金曜夜。
グーグルマップとにらめっこ。
「うーん、このへんかな」。
「たぶんこれだよな」。

グーグルマップで特定できても、車のナビでここを目的地にセットできるかどうかはまた別なのでスマホで写真を撮る。
直近詳細。
松平やな6524

もう少し引いて地図のショットも持っておこう。
松平やな6525
248を南の方からで入らないといけないって指示だから、そのとおりにナビが案内してくれるかな?

くれませんでしたので自力でナビを確認しながらなんとか駐車場にたどり着きました。
最近のナビは優秀だな(๑╹ω╹๑ )。

おや?木陰でスマホをいじってるあの人はあの人ではあるまいか?
(おおあたり〜

河川敷をスタートして、ワタシにはてんでチンプンカンプンのコースを走っていく。
「へぇ、こんなところを潜るんだ」、こういうルートは地図で見ててはわからない。
基本、矢作川に沿って北上し、巴川に乗り換える。
巴川沿いになるとこのワタシでもなんとなく見当がつく。
ひょっとして目的地はもうすぐではないだろうか。

やはり目前のようだ・・・
先頭が「ちょっと寄り道しましょう」と向きを変えた。
え?いいのか?距離伸ばして。
ここらですぐに寄れるといったら、ここしかないわなぁ。

「王滝渓谷」
松平やな6532
今日はちょっと暑い。
足助街道からちょろっと入るだけでこんな場所があるなんていいよね。
あー涼しい。

さて、開店時間になったから店に向かましょうか。
で、すぐに巴川を渡る・・・あれ?こっちって少し坂があるよね?
坂って言えないくらいの凸凹だけどさー、大丈夫なのか?

背後からこっそりと様子をうかがっている限りでは痛そうには見えないけど、運動してる時って痛みは吹っ飛ぶからなぁ。
信用ならん・・・

謎の「松平やな」到着。
松平やな6535
なぜ「謎」かというとワタシの周りでここに入ったことあるって言う人が一人もいないから。
ここらを根城にしているよく走っているカリンさんですら「ここは謎」って言ってたし(๑╹ω╹๑ )

この看板のところから前(駐車場らしきスペース)を見るとこう。
松平やな6534
奥に見える門扉?みたいなもの、傾いているよね・・・

で、駐車スペース(らしき場所)から振り返ると、こう。
松平やな6536

どうやらこのスペースからは下りられないようなので、脇にある私道を下りていく。
適当に邪魔にならなさそうな場所?に自転車を結わえて、
松平やな6538

暖簾がかかってるからこっちかな? で入っていく・・・
松平やな6539

中はさらに「?」な世界が広がっていたよ。
松平やな6542

さっき向いた方向の反対側。
松平やな6543
開店すぐで自分たちしか居ないから、この独特な世界の雰囲気を薄めてくれるものがない・・・

ワタシは鮎の塩焼きと山菜おろしそば。
松平やな6545
山菜おろしそばはすごく普通に美味しい。
大根おろしの辛さがアクセントになってて良かった。

今年は二度目くらいかな?鮎の塩焼き。
松平やな6547
養殖鮎だそうだけど値段からしてもこれで十分美味しい。

あとの二人は
 ・鮎の刺身と鮎ご飯
 ・山菜おろしそばと五平餅←鮎入ってないじゃん?
鮎ご飯の香りがすごく良かった。
鮎雑炊は知ってるけど鮎ご飯は初耳、どこかで食べてみよう。

