネディクトがあったので、そのあたりを攻めてみたいなと思いました。



翌日曜日。
昨年行きそびれた「四谷の千枚田」へ行くことに。

千枚田_1518
センセー一家にピックアップしてもらって、桜淵公園に到着。
暑い・・・
この暑さに耐えられるかなぁ。

一応暑さ対策として「ラジエター役のスカーフ」と「アイスボトル」は装備してる。
たしか今日のコースプロフィールは、最初は平坦で、1つコブがあって、その後は緩やかな上りがあって最後にガンと上がる、ってな感じだったよな?と思いながら走る。
ペースはゆっくり目なのでそれほどツラくはないかな?

でも「一つめのコブ」が思っていたよりキツかった(^_^;)
小さいコブだと思って甘く見すぎてた感じ。
コブ後に寄った○Kが最後の補給地点だそうなので、しっかり補給しておく。
千枚田_1523

今日は意識的に「しっかり補給」するようにした。
朝起きてすぐは食べられないので、家ではプロテインシェイクを200cc程度。
運んでもらっている車中で甘口のパンを2個と甘いカフェオレを1本。
走り出す前にはハニースティンガー(エナジージェル)を1本。
そしてこのコンビニでウィダーインゼリー1つと、手持ちのソイジョイ1本、カロメー1本。水。
ボトルに入れてるドリンクは、パワープロダクションのCCDにした。
千枚田あたりでさらにソイジョイを半分食べた。
下って来てからまた、同じコンビニに寄ったのでおにぎり1個とチョコレート菓子一袋。
水分はトータルで2リットル弱だったと思う。
とにかく、最近にないくらいチビチビとだけどせっせと食べたし飲んだ。
そのおかげだと思うが、バテなくて済んだ。
暑かったけど


コンビニを出てから千枚田までの写真は撮ってない。
田口線廃線後のトンネルで写真をと思ったら、蚊にたかられかけたので大急ぎで通過。
よって写真撮ってない。
千枚田691_n
同行者からもらった写真〜\(^O^)/

日なたむき出しのところは暑くてたまらないけど、木陰に入るとなんとかやり過ごせる。
そして相変わらず がんばらない
パワーメーターの数字を見て、斜度が緩やかになっても力を入れないし、
斜度が上がったら速度を落として脚の回りを軽くしてやり過ごす。
そうやって、部分的には「ぼっちで走る」状態ができた時はとても気持ちが良かった。
人のペースに惑わされることも、合わせる必要も無く、自分のペースで回す。
そうすると風景も目に入ってくるし、鳥の声や虫の音もきちんと耳に入ってくる。
「あー、こういうのなら気持ちいいなー」と初めて思ったんじゃないだろうか。
そのせいか、今回の千枚田行きはさほど苦になってない。


到着、千枚田。
千枚田_1527

田んぼ、あおあお。
千枚田_1534

でもやっぱ暑い・・・

今日は、もう少し上にある展望台みたいなところまで行くんだそうな。
少し日陰で休憩してから再スタート。

ちょろっと上がったところで木の陰から撮ってみる。
千枚田_1537

さらに上には開けた部分が。
千枚田_1541
ここは棚田の中を歩ける道に入れるんだね。
(クリートシューズだし陽の下を歩く気にもなれないので写真だけ撮った)

展望台に到着。
千枚田_1545
日なたはヤッパリ暑いけど、日陰で風が通るところに行くととても気持ちイイ!

今日は湿度が低くて、ワタシ的にはわりと過ごしやすい日だ。
気温が低くて湿度が高いより、今日みたいな日のほうが対処しやすい。

こんなものが設置されてた。
千枚田_1550
試しに指先を水に浸けてみたら冷たくて気持ち良かった。

東屋のところから棚田を見る。
千枚田_1553
下の方に見える道のあたりからここまで上がって来たのかー。
ちょっと「ジブン、がんばったかな」と思う。「ちょっと」しか思わないから坂が好きになれないのかなぁ(笑)
下りも、気持ちはいいけど「好き」ってほどじゃないしね/(^o^)\コンタクトレンズが乾いてそこそこ辛いのよ~。


さて、引き返しましょうか。
ほぼ同じルートを引き返す。
登ってきた分が下りなので、下ハン持ってブレーキ疲れをできるだけ防止。

帰りに寄ろうと思っていたお食事処に寄れなくて、コンビニでおにぎり。
千枚田_1554
久しぶりにこの梅の味を美味しいと思ったので写真に撮ってみたw
ぃや〜、ホントに美味しかったな。

