『第3回日間賀島ふぐツアー』
16807709.jpg

一泊二日で河豚食べちゃおうぜの旅、第3回!!(≧▽≦)
毎年コレが楽しみで仕方ありません


なのにだ。


相方の足に痛風の予兆が。
発作が出る前のザワザワ感が出てきたらしい。
不思議なことに痛風発作って「どこかへお出かけするぞ」という時に出る。
相方初めての発作の時は“富士学校へ行こうと移動中の東名高速”だった。

そろそろ本当に医者に行け(・ω・)

「大丈夫だ」というので、荷物の中に冷えピタを入れさせて出発。
発作で足指の付け根が腫れた時に冷やすため
「ま、(漁師さんの宿だから)氷は事欠かないよね」
とお気楽なことをワタシは言ってました。


今回はランチからの集合で、半田にあるこちらへ。
16830950.jpg

16864221.jpg

自転車仲間み~さんお気に入りの「円芯」。
一度は来たいと思っていたので念願叶った。車でだけど(・ω・)

16807180.jpg

選べる“天ぷらorフライ”は全員フライで。
16807754.jpg

イワシを刺身で食べたのどれくらいぶりだろ?旨い!
つみれ汁も、汁の味が吸い物よりは濃いめになってて、すごく良かった。
16864981.jpg

それと「イワシ味噌」が好評でした~。
ご飯を少なめにしてもらったので見事完食。あ、野菜はちょっと残した・・・

続いて、お太れ部隊三河支部のカリンさんお勧め和菓子屋さんへ。
歩いて数分の所にある、これは寄らずにいられまい(・ω・)
16830827.jpg

イートインはできないので、宿に着いてから食べるお茶菓子を買います。
わが家は生菓子ふたつと、おまんじゅうを四つ。
16832273.jpg

ここからまた各々の車で師崎港まで移動、ちょっとしたドライブ感覚が楽しい。
旅してる気分になる♪

16649211.jpg
途中のコンビニで『今夜対策』を仕入れる

師崎港からは高速フェリーで本土離脱\(^0^)/
16864132.jpg

16865030.jpg

たまに船に乗るとなんだかワクワクするよね~。
16864970.jpg



日間賀島西港から宿までは徒歩、面白半分で家と家の間の細い道をグーグルマップ頼りにウロウロする。
地元民はここを原付で通過するらしい。

到着。
お世話になるのは常宿化しつつある『あじ浜』さん。
今回は別館の2階を占領するという好条件(ノ^0^)ノ
部屋割り後は宴会スペースに集まってお茶菓子とお茶とせんべいで準備運動だぜ。
16683806.jpg

この生菓子、めっちゃ美味しかった~。
次回立ち寄ったら味噌松風買う!

16時過ぎると風呂タイム。
男子チームのほうが長風呂であった・・・
痛風はホントは温めちゃいけないんだぞーとか思ったけど、本人が痛くないならまぁいっか(・ω・)

そして18時! トレーニング開始ぞ!(^ω^)v

16830758.jpg


ふぐ皮のサラダとてっさ。
16649069.jpg
もずく酢もなにげに美味しいんだよねぇ。

ひれ酒もあるんだけど、ワタシはあまり拘りないので梅酒サワーに変更。
最初はビールでとりあえず
かんぱーい!
16864820.jpg

16864168.jpg


てっちりは好きな時に開始できる。のでしばらく放っておく(・ω・)
16832314.jpg

追加のタコ来た~~~~。
16830656.jpg
でっかい(笑)
あまりの見事さに写真を撮るオジサンオバサン。
バイトの女子高生さんから「写真撮ってもらってから、一旦調理場で食べやすく切って持ってきますね」って説明されてしまいました(笑)
去年はハサミ使って切りました、男性陣が。
それはそれで面白いんだけどね