食事の前後、いや走ってる最中も脚以外はすこぶる元気らしいのはワカリマシタ(๑╹ω╹๑ )。
その元気を一時的に特定の箇所へ集めることができるといいのにね。

人間の体ってうまく出来ていて、具合悪い所は巧妙に周囲が補ってくれるので「具合悪くてもなんとか動ける・使える」んだな。
でも当然補う役目を請け負ってる部分は本業じゃないことをしているのでじわじわとオーバーワークになってある日突然悲鳴を上げる、機械でもそんな風だよね故障って。
機械みたいに故障部分は部品取り替えてオシマイ、って出来たらいいなぁと思うこともあるけど、取り替えた部品以外は経年劣化があるはずだから周囲とうまくなじませるのに試運転期間必要になりそうで、それもまた面倒くさいかもだ。
となるとやっぱり同じ劣化程度の部品を直せるだけ直して、それぞれの本業をさせて使うようにプログラム(脳みそ)を書き換えたほうが不都合少なそうな気がする。
問題はプログラムの古さと書換回数の多さで複雑になってることか?書き換え途中でハングアップしたら怖いなー。
ってことで、チョット動かしてみたらイケそうだからって本稼働させると、直した古部品が再度イカれるor頑張ってる周囲部品に無理が出てイカれることになるのがよくあるオチなので、半世紀近く稼働を続けている誰もが気をつけましょうねってことですね。



帰路の途中で、一人離脱。
午後は家族サービスなんだそうな。
残る二人はゴール直前でコンビニ休憩、 暑いっす
松平やな6549
ワタシ、滅多にアイス食べない(ライド中にはお腹を冷やさないよう注意してる)んだけど今日は暑い、思ったより暑い。
少し前に秋らしい気候になったので余計にそう感じるのかもだけど暑い。
宇治抹茶アイスが美味しい。
もう一人はガリガリ君が定番なんだそーな。

アイスも食べ、鮎も食べたので今日はこれで解散\(^o^)/
松平やな6550
お疲れさまでした〜。
40キロに満たない距離でも満足度高いライドでした。
これくらいの強度なら毎週でもいいよ〜(笑)
・・・と見送ってワタシも帰りましたとさ。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

Rapha wome's100ライドを走ったのは夏の入り口のことでした。

もちろん
打ち上げやろうぜ〜!
てな話も出ますが、オトナはイロイロ忙しい。
全員の都合がつく9月のはじめ開催となりました。
わーい、打ち上げ!\(^o^)/


ライドは日曜日の話で、その前に打ち上げ!\(^o^)/
ってことで土曜の夜は西三河で飲み会だぜ〜。
かんぱーい!
100打ち上げ6473
地元密着居酒屋で飲む飲む食う食う笑う笑う。

セノキンさんからサプライズも飛び出して、
 ↓
100打ち上げ6478
7・23のスタート前の写真をこういうアレンジで女性全員に用意してくれました。
この発想はなかったなぁ・・・すごいわー。
ありがとうございますヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ うちのどこへ飾ろうかな。

宴会ではいろんなこぼれ話が飛び出してそりゃぁ面白うございました。
でもね、あの道は教えられませんw諦めて下さい(๑╹ω╹๑ )

で、明日は同じメンバーでプチライドなので、程々のところで解散。
ワタシはこのまま近くのビジホにて一泊です。
送り迎え助かりました、ありがとーカリポンご夫妻(*^^*)


ここがさ、初めて見るキーレスシステムだったんだわ(๑╹ω╹๑ )
部屋のドアノブの所にテンキーがあって、それに暗証番号を入力するの。
100打ち上げ6465
ほほー、これだと「二人で鍵一個」という不便さは関係なくなるねぇ。
でも、この紙を速攻で失くしそうだし6桁だと忘れそう(覚えられない)ような気がする・・・
のでチェックイン後すぐにスマホで写真撮りました。正解。
仕事のメモ類も写真に撮っておくと出かけた先で確認できるので超便利。

もう一つ良かったのがこれ。
100打ち上げ6466
枕元に集約されている、これウレシイ。
ベッドから遠くて不便なのがコンセント口だと思いません?
スマホは身近に置いて寝たいけど充電もしたいのに、って。
相方は荷物に延長コードと3口タップ入れてるくらい。
なのでこれはいいアイデアですよねー。ああ楽ちん♪

汗を流したら寝る前に、明日の正装一式と持ち物をベッドの上に並べて再確認。
よし、今日はアームカバー忘れてない!(爆)
翌朝使うもの以外はカバンに詰めて、おやすみなさーい。
 ↑
この手順にしてから朝に慌てることがなくなりました〜


翌朝は10時スタートってこともあり比較的のんびり。
トランポ地は「道の駅藤川宿」。
朝からえらく混んでる道の駅だなと思ったら、朝市の野菜が人気なようです。
野菜は帰りに買っていくか。