帰りに寄ろうと言っていたスイーツも、店の混み具合が想像以上だったので断念。
また今度リベンジしよう。
そのまま、高速に乗って素直に帰って来たのでした。
まれにみる赤字ライドとなった「初・千枚田ライド」でしたとさ/(^o^)\

ワタシは往路が一番補給が充実していた感。
それくらいしないとバテる、一日もたないってことかなと改めて思い直したのデシタ。
初心に返ったわけだね。
もう一つ収穫があった。
先週の三河湖付近まで行った時に「立ち漕ぎ」で「おっ?」と思うポイントがあって、この日の往路では2~3回「あ、ここちょっと急かも」と思うところでお尻を上げて立ち漕ぎ実行できたこと。
今まで坂と言えばサドルにお尻を乗せたままでしか漕がなかったし漕げなかったので、これは小さな一歩かもしれない。
※スピードを上げるための立ち漕ぎは敢えてしませんでした、消耗すると思って。


往復の運転、お疲れさまでした>センセー
暑い中、ご一緒して頂けてよかったですー>IZさん
ありがとうございました!また遊んでね〜\(^O^)/



今日のルート



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

忙しく慌ただしかった6月もとっくの昔に過ぎたのに、なんだか復調しない7月。
HRT再開やらホットフラッシュが強くなるやらで気持ちも盛り上がりません・・・
急に「カーッと暑くなって汗が出る」のもなかなかに消耗しますが、それよりもユーウツなのが偏頭痛。
大なり小なりの差はありますが毎日頭が痛いです。
偏頭痛は動くと痛みが増すので、仕事で椅子から立ち上がってもガンガン、運動してもガンガン。
お酒も偏頭痛を悪化させる要因になる、というか偏頭痛が出てきてしまうきっかけになるので今はあまり飲んでません。
偏頭痛向きの鎮痛剤を処方してもらってますが、これも毎日毎回飲むわけにも行かず・・・(けっこうお高い)。
「それなりに毎日薬を飲んでいるので、できれば飲まないで済ませたい」と思うから、我慢できる時は飲まないで我慢する。
すると“静かに一日を送る”ことはできても“活動的に一日を送る”ことはできません。
そのストレスがまた体調に影響するというネガティブスパイラルな毎日を過ごしがち~/(^o^)\


「なんか、美味しいもの食べたいなー」とボソリとつぶやいたら、
相方がここへ連れて行ってくれました。

いたお1478
http://www.ishiamiyaki-itao.com/index.html

以前、相方が会社の人と行って美味しかったとか。

いたお1490
丸い皿は「いたお盛り」、奥の皿は「塩タン」。
いたお盛りは4種類の肉が乗ってました。
塩タンはオリジナルのタレで頂くんですが、そのタレがまた美味しい。

いたお1484
ナムルの盛り合わせとキムチの盛り合わせ。
キムチの美味しい店は総じて何でも美味しいと思います。

このほかにもホルモンやカルビ、テールスープ、石焼きビビンバなどを堪能しました。

〆のスイーツは「抹茶アイス」。
いたお1500
ソフトクリームに抹茶ソース・・・いえいえこれはどうも抹茶チョコのような感じです。
ソフトクリームの冷たさで固まってました。

ワタシはお肉大好き♪
肉を食べるとやっぱり元気になれる気がします(^_^)
美味しかったからまた連れて来て欲しいな〜(笑)。



三連休初日の土曜、「走りに行きませんかー?」というお誘いは頂きました。
まだ梅雨時なので、天気が望めそうな日は走りに行きたい。
のですが、土曜って平日の疲れを引きずっているので朝が結構ツラいです。
近頃は、起きてから2時間ほどするとやっと調子が上がってくるという感じで、起床直後は「どよ〜ん」という感じ。
2〜3時間後には回復することも多いんですけどね(^_^;)
ライドに行く行かないの決断はもっと早くしなければいけないのが難しいところです。


朝起きて、結局「今日は体を休めることを優先するわー」って返事してライドは見送りました。
でも二度寝することなく(しようと思ったんだけどタイミング逃した)、
部屋の掃除して、猫トイレを洗って、アマゾンプライムのTVドラマを見て。
猫トイレが1個になって洗うのが楽になったことで「コタもハナもいないんだなぁ」とあらためて感じたり。
「コタはこの夏は越せないだろうな」と思っていた自分を思い出したり。


