FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日毎日暑いですね、って言葉が薄っぺらく感じるくらい毎日

酷暑


冗談のかけらもなく「殺人的暑さ」が続く中部地方です。
こんな日々に屋外で運動するなんて無謀もいいところ。
そう思っているワタシはしっかりインドア派。
アウトドアといえば、ベランダで植木鉢と戯れるときだけです(笑)。

前回の記事のあと、ネットショップで新苗をゲットしました。
送料含めて¥1380。
ユトマチ_8221

一晩そーっと保管して、翌日きちんと鉢に植え付け。5月25日。
ユトマチ_8228
ひょろ〜っとした感じ、大丈夫かしら・・・

その後は、たこみちゃんと戯れる友人達と
ユトマチ_8259

タコ食べて宴会したり、
ユトマチ_8301


ユトマチ_8324

マチルダさんが褐斑病じゃないかと焦ったり、
ユトマチ_8340

来るべき害虫対策グッズを準備したり、
ユトマチ_8354

「げっ!黒星病??」と疑ったり(たぶん違った、か押さえ込めたか)
ユトマチ_8356
(6月3日)

で、ニームオイルを手に入れてみたり、
ユトマチ_8387


イタリアンギョーザ(違)が美味しかったり、
ユトマチ_8392
(ここのピザ、美味しかった!)

「葉の色がヘン!」とびっくりしたり、
ユトマチ_8416

ユトリロに二番花がついたけど(6月中旬)
ユトマチ_8443
蕾が硬そうで開かないんじゃないかとヒヤヒヤしたが、

なんとか開花。でも春よりうんと小さい。
ユトマチ_8502


で、この頃マチルダの成長具合に疑問を感じたので、
植え替えを決意。
ユトマチ_8463
8号鉢へサイズアップ。
植え替えが吉と出て、その後の成長はとても順調。

購入時点で一番太かった枝からシュートが2本出てきた。
ユトマチ_8516
(6月21日)


5日後(6月26日)
ユトマチ_8558

6月28日、
ユトマチ_8566
この頃までは、ほぼ同時に伸び始めたシュート(枝)に差は殆どなかった。

7月1日、差が明確になってきた。
何かと言うと「トゲの大きさ」。
ユトマチ_8580
シュートの長さに大きな違いはなくとも、トゲの大きさとシュートそのものの太さが違うのだ。

この頃、ユトリロの方も鉢を大きくすることを決意し植え替えた。
思い切って12号鉢にし、某有名バラ園監修の土を使ってみたら水はけ具合が全然違ってて、一瞬焦った。
ユトマチ_8581
が、よーく見ていると、数時間かけて植木鉢の下から水が出てきていて「ああ、こういう性質の土なんだな」と納得。
これはこれで良かったような気がする。


その間にも、ベニヤ号がオーバーホールから戻ってきたり、
ユトマチ_8584
今年はオーバーホールする予定でいたので梅雨時に完了できて一安心。

女子会あったり、
ユトマチ_8611

豊橋出張の土産が「天伯すいか」だったり、
ユトマチ_8628
これ、メッチャクチャ美味しいです!!
西三河・名古屋で見かけたらぜひご賞味ください。


久しぶりに塊肉だったり、
ユトマチ_8649
やっぱ肉いいわ〜♪お肉大好き牛肉バンザイ\(^o^)/

マルチングしたんでちょっと気を許したスキに
ハダニにそこそこ攻め込まれていたり、
ユトマチ_8658

と、一喜一憂しながら毎日朝晩、ベランダのバラの鉢2つのお世話を続けております。
暑くなってきてからは、マチルダのほうがトラブル少なく順調に成長してる感じです。
ユトリロは意外なことにニームオイルとの相性が良くないみたいで、注意を払って散布しても若い葉が縮れる現象が2回発生。
ユトリロの若葉にニームオイルは厳禁と判断しました。

その後もマチルダのベーサルシュートは順調に成長し、
親シュートの太さを凌駕したサガン(ペーター)と、親シュートと同等になったユライ。
ユトマチ_8697
さらにサガンの根本両側には発芽の兆しがほんのり見えてます。
7月19日現在。

てっぺんの方を見ても・・・
右の方にあるのが親シュート、近日中に追い越しそうな勢い。
まさに『鳶が鷹を生む』。
ユトマチ_8701
7月21日現在。

残念ながらユトリロの方はベーサルが出なかったんですが、「ベーサルシュートは特別」という言葉をマチルダの方で実感できていい経験でありました。

もう一つ、地味〜に続いてて最近やっと動きが出てきた「マチルダの挿し穂」。
ユトマチ_8704
この一本だけ、葉が枯れずやっと芽が動き出したのでバラ専用土へ植え替え。
この先どこまでどうなるのか?実験として見ていく予定です。

次の目標は夏剪定を無事に済ますこと。
秋の花がうまく咲くといいんだけどなー。
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。