100打ち上げ6485

企画当初は「岡崎〜みんカフェライド」案だったのですが、残念ながらみんカフェ臨時休業ということで目的地を豊川稲荷へ変更。
まだみんカフェに行ったことがないので残念でした〜、また今度。
次回に期待しよう。


今日のルート企画はシゲさん。
旧東海道らしき道から田園風景の中を走って豊川方面に向かっているらしい。
東名高速に並走するようになるとアップダウンがあってメリハリが出る。
できるだけ車の多くない道を選んであるんだなーと思う。
今日も主役は女性なので速度もゆっくり目〜(というか昨夜の酒が残っていたかもだ)

途中休憩@コンビニ。
100打ち上げ6488
この後姿、だれだかわかりますかぁぁ?

そして豊川の、ランチはここ。
『ハイブリック』
100打ち上げ6489
この外観からするに、夜はパブ(今風のバルとかじゃなくて)だろうな。
その時間帯に来てみたいようなお店だ〜。

ランチタイムはハンバーガーの店です。
なんかこの頃ハンバーガづいてる。
ドリンクはこんな瓶で(≧∇≦)おもしろーい。
100打ち上げ6493

アボカドバーガー(あっさりしてるって書いてあったから)
100打ち上げ6495
でも、うーん、あっさり・・・ うーん、ビミョ。
他のソースよりはあっさりしてるのかなー的な(๑╹ω╹๑ )

正午過ぎからじわじわと来客が増え、ほぼ満席になってましたいつの間にか。
地元で愛される人気店ってことなんですね。


お腹膨れたから豊川稲荷へ参拝に行きますえー。
100打ち上げ6505

普通の日曜だと結構静かなんだ・・・人、少ない。
100打ち上げ6507

稲荷社って密教系なのか。
100打ち上げ6512
それに、鳥居があるけど境内の配置はまるで寺院だよね。
なんだろうこの混沌。

順路の紙を渡されたのでそれに従って奥へ進むと、狐塚ってのがあって、そこにはキツネさんがいーっぱい!
普通、こういう珍しい風景なら写真を撮るのですが、なんかちょっと憚られるものを感じてスマホを出すのは止めました。
「えー、なにそれ?」って思う方はぜひ現地を訪れてご自身で確認を。


木陰でやや暗い狐塚から、晩夏の太陽が燦々と降り注ぐ門前まで戻って来ました。
ここでは「おきつねバーガー」を食べるんだそうです。

その前にやることやらなイカンでしょ、って

100打ち上げ6501
記念撮影するサポート部隊。
すかさずCMソングがどこからともなく出たのも世代ですなぁ。

おっ、こんなタイプのもあるんだー。
100打ち上げ6516
オクサマの撮影に余念がないシゲさん。
仲が良くて善哉善哉。



「おきつねバーガー」その他の買い出しを他の方にお願いして、ワタシは目をつけていた土産物屋に直行。

値段もほどよく、予算内だったので即決で購入しました。

100打ち上げ6519
狐のお面 やや小さめ。
昼食前にこの店の前を通った時「これだー!」とひらめいてしまった。
キツネさんが降りてきたのねきっと(๑╹ω╹๑ )

ここに取り付けるのに苦労していたら代わりにシゲさんが結わえ付けてくれました。
ありがとうー、これで帰れるー(笑)
このサイズなので背中のポケットには入らないし、入っても入れたら汗でグチャグチャになりそうだし(紙粘土細工っぽい)で、ここに取り付ける以外の策はなかったのであります。


帰りは多少の向かい風ではありましたが、風よけはそれなりに居るので難なく藤川宿に戻ってまいりました。
「お野菜買う」と言いつつ実は甘味補給の約3名。
100打ち上げ6520
単なる偶然だと思いますが、raphaライドのときもこの3名はファミマで甘味補給してました。
(1行目のリンク先参照)

そろそろ食欲の秋ですな。


この日からガーミンのセンサーが変わりました\(^o^)/
やっとこのタイプになったー、うれしいー!
100打ち上げ6486
Edge810J付属のセンサーはチェーンステーに取り付けるやつで目立つし洗うのに邪魔なんですが、これはご覧の通りのスマートさ。
ケイデンスはパワーメーターが拾ってくれるので問題ありません(ワタシの場合)。
この日のデータ、ちゃんと取れていました問題なし!