で、食べやすく切ってもらったタコ
&タコの唐揚げ。
うまーい♪
16807320.jpg

タコを前に満面の笑み以上の笑顔のPさん。
モザイクかけるのが惜しいほどの笑顔なんですごく残念(笑)
16830723.jpg


さて料理のほうはこの後、焼きふぐが出て
16649115.jpg

白子焼きが出て、
16807463.jpg

唐揚げが出て、
16807610.jpg

てっちり作って、
シメの雑炊(調理場で作ってもらう)が出て、
16831832.jpg


ああ満足。
飲んで喋って喋って食べて飲んで喋って食べて飲んで。
2階を貸し切りにしてもらったこともあって、宴会部屋でゆっくりできたのが良かった。
宴会部屋で解散して、胃薬飲んで就寝。


草木も眠るウシミツドキ かなり風が強い模様

頭痛を感じて目が覚める・・・二日酔いか~?心当たりはある、ワタシにしては飲んだ方だ
それとも酔いを契機に偏頭痛出てきたか~? 判別つかず(-ω-)

朝8時半、宿の朝食であーる(・ω・)

16865144.jpg
なんか「正しい日本の朝ご飯」って感じ・・・納豆がないけど。
そいや昨夜は納豆の話でも盛り上がったなー。ワタシは子供の頃は食べられなかったけど、出来のいい納豆を食べてからは食べられるようになりました。

たこ飯が付いているが白いご飯もある。
あと、昨夜食べきれなかったタコ・タコ唐もある。
みそ汁に入っていた生わかめが美味しかった・・・

朝風呂も入ったし(朝食前にコッソリ)、朝ご飯も食べたし。
あとはちょいと荒れ気味の海を渡って戻るだけ。

16864053.jpg

さらば日間賀島!
次に来るのは5月の後半だよ~ ←日間賀島のエンデューロの予定


さて、と。
今冬の増量分を落とすことに専念しよかな・・・(-ω-)

寒い日が続きますねぇ・・・


今冬なにをやっていたかの覚え書き。

きっかけは忘れたけど、
アクリル毛糸の編み物に熱中。


s毛糸3243
百均で思ったものが見つからなかったのでネットで買ってみた。
一玉が小さくてびっくり。安かったからなぁ。

s毛糸3265
いくつか試行錯誤の後、丸モチーフを編み始める。
個数をこなすうちに上手になっていくのがわかった(笑)。


s毛糸3276
で、買った一袋を全部丸モチーフに使った。
さてこれ、この先どうしようかー?


s毛糸3277
近所の百均では間に合わないので、スーパーにあるダイソーでさらに買い足し。


s毛糸3280
そして編み針も。
セットになっててお安いものをネットで購入。
単に竹を削っただけなので滑りが悪い、なにか油を塗ってみるかな。



昨年に続き、国産無農薬レモンを頂戴しました!

sレモン3240
買いたくてもなかなか買えないし時期も限定されているので、これは黄色いダイヤ〜\(^O^)/
とはいえこんなにも、新鮮なうちに消費できる自信がないので、新鮮なうちに少し友人へ。


sレモン3254
レモンをいただくきっかけになった「パセリ」。
なので早速パセリいただきま〜〜す!
(パセリにレモンの絞り汁とオリーブオイルをかけるだけで立派なサラダになるという話を仕入れ、試してみたら本当にパセリをもりもり食べられる。ワタシはオイルがなくてもいいや)
私的に一番合うのは唐揚げだと思ってます(^_^)



sレモン3253
戸棚から見つけたハチミツ。
これを「レモンシロップ」作りに使おう。


sレモン3256
こんな感じ、一番上にハチミツを乗せてある。

sレモン3293
1週間ほどのスパンで3つ作った。
右のビンは、残りわずかになったマヌカハニーにレモンと氷砂糖を入れて作ったもの。
ハチミツを余すことなく使えて我ながらナイスアイデア。