ライドのために早起きした分、長い一日となりました。
 
 


み1448
新しいボトル、ポディウム・アイス。
ポディウム・チルボトルより保冷力が上がっているらしい。
友人のインプレを見て、そして現行のボトルがくたびれているのに気がついて、
この際だからと新調した。
心底冷たいものが欲しければステンレスの、ということなんだが重いのが気になる。
かなしいことにベニヤ号、素のままでもけっこう重い。
そしてワタシはぬるくなった飲み物でも飲める方。
むしろ冷たい飲み物はライド中に胃をやられるので、
冷たい状態のものは最初の二口三口で止めにしてる。
「ちょっと冷たい」程度の水分をゴクゴク飲めた方がいいので、
このボトルにはチョット期待している。

今日は家を出る時に、グリコのCCDを濃いめに作って氷を詰め込んでみた。
はたしてどれくらい冷たいままでいられるかな?



・・・昨日とはうって変わってこの天気・・・
み1450

昨夜は早々と寝てしまったため、日曜の予定を確認しないまま(^_^;)
ま、話の通り「三河湖の方へ」ってことになり、センセー車に拾い上げてもらったのが朝8時半。
み1454
トランポ地は王滝渓谷の駐車場でした。
ちゃんとトイレもあって立地条件いいね~。

奥方・IZさんのニューマシンをセットするセンセー。
み1449

今日は三者三様に(おそらく)目的があるライドです。
センセーは、術後の膝の状態を確認しつつのリハビリライド(おそらく)。
IZさんはニューマシンを実走しての本格的シェイクダウン(おそらく)。
ワタシは・・・体調の再確認と、補給について考え直すこと。かな。

少し暑くなり始めた頃から、HRTをストップしていた。
HRTによって体調を維持できるメリットもあるが、煩わしさもそれなりに発生する。
HRT無しでどれくらい体調を維持できるか(崩れるか)を確認したくて一旦止めたが、
結論は「まだ今は止められない」になった。
HRT以外の方法(漢方薬など)ではQOLが維持できるほどの効能がなかったという判断。
再開→即快調というわけでもないので、今後ゆっくり見つめていく必要はある。
去年良かったから今年も、というのが全くアテにできない年頃なのである。


足助街道を走って香嵐渓のコンビニで休憩。
み1452

暑いことは暑いが、ワタシはさほど辛くない。
今朝方にも思ったことだが、今日は湿気が少ないようだ。
気温はそれなりに上がってきているのだろうが、
ねっとりとまとわりつくような空気でないのが救い。
息が乱れない程度の速度で来たのも「辛くない」大事な要因だと思った。

今日はまず、スタート前の駐車場ですでにハニースティンガー1本を食べておいた。
ボトルにCCDを入れてあるので飲み物からも若干のカロリー補給が出来る。
空腹ではなかったけど、濃厚フロマージュを1個食べ、
アイスコーヒーの氷だけをボトルに補給。
カップを買ってそのまま店外に持ち出しちゃえば氷のみの購入。

ここから先は5月に一度走ったコースをトレース。
(5月時の写真)
みIMG_0841 みIMG_0844
こんな風景の中を、時速20キロ未満でのーんびり。
基本、ゆるゆる登りでときどきちょっとだけ坂。
「2級」[3級」と軽口をたたきながら進む木陰の道は気持ちいい。
昨日の雨で道は濡れているので、不用意に物を踏まないようにだけは注意する。
でも、思ったより道の状態は良かった。
それは、地元の方が草を刈ったり片付けたりして整えていてくれるからなんだろうなと思う出来事にも遭遇。
MTBに乗った親子連れ数組にも遭遇。
この道はMTBのほうがより楽しめるかもしれない。

そろそろ三河湖に近くなったよな?って思う頃から小腹が空いてきた。
途中でドリンク休憩を入れてもらうついでに、昼ご飯がどのタイミングになるかは敢えて考えず、カロメーを一本食べる。
タフな胃を持たないワタシは、胃に負担をかけてもマズいが休めきってしまってもマズいのかもしれない。
こまめに固形物を少しだけ放り込んで動かしておいた方が良さそうな気がしてきた。