先週今週と、ルートが比較的容易(ワタシの脚で余裕が持てるという意味)だったので、皆と一緒に走りつつも時々飛び出したり、後ろの方でじっとしてみたりしてました。
去年はたしか「100w固定」とか言って、周囲がどうあろうとも自分のペースを守る、周囲に惑わされない、と決めて走ってたんだ。
それはそれで正しかったと思うし、パワーメーターの意義も実感できて「豚真珠」にならなくてよかったなと思う。
ただ、毎度同じ走り方だけしてると、それしかできなくなっちゃうんだなってのもわかった。
100w固定だと短い急坂などではあっという間に失速して離れちゃうので、そーゆー時はクランク数回転はグッグッと踏んで勢い付けるとか、坂に入りながらギアチェンジするとかをやれるときにやっておかないと。
それにたまの紅一点の日に、牽引者の速度が急に上がった時に対応する(し続けるのは無理)モリ漕ぎ方もたまにはやらないと忘れる。
人の抜き方や抜かれ方もやはりやっておかないといざという時使えないし。
今年の後半はそんなことを考えながら過ごしてました。
そんなわけで時々ドーンと飛び出したりすることの言い訳でした(笑)。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

夏もそろそろ終わりだなー(๑╹ω╹๑ )
でもまだちょっと暑いなー、な26日土曜日。
新舞子でトライアスロンの練習するという情報を聞きつけたので
「ふっふっふ、邪魔しに行ってやろう(ΦωΦ)」
ってなことでトランポ。
下呂49FE

ついさっきまで雨が降ってたので路面ウエット。
下呂6348
新舞子までの道すがらが結構な降りで引き返そうかと思ったくらい。

練習する人たちは今は海に浸かってるらしい。
とりあえず雨はあがったんで走っとこかという人(約2名)はぼちぼちとジャンキーへ。

しっかし、どこまでも真っ直ぐなのはいいけど全長の半分も行かないうちにもう飽きたワタシ(๑╹ω╹๑ )。
なにかこう・・・平坦で真っ直ぐなところでこういう練習するんだ!的なものがないとつらいわ。
このコースでワタシができることって言ったらせいぜい「ひとり盛り漕ぎ」?をホンの短時間だけ。
なのでLIXILの信号で「先に引き返すね〜」と潔くUターン(ショートコース)。

下呂6350
フルコース走ったセンセーの戻りが予想以上に遅かったので、LIXILから先がかなり長いんだな行かなくて正解だったと自覚。

下呂6355
「おおおっ、装備完璧(実はそうでもなかったらしい)なD氏はやる気満々だな」と思ったが、想定外な不調が降臨してしまいました〜。

この後、海から出てきたメンバーと合流してもう一度くらいショート走って、結局そこで練習も終了(ラン無し)になってハンバーガー食べに行くことになりました。
いつぞや雨で諦めた「テキサスキングバーガー」でーす。
でっかいと聞いていたけどどんなカナー?