毎朝お湯で割って飲んでます



近所に出来た飲食店に行ってみた。

洋食だというのでどんな感じかと思ったら、

s洋食屋3258
ビールがジョッキで出てくるのはわかるけど、ハイボールもジョッキ???
居酒屋じゃあるまいしー・・・


s洋食屋3260
酒のアテとして、オニオンリングフライ。
味は良かった。あとは色合いだけ、それこそパセリの一房でもあれば。

s洋食屋3259
海老のアヒージョ。
価格からこの作りはわからんでもない、が、味はもうひとつって評価。
ニンニクがほとんど無いし、コクも足りない。
アヒージョはアンチョビがほんのちょっとでも入っていれば美味しいんだけどなぁ。


s洋食屋3263
シメはパスタとオムライス。
このオムライスは美味しかった。
なにより米の炊き具合がいい、硬めでパラッとしてて。

全体的に「中途半端だねぇ」というのが今のところの評価。
味は悪くないのに、全体的に見るとあちこちアンバランスでコンセプトが曖昧。
このままだったら長続きしないねぇ、と言いつつ帰宅。


胡蝶蘭、元気にしてます。

s蘭3285
冬は水道水が冷たいので、水が温むまでくみ置き。
でも外は気温が低いから室内の日の当たるところへ置いて。


s蘭3287
一番上の葉の合間から新しい葉が出てくる気配はまだ無い。
蘭も冬眠中なのかなぁ。


s蘭3289
少し変化が見えるのはこの「根の赤ちゃん」だけ。
ほとんど成長してないけど。


s蘭3290
水苔は心底カラッカラ。
今日は3週間ぶりくらいの水遣りです。


追加情報
s蘭3296
胡蝶蘭は上へ成長していくので、下の葉から順に用済みになっていく。
(厚めの葉には栄養分が貯められているので、それを使い切ったら枯れて落ちるんだそうな)


s蘭3298
一番下の葉が少し黄色くなってきたところ。
葉の先から黄色っぽくなっていき、いずれ全体的に黄色くなり、厚みもなくなる。
黄色くなってしおれはじめたあたりで軽く引っぱるとポロリと取れる。
軽く引っぱっても取れないうちはまだ頑張っているのでそっとしておく。
蘭の葉は「5〜6枚」ついているのがいいんだそうな。

結局この冬の間には花芽がつかなかった。
春になってどれくらい変化があるか・・・ もしかしたら来年まで花はつかないかもしれないなぁ。
ちょっと残念。



猫元気。
ハナねーちゃんが去り、コタにーちゃんも去った後、ソバ太はお腹が・・・
というかウンチがゆるい状態、下痢というほどではないけどいい状態でもない状況が続いてた。
そこで自己責任でフードを変更。
数種類試して、やっと最近「これならOKかな」というものに当たった。
ウンチもしっかりした状態に戻った。
やっぱり歳をとってくると、若いときから食べていたものでも合わなくなってくるのねぇ。
ウンチがしっかりしたことで「ネコ戦車」も無くなって、床掃除の頻度も下がって人間は一安心。
※しかしながら、ネコの様子が気になる時は医者に連れて行くのが基本。



さて、いつになったら暖かくなるのかなー。


28日(土)夜

さーて、明日は愛知牧場行き。

相方所有のレンズ(高倍率ズーム)を借りるついでにちょっとお手入れ。
愛牧3201
借りるのは18ー270のタムロン。これだと1本でポートレートからコース内までほぼカバーできる。
ワタシの70ー300はお気に入りなんだけど近い所を撮るためにレンズを交換しなけりゃならないのが手間。
初の高倍率レンズはどんな感じかな。




日曜の朝。
愛知牧場の奥まで行くのは初めて。
愛牧3205
牛さん。のんびり座っていた。

車道ならぬ馬道、なのね。
愛牧3204

着いたときにはすでに最初のレース(カテゴリ)が始まっていた。
友人を捜しつつ、撮影ポイントも探しつつあっち行ったりこっち来たり。
愛牧3699
そして試し撮りの繰り返し。
1年以上まともにカメラを触っていなかったので、写すときの設定をキレイさっぱり忘れている。
別にオートやプログラムにしてカメラに任せっきりでもいいんだけど(そのほうがキレイだったりするし)、せっかくだから少しは考えて意図してるような映り具合にしたい。
こないだ相方に「どういう風だったっけ」と聞いておいたので、それを思い出しながらF値やシャッタースピードを変えては映り具合をチェック。
次のレースが始まる頃やっと設定の目途がたった、よかったー間に合って。