三河湖への入り口の看板まで来て、思ったより体調は悪くないしスタミナにも余力はあるなと思う。
ここまでの行程がゆったりなのと、補給に気を遣っていることによるものだろう。
やはり、負荷の低い行程は体に優しいんだなぁと実感。

気温や湿度は自分で調整出来ないけれど、負荷なら自分で調整出来るもんね。
そして、筋力や体の機能は鍛えることもできるけれど、自律神経は自力では如何ともしがたい。
不用意に乱調気味にしないよう気をつけるしかない。
そんなことを考えながらのライドになった。

そのままユルユルと進んで、今日はここでお昼。
み1456

いました!“猛禽類”
み1457
かつて、ころりん号でドライブが休日の過ごし方だった頃は、三河湖だの矢作ダムだのが定番ルートであった。
で、ここでも何回か食事している。
そのたびにいろんな猛禽類・・・ハリスホークとかワシミミズクらしき鳥が店の前にいたんだよねー。
それがけっこう楽しみだった(^_^)

み1458
ほー、女子社員ですか。
来年再来年はもう少し色白になっているかな?

川が見える席があいたので、
み1459

店の看板にあるとおり「とろろ汁」をと思ったけど、手頃な値段の手頃なメニューにとろろが付いていない・・・
うーむと悩んで結局

「五平餅定食」五平餅に温かい蕎麦付き
み1460

豪華でしょ?五平餅ダブルだぜっ(๑•̀ㅂ•́)و グッ!


ってわけじゃなくて、五平餅一本はセンセー宅のものでした。
ワタシはやはり、この定食を定量で平らげるのが精一杯。
や、自分で「なんとか食べきることができてちょっと驚き」と思ってた。
最後の二口くらいはかなり頑張ったんだけどね(^_^;)
やはり、胃を休ませすぎてない&体に負担をかけていないことが「ちゃんと食事が入っていく」ことに繋がってるような気がしてきた。
過去の経験からも、ランチまでに疲弊すると空腹感があっても入っていかない状態になることはわかっているしなー。


今日の折り返し点はこのランチポイント。
帰路は二畳ヶ滝の方へ抜けて帰るらしい。
え?そこまで行って三河湖まで行かないのか?
だから“方面”ってタイトルに書いたんじゃないですか(笑)
「あとちょっと」を欲張るとロクなことにならないので程々のところで引き返すのがいーんです、今日は「ぬる~く」ていうのがコンセプトだったのだし。


ところどころ、だまされつつ(?)聞こえないふりされつつも基本下りのコースを通って気持ちよく。
二畳ヶ滝到着。
み1462
二畳ヶ滝までの道が程よい下りだったことを思うと、逆方向からここを通過した時はそこそこ上りだったんだなとあらためて思った。
ときどき、逆向きに走ってみることも大事だな、と。

なにげにカラーコーディネートされている自転車とウェア小物(^_^)
み1464

相変わらず下まで降りようとしない二畳ヶ滝。
み1467
でも水量は多かった。っぽい。

この先はもうずずーっと走って巴川沿いに出れば楽勝。
って思ったら工事していてちょっとだけ大回り。
それでもここまで、エネルギー切れ感もなくて来られた。
もしかしたら最後の県道部分でも100Wくらいで走れたかもしれない。
まぁでも、使い切ることを目的にして来た日ではないのでこれで良いんじゃないかなと。

少なくとも、息が弾まない程度の出力で走れば、もう少し距離を稼げそうだし、一日楽しく過ごせそうという手応えがあったんだからね。

そうそう、この日は強度的には高くなかったので、短い上りが来た時には立ち漕ぎでこなすようにしてみたんだった。
激坂でもなんでもないところで立ち上がってゆっくり交互にペダルを踏んでみる。
踏んだ側のハンドルを腕で引く動作がちょっとだけ解った気がしたのが収穫かなぁ。
おかげで帰路は腕が疲れて辛かった(^_^;)
おかげでお尻は楽だったので、これからも練習しつつお尻を上げなければのぅ。


やはりワタシは湿度に弱く敏感なんだな。
湿度が低ければ、多少暑くても苦にならないし。
逆に気温が高くないのに湿度が高い日はけっこう辛い。
早く梅雨が明けてサッパリした空気にならないだろうか。