下呂6358
いや、マジでデカい・・・写真だとわかりにくいけど。
ポテトまで付いててこのボリュームはワタシの2〜3食分あると思う。
バンズが独特なのねここは。

で、土曜は半日で閉店店じまい〜 ガラガラガラ〜\(^o^)/



翌日の27日・日曜は麻さん企画の下呂方面ライド。
初めて行く地域ですね、どんなかな?
下呂6359
トランポ地までが結構あるので早起きして車で走ります。

自動車道降りたあとの道もこんなんで、のどか〜。
下呂6363
国道外れたら程よいワインディング&通行量少なくて気持ちいーわー。
下呂6368

他のメンバーも揃ったので、
下呂6373

しゅっぱ~つ\(^o^)/
少し涼しい感じがするのは山の中だからか標高が上がっているから?
でもなんとなく秋の気配はするよね?蝉鳴いてるけどさ。
下呂6377

ダムの横を通過して、木陰の多い涼しげな道を気持ちよく走る。
下呂6387

この感じならもう少し暑い時期に来ても走れそうだなぁ。
下呂6380

ただ、休憩ポイントは多くないみたいで、こぢんまりした道の駅(なのか?)で軽く補給&足湯。
下呂6390

冷やし甘酒につられて
下呂6391
あ!おいしい。
自家製甘酒ってやはりこれくらいの甘さしかないんだ〜。
下呂6394
過去に自分で作ってみたことがあって、あまりに甘くないので失敗したかと思ったんだけど単に市販品が甘ったるいだけなのね。


トンネル抜けたら次は今日のメインイベント
「ジークフリーダ」に到着、結構すぐ。
下呂6399

イートインもあるけど満席だったし、お店も小さくてお客も次から次へと来て、10人近いサイクリスト集団はなんか邪魔っぽい(笑)。
下呂6409

ので、箱に詰めてもらって店外で味見(食う)。
下呂6411
どれも美味しそうだったけど食べやすさも考えてこれ(ティラミス)。

優しい味わいの、子供さんにも安心な味のケーキでした(^o^)
こういうご褒美がないと走る気しないよね〜お太れ部だもんで(笑)

デザート先になったけど、そろそろランチ行こうか。
ケーキ一個じゃすぐお腹すくしね。

下呂6414
上呂あたりにある「大安」
けいちゃんだそうです。
たぶんワタシ、けいちゃんを食べるのは初めて(おみやげで貰ったことがあるかもしれないケドそんな程度)
注文方法にちょっと戸惑ったけど、ワタシの居るテーブルは全員けいちゃん定食うどん玉1個付き。

きたー! 
下呂6426
四角かと思ってたら丸なんだね<鍋

下呂6428
定食なのでご飯と味噌汁、小鉢と漬物がつきます。
ワタシ的には「うどん玉1個つけて、ご飯なし」で充分いけるなって思うボリュームでした。
どうやらワタシは自転車乗ってる時の米飯が苦手っぽい・・・

なんか、テーブルごとにボリューム感が違った気もするんだけどまぁそこは見逃しておこか(๑╹ω╹๑ )

このお店、お昼時ということで当然待たされたんだけど、帰る頃でもまだ待ってる人がいて、地元の方が「普段はこんなことないのに」って驚いていたらしい。

下呂6422
安くて美味しいしボリュームあるし、車も止めやすい感じだから人気あるんだね。

さて、次は下呂です。
マイ父の出身地〜。

いきなり人と車が増えたなと思ったら下呂の温泉街へ入ってました。
そこで案内されたのが「温玉ソフトクリーム」があるお店「ゆあみ屋」。
何故かそこにも足湯がある。
下呂6435

下呂6434
温玉はあまり好きじゃないので、桃のジュースにした。
一緒に写っているのは「こんにゃくのパフ」、これならポケットに入れて持ち帰れそうなので買っちゃった♪
ぷるんぷるんの石鹸も気になったけどそれは重さがあるのでパス。

自転車をくくりつけた川沿いにはこんなものも。
下呂6439

下呂6437
艶っぽい内容なのは温泉街ならではなのかな(^_^;)

今日は未知のルートだけど、グラベルとかパヴェとかのトラップ、ないよね?
って麻さんに聞いてて「ないない、全部繋がってる道。GPSも届くしw」って話をしていたんだけど、





あったじゃん。やっぱりな(笑)
下呂6440
単線の踏切が目の前に横たわってました\(^o^)/
下呂6445

ま、そこ以外は国道41を走るだけで帰ってこれました。
ただ、流石に国道だけあって交通量はそこそこある。
みんなで列になって走るより、単独もしくは少人数で走るほうが安全を確保できそう。
基本下り基調なのでそこそこの速度で走れるし。

下呂6447
この時、先行集団では45km/hでローテーションするんだぜ若者よという修行が行われていたらしーです。

ところどころに現れるスノーシェッドがうざいといえば言えるけど、明るいライトがあればなんとかなる。
(スノーシェッドは川側に歩道があったりするからそちらへ逃げても可)