厩舎の横を通った。馬は敏感だから静かに。
愛牧3685
シクロレースってカウベル鳴らしたりスティックバルーン叩いたり、応援がうるさい。
それで馬は平気なのかと実は心配していた。
コースと厩舎の距離は少し開いているので大丈夫なのかな。


見学者でもこういう坂を上り下りさせられる、キビシイ会場だ・・・
愛牧3684
ウロウロして自分なりの撮影ポイントを見つけ、


友人の出るカテゴリが招集開始時間となったのでスタート地点へ向かう。
どこにいるかな?

愛牧3708
いたいた♪
いつものジャージじゃないからわかりにくい。

「しなのちゃんジャージ」だそうで、(雪で中止になった)前回にお披露目するつもりだったとか。

今回は同じ時間にスタートするK氏も。
愛牧3720

スタートグリッドについたところでこちらのカメラに気づいたので、
しなのちゃんを見せろと合図。
愛牧3719
完璧 痛ジャー(^_^;)

スタートしました!
愛牧3736
と、ここまでは良かった。

この後ろ姿を見送った後、次に見たときは
愛牧3743

こうなってた(´・_・`)
愛牧3758
笑ってたけどけっこう痛そうだったとか。

背中の「しなのちゃん」も泣いてますぜ?1周目でリタイヤなんて。
愛牧3759
スタートを確認した後、さっさと撮影ポイントに移動してしまったワタシ。
そして待てど暮らせどD氏来ない・・・K氏が二度通過したのに見あたらない。
これは「あ、きっとアレだな」と思い受付ブースのあたりへ戻って来たら↑やっぱり「アレ」状態(´・_・`)



よぅし、気を取りなおして次、つぎっ。

T氏の出るカテゴリー招集中。
愛牧3764

このカテにはもう一人知り合いが出る。
愛牧3769

スタート!
愛牧3787

この坂、斜度も結構あると思うし、短いように思うけどラインは1本しかなくて難しいんだそうだ。
愛牧3856
だから皆、1列になって登っていくんだね。


そしてここは、坂を登り切った所で多分一番キツい箇所。
駆け上がれない参加者もチラホラいた。
愛牧3852

そしてこの会場の目玉はこれでしょう!\(^O^)/
愛牧3833
ここもちゃんとしたコースです。
この階段を上がりきったところには十字架がある。
天国への階段というか墓標というか。
シチュエーションこれ以上ないってくらい絶妙(笑)
でもここへたどり着けなかった者もいるのだ・・・

当初の狙いとして「ここを撮るのは、3周ほどしてへばってきた顔をカメラに納めるのがよかろう」だった。
だから別のポイントで来るのを待ち構えて・・・→「来ねーよ・・・」↑だったのだ(。-_-。)


こちらのカテの二人は無事にゴールして終了。
あとは三々五々、用を済ませたり食事したりして解散。
ワタシはD氏たちとC1カテゴリーのレースを少しだけ見てから帰った。
いやぁC1のレースは毎周緊迫感があって見応えあるわ〜♪

かえりがけ、ふと思い立ち引き返して「カウベル」購入。
応援グッズ、少しずつ充実中(笑)。
愛牧3229


D氏も言っていたが、愛知牧場が東海シクロ会場として毎年組み込まれるといいなーと思う。
なにせ近い。
平田や祖父江川はやはり遠いもんね、1時間以上かかる。
それと、コースのバリエーションは多い方がイイという気がするし。
なにより「牧場の一角」という長閑さがGOOD!!

次は今シーズンの最終戦、ワイルドネイチャープラザ(祖父江町)で2月26日(日)。


今日は待ちに待った「イチゴ狩り」の日〜(ノ^^)ノ
昨年を上回るくらい食べてやるぜ〜!