もう一つ、夏場のお助けアイテムが活躍してくれたのも大きかった。
水で濡らして首に巻くだけ(冷凍庫で冷やす必要なし)のスカーフというかタオルというか、そういう商品を今夏は使ってみることにしたのだ。
常時首回りが冷やされているおかげか、暑さを感じても辛くなりにくい。
ときどき、水があるところでスカーフを濡らし直していればひんやり感復活。
あるいは、首から外して数回振り回せばひんやり感が戻ってくるというなかなかの優れもの。
去年までは、吸水性のゲルが入ったタイプのものを使っていたが、洗濯やお手入れで不便だった。
今年のタイプのものの方がその点では楽そうだ。
自転車の時だけでなく、日常生活でも使えるのでありがたいったらありゃしない。



帰宅後、泥はねのついた自転車をさくっと洗う。
岐阜といい豊田といい、木陰で快適な道は自転車が汚れるのが玉に瑕w。

今日のルート




  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村
 

先日、FRLメンバーにてこういうイベントが楽しかったけど自転車には乗れなかったので、
四季11138

今度こそ自転車で辿り着いて肉食うぞ\(^O^)/

という思いで企画してみました。
FRLの時に立案手配をしてくれたK氏が参加してくれることになり、とても嬉しく思っていたのに、

しかし今回もまた雨(´・_・`)

ま、梅雨時だからね・・・
晴れ男も台風1号には勝てなかったね。

今回、11名ということで2コンロ予約してみました。
当日、隣のコンロの人たちが居ない(キャンセルしたらしい)ので、
遠慮することなくのびのびとバーベキューを開催。
四季1396

車で来れるとなれば、肉持ち込むよねー\(^O^)/
飲みには比較的淡泊なメンツです。
四季1399
写真撮るよねー\(^O^)/
一枚肉の迫力 ハンパない(笑)場が一気にもりあがる。

四季1400
離れていたコンロもチカラ技でくっつけちゃいました♪
四季1402


お肉を一通り平らげて一息ついたところで、大人の玩具登場。

四季1405
「BBQっつったらローラー大会でしょ」
ま、今日はスペースが限られてるので1種類だけで。
「下がタタキだってわかってたらアブローラー持って来れたよね」とかいう会話も飛び交ってました。
会場のHPの写真には、下が砂利になってる写真だけだったんだって。
そういう所までちゃんとチェックしているメンバーに今さらながら驚いた(笑)
ワタシも隣が空いていると判っていれば、シート&ストレッチマット持ち込んでいたな。


慣れた手つきでちゃっちゃと組み上げ。
四季1407


そしてもう1種類「コンペックス」登場。
形状は違うけど、実は春のBBQの時にデビューしてたりする。
あ、その時は「悶絶マシーン」と紹介してました。

sIMG_1409.jpg

この一連の玩具登場に目を丸くするK氏。
まぁそれが普通の反応だ。

「なになに?これなに?」(コンペックスを見て)

1四季1411


って言うから

「説明するより体験してみれば?
その方がわかる」

「そうそう、試してみればいーじゃん♪」

と皆が勧める勧める。
その勢いに一抹の不安を抱きながらも、この雰囲気で引っ込むわけにはいかないと察した(であろう)K氏。

1四季1416

その前では鉄板で肉が焼かれているなんともシュールな構図・・・

四季1413

持ち主のT氏、
「ゲットアシックスパックにしますか♪」
とメニューを選定。
サクサクと被験者K氏の腹にパッドを付けていく。
シックスパックといえばこれを思い出す人が多いでしょう→これこれ

1四季1419

パッド準備完了、無線なのでリモコンでONにする。
はじめのうちはウォーミングアップなので、K氏も
「スズメバチが20匹くらい刺してる感じw」
とか、
「こういうビデオありますよね、男性向けの。
リモコンで違う機械を動かすっていうのw」
とか、
笑いを誘うコメントを連発する余裕あり。

ウォーミングアップ終了後、いきなり負荷がかかる。

1四季1420

「やばかった・・・。体が本みたいに閉じそうになったもん」
なかなか的確な表現。

あ、リモコンがワタシに渡されました・・・

四季1424

このボタン押すと強度が上がるの?
フンフン♪
このあたりを動画に撮ったんだけどあまりにリアルなのでここに載せられないのが非常に非っ常~に残念無念。


T氏やD氏は
「これで、自転車に乗ってローラー回すんですよ」
とか言っている。

1四季1426

ホントにィ?と言いながらも自転車に跨るK氏。
そしてペダルを回す。
その出力は200Wを越えていた。
この自転車、ベクター搭載なので出力や左右バランス、効率などがちゃんと計れるようになっているスグレモノ。