41号は川の対岸に道がなくて、国道回避が出来ないのが残念なところかな〜。


今回のスタート・ゴール地点は温泉があるのでお風呂セットを持ってくるのが吉。
ひとっ風呂浴びて汗を流してから帰途につきました。
皆さまお疲れさまでした〜\(^o^)/

「夏は涼しいところを走りたいよね。
できれば、最初にぐっと上がって(この部分を車で消化できれば尚良し)
その後は平たいところをずーっと走るというのが理想。
高いところにある台地みたいな場所」

って言ったことがあるんだけど、今回のルートはかなりそれに近かったと思う。
数字的にもそれは出ていて、86キロほどで630メートル獲得。
ダムの周り(往路)はほどよく上がり下がりしながらという、ワタシの好きな道でした。
補給場所が少ないと聞かされていたけどあれくらいなら問題ないと思うし。
むしろ、車でのアクセスが一番の弱点じゃないかなー(笑)
このコースがもうちょっと近くにあったらイイのにな。

この日のルート
↑クリックすると表示されます。



  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

今夏、大きなイベントは3つ予定していた。
 ・富士ヒルクライム
 ・rapha women’s100
 ・ペルセウス座流星群
今日はその「ペルセウス座流星群」の日。

楽しかった!
とにかく楽しく贅沢な時間を過ごした!

その楽しさや幾多の出来事はどうやっても言葉では言い尽くせない。

そこで、あとは写真で断片的に、覚え書き程度に記録。

12日朝5時起き、6時過ぎに自宅出発。
9時半頃にはスタート地点に到着できているであろうという読み。
一宮ICに若干混雑はあれどそれ以外はスムーズに東海北陸自動車道〜R158を東進。
トイレと補給を兼ねて止まったコンビニでカリポン家とも無事に合流でき、そこから先は一緒に走行。
途中から国道を外れたので「あれ?」と思ったら、クネクネと上り坂。
まずは車でヒルクライム(๑╹ω╹๑ )これがなかなかの坂

で、乗鞍スカイラインのゲート直前にある駐車場に到着。
s-IMG_6118.jpg
そうか、ここからスタートするとさっき通ってきたグネグネ分の高度をパスできるわけなんだねー。

スタートしようとしたら一雨やって来た。
一旦自転車を車の中へ放り込み退避。
s-IMG_6123.jpg
走り出していなくてよかった、そう思おう。

このあたりはもう電波状況がよくなくてスマホアプリの雨雲レーダー読もうにも動きが鈍い。
なんとか雨雲は一時的なものと判断してスタート切り直し。
s-IMG_6124.jpg
これくらい濡れていたけど雨は上がった。
下りでこのウエットは嫌だけど、上りなら大丈夫。

「スカイラインは最初のうちがきつい」とのことなので慌てずチビチビと進む。

s-2289_n.jpg
霧なのか雲なのか。

ただ、天気がスッキリしない分、暑さは少ないし日差しで悩まされることもなし。
(高地は日差しが馬鹿にできない)
今日は急いでもゆっくりでも15キロほどしか走らないんだから、何度も脚を止めて写真撮ったりおやつ食べたりしてのんびり。
スタート地点の駐車場にはトイレも何もない。
そこから数キロ上がった所にある「夫婦松展望園地」でトイレ休憩。
ついでに早速補給。
s-IMG_6125.jpg
休憩してるのは我々しかいないほど閑散としてる。
今日はこの天気だから日帰りで上りに来る人は少ないんだね。

のんびり上がるワタシたちを追い越していった若い男の子グループ、なんというか凄く軽装・・・大丈夫か?
乗鞍を甘く見てないか?って老婆心が当たって、少し先で休憩してた。
ひとりふたり結構バテている風。
うーん、ここは若さと体力だけでは乗り切れないモロモロがあるとこだもんね。
しばらくしてバテてるひとりがあまりにもあまりなので、呼び止めて様子を聞いたら脚がつったんだとか。
塩タブを半強制的に口に入れさせ、ふくらはぎをゴリゴリ揉んでから開放しました(๑╹ω╹๑ )
夏にワンボトルっつのはあまりにも無茶すぎる・・・
スカイライン側は自販機もないしねー。