昨年は新舞子から自転車で走って行ったけど、今年は降雪予報が出ていたので車で。
実際は当日は良い天気でしたけどね(^_^;)
参加者の一部は自転車で辿り着いてました。

今年のイチゴ狩りは『市野園芸』さん。
インターの出口から近くて助かった・・・有料道の交通量が想像以上に多くて焦った(^_^;)

ハウスの中はメチャ温かい!
入った瞬間、メガネが曇った(笑)
いちご144

パックの配布、これにヘタを入れるわけ。
ワタシは練乳を使わないのでパックだけ受け取った。
いちご147
さぁ、食べるぞ〜\(^O^)/

美味しいイチゴを見つけるには姿勢を低く!
いちご151

大きいのみ〜っけ♪
いちご154
大粒イチゴは、延びた蔓の根本に近いほうになっている。
根本に近いので、大きくても味が濃くて甘くて美味しい。
立った姿勢で見やすいところにあるイチゴは比較的小粒。


またまた大きいのみーっけ\(^O^)/
いちご155

今日一番の大粒イチゴ♪
いちご156
大きいけどメッチャ美味しかった!

ちなみにこれが平均的な大きさ。
いちご158

制限時間は60分。
約半分の30分ほど経ったので中間計測してみる。
いちご167

55個? 去年より調子いいじゃん?(・ω・)
ちょっと休憩してから追い込めば(?)60個越えは楽勝ね♪

ハウス内にミツバチの巣箱。
いちご171
「ミツバチが飛んでいるな」と思っていたけど巣箱が置いてあったのかぁ。
このハチミツはきっとイチゴの香りがするんだろうな( ^ω^ )
ってな話をして表側を見たら、

働き者の蜂さんたちが打ち合わせ中でした。
いちご174

残り30分弱で少し追い込んで、最終集計~(=゚ω゚)ノ
いちご176
70個で昨年を上回った!

車で来ているのでもちろんお土産も購入。
赤い宝石はつやつや。
いちご181

え?家に帰ってからもまだ食べるのかって?



もちろんですとも( ̄ー ̄)


ところでみなさん、温室の中では日焼け止めが必要です。
お忘れなく・・・
日焼けしてお肌パリパリ・・・(+_+)








正月早々の風邪で出鼻をくじかれた形になったので、
精を付けるべきよねと鰻を食べて、
s0121074.jpg

おかげさまで風邪はみるみるほぼ回復。
そしたら「寒波がやってくる」だとか「雪が降った」だとか、
あげくに寒いとかの外的要因でまたくじかれる(ワタシ軟弱者なので)。
そいや例年この時期は一番寒いよね、センター試験ある時期だし・・・



結局は2年の更新時期を迎えたタイミングでiPhone7に切り替えることを決意するとか、
s0121099.jpg
指紋の目立つ色を選んだので、早々にケースと・・・画面を保護するシートも購入。
これでやっと“ジップロック(袋)にiPhone入れて背中のポケットに入れる”なんて手間をかけなくて済むようになるんだと喜ぶものの、自転車乗ってないので全然試せないや〜という。


Zwiftインストールしてやってみたりとか、
s0121080.jpg
やっとMacでも使えるようになったので。
幸いにもパワーメーターあったしANT+受信機も持ってたし、ですんなりスタート。
で、今までどんだけてきとーにローラー回してたんだかってことにすぐに気づかされることになった・・・


名古屋にも雪が降って積もって、という日に新年会行ってみたりとか、
s0121114.jpg

s0121107.jpg
新年会は「ニクバルダカラ」、一度行ってみたかった店なのよねー。
肉料理主体の洋風居酒屋的な立ち位置といいますか、仕事帰りに気軽に寄れる感じだね。


胡蝶蘭の世話してみたりとか、
s0121119.jpg
水道の水が冷たいので、くみ置きして日光に当てて温めてから使用する。
我が家の蘭たち3株とも今のところ元気です。


そんなこんなで自転車に乗らない週末を継続し、ただいま冬眠中






最新記事