K氏を見守る周囲から「さすがだなー」という声が上がる。

60回の強制収縮弛緩運動繰り返しを終了し、自転車から降りて初めて
「普通はローラー回しつつコンペックスはやらない」
と知らされたK氏なのであった・・・
この会場を見つけてくれたいわば恩人と言えるK氏に対してなんたる仕打ち?
いえいえ、もう最大のおもてなしを  ゲフンゲフン
初登場でここまで皆の心を掴むことが出来る方はそうそう居ませんので。


sIMG_1430.jpg

この後はまた焼き肉・ジンギスカンに戻り、他の参加者が合間にローラー回したりコンペックス体験したり。
1四季1440

はたまた、なぜか我が家の内情偵察が入ったりw、寝床と鼾の話になったりw。
〆のうどんと焼きそばも美味しく頂いて、雨の中のBBQは無事に終了。
皆さんお疲れさまでした\(^O^)/



それじゃ第2ラウンドね!
スイーツ行くよスイーツ!(ノ^0^)ノ
なにげにスイーツ男子が多いんですよね・・・

車でうだつの町並みまで来て「とみや」さんへ直行。
この日は台風による雨のせいか、おやつ時間になっているというのに店内がらーん・・・
おかげで10人が一度に一カ所に座れた。晴れていたら難しかったな。
K氏曰く「こういうとこ、ほとんど来ないんだよね〜」。
辛党の人は甘いものはあまりこだわらないこと多いよね、まれに両方ともいける人いるけどさ。
じゃあ今日は良い機会じゃないですか、しっかり甘いものも食って帰りましょ♪

以前より、T氏が「ここのかき氷が一番旨いと思う」と言っていたので、
四季1447
わらび氷?をいただくことにした。

店内、あまり冷房キツくないのがなかなかイイ感じ。
半田の某店は、かき氷が出てきた頃には体が冷えちゃってツラい(^_^;)

かき氷を食べながら、10年遅れているだとか30年遅れているだとか、
大須のメイド喫茶がどうとか、ツンデレがこうとか、これまたここでは再現できない会話満載であった・・・。
知りたい方はK氏を捕まえて聞いてみて下さい(笑)。
ワタシは「D氏とK氏って背格好やその他、結構イロイロ似てるんだな」って発見した。

ということでK氏、今冬はシクロクロス参戦して下さい、応援に行きますから(ノ^0^)ノ
そして一年後はプチトライアスロンとスワンアスロンに出ましょう!\(^O^)/
ちゃんと応援(?)に行くよ!ダイジョウブ!



こうして、自転車に乗らなかった一日だけどはしゃぎまくったのでかなり疲れた。
お肉食べ過ぎて晩ご飯は考える気が起きず。
帰宅後、最低限の片付けをして、Mサイズピザを半分食べたところで午後9時閉店となりました。

今回も、お疲れさまでしたー&ありがとうございました(^_^)


それにしても連続で雨に祟られて、くやしいったらありゃしない。
これはぜひリベンジしないといかんよね?

とするとアレか、8月の最終土日あたりがいいかな?
あるいは9月の前半か?

この日の参加者もできれば、

走って到着してからBBQして、
下ってきて道の駅でトウモロコシ食べてからのー、
スイーツ

ってやりたいんだと思うんだなー。
三度目の正直 って言うし。

自転車だと余分な荷物は持ち込まないから安心っちゃー安心だよ(笑)


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

飽きもせず(^_^;) またもごろ滝に行ってきました。

去年は「飽きもせず板取川」だったんだけどね。
しかし板取川沿いは、モネの池を皮切りに露出度高くなって、人も車も多くなっていそうだから今年は敬遠気味。
なんせあそこの魅力は車も少なくて静かでのんびりしているところだと思っていたから。
地元としては観光資源を活用しない手はない、ということなのだろうけど・・・

そんなわけで今年は、さらに静かな場所を求めて。
幸いというか、距離的には板取川沿いに行くのもごろ滝行くのも大差ないのよね。


で、名二環~名古屋高速一宮線〜名神〜東海北陸自動車道と順調に“マイペース”で走る。
もうこの道も慣れっこになっちゃった♪
一宮木曽川インターから上がってくる車がいたので、右車線に移動(左車線にスペースを作るため)。
流入してくる1台を抜きざまに橫目でチラリと確認。
(銀色のクラウンだったので一応ね)
白いヘルメット被ってる運転手
おっとっと(汗)