森林限界を超えそうなあたりに来ると雲の切れ間に青空。
s-IMG_6129.jpg

絶景ポイントが次々と現れる。
s-IMG_6141.jpg
「ここで自転車がガードレールの向こうに落ちていったら泣けるな」とかしょーもないことを思う。


こんなところがバス停?って思っていたらちゃんとバス止まった。
s-IMG_6153.jpg
誰も下りなかったけど。

ああ、そうなんだ。
s-IMG_6157.jpg
ここ、晴れていたら綺麗なんだろうなー。
そろそろ雲の高さが目線の高さになっている。

相変わらず雲は多いけど降りそうな気配はもうない。
s-IMG_6271.jpg

ここまで来ると暑さもない。
s-8178_o.jpg

畳平に着いたのは14時、思い切りのんびり上がってきたわけだ。
ここまで来たらやっぱりこの看板の所で記念撮影しないと気がすまない。
s-IMG_6182.jpg

ここでは三人で記念写真♪
s-IMG_6204.jpg

あーあ、今年も来ちゃったな乗鞍(爆)

はぁ、流石にお腹すいたのでレストランに行って遅い昼「豚汁定食」。
ラーメンとか悩んだけど汁物で温まりたくてこのチョイス。
s-IMG_6206.jpg

そこで例の山を甘く見てたチャレンジャーな若者たちと遭遇、ほぼ全員が疲れている感じでした(^_^;)そうでしょうね。
彼らの殆どがロードに乗って数ヶ月だそうで(いちばん長い人でも1年半くらいだとか)、初乗鞍ともなればこの空気の薄さも気づくまい。
帰り際に「気をつけてね〜」って挨拶したけど無事に降りていけただろうか。
実は帰りのほうが何倍も慎重でなければならないってことに気づいたかしらん。


お昼食べ終わったらお宿にチェックイン。
宿泊の荷物は水曜にクロネコヤマトで発送して前々日に到着済み。
便利な世の中になってます♪

夕飯まで2時間ほどしか無いので着替えて「お花畑」を散策。
s-IMG_6214.jpg

1時間ほどで一周できるそうです。
s-IMG_6219.jpg


かさ張るけれどこの靴持ってきました。
s-IMG_6235.jpg
花畑散策だけならスニーカーで充分。
もしもっと時間があれば山歩きできるかな?と思ってこの靴にしたんだけどね。


ここでもこんな風にガスったり、
s-IMG_6226.jpg

かと思えば、痛いくらいに陽がさしたり。
s-IMG_6230.jpg
山の上で晴れると本当に強烈・・・痛い・・・

でも夕焼けは残念ながら雲に邪魔されて撮影できなかった。


夕飯は17時、山は何もかもが早いね。
一人鍋の中はすき焼き。
s-IMG_6240.jpg

s-5414_n.jpg
カリポン家はビールでお疲れさま、私はこの時頭痛が出ていたのでお酒なし。
気圧が低いことが影響してか、夜半まで頭痛が取れませんでした。
(日帰りする時は、頭痛が出る間もなく山を降りてしまうのでさほど気にならないんでしょうね)


日が暮れていよいよ流星群を見る時間。
山荘のウッドデッキで食後の珈琲を楽しみながら暗くなりきるのを待つ。
ああ、なんて良い時間なんだろう・・・
室内の明かりが漏れてこないように雨戸が閉められると、日常にはない暗さが周りに広がる。
空を見に出てる人は私らだけじゃないけど、輪郭がかろうじて分かる程度にしか目に入らない。
当然みな懐中電灯などの灯りを持参して外に来ている。

ふと思いついてベンチに寝っ転がってみた。
見える範囲のほとんどが空になる。
おお、これはイイ!
目の前いっぱいに星空が広がる瞬間がある。
そして突然見えなくなる。
雲が流れて時々星明かりを遮るのだとしばらくしてわかった。