左車線の数台前にいた大型車の前に緩やかに場所を確保してルームミラーで後方確認。
あー、気がついて良かった・・・
そんなワタシの横を通り過ぎて行った軽自動車(少し前にワタシが追い抜いた車)。
そのまま右車線をずっと走って行った。
銀のクラウンも続いて走って行った・・・
次のインターで両方とも下りていった。

という件があったので、集合時間ギリギリに到着。
あー、すでに暑い。
そしてなぜか細かい虫が多い! イライラ(笑)


野球場前で残り1名を待つメンバー。

07ごろ1280
暑いんでだれてるように見えるところがミソ(笑)。

今日はなんだかんだで総勢10名。
毎度、お集まり頂きありがとうございます(^_^) うれしいなぁ。

さて、10名で出発。
今回は国道418ではなく川の対岸を使って県道200に接続。
この道、車が少なくていいね〜。
途中、小ぶりなパトカーが私らを抜いていきました。
あのパトカー、あの派出所のじゃないのかな(^_^)

あー、暑い(´Д`)
暑さ対策の「ひえひえリラックス」吸水性のビーズが詰まっていて、それが水を吸うとひんやりと首回りを冷やしてくれるスカーフみたいなヤツ。
時々水を含ませてやることでひんやり感回復。これは夏の必需品デス。
付けててもあちーわ。


知る人ぞ知る?低カロリー補給地点?
07ごろ1292

おからドーナツ。
07ごろ866_o
この日は規定の袋詰めがなかったので、あるだけもらいこれだけ確保。

豆腐は4等分してもらって、店の前でつつきました。
07ごろ378_o
4つに切ってもらってもこの大きさ。

おからドーナツ美味しい♪
07ごろ1290

ちょうどここら辺まで来ると小腹空くので、おからドーナツ補給はオススメです。
豆腐はお店の方のご厚意で切って頂いているので、訪ねてみたい方はお店の都合をちゃんと確認して下さいねー。


この辺りを通り過ぎると本格的になにもない(民家はあるけど商店はほぼない)エリアになる。

谷合の集落を過ぎて少し上って出てくる最初の絶景ポイント。
07ごろ1303

初めて来た時はここで感動するんだよねー。
何度か来てても「やっぱきれいだな」って思えるし。

この日はダンプの往来がちょっと多めだった
ごろ滝直前にある採石場?にあったタンク車。
07ごろ1305
タンクからあふれる水、その水で涼を取るメンバー多数(笑) とてもキレイな水なのです。
あと少しだからがんばりましょ、暑いけど(´Д`)
07ごろ1306

頑張ったので無事到着。一部、ハスって転けたのはありましたが。
07ごろ1311

ここまでで暑くてバテてるワタシが到着した頃には、すでに河原に下りて遊ぶメンバーの姿。
07ごろ1313
暑くてかなわんから水浴びしたいということらしい

楽しそうですね〜(笑)
07ごろ1317

滑るとアブナイから靴と靴下脱いでね〜♪
07ごろ1318

いい歳したオトナたちが存分に水浴びして一息ついたところ。
07ごろ1322

涼しいのをいいことに、放っておいたら何時間でもここに居そうなので
「そろそろ食事に行こかー」と声をかけてリスタートです。
下りていく途中、親子連れの猿が目の前を横切って行きました・・・山なんだなぁ・・・

廃校レストラン 到着。
この部屋はもともと何に使われていたんだろう?
07ごろ1329

人数多いので今回もお座敷。
07ごろ1330
でも、この日はかなり空いてました。
来るたびに混み具合が違うのでアル。

「なに食べようかな~」
07ごろ1331

ワタクシ、今回初めて“特製蕎麦ランチ”にしてみました。
07ごろ1334
特製にすると、天ぷらと食後のドリンク・甘味が付くのです。
07ごろ1337

蕎麦は十割蕎麦で歯ごたえ抜群。
ワタシはこういう蕎麦が好き~♪
蕎麦の横の白いのは大根を細長く切ったもの、大根おろしの代わりなのかな?

食べてひとしきり話もして、どっこいしょと腰を上げ伏流水へ向かいましょうかねー。
さすがにこの辺りまでくると暑さも和らいでます。
07ごろ1344

わかりにくいですが、葉っぱの間から幾筋も湧き水が勢いよく流れ出ているところ。
07ごろ1340

で、伏流水の湧き水のところへ到着して初めて

若干2名が行方不明


ということに気づく。
おかしい、廃校レストランは皆で一緒に出たはず・・・

あ、いや、あそこでT夫妻は先に帰ると言って引き返したんだった。
まさかそっちへ付いて行ってしまったのか??
それとものんびり上がって来ているのだろうか。
スマホを見ても、そこにいる全員が『圏外』 山の中って突然圏外になるんだよ・・・

10分ほど待っても来そうにないので引き返すことにする。
廃校レストランのところまで行けば電波は入ることだしね。
で、廃校レストランまで来てメッセージチェックしたら

「豆腐屋のところにいます。

引き返します!」


って、それほとんど下り切っちゃってるじゃん(^_^;)
どうせウチらもそこまでまた下りていくんだから、こっちも下りていくって送信したものの、まぁ見てるわけないわね必死で上がって来てるんだったら。

ほぼ一本道でよかったと言えばよかった。
下っている途中、メチャクチャ水の色が濃くてきれいなところを見つけたので止まって写真撮っていたら、
07ごろ1350

迷子2名到着。
曰く、下りより速い速度で駆け上がってきたそーな。
「今日は絶対ゆるゆるですよね」って言っていたその人が鬼曳きで上がってくる羽目になるとはねぇ。

廃校レストランを出る時に「(湧き水まで行って、その後の帰りの途中で)豆腐や寄るよね?」っていうワタシの言葉を耳にしたのがマチガイの元だったらしい。



ということで、若干2名は湧き水での水補給ができなかったため自販機に寄る。
07ごろ1353

止まると暑くてたまんないから、マグロのように動き続ける人も出現。
07ごろ1354

ここまで下りてくると「廃校レストランのあたりはうんと涼しかったんだ」と思う。
しかも、午後になっていつの間にか陽が出てるし!

暑いよあついよー(´Д`)
ここからケーキ屋さんまではワタシが毎回へばる道だよー。
正直、国道418のほうが楽だと思います。
あっちはじんわり、1%くらいの下りになってるんですよ。
絶対こっちの県道の方がシンドイと思うのよ・・・

そしてこの日は「なんかタイヤがグネグネする」感じが気になって仕方なかった。
午前中の往路からそれが気になって、はじめはパンクしたかと思ったんだよね~。
先週時間があった時に、タイヤのローテーションしてるから、填め方が悪かった可能性も思い浮かんだしねぇ。
結局、なんともなかったんだけど一度気になるとイカンね。
もう一つ「やっぱりホイールの回り重いかなー」ってのも気になった。
ラチェットのグリスアップをし直したので、爆音が幾分小さくなってるんだけどその分、今しばらくは回転が重いかも。
余りに気になるようなら再度グリスアップし直さないとなー(´Д`)

ヘロヘロになりながらケーキ屋「ヒコハヤシ」に無事到着。
ああ、かき氷食べたい・・・ 無理かw

ショーケースの中を見てかなり迷った結果、
07ごろ1355
今年初の桃まるごと!

真ん中には甘味を抑えたカスタードが詰まってます♪
07ごろ1358
桃自体の甘味もしっかりあったし、食べ応えある大きさだったしで大満足。
アイスコーヒーが既製品であってもこの際気にしません(笑)
いやー、ホント美味しかった・・・
もう少し元気だったら、普通のケーキも足せたかもしれないなぁ。

こうして今日も無事に甘いものを補給して終了できたのでした。
高速乗る前に、定番「マーゴの湯」へ寄って汗を流して牛乳飲んでから帰って来ました。

やはりけっこう疲れていたので、ビールを少し分けてもらって
07ごろ1359
唐揚げ半分とポテトをつまんで本日終了となりました~/(^o^)\

まぁ、このところ体調キレッキレじゃないし、なにより湿度が高いのが一番苦手なので、もうしばらくは無理せずやり過ごすしかないかなぁとあらためて思った1日でありました。
今回ご一緒いただいた皆様、お疲れさまでした~\(^_^)/

走ったコースは以前の記事とほぼ同じなので省略。


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村



最新記事