空を見続けていると目が慣れてきて、ぼんやりとした動かない雲のようなものが見えるようになってきた。
しばらくして天の川だとわかった。
天の川なんてプラネタリウム以外で見るのは初めてじゃないだろうか。
ワタシたちの隣にいる若者のグループは星の名前をあれこれ言っている。
しまったなぁ、もっと度の強い方のメガネにしておけばよかった・・・

突然視界の真ん中をすーっと横切る光が見えた。
流れ星!
流れ星ってこんなふうに見えるものなんだ・・・

他にも空には動き続ける光があるのも初めて知った(人工衛星らしい?)
結局ワタシが見た流れ星は最初の一つだけだったけど、長く尾を引いていたので十分満足して寝床に入りました。
(21時には発電機が消されて非常灯以外の灯りは全部消えるのです。だからそのタイミングで就寝)
ポン太さんたちはまだ起きて観察していたらしい。


翌朝、
s-IMG_6252.jpg
山の朝は早い、と言ってもワタシはご来光を見ようと思ってはいなかったので5時半位まで寝てました。
これは朝食後のモーニングコーヒー。

山の朝の空気、清々しい。
s-IMG_6248.jpg

チェックアウトは午前8時!
必要最低限のものだけリュックに入れ、あとは宿からクロネコヤマトで送り返します。
s-IMG_6259.jpg
クロネコヤマトのみ乗鞍に対応しているようで、今回は『往復便』というのを利用しました。
ワタシはクロネコメンバーズなのでネットから集荷申込みも全部行えます。
集荷は平日になるので実家の母に荷物を託しておきました。
送り返す方は宿の人がクロネコさんに荷物を渡してくれるのです。
これは便利。



8時少し前に特別ゲストが到着!
s-IMG_6264.jpg
エコーライン側から上がってきたとのこと。
まさか間に合うとは思いませんでした(^_^;) さすがだなー。
この日、我々と別れたあと一旦下りてもう一本登ったらしいです・・・


帰路。
昨日とはうって変わっていい天気。
s-2542_n.jpg

下りながらすれ違う(登ってくる)自転車乗りたちに「おはようございまーす!」と声をかけていたけれど、なんだかもうずーっと「おはようございまーす」と言い続けているくらい続々と上がってきてました。

s-IMG_6265.jpg

あまりに人数が多いので、渋滞を起こしているっぽい集団も。
上り坂だから脚力の差が大きくないとサクッと抜けないしねぇ、昨日みたいに人がまばらない時にのんびり登れてラッキーだったなぁと再度実感w。

s-IMG_6274.jpg

天気が良くて景色もきれいだからちょくちょく止まっては写真撮影。
ちょうど休憩していた気さくなジェントルマンが撮ってくれたり、
s-IMG_6280.jpg
流石に天気は良くてもウィンドブレーカーは必要、朝だし。

天気がよかったらここから見えるらしいんだが・・・
s-IMG_6287.jpg
森林限界以下になると途端にガスってしまいました〜。
ざんねんー。

で、駐車場に到着。
うわ、すごい車の数。
s-IMG_6289.jpg
ワタシらが停めているのはこの写真の右端が切れたあたりのスペース。
まさかこの写真の場所あたりまでが駐車場になるとは思いもしませんでした。
これだけの人数が登っていったんだからそりゃぁすごい数だよね(^_^;)

帰りがけに一風呂浴びていこうと寄ったスキー場でモトクロスバイク?のレースやってました。
s-IMG_6297.jpg
おお、シクロクロスみたいだ(笑)カブで走ってる強者もいてますますシクロみたいだった。
間もなくシクロシーズンですな(๑╹ω╹๑ )


山小屋の下駄箱。
s-IMG_6258.jpg
登山靴じゃないのは3人だけでした。

こうして今年の3大イベントはどれも無事終了。
ワタシの夏はそろそろ終了です(^o^)


  ↓よろしかったらぽちっと↓
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ  
にほんブログ村   にほんブログ村

この週末はお疲れ休み〜。

次の週末はお盆だし、今夏最大のイベントもあるので無理しないでおこうというオトナの判断(笑)

単にマジでしんどかっただけ(๑╹ω╹๑ )

そろそろ夏の疲れも出てくる頃かな?
 
 
 



最新記事